>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 6899-3 : 2002 (ISO 1043-3 : 1996)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本プラスチック工業連盟 (JPIF) /財団法

人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 1043-3 : 1996 (Plastics−Symbol and

abbreviated terms

−Part 3 : Plasticizers)  を基礎として用いた。

JIS K 6899-3

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(規定)  略語の個々の構成要素の記号のリスト


日本工業規格

JIS

 K

6899-3

: 2002

 (I

1043-3

: 1996

)

プラスチック−記号及び略語−第 3 部:可塑剤

Plastics

−Symbols and abbreviated terms−Part 3 : Plasticizers

序文  この規格は,1996 年に第 2 版として発行された ISO 1043-3 : 1996 (Plastics−Symbols and abbreviated

terms

−Part 3 : Plasticizers)  を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業

規格である。

1.

適用範囲

1.1

この規格は略語を作成するため,可塑剤に関連する用語の構成要素に対する一定の方式による記号

の付け方を規定する。この規格は,一般に用語の確立された略語だけを含む。

1.2

この規格は一つの可塑剤に対し複数の略語が生まれるのを防ぐことを目的とする。これら記号は,

主に出版物その他の文書中の化学名に対する略語を形成するための簡便記法となることを目的とする。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 1043-3 : 1996

  Plastics−Symbols and abbreviatcd terms−Part 3 : Plasticizers (IDT)

2.

記号及び略語の使用

2.1

本体中に略語が最初に現れる場合は括弧にくくり,かつ,その前に化学名を完全な形で書く。

2.2

記号には大文字だけを使用する。

2.3

表は略語,慣用名,使用し得る場合は IUPAC

1)

の対応する名称及び CAS-RN

2)

を含む。IUPAC 名又は

CAS-RN

が不確実若しくはあいまいさのため使用し得ない場合は,これを本体中に示す。

この規格で示された慣用化学名,又は IUPAC 名は略語を定める際に参照するものとする。

備考  ゴム及びプラスチック工業で使用する場合は,多くの可塑剤は“商業用”又は“工業用”銘柄

であり,必ずしも純粋の物質ではないことに留意すべきである。

2.4

略語の個々の構成要素の記号を

附属書 に示す。

2.5

この規格では可塑剤の混合物は考慮しない。

2.6

他に示さない限り,アルキル基は n-アルキル基であり,フタル酸エステルは o-フタル酸のエステル

である。

                                                        

1)

国際純正応用化学連合

2) 

ケミカルアブストラクトサービス登録番号 


2

K 6899-3 : 2002 (ISO 1043-3 : 1996)

2.7

ノルマル  (n-)  直鎖アルコールを示す場合,略語中に何ら記号は使用しない。分岐した(イソ)アル

コールは,1 個の例外を除き付加記号を使用する。すなわち,

(例えば,DOA 及び DOP 中の)2-エチルヘ

キシルに対する記号 O の世界的な使用によって,この規格での使用を認め,

(DNOP 中のように)n-オク

チル基は NO とした。この二重の使用方法のため,2.1 によった規定の規則の適用が非常に重要である。

2.8

記号 I はイソ-分岐した基を示す(例えば,DIOP)

。しかし,フタル酸ジ-n-トリデシルは可塑剤とし

て使用されないため,時に DTDP が DITDP に代わり使用される。DTDP が使用される際には 2.1 に規定さ

れた規則の適用が非常に重要である。

2.9

同一のアルコールのジエステルに基づく可塑剤の略語の最初の記号は D である。

2.10

可塑剤の略語では“りん酸エステル”に対する文字 F に代わり文字 P を使用してもよい。

2.11

分岐した基を示す“イソ”の名称をもつ数種の可塑剤は数種の異性体からなってもよい。この理由

から,単一の IUPAC 名によってこれらの可塑剤各個の詳細な化学組成を記述することはできない。

2.12  2

種以上のアルコールのエステルからなる数種の可塑剤は数字及びローマ字を組み合わせたコード

によって識別されており,例えば,711A はアジピン酸ヘプチルノニルウンデシル (HNUA) に対する代替

の慣用名である。第 1 の数字は可塑剤中の最も短いアルキル基の炭素数,第 2 及び第 3 の数字は最も長い

アルキル基の炭素数を表す。そこで,7 はヘプチル,11 はウンデシルを示す。コードの最終のローマ字は

アジピン酸エステルを表す A,又はフタル酸エステルを示す P のいずれかである。

3.

