>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

K 6751-2 : 1999

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6751-2 : 1999

フタル酸エステル試験方法− 
第 2 部:酸分測定−フェノールフ
タレイン滴定法

ISO 1385-4 : 1977

工業用フタル酸エステル試験方法− 
第 4 部:酸分測定−フェノールフタレイン滴定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格
番号

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  工業用フタル酸

エステルの試験

方法に関するフ
ェノールフタレ
インを指示薬と

した滴定による
酸分の測定につ
いて規定する。

(2)

原理

○  溶媒としてエタ

ノール,指示薬と

してフェノール
フタレインを使
用し,水酸化ナト

リウム標準液で
滴定する。

(3)

試薬

○  エタノール,水酸

化ナトリウム,フ
ェノールフタレ

イン,蒸留水又は
同等の純度の水

= 試 薬 は 同 等

の JIS を引用

(4)

器具

○  三 角 フ ラ ス コ

(200ml)

ミ ク ロ

ビ ュ レ ッ ト
(0.02ml 目盛)

(5)

操作

○  フェノールフタ

レイン溶液を加

え,指示薬として
中和したエタノ
ール 50ml に試料

50g

を は か り と

り,ピンク色が 5
秒間維持される

まで滴定する。

(6)

測 定 値 の 算

○  与えられた式で

計算される。

附属書(参考)  ○

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定してい

ないことを示す。

2.

表中の(IV)にある“≡”は,国際規格が一致であることを示す。

“=”は,JIS と国際規格との技術的内容

が同等であることを示す。

“−”は,該当項目がない場合。