>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

1

L

 0104

 : 20

00
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS L 0104 : 2000

  テックス方式による糸の表示

ISO 1139 : 1973

  繊維製品−糸の呼称

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

表示箇所: 
表示方法:

項目番号  内容

(II)

国 際 規
格番号

項目番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

1.

適 用 範

単糸,もろより糸,ケーブル

糸,引そろえ糸などの構造を
示す 2 種類の表示方法

ISO 1139 1.

目 的 及 び

適用範囲

JIS

と同じ IDT

2.

引 用 規

関 連 規

JIS L 1013, JIS L 1095 

ISO 2, ISO 1144, ISO 2947 

 2.

引用規格 ISO 2, ISO 1144, ISO 

2947 

ISO 858 

MOD

/削除

漁網用の糸を規定して

いない

漁網用の糸の JIS がないため,規定しな

かった

3.

用 語 の
意味

糸,単糸,引そろえ糸,もろ
より糸など

 3.

用 語 , 定
義 及 び 記

JIS

と同じ。ただし,

3.5

の NOTES

3.8

の NOTES 2

3.10 Nominal

3.11 Actual

MOD

/削除

/削除

/削除

/削除

漁網用の糸に関するこ

とを規定していない 
線密度と製造コストに
関することを規定して

いない

Nominal

を規定していな

Actual

を規定していな

漁網用の糸の JIS がないため,規定しな

かった 
線密度と製造コストの関係を記述したも
のであることから規定しなかった

Nominal

(呼称)及び Actual(実際)の定

義は,関係者間では認識されているので

規定しなかったが,次期改正時に検討す

4.

糸 の 表
示 及 び
記号

4.1

糸の表示

線密度,フィラメント数,よ
り方向,より数,糸数,

4.2

記号

R, f, t0

3.6

糸記号法

3.12

記号

IDT

IDT


 

2

2

L

 0104

 : 20

00
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

表示箇所: 
表示方法:

項目番号  内容

(II)

国 際 規

格番号

項目番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

5.

単 糸 の
線 密 度
に 基 づ

く 糸 の
表示

単糸 
引そろえ糸 
もろより糸

ケーブル糸

 4.

単 糸 の 線
密 度 に 基
づ く 糸 の

表示

JIS

と同じ IDT

6.

仕 上 が
り 糸 の
線 密 度

に 基 づ
く 糸 の
表示

単糸 
もろより糸 
ケーブル糸

 5.

仕 上 が り
糸 の 線 密
度 に 基 づ

く 糸 の 表

JIS

と同じ IDT

7.

簡 略 表

5.

の例の簡略化

6.

の例の簡略化

複雑な糸の簡略化例

 6.

簡略表示 5.の例の簡略化

6.

の例の簡略化

MOD

/追加

複雑な糸の簡略化例を
追加している

国内における製品の実態から,複雑な糸
の簡略表示例を規定した

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−IDT

: 技術的差異がない。

−MOD/削除  : 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−MOD/追加  : 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−MOD

: 国際規格を修正している。