>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 6347-3

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ゴム工業会(JRMA)/財団法人日本規

格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 11759:1999,Rubber hoses and hose

assemblies for dispensing liquefied petroleum gases(LPGs)

−Specification を基礎として用いた。

JIS K 6347-3

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(規定)反転曲げ時の柔軟性試験(曲げ試験)

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6347

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS K 6347-1 

第 1 部:自動車,一般設備及び一般家庭用

JIS K 6347-2 

第 2 部:バルク輸送用

JIS K 6347-3 

第 3 部:充てん用ホース及びホースアセンブリ


K 6347-3

:2003

(2)

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

2

4.

  種類

2

5.

  材料及び構造 

3

6.

  耐圧性試験 

3

7.

  寸法及び許容差 

3

7.1

  寸法及び許容差

3

7.2

  切断長の許容差

3

7.3

  内面層及び外面層厚さ 

4

8.

  材料の物理性能 

4

9.

  ホース及びホースアセンブリの要求性能 

4

10.

  表示

5

11.

  試験項目

5

附属書 A(規定)反転曲げ時の柔軟性試験(曲げ試験) 

7

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表 

8

 


日本工業規格

JIS

 K

6347-3

:2003

液化石油ガス用ゴムホース(LPG ホース)―

第 3 部:充てん用ホース及びホースアセンブリ

Rubber hoses for liquefied petroleum gases (LPGs)

―Part 3: Dispensing

hoses and hose assemblies

―Specification

序文  この規格は,1999 年に第 1 版として発行された ISO 11759:1999,Rubber hoses and hose assemblies for

dispensing liquefied petroleum gases(LPGs)

−Specification を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業

規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書 1(参考)に示す。

警告  この規格の利用者は,通常の実験室での作業に精通しているものとする。この規格は,その使用に

関連して起こるすべての安全上の問題を取り扱おうとするものではない。この規格の利用者は,各自の責

任において安全及び健康に対する適切な措置を取らなければならない。

1.

適用範囲  この規格は,充てん設備(スタンド用)から車りょう(輌)へ液化石油ガスを計量供給する

ために使用する可とう性ホース及びホースアセンブリについて規定する。この規格で規定するホース及び

ホースアセンブリは,−40∼+60  ℃の温度範囲で液体を満たして使用し,最高使用圧力は,2.0 MPa とす

る。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 11759:1999

,Rubber hoses and hose assemblies for dispensing liquefied petroleum gases (LPGs)−

Specification (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 6251

  加硫ゴムの引張試験方法

備考  ISO 37:1994, Rubber,vulcanized−Determination of tensile stress-strain properties からの引用事項

は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6257

  加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−熱老化特性の求め方

備考  ISO 188:1998, Rubber vulcanized or thermoplastic−Determination of heat-ageing properties tests か


2

K 6347-3

:2003

らの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6258

  加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−耐液性の求め方

備考  ISO 1817:1999, Rubber vulcanized or thermoplastic−Determination of the effect of liquids からの

引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6330-1

  ゴム及びプラスチックホース試験方法―第 1 部:ホース及びホースアセンブリの寸法

測定

備考  ISO 4671:1999, Rubber and plastics hoses and hose assemblies-Methods of measurement of

dimensions

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6330-2

  ゴム及び樹脂ホース試験方法−第 2 部:耐圧性試験

備考  ISO 1402:1994, Rubber and plastics hoses and hose assemblies-Hydrostatics testing からの引用事項

は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6330-4

  ゴム及びプラスチックホース試験方法−第 4 部:低温雰囲気下における柔軟性

備考  ISO 4672:1997, Rubber and plastics hoses−Sub-ambient temperature flexibility tests からの引用事

項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6330-5

  ゴム及び樹脂ホース試験方法−第 5 部:電気試験

備考  ISO 8031:1993, Rubber and plastics hoses and hose assemblies−Determination of electrical

resistance

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6330-6

  ゴム及び樹脂ホース試験方法−第 6 部:接着試験

備考  ISO 8033:1991, Rubber and plastics hoses―Determination of adhesion between components からの

引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6330-7

  ゴム及び樹脂ホース試験方法−第 7 部:静的オゾン劣化試験

備考  ISO 7326:1991, Rubber and plastics hoses−Assessment of ozone resistance under static conditions