用語一覧表

略語

一般名

対応 IUPAC 名 CAS

登録番号

ASE

アルキルスルホン酸エステル

アルカンスルホン酸エステル又はアルカンス
ルホン酸アルキル

未知

BAR

o-

アセチルリシノール酸ブチル (R)

12-

アセトキシオレイン酸ブチル 140-04-5

BBP

フタル酸ベンジルブチル

一般名と同一 85-68-7

BCHP

フタル酸ブチルシクロヘキシル

一般名と同一 84-64-0

BNP

フタル酸ブチルノリル

一般名と同一

未知

BOA

アジピン酸ベンジルオクチル

アジピン酸ベンジル-2-エチルヘキシル 3089-55-2

BOP

フタル酸ブチルオクチル

フタル酸ブチル-2-エチルヘキシル 85-69-8

BST

ステアリン酸ブチル

一般名と同一 123-95-5

DBA

アジピン酸ジブチル

一般名と同一 105-99-7

DBEP

フタル酸ジ(2-ブトキシエチル)

一般名と同一 117-83-9

DBF

フマル酸ジブチル

一般名と同一 105-75-9

DBM

マレイン酸ジブチル

一般名と同一 105-76-0

DBP

フタル酸ジブチル

一般名と同一 84-74-2

DBS

セバシン酸ジブチル

一般名と同一 109-43-3

DBZ

アゼライン酸ジブチル

一般名と同一 2917-73-9

DCHP

フタル酸ジシクロヘキシル

一般名と同一 84-61-7

DCP

フタル酸ジカプリル

フタル酸ビス(1-メチルヘプチル) 131-15-7

DDP

フタル酸ジデシル

一般名と同一 84-77-5

DEGDB

ジ安息香酸ジエチレングリコール

ジ安息香酸オキシジエチレン 120-55-8

DEP

フタル酸ジエチル

一般名と同一 84-66-2

DHP

フタル酸ジヘプチル

一般名と同一 3648-21-3

DHXP

フタル酸ジヘキシル

一般名と同一 84-75-3

DIBA

アジピン酸ジイソブチル

一般名と同一 141-04-8

DIBM

マレイン酸ジイソブチル

一般名と同一 14234-82-3


3

K 6899-3 : 2002 (ISO 1043-3 : 1996)

略語

一般名

対応 IUPAC 名 CAS

登録番号

DIBP

フタル酸ジイソブチル

一般名と同一 84-69-5

DIDA

アジピン酸ジイソデシル

2.11

参照 27178-16-1

DIDP

フタル酸ジイソデシル

2.11

参照 26761-40-0

DIHP

フタル酸ジイソヘプチル

2.11

参照 41451-28-9

DIHXP

フタル酸ジイソヘキシル

一般名と同一 71850-09-4

DINA

アジピン酸ジイソノニル

2.11

参照 33703-08-1

DINP

フタル酸ジイソノニル

2.11

参照 28553-12-0

DIOA

アジピン酸ジイソオクチル

2.11

参照 1330-86-5

DIOM

マレイン酸ジイソオクチル

2.11

参照 1330-76-3

DIOP

フタル酸ジイソオクチル

2.11

参照 27554-26-3

DIOS

セバシン酸ジイソオクチル

2.11

参照 27214-90-0

DIOZ

アゼライン酸ジイソオクチル

2.11

参照 26554-17-2

DIPP

フタル酸ジイソペンチル

一般名と同一 605-50-5

DMEP

フタル酸ジ(2-メチルオキシエチル)

フタル酸ビス(2-メトキシエチル) 117-82-8

DMP

フタル酸ジメチル

一般名と同一 131-11-3

DMS

セバシン酸ジメチル

一般名と同一 106-79-6

DNF

フマル酸ジノニル

一般名と同一 2787-63-5

DNM

マレイン酸ジノニル

一般名と同一 2787-64-6

DNOP

フタル酸ジ-n-オクチル

フタル酸ジオクチル 117-84-0

DNP

フタル酸ジノニル

一般名と同一 14103-61-8

DNS

セバシン酸ジノニル

一般名と同一 4121-16-8

DOA

アジピン酸ジオクチル

3

アジピン酸ビス(2-エチルヘキシル)

