>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 6558-9

:2016

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  原理 

1

5

  試薬 

2

6

  装置及び器具  

2

7

  試料採取及び調製  

2

8

  手順 

2

8.1

  抽出液の調製  

2

8.2

  pH の測定  

3

8.3

  pH の差の測定  

3

8.4

  pH の差の計算  

3

9

  試験報告書  

3

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

4


K 6558-9

:2016

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)

及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS K 6558

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS K 6558-1

  第 1 部:化学試験用試料の調製

JIS K 6558-2

  第 2 部:揮発性物質の測定

JIS K 6558-3

  第 3 部:硫酸化全灰分,硫酸化不溶性灰分及び全灰分の測定

JIS K 6558-4

  第 4 部:ジクロロメタン又はヘキサン可溶性物質の測定

JIS K 6558-5

  第 5 部:水溶性物質,水溶性無機物及び水溶性有機物の測定

JIS K 6558-6

  第 6 部:窒素含有量及び皮質分の測定−滴定法

JIS K 6558-7

  第 7 部:なめし度の測定

JIS K 6558-8-1

  第 8-1 部:酸化クロム含有量の測定−滴定法

JIS K 6558-8-2

  第 8-2 部:酸化クロム含有量の測定−比色法

JIS K 6558-8-3

  第 8-3 部:酸化クロム含有量の測定−原子吸光分析法

JIS K 6558-8-4

  第 8-4 部:酸化クロム含有量の測定−ICP 発光分光分析(ICP-OES)

JIS K 6558-9

  第 9 部:pH の測定


日本工業規格

JIS

 K

6558-9

:2016

革試験方法−化学試験−第 9 部:pH の測定

Leather-Chemical tests-Determination of pH

序文 

この規格は,2008 年に第 2 版として発行された ISO 4045 を基とし,技術的内容を変更して作成した日

本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,革から水で抽出した抽出液の pH,及び抽出液と 10 倍希釈液との pH の差を測定する方法

について規定する。この規格は,全ての種類の革に適用できる。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 4045:2008

,Leather−Chemical tests−Determination of pH(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 6556-1

  革試験方法−試料採取及び調製−第 1 部:試料採取部位

注記  対応国際規格:ISO 2418,Leather−Chemical, physical and mechanical and fastness tests−

Sampling location

(MOD)

JIS K 6558-1

  革試験方法−化学試験−第 1 部:化学試験用試料の調製

注記  対応国際規格:ISO 4044,Leather−Chemical tests−Preparation of chemical test samples(MOD)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1 

pH

の差(difference figure) 

