>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 K

9803

-1993

5

´−アデニル酸(試薬)

5

´−Adenylic acid

C

10

H

14

N

5

O

7

P

  FW : 347.22

1.

適用範囲  この規格は,試薬として用いる 5'−アデニル酸(

1

)

について規定する。

(

1

)

別名  アデノシン−5´−りん酸,略名  5´−AMP

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS K 0l17

  赤外分光分析方法通則

JIS K 0124

  高速液体クロマトグラフ分析のための通則

JIS K 8001

  試薬試験方法通則

JIS K 8008

  生化学試薬通則

JIS K 8102

  エタノール (95) [エチルアルコール (95) ]

(試薬)

JIS K 8116

  塩化アンモニウム(試薬)

JIS K 8159

  塩化マグネシウム六水和物(試薬)

JIS K 8180

  塩酸(試薬)

JIS K 8295

  グリセリン(試薬)

JIS K 8576

  水酸化ナトリウム(試薬)

JIS K 8949

  硫化ナトリウム九水和物(試薬)

JIS K 8982

  硫酸アンモニウム鉄 (III) ・12 水(試薬)

2.

共通事項  この規格で共通する事項は,JIS K 8001 及び JIS K 8008 による。

3.

性質

3.1

性状  5´−アデニル酸は,白色結晶又は結晶性粉末で水に溶けにくく,アンモニア水又は水酸化ナ

トリウム溶液に溶けやすい。

3.2

確認試験  5´−アデニル酸は,リボース,有機りん及びアデニンの定性反応を示す。


2

K 9803-1993

(1)

試料 30mg を JIS K 8576 に規定する水酸化ナトリウム溶液 (1mol/l)(

2

)

に溶かし,l00ml とする。この溶

液 3ml に,オルシン・エタノール溶液(

3

)0.2ml

を加え,さらに,硫酸アンモニウム鉄 (III) ・塩酸溶液

3ml

を加え,水浴中で 10 分間加熱するとき,緑になる。

(

2

)

水酸化ナトリウム溶液 (1mol/1)  の調製は,JIS K 8576に規定する水酸化ナトリウム43g を水

1000ml

に溶かす。

(

3

)

オルシン・エタノール溶液の調製は,

オルシン 1g を JIS K 8102 に規定するエタノール (95) 10ml

に溶かす。

(

4

)

硫酸アンモニウム鉄 (III) ・塩酸溶液の調製は,JIS K 8982 に規定する硫酸アンモニウム鉄

(III)

・12 水 100mg を JIS K 8180 に規定する塩酸 100ml に溶かす。

(2)

試料 250mg を水酸化ナトリウム溶液 (1mol/l)(

2

)

に溶かした溶液 5ml にマグネシア溶液(

5

)2ml

を加える

とき,

沈殿を生じない。

次に,

硝酸 (1+2) 20ml を加え,

10

分間煮沸後,

水酸化ナトリウム溶液 (1mol/l)(

2

)

を加えた液にモリブデン酸アンモニウム溶液(

6

)

を加えて加温するとき,黄色の沈殿を生じ,水酸化ナ

トリウム溶液 (lmol/l)(

2

)

又はアンモニア水 (2+3)  を追加するとき,沈殿は溶ける。

(

5

)

マグネシア溶液の調製は,

JIS K 8159

に規定する塩化マグネシウム六水和物5・5g 及び JIS K 8116

に規定する塩化アンモニウム7g をはかりとり,水65ml を加えて溶かし,アンモニア水 (2+3)

35ml

を加え,密栓して数日間放置した後,ろ過する。液が澄明でない場合は,使用時にろ過す

る。

(

6

)

モリブデン酸アンモニウム溶液の調製は,三酸化モリブデン 6.5g をはかりとり,アンモニア水

(1 : 1) 30ml

を加えて溶かす。この液を冷却し,冷却した硝酸 (3+4) 70ml にかき混ぜながら徐々

に加え,48 時間放置した後,ろ過する。

(3)

試料 10mg に塩酸 (1+1 000) 1 000ml を加えて溶かした液は,波長 255∼259nm に極大吸収がある(

7

)

(

7

)

アデニン基由来の吸収である。紫外部吸収スペクトルの一例を,

1に示す。

図 1  紫外部吸収スペクトルの一例

(4)

試料の赤外吸収スペクトルを JIS K 0117 によって測定するとき,波数 3246cm

-1

,3030cm

-1

,1694cm

-1

1194cm

-1

,1035cm

-1

及び 633cm

-1

付近に主な吸収を認める。この場合,試料調製は,JIS K 0117 の 6.2(1)

(錠剤法)による。赤外吸収スペクトルの一例を,

図 に示す。


3

K 9803-1993

図 2  赤外吸収スペクトルの一例

4.

品質  品質は,5.試験方法によって試験したとき,表 に適合しなければならない。

表 1  品質

項目

品質

純度 98%以上

モル吸光係数  (

ε257)

(15.0

±0.2)  ×10

2

l

・mol

-1

・mm

-1

水酸化ナトリウム溶液溶解状態

無色澄明

吸光度比

A

250

/A

260

 0.85

±0.03

A

280

/A

260

 0.21

±0.02

乾燥減量 6%以下

重金属(Pb として) 0.001%以下

ひ素 (As)

1ppm

以下

類似物質 1.0%以下

5.