3

 103-23-1

DOIP

イソフタル酸ジオクチル

イソフタル酸ビス(2-エチルヘキシル) 137-89-2

DOP

フタル酸ジオクチル

フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) 117-81-7

DOS

セバシン酸ジオクチル

セバシン酸ビス(2-エチルヘキシル) 122-62-3

DOTP

テレフタル酸ジオクチル

テレフタル酸ビス(2-エチルヘキシル) 6422-86-2

DOZ

アゼライン酸ジオクチル

アゼライン酸ビス(2-エチルヘキシル) 2064-80-4

DPCF

りん酸ジフェニルクレジル

オルトりん酸ジフェニル x-トリル 
ここに は om又は混合物を示す

26444-49-5

DPGDB

ジ安息香酸ジ-x-プロピレングリコール

該当名なし

未知

DPOF

りん酸ジフェニルオクチル

オルトりん酸-2-エチルヘキシルジフェニル 
又はオルトりん酸オクチルフェニル

1241-94-7

DPP

フタル酸ジフェニル

一般名と同一 84-62-8

DTDP

フタル酸ジイソトリデシル(2.8 参照)

2.11

参照 27253-26-5

DUP

フタル酸ジウンデシル

一般名と同一 3648-20-2

ELO

エポキシ化あまに油

該当名なし 8016-11-3

ESO

エポキシ化大豆油

該当名なし 8013-7-8

GTA

三りん酸グリセリン

一般名と同一 102-76-1

HNUA

アジピン酸ヘプチルノニルウンデシル

  (

=711A)

該当名なし

未知

HNUP

フタル酸ヘプチルノニルウンデシル

  (

=711P)

該当名なし 68515-42-4

HXODA

アジピン酸ヘキシルオクチルデシル

  (

=610A)

該当名なし

未知

HXODP

フタル酸ヘキシルオクチルデシル

  (

=610P)

該当名なし 68515-51-5

NUA

アジピン酸ノニルウンデシル  (=911A)

該当名なし

未知

NUP

フタル酸ノニルウンデシル  (=911P)

該当名なし

未知


4

K 6899-3 : 2002 (ISO 1043-3 : 1996)

略語

一般名

対応 IUPAC 名 CAS

登録番号

ODA

アジピン酸オクチルデシル

アジピン酸デシルオクチル 110-29-2

ODP

フタル酸オクチルデシル

フタル酸デシルオクチル 68515-52-6

ODTM

トリメリット酸-n-オクチルデシル

ベンゼン-1,2, 4-トリカルボン酸水素デシルオ
クチル

未知

PO

流動パラフィン

該当名なし 8012-95-1

PPA

ポリ(アジピン酸プロピレン)

一般名と同一

未知

PPS

ポリ(セバシン酸プロピレン)

該当名なし

未知

SOA

八酢酸スクロース

八酢酸スクロース 126-14-7

TBAC

o-

アセチルクエン酸トリブチル

一般名と同一 77-90-7

TBEP

りん酸トリ(2-ブトキシエチル)

一般名と同一 78-51-3

TBP

りん酸トリブチル

オルトりん酸トリブチル 126-73-8

TCEF

りん酸トリクロロエチル

オルトりん酸トリス(2-クロロエチル) 6145-73-9

TCF

りん酸トリクレジル

オルトりん酸トリ-x-トリル 
ここに は om又は混合物を示す

1330-78-5

TDBPP

りん酸トリ(2, 3-ジブロモプロピル)

オルトりん酸トリス(2, 3-ジブロモプロピル) 126-72-7

TDCPP

りん酸トリ(2, 3-ジクロロプロピル)

オルトりん酸トリス(2, 3-ジクロロプロピル) 78'43-3

TEAC

o-

アセチルクエン酸トリエチル

一般名と同一 77-89-4

THFO

オレイン酸テトラヒドロフルフリル

一般名と同一 5420-17-7

THTM

トリメリット酸トリヘプチル

ベンゼン-1,2, 4-トリカルボン酸トリヘプチル 1528-48-9

TIOTM

トリメリット酸トリイソオクチル

ベンゼン-1,2, 4-リカルボン酸トリス(6-メチル

ヘプチル)

27251-75-8

TOF

りん酸トリオクチル

オルトりん酸トリス(2-エチルヘキシル) 78-42-2

TOPM

ピロメリット酸テトラオクチル

ベンゼン-1,2, 4,5-テトラカルボン酸テトラキ
ス(2-エチルヘキシル)

3126-80-5

TOTM

トリメリット酸トリオクチル

ベンゼン-1,2, 4-トリカルボン酸トリス(2-エチ

ルヘキシル)

89-04-3

TPP

りん酸トリフェニル

オルトりん酸トリフェニル 115-86-6

TXF

りん酸トリキシリル

オルトりん酸トリ-xy-キシリル 
ここに 及び は om又は混合物を示す

25155-23-1

備考  この文脈では“オクチル”及び“2-エチルヘキシル”は同義語である:DEHA 及び DEHP はしばしば略語とし

て使用される。


5

K 6899-3 : 2002 (ISO 1043-3 : 1996)

