>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 6368

: 19

99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6368 : 1999

  細幅 V ベルト

ISO 41184 : 1992

  (V と細幅 V データム長さ)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  細幅 V ベルトについて規定 ISO 4184 

○ 一般用 V ベルトと細幅 V ベルト

について規定

= JIS は細幅 V ベルトだけ規定 JIS では一般用 V ベルトは,

JIS K 6323

で規格化されて

いる。

(2)

用語の定義

○  有効周長さ

プーリの有効直径

(ISO 1081) 

○ JIS と同じ

(3)

種類

○ 3V,5V,8V

ISO 4184 

○ SPZ,SPA,SPB,SPC

ADP ISO

と種類が異なる。

ISO

附属書 1(規定)にて

規定している。

JIS B 1855

(整合化済み)に

合わせた。

ISO

化を提案する。

(4)

性能

○  引張強さ

伸び

− ISO には規定されていない。 ISO に整合させるべく,今後

削除も含め検討する。

(5)

構造

○  ベルトの構造

− ISO には規定されていない。 ISO に整合させるべく,今後

削除も含め検討する。

(6)

形状・寸法

①  断面寸法

②  長さ

○  上幅・厚み・角度

− ISO には規定されていない。 ISO に整合させるべく,今後

削除も含め検討する。

○  呼び番号

長さの許容値 
一組内の長さの差

ISO 4184 

○ データム長さ

ADP ISO

とは種類,表示方法が異

なる。

ISO

附属書 1(規定)で規

定している。

JIS B 1855

(整合化済み)に

合わせた。

ISO

化を提案する。

(7)

外観

○  外観判定基準

− ISO には規定されていない。 ISO に整合させるべく,今後

削除も含め検討する。

(8)

材料

○  ゴム・布・心線

− ISO には規定されていない。 ISO に整合させるべく,今後

削除も含め検討する。

(9)

測 定 及 び 試

験方法

○  長さの測定

ISO 4184

(ISO 9608) 

= 測定方法は,同じ。種類が異

なるため,プーリ断面寸法及
び力が異なる。

ISO

附属書 1(規定)で規

定している。

JIS B 1855

(整合化済み)に

合わせた。

ISO

化を提案する。

引張試験

− ISO には規定されていない。 ISO に整合させるべく,今後

削除も含め検討する。


 

2

K 6368

: 19

99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(10)

製 品 の 呼 び

○  名称・種類・呼び番号

ISO 4184 

○ 種類・データム長さ

ADP JIS

は,ISO の規定内容をす

べて採用。ただし,名称を追
加している。

ISO

に整合させるべく,今後

名称は削除も含め検討する。

(11)

表示

○  種類

呼び番号

製造業者名(又は略号) 
製造年月  (又は略号)

ISO 4184 

○ 種類

データム長さ

ADP JIS

は,ISO の規定内容をす

べて採用。ただし,製造業者

名,製造年月を追加してい
る。

ISO

に整合させるべく,今後

名称は削除も含め検討する。

(12)

附 属 書 ( 規

定)

ISO 4184

細幅 V 部分

の翻訳

○ SPZ,SPA,SPB,SPC の長さ

規格

ISO 4184 

○ JIS と同じ

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定していないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“≡”は,JIS と国際規格との規定内容が一致していることを,

“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“ADP”は,JIS は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを示し,

“V”欄に整合が困難な理由及

び今後の対策を必ず記載する。(IV)欄の“−”は,国際規格には規定されていないので,整合性が判断できないことを示す。

3.

表中の(II)欄にある(  )は,ISO 4184 : 1992 での引用規格であることを示す。