>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 6831

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,接着剤・接着評価技術研究会(ECAA)/財団

法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。


K 6831

:2003

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

4.

  試験方法の種類 

1

5.

  試験の一般条件 

1

6.

  接着剤の採取方法及び取扱方法

1

7.

  接着剤の種類及び被着材の表面処理 

1

8.

  試験片

1

8.1

  試験片の作製 

1

8.2

  試験片の数 

2

9.

  試験項目

2

9.1

  常態試験 

2

9.2

  昇温又は冷却試験

2

10.

  結果の表示 

2

11.

  報告

2


JIS K 6831:2003

(1) 

日本工業規格

JIS

 K

6831

:2003

接着剤−接着強さの温度依存性の求め方

Adhesives

Determination of temperature dependence of adhesive bonds

1.

適用範囲  この規格は,接着製品及び接着剤の接着強さの温度依存性の求め方について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 6800

  接着剤・接着用語

JIS K 6848-1

  接着剤−接着強さ試験方法−第 1 部:通則

JIS K 6848-2

  接着剤−接着強さ試験方法−第 2 部:金属の表面調整のための指針

JIS K 6848-3

  接着剤−接着強さ試験方法−第 3 部:プラスチックの表面調整のための指針

JIS K 6848-4

  接着剤−接着強さ試験方法−第 4 部:金属,プラスチックを除く被着材の表面調整の

ための指針

JIS K 6850

  接着剤−剛性被着材の引張せん断接着強さ試験方法

JIS K 6852

  接着剤の圧縮せん断接着強さ試験方法

JIS K 6866

  接着剤−主要破壊様式の名称

JIS K 6900

  プラスチック−用語

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS K 6800 及び JIS K 6900 による。

4.

試験方法の種類  接着強さの試験方法は,金属の場合は JIS K 6850,木材の場合は JIS K 6852 による。

5.

試験の一般条件  JIS K 6848-1 の 4.(試験の一般条件)による。

6.

接着剤の採取方法及び取扱方法  JIS K 6848-1 の 5.(接着剤の採り方及び取り扱い方)による。

7.

接着剤の種類及び被着材の表面処理  JIS K 6848-2JIS K 6848-3 及び JIS K 6848-4 による。

8.

試験片

8.1

試験片の作製  試験片の作製は,次による。

a)

金属に対しては JIS K 6850,木材に対しては JIS K 6852 によって,製造業者の指定する接着条件で行

う。

b)

接着製品から試験片を切り出す場合は,金属に対しては JIS K 6850,木材の場合には JIS K 6852 に従


K 6831

:2003

(2)

って規定の形状及び寸法に切り出す。

8.2

試験片の数  試験片の数は,9.に示す試験項目ごとに,金属に対しては 5 個以上,木材の場合には少

なくとも 3 枚の試験体から合計 12 個以上とする。

9.

試験項目

9.1

常態試験  試験片を JIS K 6848-1 の 4.1(試験室の状態)の条件で 168 時間保持した後,そのままの

状態で 4.によって試験する。ただし,加熱硬化の場合は 48 時間保持した後試験をする。

9.2

昇温又は冷却試験  試験片を JIS K 6848-1 の 4.1 の条件で 168 時間保持した後,−40±3℃,−20±3℃,

0

±2℃,40±2℃,60±2℃,80±2℃,100±2℃,120±3℃,140±3℃,160±3℃及び 180±3℃の温度の

うち必要な温度群を選び,4.によって試験する。規定温度における保持時間は,金属試験片の場合は 10 分,

木材試験片の場合は 24 時間とする。

10.

結果の表示

a)  9.

によって得られた各温度のせん断接着強さから,せん断接着強さ−温度線図を作成する。一例を

図 1

に示す。

  1  せん断接着強さ−温度線図の例

b)

破壊の様式は JIS K 6866 による。

11.

報告  試験報告には,次の項目を含む。

a)

この規格の適用

b)

接着剤の種類,主成分,製造業者のコード番号,バッチ又はロット番号及び形状

c)

被着材の寸法,材質及び表面調整法

d)

接着剤の適用方法,乾燥又はプレキュアー条件(適用した場合)

,硬化時間又はセット時間並びに,温

度及び圧力を含む接着工程

e)

接着後の接着層の平均厚さ及び試験方法の種類

f)

試験片の作製方法,試験片の形状寸法,試験片の数及び構成,試験前の状態調節並びに試験環境

g)

試験速度(又は一定荷重速度の場合は荷重速度)

h)

各測定温度の試験片についての接着強さ,平均値及び標準偏差並びにせん断接着強さ−温度線図

0

10

20

30

40

-60

-40

-20

0

20

40

60

80

100

120

140

160

180

200

温度 (℃)

せん断接着強さ

 (

M

Pa)

23℃


K 6831

:2003

(3) 

i)

JIS K 6866

による破壊の様式

j)

結果に影響を及ぼすと思われる規定手順からの変更及びその他の事項

k)

試験年月日