附属書 A(規定)  略語の個々の構成要素の記号のリスト 

A-1

記号のリスト

記号

略語の構成要素

A

酢酸エステル,アセチル,アジピン酸エステル,アルキル

B

安息香酸エステル,ベンジル,ブロモ,ブトキシ,ブチル

C

カプリル,クロロ,くえん酸エステル,クレジル

CH

シクロヘキシル

D

デシル,ジ

E

エポキシ化,エチル,エチレン

EST

エステル

F

フマル酸エステル,フルフリル,りん酸エステル

G

グリセリン,グリコール

H

ヘプチル,ヒドロ

HX

ヘキシル

I

イソ

L

あまに

M

マレイン酸エステル,メリット酸エステル,メチル,メチルオキシ

N

n-

(ノルマル)

,ノニル

O

オクタ,オクチル,油,オレイン酸エステル

P

パラフィン,ペンチル,フェニル,りん酸エステル,フタル酸エステル,ポリ,プロピル,プロピレ
ン,ピロ

R

リシノール酸エステル

S

セバシン酸エステル,大豆,スクロース,スルホン酸

ST

ステアリン酸エステル

T

テル,テトラ,トリル,トリ

U

ウンデシル

X

キシリル

Z

アゼライン酸エステル


6

K 6899-3 : 2002 (ISO 1043-3 : 1996)

A-2

略語の構成要素のリスト

アジピン酸エステル A

テトラ T

アセチル A

テル T

アゼライン酸エステル Z

トリ T

あまに L

トリル T

アルキル A

ノニル N

安息香酸エステル B

n-

(ノルマル) N

イソ I

パラフィン P

ウンデシル U

ヒドロ H

エステル EST

ピロ P

エチル E

フェニル P

エチレン E

フタル酸エステル P

エポキシ化 E

ブチル B

オクタ O

ブトキシ B

オクチル O

フマル酸エステル F

オレイン酸エステル O

フルフリル F

カプリル C

プロピル P

キシリル X

プロピレン P

くえん酸エステル C

ブロモ B

グリコール G

ヘキシル HX

グリセロール G

ヘプチル H

クレジル C

ベンジル B

クロロ C

ペンチル P

酢酸エステル A

ポリ P

ジ D

マレイン酸エステル M

シクロヘキシル CH

メチル M

スクロース S

メチルオキシ M

ステアリン酸エステル ST

メリット酸エステル M

スルフォン酸 S

油(ゆ) O

セバシン酸エステル S

リシノール酸エステル R

大豆 S

りん酸エステル F, P

デシル D


7

K 6899-3 : 2002 (ISO 1043-3 : 1996)

JIS

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

三  田      達

東京大学(名誉教授)

(委員)

小  野  昌  孝

実践女子大学

奥  田  謙  介

奥田技研

中  村  茂  夫

神奈川大学

橋  本      進

財団法人日本規格協会

宮  入  裕  夫

東京医科歯科大学

森          隆

森技術事務所

岩  崎  和  男

岩崎技術士事務所

小  瀬  達  男

財団法人化学技術戦略推進機構

浜  島  俊  行

浜島技術事務所

森  田  修  司

宇部興産株式会社

後  藤  卒土民

有限会社材料プロセス研究所

木  庭  道  夫

エンプラ技術連合会

山  本  建  夫

共和レザー株式会社

吉  木      健

Tynthe Tech

中  里  敏  和

日本ポリケム株式会社

林      卓  冶

電気化学工業株式会社

恒  元  志  郎

不二プラスチック株式会社

隅  田  憲  武

シャープ株式会社

山  口  泰  彦

ユニチカ株式会社

(事務局)

三  宅      彰

日本プラスチック工業連盟

松  井      昭

日本プラスチック工業連盟

日本工業標準調査会標準部会  化学製品技術専門委員会委員  構成表

氏名

所属

(委員会長)

宮  入  裕  夫

東京医科歯科大学生体材料工学研究所

(委員)

大  久  泰  照

昭和シェル石油株式会社中央研究所

奥  泉  仁  一

財団法人バイオインダストリー協会

奥  山  通  夫

社団法人ゴム協会

笠  野  英  秋

拓殖大学工学部

加  茂      徹

独立行政法人産業技術総合研究所

木  原  幸  弘

社団法人日本化学工業協会

桐  村  勝  也

社団法人日本塗料工業会

高  野  忠  夫

財団法人化学技術戦略推進機構

高  橋  信  弘

東京農工大学農学部

西  川  輝  彦

石油連盟

西  本  右  子

神奈川大学理学部

古  川  哲  夫

財団法人日本消費者協会

槇          宏

日本プラスチック工業連盟