>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 7236

:2009

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS K 7236:2001 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 K

7236

:2009

エポキシ樹脂のエポキシ当量の求め方

(追補 1)

Determination of epoxy equivalent in epoxy resins

(Amendment 1)

JIS K 7236:2001

を,次のように改正する。

5.1

(電位差滴定装置)を,次の文に置き換える。

電位差滴定装置は,JIS K 0113 に規定するもので,滴定スタンド付きの銀電極及び塩化銀又は硫化水銀

電極を内部に備え,かつ,電極膜をガラスとした,ガラス電極を用いる(

図 参照)。

図 1  ガラス電極