>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 7016-

1 : 1

999 (

ISO
/D
IS 126

8-1 : 1

997)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS K 7016-1 : 1999

  繊維強化プラスチック−試験

板の作り方−第 1 部:総則

ISO/DIS 1268-1 : 1997 Fibre-reinforced plastics-Methods of producing test plates-Part 1 : General conditions

  繊維強化プラス

チック−試験板の作り方−パート 1:総則

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

試験片切り出し用繊維強化プラ

スチック板の基本的な作り方

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(2)

引用規格

JIS K 7052 : 1997 

JIS K 7053 : 1997 

ISO 1183 : 1987

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(3)

原理

各パートで,それぞれの試験板の
作り方を規定する。

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に回し

≡ 相違なし

(4)

原 材 料 及 び

成形材料

内容を明確に識別する。保管,貯

蔵の条件は,製造業者の指示に従
う。

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(5)

試 験 板 の 寸

各パートで規定する。

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(6)

強化材

対象製品と同じレベル。

各パートで規定する。

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(7)

設 備 及 び 装

加熱装置

加圧装置 
温度,圧力の調整,記録できるモ
ニタ。

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(8)

手順

成形方法ごとに各パートで規定
する。

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(9)

試 験 板 の 性
質の確認

1.

繊維含有率

2.

空洞率又は空げき率

3.

密度

4.

板の寸法

ISO 1172 : 1997 

ISO/CD 14127 

ISO 7822 : 1997 

ISO 1183 

○ (I)に回し

≡ 相違なし

(10)

報告 a)から h)までの 8 項目

ISO/DIS 1268-1 : 

1997 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(11)

その他

附属書 A(規定)積層指示書 
附属書 B(参考) 

○ (I)に同じ

≡ 相違なし


 

2

K 7016-

1 : 1

999 (

ISO
/D
IS 126

8-1 : 1

997)

 解


備考1.  対比項目(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。