試験方法

5.1

純度  純度の試験は,次のとおりとする。

5.1.1

操作

(1)

試料  約 0.5g を 0.1mg のけたまではかりとり,水 10m1 及び水酸化ナトリウム溶液 (1mol/l)(

2

)30ml

加えて溶かし,全量フラスコ 1 000ml に移し,水を標線まで加える。これを試料溶液 A とする。

(2)

全量ピペット 10ml を用いて試料溶液 A10.0ml をはかりとり,全量フラスコ 500ml に入れ,塩酸 (1+

1000)

を標線まで加える。これを試料溶液 B とし,波長 257nm における吸光度を測定する。


4

K 9803-1993

5.1.2

計算  次の式によって純度を求める。

A

100

100

5

.

231

5

.

0

×

×

D

C

B

)

100

(

11575

D

B

C

×

×

ここに,

A

:  純度 (%)

B

:  試料の質量 (g)

C

:  波長 257nm における検液の吸光度を示す。

231.5

5

.

1

22

.

347

D

:  5.5 で求めた乾燥減量 (%)

5.2

モル吸光係数  (

ε257)    モル吸光係数は,JIS K 8008 の 4.1.4(吸光光度法による試験法)によるほ

か,次のとおりとする。

5.2.1

試薬

(1)

塩酸 0.01mol/l  JIS K 8180 に規定する塩酸 0.9をはかりとり,水を加えて 1 000ml にする。

5.2.2

測定条件

(1)

波長  257±0.3nm

(2)

スペクトルバンド幅  2nm 以下

(3)

光路長  10mm

(4)

測定温度  25±2℃

5.2.3

操作  5.1.1(2)の試料溶液 B を,塩酸 0.01mol/を対照として,5.1.1 の操作条件で,257nm における

吸光度を測定する。

5.2.4

計算  5.2.3 で得られた測定値について,257nm におけるモル吸光係数を,次の式によって算出し,

その平均値を求める。

)

100

(

100

22

.

347

257

257

D

S

E

×

×

=

ε

ここに,

ε

257

257nm

におけるモル吸光係数

  (

×

10

2

l

mol

-1

mm

-1

)

S

試料溶液

B

中の

5

´−アデニル酸の濃度

 (mg/ml)

E

257

試料溶液

B

257nm

における吸光度

347.22

5

´−アデニル酸の式量

D

5.5

で求めた乾燥減量

 (%)

5.3

水酸化ナトリウム溶液溶解状態  試料

0.5g

をはかりとり,水酸化ナトリウム溶液

 (1mol/l)

で溶かし

10ml

とした溶液について,JIS K 8001 の 5.1(外観)及び 5.2(溶状)によって試験する。

5.4

吸光度比  試料

10mg

0.1mg

のけたまではかりとり,全量フラスコ

1 000ml

に移し,

0.01mol/l

塩酸

を標線まで加える。この溶液の波長

250nm

260nm

及び

280nm

における吸光度

A

250

A

260

及び

A

280

を測定

し,

A

250

/A

260

及び

A

280

/A

260

の吸光度比を求める。

5.5

乾燥減量  試料

1g

を,

120

±

2

℃で

4

時間乾燥し,減量を求める。

5.6

重金属(Pb として)  試料

1g

をはかりとり,ネスラー管に入れ,水約

10ml

を加え,さらに,水酸

化ナトリウム溶液

 (1mol/l)

に溶かして,酢酸

 (1

20) 2ml

及び水を加えて

50ml

とし,試料液とする。別

のネスラー管に鉛標準液

 (0.01mgPb/ml) 1ml

を入れ,酢酸

 (1

20) 2ml

及び水を加えて

50ml

とし,比較液

とする。試料液及び比較液に硫化ナトリウム溶液(

8

)

2

滴ずつを加えて混和し,

5

分間放置後,両ネスラー管

を白色の背景を用い,上方及び側方から観察するとき,試料液の色は比較液の色より濃くない。


5

K 9803-1993

(

8

)

硫化ナトリウム溶液の調製は,JIS K 8949に規定する硫化ナトリウム九水和物

5g

をはかりとり,

10ml

及び JIS K 8295に規定するグリセリン

30ml

の混液に加えて溶かし,遮光した小瓶に満た

し,密栓して保存する。調製後

3

か月以内に使用する。

5.7

ひ素 (As)   試料

1g

を水酸化ナトリウム溶液

 (1mol/l)

に溶かした溶液

10ml

をはかりとり,JIS K 

8001

の 5.19[ひ素

 (As)

]によって試験する。ただし,ひ素標準液(

1

µgAs/ml

1ml

を用いる。

5.8

類似物質  JIS K 0124 によって試験し,

260nm

における各ピークの面積の総和に対する

5

´

-

アデニ

ル酸のピーク以外の面積の総和の割合

 (%)

を求める。

5.8.1

試薬

(1)

