>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

  K 7014 : 1997

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS K 7014

  繊維強化プラスチック管継手

ISO/DIS 7370 : 1996

“ガラス強化熱硬化性樹脂(GRP)管及び継手

−呼び寸法,径,管の呼び長さ及び許容差”及び ISO/FDIS 8483 :

1997

“ガラス強化熱硬化性樹脂(GRD))管及び継手−ボルト式フ

ランジ接合の設計を確認する試験方法”

対比項目

規定項目

(I)  JIS

原案の規

定内容

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の

規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

(2)

用語・記号

(3)

種類・等級

(4)

性能

(5)

形状・寸法及
び許容差

○  内 径 許 容

差;±1mm 又
は 呼 び 径 の

± 0.6 % の 大
きい方。

ISO/DIS 7370 :

1996

○ 内 径 許 容 差

(25A

250A)

: ±

1.5mm

。; ±

1.8mm(300A)

外径許容差;

±0.5mm, 
±0.6mm, 
+0.7mm

ADP ISO

許容差を

管の

附属書 3

に規定

将来 ISO に提案する。

(6)

外観

(7)

材料・原料

(8)

製造方法

(9)

試験方法

(10)

検査

(11)

表示

(12)

取 扱 上 の 注

(13)

試 験 結 果 の
数 値 の 表 し

附属書 1);欄

附属書 2);欄

附属書 3);欄

(1)

適用


2

K 7014 : 1997

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

原案の規

定内容

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(2)

接合の種類

(3)

接合の方法

(4)

性能

(5)

設計基準

(6)

試験

○  フ ラ ン ジ 接

合 部 の 性 能

試験

ISO/FDIS 8483 :

1997

≡ ISO の全文翻

訳,採用

附属書 1  繊維強化プラスチック管継手の設計 
附属書 2  石油製品搬送用繊維強化プラスチック管継手 
附属書 3  繊維強化プラスチック管継手の接合

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を

示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次のとおり。

“≡”JIS と国際規格との技術的内容は同等である。 
“ADP”

(ADOPTION の略)JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格のまま変更なしで採用してい

る。ただし,採用した部分において,JIS として必要な規定内容を追加し,
又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。

“−”該当項目がない場合。