>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 8637

:2006

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本試薬

協会(JRA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS K 8637:1996 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 6353-2:1983,Reagents for chemical

analysis

−Part 2:Specifications−First series を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。

JIS K 8637

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


K 8637

:2006

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  一般事項

1

4.

  種類

1

5.

  性質

1

5.1

  性状

1

5.2

  定性方法 

1

6.

  品質

1

7.

  試験方法

2

7.1

  試験条件及び試験結果 

2

7.2

  純度(Na

2

S

2

O

3

5H

2

O) 

2

7.3

  水溶状

2

7.4

  pH50 g/l25  ℃) 

2

7.5

  塩化物(Cl)

2

7.6

  硫酸塩及び亜硫酸塩(SO

4

として) 

3

7.7

  硫化物(S) 

3

7.8

  窒素化合物(として) 

3

7.9

  カリウム(K) 

3

7.10

  銅(Cu)

3

7.11

  マグネシウム(Mg) 

4

7.12

  カルシウム(Ca) 

4

7.13

  鉛(Pb) 

4

7.14

  鉄(Fe)

4

8.

  容器

4

9.

  表示

4

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

5

 


日本工業規格

JIS

 K

8637

:2006

チオ硫酸ナトリウム五水和物(試薬)

Sodium thiosulfate pentahydrate

Na

2

S

2

O

3

・5H

2

O

  FW:248.19

序文  この規格は,1983 年に第 1 版として発行された ISO 6353-2,Reagents for chemical analysis−Part

2:Specifications

−First series  を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書に示す。

1. 

適用範囲  この規格は,試薬として用いるチオ硫酸ナトリウム五水和物について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 6353-2:1983

,Reagents for chemical analysis−Part 2:Specifications−First series (MOD)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 8001

  試薬試験方法通則

JIS K 8230

  過酸化水素(試薬)

3. 

一般事項  試験方法の一般的な事項は,JIS K 8001 による。

4. 

種類  種類は,特級とする。

5. 

性質

5.1 

性状  チオ硫酸ナトリウム五水和物は,無色の結晶で,水に極めて溶けやすく,エタノールにほと

んど溶けない。

5.2 

定性方法  定性方法は,次による。

a) 

試料 1 g に水 20 ml を加えて溶かす(A 液)

。A 液 5 ml に硝酸銀溶液(20 g/l) 10 ml を加えると白い沈殿

が生じ,放置すると沈殿は黒に変わる。

b)  A

液を用いて JIS K 8001 の 5.29(炎色試験)(1)(アルカリ金属及びアルカリ土類金属試験法)による

と,黄色が現れる。

6. 

品質  品質は,7.によって試験したとき,表 に適合しなければならない。


2

K 8637

:2006

  1  品質

項目

規格値

純度(Na

2

S

2

O

3

・5H

2

O)

質量分率  % 99.0

以上

水溶状

試験適合

pH

(50 g/l,25  ℃)

6.0

∼8.4

塩化物(Cl)

質量分率  % 0.001

以下

硫酸塩及び亜硫酸塩

(SO

4

として)

質量分率  %

0.05

以下

硫化物(S)

質量分率 ppm

2.5

以下

窒素化合物(N として)

質量分率  % 0.002

以下

カリウム(K)

質量分率  % 0.01

以下

銅(Cu)

質量分率 ppm

5

以下

マグネシウム(Mg)

カルシウム(Ca)

質量分率  %

質量分率  %

0.001

以下

0.002

以下

鉛(Pb)

質量分率 ppm

5

以下

鉄(Fe)

質量分率 ppm

5

以下

7. 

試験方法

7.1 

試験条件及び試験結果  JIS K 8001 の 3.7(試験操作など)(1)(試験の環境)による。湿度管理は,

必要に応じ実施する。また,

表 で規定する各品質項目の試験は,次の各試験方法によって行い,得られ

る計算値及び操作結果は,JIS K 8001 の 3.5(測定値)による。

7.2 

純度(Na

2

S

2

O

3

5H

2

O)

  操作及び計算は,次による。

a) 

操作  試料 6.5 g を 0.1 mg のけたまではかりとり,全量フラスコ 250 ml に入れる。水 20 ml を加えて

溶かし,更に水を標線まで加える(B 液)

。別に,滴定用ビーカー200 ml に 0.05 mol/l よう素溶液 25 ml

を正確にとり,B 液で滴定する。終点間際で液の色がうすい黄色になったときに,指示薬としてでん

ぷん溶液約 0.5 ml を加え,引き続き B 液で滴定する。終点は,液の色が無色になる点とする。

b)

計算

100

250

25

819

024

0

×

×

×

×

=

V

m

f

 

.