溶離液 JIS K 8116 に規定する

0.24mol/l

塩化アンモニウム,

0.04mol/l

りん酸二水素カリウム,

0.04mol/l

りん酸一水素カリウム及び

10%

アセトニトリルの混液。

5.8.2

装置

(1)

装置  高速液体クロマトグラフ

(2)

検出器  紫外吸光検出器,波長

260nm

の検出感度が,

100

µV

に設定できるもの

(3)

カラム用管  ステンレス鋼製など。

(4)

記録計又はデータ処理装置  記録紙送り速度

5mm/min

可能なもの。

5.8.3

操作

(1)

一般事項  JIS K 0124 による。

(2)

試料溶液の調製  試料

100mg

を水酸化ナトリウム溶液

 (1mol/l)

で中和しながら溶かし,水を加えて

100ml

とする。

(3)

分析条件の設定  分析条件は,機器によって異なるので,各機器についての最適条件で行わなければ

ならない。次に,その一例を示す。

(4)

カラム用管  ステンレス鋼製,内径

4.0mm

,長さ

150mm

(5)

カラム充てん剤  強塩基性アニオン交換樹脂,粒径

5

µm

参考

強塩基性アニオン交換樹脂には,

Hitachi 3013N

などがある。

(6)

カラム槽温度

40

(7)

試料の導入量

5

µl

(8)

記録紙送り速度

2.5mm/min

5.8.4

計算

260nm

における各ピークの面積の総和に対する

5

´−アデニル酸のピーク以外の面積の総和

の割合

 (%)

を求める。

6.

容器  容器は気密容器とする。

7.

貯蔵方法

20

℃以下で保存する。

8.

名称  容器には次の事項を表示しなければならない。

(1)

品名  “

5

´−アデニル酸”(

9

)

及び“試薬”

(2)

化学式

(3)

式量

(4)

品質[純度(乾燥物換算)

(5)

内容量


6

K 9803-1993

(6)

製造年月日又はその略号

(7)

製造番号又はロット番号

(8)

製造業者名又は販売者名

(9)

必要な取扱注意事項,貯蔵方法

(

9

)

英文表示可

JIS K 9803

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

奥  山  典  生

東京都立大学理学部化学科

増  田      優

通商産業省基礎産業局

細  川  幹  夫

工業技術院標準部

桑      克  彦

筑波大学医療技術短期大学部

田  中  秀  興

微生物工業技術研究所細胞機能部機能制御研究室

西      末  雄

化学技術研究所化学標準部

鈴  木  正  信

通商産業検査所化学部

大  野  忠  夫

理化学研究所ジーンバンク細胞銀行

栗  原      力

財団法人化学品検査協会東京事業所

坂  田      衛

財団法人日本分析機器工業会

三  木  敬三郎

東燃株式会社総合研究所基礎研究所

角  田      勝

三菱化成株式会社ライフサイエンス室

桜  井  正  二

味の素株式会社アミノ酸部

河  崎  忠  好

ファルマシア株式会社バイオテクノロジーモレキュラーセンター

堀  尾  武  一

オリエンタル酵母工業株式会社長浜生物化学研究所

藤  島  鉄  郎

ヤマサ醤油株式会社研究開発本部特許情報室

竹  内  幸  夫

和光純薬工業株式会社

木  幡      守

協和発酵工業株式会社研究開発本部

1

分科会  構成表

氏名

所属

(分科会長)

桜  井  正  二

味の素株式会社アミノ酸部

鈴  木  貞  夫

田辺製薬株式会社分析化学研究所

宗  像  豊  尅

協和発酵工業株式会社生産計画センター

松  岡      学

日本理化学薬品株式会社研究開発本部

北  島      尚

第一化学薬品株式会社化学薬品事業部

2

分科会  構成表

氏名

所属

(分科会長)

河  崎  忠  好

ファルマシア株式会社バイオテクノロジーモレキュラーセンター

平  岡  信  次

宝酒造株式会社中央研究所バイオプロダクツセンター

前  川  宜  彦

東洋紡績株式会社生化学事業部

倉  橋  嘉  治

コスモバイオ株式会社営業一部

3

分科会  構成表

氏名

所属

(分科会長)

桑      克  彦

筑波大学医療技術短期大学部

藤  田      剛

オリエンタル酵母工業株式会社生化学開発センター製品開発室

宗  像  豊  尅

協和発酵工業株式会社生産計画センター

友  松  保  幸

関東化学株式会社試薬事業本部学術部


7

K 9803-1993

4

分科会  構成表

氏名

所属

(分科会長)

藤  島  鉄  郎

ヤマサ醤油株式会社研究開発本部特許情報室

宗  像  豊  尅

協和発酵工業株式会社生産計画センター

斉  藤  幹  彦

株式会社同仁化学研究所技術部

5

分科会  構成表

氏名

所属

(分科会長)

竹  内  幸  夫

和光純薬工業株式会社

井  上      肇

ナカライテクス株式会社

斉  藤  幹  彦

株式会社同仁化学研究所技術部

高  野  虞美子

東京化成工業株式会社検査部

飯  島  弘  淳

財団法人化学品検査協会化学標準部