>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 7366-

2 : 1

999

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 7366 - 2 : 1999

,プラスチック−可塑化ポリ塩化ビニル(PVC-P)

成形用及び押出用材料 
第 2 部:試験片の作り方及び諸性質の求め方

ISO 2898 - 2 : 1997

,プラスチック−可塑化ポリ塩化ビニル(PVC-P)

成形用及び押出用材料 
第 2 部:試験片の作り方及び諸性質の求め方

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

ISO 2898-2 

(2)

引用規格

ISO 2898-2 

(3)

試 験 片 の 作
り方

○  右記の国際規格の条件以外

に,これによることができな

い場合について規定。

ISO 2898-2 

ADP

表 の圧縮成形条件について
規定の条件によることがで

きない場合の規定を追加。
表 の成形品取出温度の注釈

1)

はデュロメータ硬さ≦A80

だけに適用。

国際規格の圧縮成形条件に
不備がある。

国際規格の改正提案を行う。 
国際規格の編集上の間違い
と考えられる。

国際規格の改正提案を行う。

(4)

試 験 片 の 状
態調節

ISO 2898-2 

(5)

諸 性 質 の 求
め方

ISO 2898-2 

表 の密度の補足説明を“有
効数字 3 けたまで表示”に変

更。 
表 のデュロメータ硬さの試
験条件“荷重 50 N”を削除。

国際規格の間違いと考えら
れる。

国際規格の改正提案を行う。 
国際規格の間違いと考えら
れる。

国際規格の改正提案を行う。

(6)

附属書 A(規
定)

○  成形機のプレス盤は,加熱及

び冷却(成形機を加熱と冷却

との 2 台としても構わない)
ができなくてはならない。

ISO 2898-2 

○ 成形機のプレス盤は,加熱及び冷

却ができなくてはならない。

= 成形機を加熱と冷却との 2 台

としても構わないとした。

加熱及び冷却は,1 台で行っ
ても 2 台で行っても結果は

同じである。

備考1.  対比項目(Ⅰ)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(Ⅳ)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”(ADOPTION の略):JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として必要な

規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。