A

ここに,

A

純度

(Na

2

S

2

O

3

5H

2

O)

(質量分率%)

m

はかりとった試料の質量

(g)

V

B

液の滴定量

(ml)

f

0.05 mol/l

よう素溶液のファクター

0.024 819

0.05 mol/l

よう素溶液

1 ml

Na

2

S

2

O

3

5H

2

O

相当質量

(g)

7.3 

水溶状  JIS K 8001 の 5.2(溶状)による。この場合,試料は

2 g

,濁りの程度の適合限度標準は

(

a

)

(澄明)を用いる。

7.4 pH

50 g/l25  ℃)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料溶液  試料

5.0 g

に二酸化炭素を含まない水を加えて溶かし

100 ml

にする。

b)

操作  JIS K 8001 の 5.5

(pH)(

2

)

による。

7.5 

塩化物(Cl)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料側溶液  試料

1.0 g

に水

10 ml

,水酸化ナトリウム溶液

(100 g/l) 5 ml

及び JIS K 8230 に規定する過

酸化水素

5 ml

を加え,水浴上(

1

)

で蒸発乾固した後,水を加えて

20 ml

にする。

b) 

標準側溶液  水

10 ml

水酸化ナトリウム溶液

(100 g/l) 5 ml

及び JIS K 8230 に規定する過酸化水素

5 ml


3

K 8637

:2006

を加え,水浴上(

1

)

で蒸発乾固した後,塩化物標準液

(Cl

0.01 mg/ml) 1.0 ml

及び水を加えて

20 ml

にす

る。

c) 

操作  JIS K 8001 の 5.7[塩化物

(Cl)

(

1

)

(比濁法)による。

(

1

水浴の水にはイオン交換水又は蒸留水を用いる。

7.6 

硫酸塩及び亜硫酸塩(SO

4

として)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料側溶液  試料

1.0 g

に水を加えて溶かし

50 ml

にする。その

5 ml

(試料量

0.1 g

)をとり,薄い黄

色になるまで

0.05 mol/l

よう素溶液を滴下する。

次に,

塩酸

(2

1) 0.3 ml

及び水を加えて

25 ml

にする。

b) 

標準側溶液  水

5 ml

に試料側で用いた量の

0.05 mol/l

よう素溶液を加え,薄い黄色になるまで水浴上

で蒸発する。次に,塩酸

(2

1) 0.3 ml

,硫酸塩標準液

(SO

4

0.01 mg/ml) 5.0 ml

及び水を加えて

25 ml

する。

c) 

操作  JIS K 8001 の 5.15[硫酸塩

(SO

4

)

(

1

)

(比濁法)による。

7.7 

硫化物(S)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料側溶液  試料

2.0 g

に水を加えて溶かし

10 ml

にする。

b) 

標準側溶液  硫化物標準液

(S

0.01 mg/ml) 0.50 ml

に水を加えて

10 ml

にする。

c)

操作  JIS K 8001 の 5.17[硫化物

(S)

(

3

)

(操作)による。

7.8 

窒素化合物(として)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料側溶液  試料

3.0 g

に水

20 ml

を加えて溶かした後,硫酸

(1

1) 10 ml

を加えて

5

分間煮沸する。

冷却後,水を加えて

50 ml

にし,洗浄ろ紙

(

2

)

を用いてろ過する。初めのろ液約

10 ml

は捨て,次のろ

25 ml

(試料量

1.5 g

)をとり,中和するまで水酸化ナトリウム溶液

(100 g/l)

を加え,更に水を加えて

140 ml

にする。

b) 