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 6330-9

  ゴム及びプラスチックホース試験方法−第 9 部:ホース及び管の曲げ特性

備考  ISO/DIS 1746:2001, Rubber or plastics hoses and tubing−Bending tests が,この規格と一致して

いる。

ISO 1307:1992, Rubber and plastics hoses for general-purpose industrial applications

−Bore diameters and

tolerances

,and tolerances on length

ISO 4080:1991, Rubber and plastics hoses and hose assemblies

−Determination of permeability to Gas

ISO 6801:1983, Rubber or plastics hoses

−Determination of volumetric expansion

ISO 6945:1991, Rubber hoses

−Determination of abrasion resistance of the outer cover

ISO 8330:1998, Rubber and plastics hoses and hose assemblies

−Vocabulary

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,ISO 8330 による。

参考  ISO 8330 によるホース及びホースアセンブリの定義を次に示す。

ホース:内面層,補強層及び通常外面層から構成される可とう性の管。

ホースアセンブリ:片端,又は両端に継手が取りつけられたホース。

4.

種類  ホースは,ドラム巻きなどに適したものでホースの種類は,次による。

タイプ 1:導電性素材が組み込まれ,繊維で補強されたホース。


3

K 6347-3

:2003

タイプ 2:細いワイヤで補強されたホース。

5.

材料及び構造  ホースは,次の材料及び構造からなり,ホースの外面層には,ガス抜きのためのプリ

ッキング加工を施してもよい。

−  内面ゴム層は,耐液化石油ガス性で平滑性をもつものである。

−  補強層は,1 層以上の繊維又は耐腐食性のワイヤ,例えば,ステンレス線,すずめっき銅線などで

補強するものとする。

−  導電性素材(タイプ 1)は,最少 9 本の耐腐食性の金属でより上げられたもので,少なくとも 2 本以上

編み込まれたものとする。

−  外面ゴム層は,耐摩耗性及び耐候性をもつものとする。

6.

耐圧性  ホース又はホースアセンブリは,JIS K 6330-2 に規定する方法によって試験し,その圧力は,

表 による。

  1  耐圧性試験の要求性能

単位  MPa

試験項目

性  能

最高使用圧力 2.0

耐圧試験圧力 4.0

最小破裂試験圧力 10.0

7.

寸法及び許容差

7.1

寸法及び許容差  JIS K 6330-1 の方法によって測定したとき,ホースの内径及び外径並びにそれらの

許容差は,

表 による。

  2  呼び径,内径,外径及び許容差

単位  mm

呼び径

内  径

内径の許容差

外  径

外径の許容差

 9  9.5

±0.8 19.5

±1.0

12 12.7

±0.8 23

±1.0

16 16

±0.8 26  ±1.0

19 19

±0.8 29  ±1.0

20 20

±0.8 30  ±1.0

25 25

±1.25 35  ±1.25

7.2

切断長の許容差  切断長の許容差は,ISO 1307 による。

参考  ISO 1307 に規定する切断長の許容差を,次の参考表  1 に示す。

参考表  1  切断長の許容差

単位  mm

切断長

許容差

300

以下

±3

300

を超え 600 以下

±4.5

600

を超え 900 以下

±6

900

を超え 1200 以下

±9

1200

を超え 1800 以下

±12

1800

を超える

±1%


4

K 6347-3

:2003

7.3

内面層及び外面層厚さ  JIS K 6330-1 の方法によって測定したときの厚さは,内面層は 1.6 mm 以上,

外面層は 1.0 mm 以上でなければならない。

8.

材料の物理性能  ホースを製造するために使用する材料の物理性能は,表 に示す要求性能に適合し

なければならない。

  3  材料の物理性能

試験項目

性  能

試験片

試験方法

引張強さ

内面層  MPa 
外面層  MPa

7.0

以上

7.0

以上

ホース又は試験シートか
ら採取する。

JIS K 6251

タイプ 1 又

はタイプ 2 ダンベル

切断時伸び

内面層  %

外面層  %

250

以上

250

以上

ホース又は試験シートか

ら採取する。

JIS K 6251

タイプ 1 又

はタイプ 2 ダンベル

老化試験後:

内面及び外面層 
の変化率

引張強さ  %

切断時伸び  %

−25 以下

−50 以下

ホース又は試験シートか

ら採取する。

JIS K 6257

100

±1℃,

0

2

-

72

時間

内面層の耐液性

引張強さ及び切断時伸

びの保持率  %

常態時の値の 65 以上

で な け れ ば な ら な
い。

ホース又は試験シートか

ら採取する。

JIS K 6258

n

−ヘキサン,

23

±2℃,

0

2

-

72

時間浸せき

9.

