>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 7642

:2012

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS K 7642:2007 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 K

7642

:2012

写真−写真印画の保存方法

(追補 1)

Imaging materials-Processed photographic reflection prints-

Storage practices

(Amendment 1)

JIS K 7642:2007

を,次のように改正する。

2.

(引用規格)を,次の文に置き換える。

JIS K 7641

  写真−現像処理済み安全写真フィルム−保存方法

備考  ISO 18911:2000  Imaging materials−Processed safety photographic films−Storage practices からの

引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 7644

  写真−現像処理済み写真乾板−保存方法

JIS K 7645

  写真−現像処理済み写真フィルム,乾板及び印画紙−包材,アルバム及び保存容器

備考  ISO 18902:2001   Imaging materials − Processed photographic films, plates and papers − Filing

enclousures and storage containers

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

ISO 18916:2007

  Imaging materials−Processed imaging materials−Photographic activity test for enclosure

materials

4.

(包材及び収納箱)の“ISO 14523”を,

ISO 18916”に置き換える。

4.1

(開口包材)の“ISO 14523”を,

ISO 18916”に置き換える。

9.1

(識別のための素材)の“ISO 14523”を,

ISO 18916”に置き換える。