標準側溶液  試料

1.0 g

に窒素標準液

(N

0.01 mg/ml) 4.0 ml

及び水

20 ml

を加えて溶かした後,硫酸

(1

1) 10 ml

を加えて

5

分間煮沸する。冷却後,水を加えて

50 ml

にし,洗浄ろ紙(

2

)

を用いてろ過する。

初めのろ液

10 ml

は捨て,次のろ液

25 ml

(試料量

0.5 g

)をとり,中和するまで水酸化ナトリウム溶

(100 g/l)

を加え,更に水を加えて

140 ml

にする。

(

2

ろ紙(

5

C

)を硫酸

(1

5) 50 ml

ずつで

2

回洗い,更に水

50 ml

ずつで

2

回洗ったもの。

c) 

操作  JIS K 8001 の 5.12[窒素化合物(

N

として)

4

(蒸留−インドフェノール青法)による。

7.9 

カリウム(K)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料側溶液  試料

1.0 g

に水を加えて溶かし

100 ml

にする(

X

液)

b) 

標準側溶液  試料

1.0 g

にカリウム標準液

(K

0.1 mg/ml) 1.0 ml

及び水を加えて溶かし

100 ml

にする

Y

液)

c)

操作  JIS K 8001 の 5.30(炎光光度法)による。

7.10 

(Cu)  溶液の調製及び操作(

3

)

は,次による。

a) 

試料側溶液  試料

5.0 g

に水

50 ml

及び酢酸

(1

2) 10 ml

を加え溶かし,更に水を加えて

80 ml

にする。

b) 

標準側溶液  試料

5.0 g

に水

50 ml

及び酢酸

(1

2) 10 ml

を加えて溶かし,銅標準液

(Cu

0.01 mg/ml) 2.5

ml

,鉛標準液

(Pb

0.01 mg/ml) 2.5 ml

及び鉄標準液

(Fe

0.01 mg/ml) 2.5 ml

を加え,更に水を加えて

80

ml

にする。

c) 

空試験用溶液  酢酸

(1

2) 10 ml

d) 

操作  JIS K 8001 の 5.31(原子吸光法)

(

2

)

(抽出液噴霧法)

(

d

)

による。ただし,

pH

調節にアンモニ

ア水

(2

3)

又は酢酸

(1

2)

を用いる(操作の途中で得られる

X

液,

Y

液及び

Z

液は,7.13 及び 7.14 

試験にも用いる。


4

K 8637

:2006

(

3

硫黄が析出しやすいので,溶液の調製及び操作は手早く行う。

7.11 

マグネシウム(Mg)  溶液の調製及び操作(

)

は,次による。

a) 

試料側溶液  試料

4.0 g

に水を加えて溶かし

100 ml

にする

X

液)

X

液は,

7.12

の試験にも用いる。

b) 

標準側溶液  試料

4.0 g

に,マグネシウム標準液

(Mg

0.01 mg/ml) 4.0 ml

,カルシウム標準液

(Ca

0.01

mg/ml) 8.0 ml

及び水を加えて溶かし

100 ml

にする(

Y

液)

Y

液は,7.12 の試験にも用いる。

c)

操作  JIS K 8001 の 5.31

(

1

)

(直接噴霧法)

(

d

)

による。

7.12 

カルシウム(Ca)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料側溶液  7.11 

X

液を用いる。

b) 

標準側溶液  7.11 

Y

液を用いる。

c)

操作  JIS K 8001 の 5.31

(

1

)(

d

)

による。

7.13 

(Pb)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料側溶液  7.10 

X

液を用いる。

b) 

標準側溶液  7.10 

Y

液を用いる。

c) 

空試験用溶液  7.10 

Z

液を用いる。

d)

操作  JIS K 8001 の 5.31

(

2

)(

d

)

③による。

7.14 

(Fe)  溶液の調製及び操作は,次による。

a) 

試料側溶液  7.10 

X

液を用いる。

b) 

標準側溶液  7.10 

Y

液を用いる。

c) 

空試験用溶液  7.10 

Z

液を用いる。

d)

操作  JIS K 8001 の 5.31

(

2

)(

d

)

③による。

8. 

容器  容器は,気密容器とする。

9. 

