>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 7013

:2009

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS K 7013:1997 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 K

7013

:2009

繊維強化プラスチック管

追補 1)

Fibre reinforced plastic pipes

(Amendment 1)

JIS K 7013:1997

を,次のように改正する。

1.

(適用範囲)の

備考 1.の JIS K 7052  ガラス繊維強化プラスチックの繊維含有率測定方法を,JIS K 7052

ガラス長繊維強化プラスチック−プリプレグ,成形材料及び成形品−ガラス長繊維及び無機充てん材含有

率の求め方−焼成法に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考 1.の JIS K 7055  ガラス繊維強化プラスチックの曲げ試験方法を,JIS K 7017  繊維

強化プラスチック−曲げ特性の求め方に置き換える。

4.4

(耐薬品性)の(2)の(a)の“JIS K 7012 の 5.3

表 3(外観変化と等級)に示す等級 1 又は等級 2

以下とする。

”を,

JIS K 7012 

表 4(外観変化と等級)に示す等級 1 又は等級 2 とする。”に置き換える。

9.12

(曲げ試験)の“JIS K 7055 又は,JIS K 7074 によって,耐食層を引張側にして行う。

”を,

JIS K 7017

又は JIS K 7074 によって,耐食層を引張側にして行う。

”に置き換える。 

関連規格欄の JIS K 7054  ガラス繊維強化プラスチックの引張試験方法を,JIS K 7165  プラスチック−

引張特性の求め方−第 5 部:一方向繊維強化プラスチック複合材料の試験条件に置き換える。