ホース及びホースアセンブリの要求性能  ホース及びホースアセンブリの要求性能は,表 による。

  4  ホース及びホースアセンブリの要求性能

試験項目

性  能

試験片

試験方法

耐圧試験圧力

漏れ又は他の欠点の徴候があ

ってはならない。

ホース又はホースアセン

ブリの全長とする。

JIS K 6330-2

最小破裂試験圧力  MPa 10 以上

ホースから短尺に裁断す

る。

JIS K 6330-2

耐圧試験圧力

時の長さ変化率  %

±7

ホースから短尺に裁断す

る。

JIS K 6330-2

体積膨張試験    %

+6

ホースから短尺に裁断す
る。

ISO 6801

試験圧力 1.0MPa

柔軟性試験

T

D≧0.8

ホースから短尺に裁断す
る。

JIS K 6330-9

  

標準状態(23±2℃) 
径 C に対する値として内

径×10 を用いる。

低温柔軟性試験

き裂又は破壊があってはなら

ない。

ホースから短尺に裁断す

る。

JIS K 6330-4

B

法,−40℃

外面層の静的オゾン劣化試験

2

倍に拡大してき裂があって

はならない。

ホースから短尺に裁断す

る。

JIS K 6330-7

A

 

外面層の耐摩耗性試験  g 1 以下

ホースから短尺に裁断す

る。

ISO 6945

水平力  50±0.5 N

接着試験    kN/m

(

各構成層間)

2

以上

ホースから短尺に裁断す
る。

JIS K 6330-6

電気試験(継手間)  Ω/m 10

Ω/m 又は 10  Ω/アセンブリ

以下

ホース又はホースアセン
ブリ長さによる。

JIS K 6330-5

反転曲げ時の柔軟性試験 50000 サイクル以下で欠陥又

は電気抵抗が規定以上の高い

値に増加してはならない。

ホースアセンブリとする。

附属書 


5

K 6347-3

:2003

  4  ホース及びホースアセンブリの要求性能(続き)

呼び径 9 45 以下

呼び径 12 60 以下

呼び径 16 80 以下

呼び径 19 90 以下

呼び径 20 100 以下

LPG

透過性試験  cm

3

/(m・h)

呼び径 25 120 以下

ホースから短尺に裁断す
る。

ISO 4080

10.

表示  ホースには,少なくとも 1m ごとに,最小限,内容が明りょうで,かつ,容易に消えない方法

で表示されていなければならない。

a)

製造業者名又はその略号

b)

製造業者の製品略号(任意)

c)

適用規格番号(JIS K 6347-3

d)

ホースのタイプ

e)

呼び径

f)

最高使用圧力(MPa)

g)

ホースには製造年月又はその略号,及びアセンブリには組付け年月

例  ManJIS K 6347−3−タイプ 1−16−2.0−01A

11.

試験項目  試験項目は,表 に示す要求に従う。

  5  試験項目

試験のタイプ

承認試験(

1

)

製造時/日常試験(

2

)

材料の物理性能

    引張強さ 
    切断時伸び 
    老化試験後の引張強さ

    老化試験後の切断時伸び

× 
× 
×

×

N

.A.

N

.A.

N

.A.

N

.A.

ホースの要求性能   
    内面層/外面層厚さ

    内径/外径寸法 
    耐圧試験圧力 
    最小破裂試験圧力

    耐圧試験圧力時の長さ変化 
    体積膨張試験 
    低温柔軟性試験

外面層の静的オゾン劣化試験 
    接着試験 
    内面層の耐液性試験

    電気試験 
    LPG 透過性試験

×

× 
× 
×

× 
× 
×

× 
× 
×

× 
×

N

.A.

× 
×

N

.A.

N

.A.

N

.A.

N

.A.

N

.A.

N

.A.

×

N

.A.

ホースアセンブリの要求性能 
    電気試験 
    反転曲げ時の柔軟性試験

    耐圧試験圧力

× 
×

×

×

N

.A.