表示  容器には,次の事項を表示する。

a) 

名称“チオ硫酸ナトリウム五水和物”及び“試薬”の文字

b)

種類

c)

化学式及び式量

d)

純度

e)

内容量

f)

製造番号

g) 

製造業者名又はその略号


5

K 8637

:2006

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 8637:2006

  チオ硫酸ナトリウム五水和物(試薬)

ISO 6353-2:1983,

  化学分析用試薬―第 2 部:仕様―第 1 シリーズ

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線又は側線

項目

番号

内容

(

Ⅱ)  国際

規格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

1.

適 用 範

試薬として用いるチオ硫

酸ナトリウム五水和物に
ついて規定。

1

化学分析用試薬 40 品

目の仕様について規
定。

MOD/

変更

JIS

は 1 品目 1 規格。

試薬の規格使用者が各規格を多く引用

しやすくするために 1 品目 1 規格とし
ている。 
  なお,対応国際規格は 20 年間以上見

直しが行われていないため市場の実態
に合わない。国際規格の改正提案を検
討する。

2.

引 用 規

JIS K 8001

JIS K 8230 

 1 ISO 6353-1 

MOD/

変更

ISO

規格 1 件を削除

し,JIS を追加・引用,
基本的には同等内容。

該当する対比項目を参照。

3.

一 般 事

JIS K 8001

による。

− MOD/追加

項目を追加。

JIS K 8001

を引用。

編集上の差異であり,技術的な差異で
はない。

4.

種類

− MOD/追加

種類の項目を追加。

JIS

は種類として“特級”だけなので,

ISO

規格と技術的な差異はない。

5.

性質

− MOD/追加

チ オ 硫 酸 ナ ト リ ウ ム
五 水 和 物 の 性 質 の 項
を追加。

一般的な説明事項であり,技術的な差
異はない。

 
 
 
 
 

5

K 8637


2006


6

K 8637

:2006

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線又は側線

項目 
番号

内容

(

Ⅱ)  国際

規格番号

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

6.

品質

R36.1

MOD/

変更 1) 品質に差異のある

項目:塩化物,硫

酸 塩 及 び 亜 硫 酸
塩,窒素化合物及
びカルシウム

2)

追加した項目:水
溶状,カリウム及
び銅

ISO

規格は,長期間内容の見直しが行

われず国際市場で ISO 規格品が用いら

れることはほとんどない。また,技術
的差異も軽微(

1

)(

2

)(

3

)

である。

7.

試 験 方

7.1

試験条

件 及 び 試
験結果

R36.2

− MOD/追加

項目を追加。

一般的な試験条件及び試験結果に関す
る事項であり,技術的な差異はない。

7.2

純度

(Na

2

S

2

O

3

5H

2

O)

滴定法

R36.2.1

滴定法 MOD/変更 1) 試料の量,調製液

量などを変更。

2)

よう素溶液で試料

溶液を滴定する方
法から試料溶液で
よう素溶液を滴定

する方法に変更。

実績のある従来の JIS の方法を踏襲。

ISO

規格の見直し時に,改正提案の検

討を行う予定。

7.3

水溶状

− MOD/追加

項目を追加。

JIS

として必要。

ISO

規格の見直し時に,改正提案の検

討を行う予定。

 
 
 
 
 

6

K 8637


2006


7

K 8637

:2006

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線又は側線

項目 
番号

内容

(

Ⅱ)  国際

規格番号

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

7.4 pH

(50

g/l,25

℃)

溶液濃度は g/l で規定。

R 36.2.2

溶 液 濃 度 は 質 量 分
率%で規定。

MOD/

変更 1) ISO 規格は溶液濃

度を質量分率で規

定,JIS は溶液濃
度を g/l  で規定。

2)  JIS K 8001

の 5.5

を引用。

7.5

塩化物

(Cl)

比濁法

R36.2.3

比濁法 MOD/変更 1) 試料の量,試薬な

どを変更。

2)  JIS K 8001

の 5.7

を引用。

7.6

硫酸塩

及 び 亜 硫
酸塩

(SO

4

とし

て)

比濁法

R36.2.4

種晶添加比濁法 MOD/変更 1) 種晶添加比濁法を

比濁法に変更。

2)  JIS K 8001

の 5.15

を引用。

7.7

硫化物

(S)

