>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 7019

: 19

99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 7019 : 1999

  繊維強化プラスチック−±45°引張試験による面内せん

断特性の求め方

ISO/FDIS 14129 : 1997

  繊維強化プラスチック複合材−±45°引張試験による面内せん断係

数及び強さを含む面内せん断応力/せん断ひずみ応答の求め方

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III) 国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合が

困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

繊維強化プラスチックの面内せん断試

験法(±45°繊維配向,対称バランスト
積層)

ISO/FDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

JIS K 7079 : 1991 CFRP

JIS K 7059 : 1995 GFRP

それぞれ規定されている

(2)

引用規格

JIS K 7100 

ISO/DIS 1268-1 : 1997

ISO 2602 : 1980

ISO 2818 : 1994

ISO 5893 : 1993

ISO/FDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

JIS K 7079 

JIS B 7502 JIS B 7507 

JIS K 6900 JIS K 7072 

JIS K 7100 JIS Z 8401 

JIS K 7059 

JIS B 7502 JIS B 7507 

JIS K 6900 JIS K 7051 

(3)

原理

±45°引張試験

ISO/FDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

JIS K 7079 

A

法:±45°引張試験

B

法:レール試験

JIS K 7059 

45

°引張試験

(4)

定義

面内せん断応力

面内せん断強さ 
せん断ひずみ 
面内せん断弾性率*

試験片の座標軸

*)

コード弾性率

ISO/FDIS 14129 :1997

○ (I)に同じ

(I)

に同じ


相違なし 
相違なし

JIS K 7079 

JIS K 6900(I)

のほかに

面内せん断破壊ひずみ 
面内せん断弾性率*

面内せん断

JIS K 7059

JIS K 6900 JIS K 7051

(I)

のほかに

面内せん断破壊ひずみ 
面内せん断弾性率*

*)

直線部のこう(勾)配又は変

形初期の接線こう(勾)配


 

2

K 7019

: 19

99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合が

困難な理由及び今後の対策

(5)

装置 1.

試験機

一般事項:ISO 5893 
試験速度:ISO 5893

荷重指示計:ISO 5893

2.

ひずみ測定

ひずみゲージ

伸び計

3.

マイクロメータ

4.

(ノギス)

ISO/FDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

規定なし

相違なし

(追加)

JIS K 7079 

(I)

に同じ

JIS K 7059 

(I)

に同じ

(6)

試験片 1.

試験片寸法

長さ 250mm

幅 25±0.5mm 
厚さ

2

±0.2mm

ISO/FDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

JIS K 7079 

A

法:250mm

25

又は 50±0.5mm

2

∼10mm

B

法:厚さ約 2mm

JIS K 7059 

I

型:JIS K 7079

A

法に同じ

II

型:200mm

10

±0.5mm

1

∼3mm

 2.

作製法

ISO/DIS 1268-1

ISO 2818

JIS K 7079

  JIS K 7072 

JIS K 7059

  規定なし

 3.

タブ

GFRP

又は試験片と同一材料

厚さ 0.5∼2mm

角度 90°(テーパなし)

JIS K 7079 

GFRP

又はアルミニウム合金

厚さ  試験片と同じ

JIS K 7059 

FRP

又はアルミニウム

厚さ  試験片厚さ以下

角度  テーパあり


 

3

K 7019

: 19

99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合が

困難な理由及び今後の対策

(7)

試験片の数

5

個以上

グリップ部分又はタブ部分で破壊した
試験片は破棄し追加試験を行う

ISO/FDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

JIS K 7079 

A

法:チャック切れ試験片の

データも採用

(8)

状態調節

JIS K 7100 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

JIS K 7079

  JIS K 7100 

JIS K 7059

  JIS K 7051 

(9)

手順 1.

ひずみ測定

  試験片両面中央部の縦及び横方向に
単軸ゲージを貼付。直交 2 軸ゲージを用

いてもよい。

ISO/FDIS 14129 : 1997

≡ “試験片両面に

ひずみゲージを
てん(貼)付”と

原案に明記する。

JIS K 7079

B

法:試験片軸に対して±45°

方向に貼付

 2.

試験速度

2mm/min

JIS K 7079 

A

法:1∼5mm/min

B

法:1∼2mm/minl

JIS K 7059 

A

  1±0.5mm/min

B

  2±0.5mm/min

C

  5±1.0mm/min

D

  10±2.0mm/min

 3.

試験終了

  破 壊 が 起 こ ら な か っ た 場 合 は

γ

12

0.05

で試験終了

JIS K 7079

規定なし

JIS K 7059

規定なし

 4.

破壊様式

記録する

JIS K 7079 

規定なし

(10)

計 算 及 び 結 果 の 表

個々の結果の算術平均値 
有効数字 3 けた

標準偏差(ISO 2602) 
平均値の 95%信頼区間

(ISO 2602)

ISO/EDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

JIS K 7079 

(I)

のほかに変動係数

(標準偏差と変動係数は有効
数字 2 けた)

JIS K 7059 

規定なし


 

4

K 7019

: 19

99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合が

困難な理由及び今後の対策

(11)

精度

精度不明

ISO/FDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

= 相違なし

JIS K 7079

  JIS K 7059

  規定なし  規定なし

(12)

試験報告 a)∼o)の 15 項目

ISO/FDIS 14129 : 1997

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

原案には JIS K 7079(13 項目)
又は JIS K 7059(11 項目)が
すべて含まれている

(13)

その他

附属書:試験片の作製方法

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

JIS K 7079

  JIS K 7059

解説        解説

備考1.  対比項目(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小櫛の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。