×


6

K 6347-3

:2003

(

1

)

承認試験には,これらの試験が要求される。すべての呼び径に全項目を実施する。承認試
験は少なくとも 3 年ごとに繰り返す。

(

2

)

製造時/日常試験は,製造されるホース長さごと/アセンブリごと実施する。

              ×  試験実施      N.A.適用しない


7

K 6347-3

:2003

附属書 A(規定)反転曲げ時の柔軟性試験(曲げ試験)

序文  この附属書は,ISO 11759 の附属書 を翻訳し,技術的内容を変更することなく作成したものであ

る。

1.

装置と試験片  試験ジグは,図 A.1 による。もし,必要なら揺れを防止するためにおもりでガイドし

てもよい。ホースアセンブリの長さは,約 1m とする。

2.

手順

2.1

図 に示すように,試験ジグにホースアセンブリを接続する。

2.2

ホースアセンブリの自由端に,質量 5 kg をデッドウエイトとして取り付ける。

2.3

試験媒体として水を用い,ジグに満たし,すべての空気を除く。さらに 0.2 MPa の圧力をかける。

2.4

継手に対して 180°にホースを折り曲げ,室温で試験ジグを反転させる。1 サイクルは 180°で 2 回

転。

2.5

試験サイクルは,2 サイクル/分以上とする。

2.6

もし,試験の終了する前に欠陥が起きなければ,規定のサイクル数を終了する。

3.

試験の報告  試験の報告書には,次の内容が含まれる。

a)

目的を達した回数

b)

ホース及びホースアセンブリ端部継手間の漏れの有無

c)

目視による何らかの損傷の有無,例えば,ホース外面の裂け,膨れ又は外面層,補強層若しくは内面

層のはく離

d)

ホースからの端部継手のゆるみ,ずれの有無

e)

電気抵抗の最大許容値からの逸脱の有無

ここに,1.圧力 
        2.ホースアセンブリ 
        3.5kg のデッドウエイト

図 A.1  反転曲げ時の柔軟性試験用ジグ


8

K 6347-3

:2003

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6347-3 :200X

    液化石油ガス用ゴムホース(LPG ホース)

                      第 3 部:充てん用ホース及びホースアセンブリ

ISO 11759

:1999  液化石油ガス(LPGs)充てん用ゴムホース及び

ホースアセンブリ規格

(

Ⅰ)JIS(原案)の規定

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS(原案)と国際規格との技術的

差異の項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:側線又は点線の下線

項目 
番号

内容

(

Ⅱ)国際規格番

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の対策

1.

適用

範囲

1.

IDT

2.

引用

規格

2.

IDT

3.

定義

3.

IDT

4.

種類

4.

IDT

5.

材 料

及 び 構

5.

IDT

 

6.

耐 圧

性試験

6.

IDT

単位 bar を MPa に変更

技術的な差異なし。

7.

寸 法

及 び 公

7.

MOD/

追加

呼び径 9 及び 12 追加

呼び径 9 及び 12 を次回の

ISO

の定期見直し時に提案

する予定である。

8.

材 料

の 物 理
性能

8.

IDT

 
 
 

8

K 6347-3


2003

8

K 6347-3


0000


9

K 6347-3

:2003

(

Ⅰ)JIS(原案)の規定

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS(原案)と国際規格との技術的

差異の項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:側線又は点線の下線

項目

番号

内容

(

Ⅱ)国際規格番

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の対策

9.

ホ ー

ス 及 び

ホ ー ス
ア セ ン
ブリ

9.

MOD/

追加

MOD/

変更

1

)呼び径 9,12 を追

2

)ガス透過量を国内

の 実 態 に 合 わ せ 変 更
した。

次回の ISO の定期見直し
時に提案する。

10.

表示

10.

MOD/

変更

ホースは,ロット管理
上 四 半 期 は 大 き す ぎ

る の で 製 造 年 月 及 び
その略号に変更した。
又 ホ ー ス ア セ ン ブ リ

には,組付け年月とし
た。

次回の ISO の定期見直し
時に提案する。

11.

試 験

項目

11.

IDT

附 属 書

A(

規定)

反転曲げ時の柔軟性試験

附 属

書 A

 IDT

 
JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT………………  技術的差異がない。 
    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。

9

K 6347-3


0000

9

K 6347-3


2003