比濁法

R36.2.5

比濁法 MOD/変更 1) 調 製 液 の 量 を 変

更。

2)  JIS K 8001

の 5.17

を引用。

JIS

は,定期的に見直しを行っている

が,ISO 規格は,長年見直しが行われ

て い な い こと か ら 実 績 の あ る 従 来の

JIS

法を踏襲。技術的な差異は軽微であ

り,対策は考慮しない。

7.8

窒素化

合物 
( N と し
て)

蒸留−インドフェノール

青法

 R36.2.6

蒸留−ネスラー法 MOD/変更 1) 試料の量,調製液

の量などを変更。

2)

蒸留−ネスラー法
を蒸留−インドフ

ェノール青法に変
更。

3)  JIS K 8001

の 5.12

を引用。

ISO

規格のネスラー法は環境・安全上,

変更が必要。ISO 規格の見直し時に,
改正提案の検討を行う予定。

7

K 8637


2006


8

K 8637

:2006

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線又は側線

項目 
番号

内容

(

Ⅱ)  国際

規格番号

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

7.9

カリウ

ム(K)

炎光光度法

− MOD/追加

項目を追加。

7.10

銅(Cu)  原子吸光法

− MOD/追加

項目を追加。

これまでの実績から JIS として必要。

ISO

規格の見直し時に,追加提案の検

討を行う予定。

7.11

マグネ

シウ 
ム(Mg)

原子吸光法

R36.2.7

原子吸光法 MOD/変更 1) 試料の量などを変

更。

2)  JIS K 8001

の 5.31

を引用。

7.12

カルシ

ウム

(Ca)

原子吸光法

R36.2.7

原子吸光法 MOD/変更 1) 試料の量などを変

更。

2)  JIS K 8001

の 5.31

を引用。

7.13

鉛(Pb)

原子吸光法

R36.2.7

原子吸光法 MOD/変更

7.14

鉄(Fe)

原子吸光法

R36.2.7

原子吸光法 MOD/変更

1)

試料量,試薬の量,
抽出用溶剤などを
変更。

2)  JIS K 8001

の 5.31

を引用。

JIS

は,定期的に見直しを行っている

が,ISO 規格は,長年見直しが行われ
て い な い こと か ら 実 績 の あ る 従 来の

JIS

法を踏襲。技術的な差異は軽微であ

り,対策は考慮しない。

8.

容器

− MOD/追加

項目を追加。

9.

表示

− MOD/追加

項目を追加。

規格適合性を評価する関係で必要な項

目を追加。

(

1

理由:軽微な技術的差異。6.品質の(Ⅳ)欄の 1)∼2)は,いずれも一般用途の試薬としては軽微な技術的差異であり,この差が取引上の障害になる可能性はほと
んどない。ISO 規格,JIS とも品質項目の設定・品質水準の設定は,市場での長い使用実績・経験を踏まえたものである。ISO 規格と JIS との質量分率 ppm∼質
量分率 ppt レベルの不純物のごくわずかの差異は,経験上,一般用途の試薬としては実用上差し支えないものと考えられる。

なお,不純物のごくわずかの差異がどのような影響を及ぼすか,あらゆる用途を想定して検証することは現実的ではない。  (Ⅳ)の 1)∼2)の品質項目及び品

質水準が不満足な場合は,通常,JIS 試薬,ISO 規格試薬とも対応できない。この場合,対応策としては,目的に合致した高純度試薬など特殊用途の試薬を
使用することになる。

(

2

) ISO

試薬規格の状況:ISO 規格の試薬は,規格の維持管理が行われていない(規格制定後約 20 年経過)

。このため,ISO 規格の内容が現在の市場の要求にこたえ

ているかどうかの検討が行われていない(JIS との差)

。また,ISO 規格の試薬は,我が国だけではなく,国際市場でも商取引がほとんどなく国際規格としての

存在意義が乏しい。

(

3

今後の対策:(

1

)

及び(

2

)

の理由から,当面,対策を考慮しない。

8

K 8637


2006


9

K 8637

:2006

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:

MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。

9

K 8637


2006