>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 7363

: 19

99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS K 7363 : 1999

  プラスチック−耐候性試験における放射露

光量の機器測定−通則及び基本的測定方法

ISO 9370 : 1997

  プラスチック−耐候性試験における放射露光量の機器測定−通則及び基本的測定方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  平面上の放射照度を放射計

で測定する方法を規定。屋外
及び屋内暴露試験ともに対
象となる。

(2)

引用規格

(3)

定義

○  カットオン(オフ)波長,半

値幅,通過帯域,日射計など
超広帯域

超 広 帯 域 フ ィ ル
タでの,中心波長
と 半 値 幅 の 許 容

幅 
        ±10mm

○ 超広帯域フィルタでの,中心波長

と半値幅の許容幅  ±2mm

≠ 許容幅を変更

この許容幅を±2mm とする
ことは実際上不可能なので,

JIS

では±10mm に変更し

た。

ISO

に改正を提案する。

(3)

装置・器具

○  波長選択性のない放射計:全

天日射計,直達日射計 
放射計の種類:狭帯域,広帯
域,超広帯域

(4)

機器の校正

○  波長選択性のない放射計:世

界放射基準にトレーサブル

波長選択性のある放射計:国
家標準にトレーサブル

(5)

測定手順

○  屋外暴露:固定角での暴露

実験室光源暴露:受光器  光
源に垂直に設置

(6)

附属書 A

(参考)

波長選択性のある放射計の
校正: 
分光応答特性

入射角度特性


 

2

K 7363

: 19

99
 解


備考1.  対比項目(Ⅰ)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(Ⅳ)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。