>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 9007

:2014

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS K 9007 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

が JIS K 9007:2008 を改正した内容だけを示すものである。

JIS K 9007:2008

は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS K 9007:2014 となる。


日本工業規格

JIS

 K

9007

:2014

りん酸二水素カリウム(試薬)

(追補 1)

Potassium dihydrogen phosphate (Reagent)

(Amendment 1)

JIS K 9007:2008

を,次のように改正する。

7.1.7

(硝酸塩)の b)(操作)の末尾に,

“なお,底部に結晶が残っている状態でそのままインジゴカルミ

ン溶液(1.8 g/l)0.05 ml を加えた後,硫酸 10 ml を徐々に加える。

”を追加する。

7.1.8

[硫酸塩(SO

4

]の a)(試料側溶液)の“塩酸(2+1)1.3 ml を加えて溶かし,水を加えて 25 ml に

する(B 液)

”を,

“塩酸(2+1)3 ml を加えて,加温して溶かし,水を加えて 25 ml とする(B 液)

”に

置き換える。

7.1.9

[重金属(Pb として)

]の a)(試料側溶液)の“加えて溶かして 20 ml にする。

”を,

“加えて 20 ml

とし,加温して溶かす。

”に置き換える。

7.1.13

[アンモニウム(NH

4

]の a)(試料側溶液)を,次の文に置き換える。

a)

試料側溶液  試料 1.0 g に水を加えて溶かして 10 ml にする。これを,約 10  ℃に冷却しながら水酸化

ナトリウム溶液(300 g/l)で pH 試験紙を用いて約 11.0 に調整し,水を加えて 15 ml にする。

注記  水酸化ナトリウム溶液(300 g/l)添加量の目安は約 1.3 ml である。

7.1.13

[アンモニウム(NH

4

]の b)(標準側溶液)の“水を加えて 10 ml にする。

”を,

“水を加えて 15 ml

にする。

”に置き換える。


2

K 9007

:2014

附属書 JA(JIS と対応する国際規格との対比表)のうち,箇条番号及び名称の“7.1.7  硝酸塩”,“7.1.8  硫酸塩(SO

4

“7.1.9  重金属(Pb として)

”及

び“7.1.13  アンモニウム(NH

4

”の各行を,次に置き換える。

7.1.7

硝酸塩

インジゴカルミン

 R

79.

3.5

蒸留−ネスラー法

変更

ISO

規格は全窒素の含量を,JIS は硝酸

塩とアンモニウムを分けて測定し,有

害性のある試薬を変更した。 
また,滴部に結晶が残っている状態で

も,硫酸を添加することによる発熱で

溶解することを確認した。

ISO

規格のネスラー法は,水銀を

用いた方法で環境・安全上変更が

必須である。ISO 規格の見直し時
に,改正提案の検討を行う予定。

7.1.8

硫酸塩(SO

4

比濁法

R

79.

3.4

種晶添加比濁法

変更

試料の溶解に用いる塩酸の添加量を変
更し,また吸熱反応のため加温の操作

を加えた。

技術的な差異は軽微であり,対策
は考慮しない。

7.1.9

重金属(Pb として)

分液硫化ナトリウ

ム法

 R

79.

3.6

硫化水素法

変更

試料の溶解を,加温に変更。

技術的な差異は軽微であり,対策

は考慮しない。

7.1.13

ア ン モ ニ ウ ム

(NH

4

インドフェノール
青法

 R

79.

3.5

蒸留−ネスラー法

変更

有害性のある試薬を,より安全な試薬
を用いる方法に変更した。

液性をよりアルカリ性側に調節し,発

色を高めた。

ISO

規格のネスラー法は,水銀を

用いた方法で環境・安全上変更が

必須である。ISO 規格の見直し時

に,改正提案の検討を行う予定。

2

K 90

07

201

4