>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 7145 : 2000

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

今回の制定は,ISO 3671 : 1976, Plastics−Aminoplastic moulding materials−Determination of volatile matter

を基礎として用いた。


日本工業規格

JIS

 K

7145

: 2000

プラスチック−アミノ樹脂成形材料

−揮発分の求め方

Plastics

−Aminoplastic moulding materials

−Determination of volatile matter

序文  この規格は,1976 年に第 1 版として発行された ISO 3671, Plastics−Aminoplastic moulding materials

−Determination of volatile matter を元に作成した日本工業規格であるが,国際規格には規定されていない規

定内容を追加した。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,アミノ樹脂成形材料の揮発分(主に水)の試験方法について規定する。

備考  この規格の原国際規格を,次に示す。

ISO 3671 : 1976

  Plastics−Aminoplastic moulding materials−Determination of volatile matter

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 0067

  化学製品の減量及び残分試験方法

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

JIS R 3505

  ガラス製体積計

JIS Z 8401

  数値の丸め方

3.

装置及び器具

3.1

はかり瓶  JIS R 3505 に規定する呼び寸法 50mm×30mm の平形はかり瓶又は 45mm×35mm の密閉

できるふたの付いたもの。

参考  はかり瓶は,JIS R 3503 に規定する平形はかり瓶として,呼び寸法 40mm×20mm, 50mm×30mm

及び 60mm×30mm の 3 種類が規定されている。また,JIS K 0067 では,はかり瓶はその試料

厚さが 5mm 以下となるように容量を選択する基準がある。これらのことを勘案して,呼び寸

法 50mm×30mm を選択した。

3.2

恒温槽  温度を 55±1℃に維持することが可能な十分に換気できる恒温槽。

3.3

はかり  0.001g まで量ることができるもの。

4.

試料の保管  試料は,水又は他の揮発分の吸収又は蒸発を防ぐため,試験を行うまで密閉容器に入れ

て保管する。


2

K 7145 : 2000

5.

手順  あらかじめ乾燥した清浄なはかり瓶を 0.001g のけたまで量る。試料は,5±0.1g をはかり瓶に

入れ,なるべく均等な厚さに広げてふたをした後,質量を 0.001g のけたまで正確に量る。試験は 2 回実施

する。

はかり瓶のふたを外して,55±1℃の温度に設定された恒温槽に試料が入ったはかり瓶を入れる。3 時間

乾燥した後,恒温槽からはかり瓶を取り出し,はかり瓶のふたを閉め,室温のデシケーターに入れる。1

時間以上放冷した後,はかり瓶のふたを緩めて圧力を抜き,試料が入ったはかり瓶を再度量る。

6.

結果の表示  次の式によって,揮発分 (%) を算出し,2 回の試験結果から算術平均する。小数点以下

1

けたまで計算する。

備考  数値の丸め方は,JIS Z 8401 による。

揮発分(%)=

100

0

1

0

×

m

m

m

ここに,  m

0

:  乾燥前の試料の質量 (g)

m

1

:  乾燥後の試料の質量 (g)

7.

試験報告書  試験報告書には,次の項目を記載する。

a)

日本工業規格番号

b)

試験対象製品の詳細な識別

c)

揮発分(2 回の試験結果から得られた平均値)

d)

それぞれの 2 回の試験結果

JIS K 7145

アミノ樹脂成形材料の揮発分の求め方  原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

牧          廣

拓殖大学工学部

(委員)

増  田      優

通商産業省基礎産業局

岡  林  哲  夫

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会技術部

高  野  忠  夫

財団法人高分子素材センター試験・検査事業部

田  辺      勝

日本プラスチック日用品工業組合

神  谷      操

社団法人東日本プラスチック成形工業協会

木  村  勝  美

神保電器株式会社

金  本  明  済

株式会社明工社

紺  谷      隆

松下電工株式会社化学材料事業部

上  田  重  雄

大洋樹脂工業株式会社研究開発部

宮  崎  久  弘

台和化学工業株式会社

弦  巻  斗米蔵

パーマライト株式会社

平  沢  信  昭

富士化成工業株式会社所沢工場

秦  野  主  計

合成樹脂工業協会

(事務局)

田  村  正  勝

日本プラスチック工業連盟