>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 8603

:2011

(1) 

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  種類

1

4

  性質

1

4.1

  性状

1

4.2

  定性方法

1

5

  品質

2

6

  試験方法

2

6.1

  一般事項

2

6.2

  乾燥減量(105

℃)

2

6.3

  二酸化炭素吸収量

2

7

  容器

3

8

  表示

3


K 8603

:2011

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本試薬

協会(JRA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきと

の申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これに

よって,JIS K 8603:1992 は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成 23 年 12 月 21 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS

マーク表示認証において,JIS K 8603:1992 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

 K

8603

:2011

ソーダ石灰(試薬)

Soda lime

(Reagent)

序文

この規格は,1953 年に制定され,その後 5 回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は 1992 年に

行われたが,その後の試験・研究開発などの技術進歩に対応するために改正した。

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

1

適用範囲

この規格は,試薬として用いるソーダ石灰

1)

について規定する。

1)

別名:ソーダライム

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 0050

  化学分析方法通則

JIS K 0067

  化学製品の減量及び残分試験方法

JIS K 1106

  液化二酸化炭素(液化炭酸ガス)

JIS K 8001

  試薬試験方法通則

JIS K 8125

  塩化カルシウム(水分測定用)

(試薬)

JIS K 8251

  ガラスウール(試薬)

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

3

種類

種類は,二酸化炭素吸収用(1 号,2 号)及び元素分析用とする。

4

性質

4.1

性状

ソーダ石灰は,白又はやや着色した粒で,水酸化カルシウム及び/又は酸化カルシウムと水酸化ナトリ

ウム及び/又は水酸化カリウムとの混合物である。粒の大きさは,1 号は約 1.5∼3.5 mm,2 号は約 3.5∼

5.5 mm

,元素分析用は約 1.5∼2.5 mm である。

4.2

定性方法

定性方法は,次による。

a)

試料 1 g に塩酸 10 ml を加えて溶かし,水 40 ml を加える(A 液)

。A 液 20 ml にアンモニア水 3 ml を

加え,更に,しゅう酸アンモニウム溶液(100 g/l)5 ml を加えると,白い沈殿が生じる。


2

K 8603

:2011

   

b)

炎色試験は,直径約 0.8 mm の白金線を先端から約 30 mm まで塩酸(1+1)に浸し,炎の長さ約 120 mm,

内炎の長さ約 30 mm 程度としたガスバーナーの無色炎中に,内炎の最上部から約 10 mm の位置に水

平に入れた後,放冷する。この操作を炎に色が現れなくなるまで繰り返す。次に,A 液に白金線の先

端約 5 mm を浸し,ガスバーナーの無色炎中に入れると黄色又は炎をコバルトガラスを透かして見る

とき,紫が現れる。

5

品質

品質は,箇条 によって試験したとき,

表 に適合しなければならない。

表 1−品質

規格値

二酸化炭素吸収用

項目

1

2

元素分析用

試験方法

乾燥減量(105

℃)

質量分率 %

12

∼19 12∼19 12∼19

6.2 

二酸化炭素吸収量

質量分率 %

25

以上 20 以上 30 以上

6.3 

6

試験方法

6.1

一般事項

試験方法の一般的な事項は,JIS K 0050 及び JIS K 8001 による。

6.2

乾燥減量(105

℃)

乾燥減量(105

℃)は,JIS K 0067 の 4.1.4  (1)(第 1 法  大気圧下で加熱乾燥する方法)による。この

場合,試料 1 g を 0.1 mg の桁まではかりとり,2 時間乾燥する。

6.3

二酸化炭素吸収量

二酸化炭素吸収量の試験方法は,次による。

a)

試薬及びガス  試薬及びガスは,次のものを用いる。

1)

塩化カルシウム(水分測定用)  JIS K 8125 に規定するもの。

2)

ガラスウール  JIS K 8251 に規定するもの。

3)

二酸化炭素  JIS K 1106 に規定するもの。

b)