抽出液の pH とその 10 倍希釈液の pH との差。

原理 

革から水で抽出した抽出液の pH について,pH 計を用いて測定する。得られた pH が 4.00 未満又は 10.00


2

K 6558-9

:2016

を超える場合は,抽出液の 10 倍希釈液の pH を測定する。

pH

の差は,酸及び塩基の強さを測定するもので,1 を超えることはない。抽出液が遊離した強酸又は強

塩基を含む場合,pH の差は,0.7∼1.0 になる。弱酸及び弱塩基のイオン化は,希釈するほど増加するので,

pH

の差は,遊離強酸又は遊離強塩基の存在を示す判定基準となる。

試薬 

5.1 

水  蒸留水又は同等純度の水。

5.2 pH

標準液  ガラス電極の校正用。

市販の pH 標準液を購入することを推奨する。pH 標準液の保存期間は,組成及び使用方法によって異な

る。このため,pH 標準液の精度管理が不可欠である。また,使用済みの pH 標準液は,廃棄しなければな

らない。

装置及び器具 

一般的な実験の器具を必要とする。特に次のものを必要とする。

6.1 

振とう機  振とう速度を毎分 50 回±10 回に調節できるもの。

6.2 pH

計  ガラス電極を装備し,測定範囲が 0∼14,目盛が 0.01 間隔のもの。一連の測定を行う前に,

pH

標準液(5.2)を用いて,pH 計をそのマニュアルに従って,ガラス電極を校正する。

加脂の程度が高い革の抽出液は,時間とともにガラス電極を汚すことがある。このような場合は,アセ

トンを含ませた脱脂綿でガラス電極を軽く拭くか,又は水とアセトンとの 1:1 混合液にガラス電極をつけ

て洗浄しなければならない。洗浄後は,ガラス電極を水に十分につける。

6.3 

分析用天びん  精度 0.1 g のもの。

6.4 

共栓付三角フラスコ  容量 250 mL のもの。

6.5 

メスシリンダ  容量 100 mL,目盛が 1 mL 間隔のもの。

6.6 

全量フラスコ  容量 100 mL のもの。

6.7 

全量ピペット  容量 10 mL のもの。

6.8 

ろ過器  適切なろ紙,又はガラスフィルタ。

試料採取及び調製 

JIS K 6556-1

に規定する方法で試料採取を行い,JIS K 6558-1 に規定する方法によって,革を細切する。

JIS K 6556-1

に規定する方法で試料採取が不可能な,靴,衣類など完成品における革の場合は,試料採取

方法の詳細を試験報告書に記載する。

なお,試料測定数は,2 個とする。

手順 

8.1 

抽出液の調製 

試料 5 g±0.1 g を採取し,共栓付三角フラスコ(6.4)に入れ,20  ℃±2  ℃の水 100 mL±1 mL(5.1)を

加える。試料が均一に水を吸うように,約 30 秒間共栓付三角フラスコを手で十分に振る。共栓付三角フラ

スコを,振とう機(6.1)を用いて機械的に毎分 50 回±10 回で 6∼6.5 時間振とうする。抽出液を放置して

沈殿させてから上澄みを採取する。抽出液から上澄みを分離するのが困難な場合は,ろ過器(6.8)でろ過

するか,又は遠心分離してもよい。


3

K 6558-9

:2016

8.2 pH

の測定 

予測する測定値よりも pH の低いもの,及び高いものの 2 種類の pH 標準液を用いて,pH 計を校正する。

pH

計の校正後,両方の pH 標準液の読取値が,正しい値から±0.02 pH の範囲内とする。

抽出液(8.1)が 20  ℃±2  ℃であることを確認する。抽出液をかくはんした直後,pH 計(6.2)を用い

て pH を測定する。指示値が安定したらできるだけ短時間で,0.01 の桁まで測定する。ガラス電極を抽出

液につけてから 30∼60 秒以内に指示値を読み取らなければならない。

8.3 pH

の差の測定 

pH

が 4 未満又は 10 を超える場合は,pH の差を測定する。この測定を行うには,全量ピペット(6.7

で抽出液 10 mL をとり,全量フラスコ(6.6)に入れ,100 mL の目盛まで水を加える。約 20 mL の希釈抽

出液で電極を洗浄し,その後 8.2 の方法で pH を測定する。

8.4 pH

の差の計算 

pH

の差は,8.2 で得られた pH から 8.3 で得られた pH を減算して求める。結果は,小数点以下 2 桁とす

る。

試験報告書 

試験報告書には,次の事項を記載する。

a)

この規格の規格番号

b)

試料を識別するための詳細情報及び試料採取に関する JIS K 6556-1 との相違点

c) pH

又は pH の差の正確さに影響を与える,抽出液の pH 指示値の不安定性に関する説明

d)

得られた pH の算術平均値(小数点以下 2 桁)

e)

得られた pH の算術平均値が 4 未満又は 10 を超える場合は,pH の差(小数点以下 2 桁)

f)

この規格に規定した方法との相違点


4

K 6558-9

:2016

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS K 6558-9:2016

  革試験方法−化学試験−第 9 部:pH の測定

ISO 4045:2008

,Leather−Chemical tests−Determination of pH

(I)JIS の規定

(II)国際

規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと

の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

5

試薬

蒸留水又は水

5

JIS

とほぼ同じ。

変更

ISO 3696

のグレード 3 の水を使用

するが,JIS では蒸留水又は水とし

た。

我が国の使用実態に整合させたも
ので,実質的な差異はない。

6

装置及び

器具

6.2 pH

計  6.2

JIS

とほぼ同じ。

変更

ISO

規格では 0.05 単位であるが,

JIS

では 0.01 単位とした。

我が国の使用実態に整合させたも

ので,実質的な差異はない。

 6.3

分析用天びん

6.3 JIS

とほぼ同じ。

変更

ISO

規格では 0.1 mg であるが,JIS

では 0.1 g とした。

0.1 mg

単位で測定する精度を要求

しない項目である。我が国の使用

実態に整合させたもので,実質的

な差異はない。おそらく誤記であ
ると考えられるので,国際規格の

見直しの際,提案を行う。

 6.8

ろ過器

追加

ISO

規格では記載はないが,JIS 

はろ過器として記載した。

我が国の使用実態に整合させたも

ので,実質的な差異はない。

8

手順 8.1

抽出液の調製

8.1 JIS

とほぼ同じ。

追加

ISO

規格では非吸水のメッシュで

ろ過するとあるが,JIS ではろ過器

とした。

我が国の使用実態に整合させたも
ので,実質的な差異はない。

 8.2

pH

の測定

8.2

JIS

とほぼ同じ。

変更

ISO

規格では 0.05 単位であるが,

JIS

では 0.01 単位とした。

我が国の使用実態に整合させたも

ので,実質的な差異はない。

 8.4

pH

の差の計算

8.4 JIS

とほぼ同じ。

変更

ISO

規格では 0.05 単位であるが,

JIS

では小数点以下 2 桁とした。

我が国の使用実態に整合させたも
ので,実質的な差異はない。

4

K 65

58
-9


201

6


5

K 6558-9

:2016

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

9

試験報告

b)

,d),e)  9

JIS

とほぼ同じ。

変更

文章が長いので,b),d),e)に分割

した。また,ISO 規格では 0.05 単
位であるが,JIS では小数点以下 2

桁とした。

我が国の使用実態に整合させたも

ので,実質的な差異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 4045:2008,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

−  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

− MOD

国際規格を修正している。

5

K 65

58
-9


201

6