器具及び装置  主な器具及び装置は,次のとおりとする。

1)

共通すり合わせ 字管(字管)  JIS R 3503 に規定するもの(呼び寸法 15 mm,共通すり合わせ

記号 15/25 のもの。

2)

二酸化炭素吸収装置  例を図 に示す。

3)

精密ニードルバルブ付流量計  二酸化炭素の流速を約 10 ml/min に調節できるもの。

c)

操作  操作は,次のとおり行う。

1)

あらかじめ乾燥した

図 の U 字管 A の底部にガラスウールを詰める。その片側に塩化カルシウム(水

分測定用)約 5 g を詰め,両側の栓を閉じてその質量を 1 mg の桁まではかる(W

3

  g

。次に,U 字

管 A の他の側に試料約 10 g を詰め,再び両側の栓を閉じてその質量を 1 mg の桁まではかる(W

2

 g

2)

あらかじめ乾燥した

図 の U 字管 B に塩化カルシウム(水分測定用)を詰め,両側の栓を閉じてお

く。

3) U

字管 A の側管 C と塩化カルシウム(水分測定用)を詰めた塩化カルシウム管 H とをシリコーン

ゴム管で連結し,U 字管 A の側管 D と U 字管 B の側管 E とをシリコーンゴム管で連結する。


3

K 8603

:2011

4) U

字管 B の側管 F と精密ニードルバルブ付流量計 J の出口側とをシリコーンゴム管で連結し,精密

ニードルバルブ付流量計 J の入口側と二酸化炭素ボンベ L とをシリコーンゴム管で連結する。

5) U

字管 A 及び B の全ての栓を開き,二酸化炭素ボンベ L のバルブを開き,精密ニードルバルブ付流

量計 J の流量調節バルブ K で調節して二酸化炭素を U 字管 A に流速約 10 ml/min で通じる。

6) 3

時間後に U 字管 A の両側の栓を閉じた後,塩化カルシウム管 H,U 字管 B 及びシリコーンゴム管

を取りはずし,U 字管 A の質量を 1 mg の桁まではかる。

7)

再び 3)

のとおりに連結し,U 字管 A の両側の栓を開き,二酸化炭素を流速約 10 ml/min で通じる。

8) 1

時間後に 6)

と同様にして U 字管 A の質量を 1 mg の桁まではかる。

9)  7)

及び 8)

の操作を U 字管 A の質量の増加が 1.0 %以下になるまで繰り返した後,U 字管 A の両側の

栓を閉じて放冷し,U 字管 A の質量を 1 mg の桁まではかる(W

1

 g

d)

計算  二酸化炭素吸収量は,次の式によって算出する。

100

3

2

2

1

×

=

W

W

W

W

A

ここに,

A

二酸化炭素吸収量(質量分率  %)

W

1

試料,ガラスウール及び塩化カルシウム(水分測定用)
を詰めた U 字管 A の二酸化炭素吸収後の質量(g)

W

2

試料,ガラスウール及び塩化カルシウム(水分測定用)
を詰めた U 字管 A の二酸化炭素吸収前の質量(g)

W

3

ガラスウール及び塩化カルシウム(水分測定用)を詰め
た U 字管 A の質量(g)

A

:  U 字管

E

:  側管

J

精密ニードルバルブ付流量計

B

:  U 字管[塩化カルシウム

F

:  側管

K

流量調節バルブ

(水分測定用)用]

G

:  栓

L

二酸化炭素ボンベ

C

:  側管

H

:  塩化カルシウム管

M

ヒーター付圧力調整器

D

:  側管

I

:  シリコーンゴム管

図 1−二酸化炭素吸収装置の例

7

容器

容器は,気密容器とする。

8

表示

容器には,次の事項を表示する。


4

K 8603

:2011

   

a

)

日本工業規格番号

b

)

名称  “ソーダ石灰”及び“試薬”の文字

c

)

種類

d

)

二酸化炭素吸収量

e

)

内容量

f

)

製造番号

g

)

製造業者名又はその略号