>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

JIS K 6332 : 1999

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6332 : 1999

  空気用ゴムホース(エアーホース)ISO 2398 : 1995  空気用ゴムホースに使用する繊維補強ゴムホ

ース

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

(1)

適用範囲

○  − 40 ℃ ∼ +

70

℃ で 最 高

使 用 圧 力 が

2.5MPa

以 下

の 圧 縮 空 気
に用いる 7 タ

イプ 2 クラス
の 繊 維 補 強
ゴ ム ホ ー ス

に適用

ISO 2398 

○ JIS と同じ

(2)

種類

○  種類,最高使

用 圧 力 及 び
用 途 に よ っ
て 7 タイプ使

用,温度によ
って 2 クラス
を規定

ISO 2398 

○ JIS と同じ

(3)

構 成 及 び 材

○  ホ ー ス の 構

成は,内面ゴ

ム層,天然又
は 合 成 繊 維
補 強 層 及 び

外 面 ゴ ム 層
よりなる。

ISO 2398 

○ JIS と同じ

(4)

寸 法 及 び 許

容差

○  内径:5mm∼

100mm

内 径 許 容
差:±0.5∼±

2.0mm

内 面 ゴ ム 層
の厚さ

タイプ 1,2,

3

:1.0 以上

タイプ 4,5:

1.5

以上

タイプ 6,7:

2.0

以上

外 面 ゴ ム 層
の厚さ 
タイプ 1,2,

3

:1.5 以上

タイプ 4,5:

2.0

以上

ISO 2398 

○ JIS と同じ


2

JIS K 6332 : 1999

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

タイプ 6,7:

2.5

以上

切 断 長 の 許
容差は付表 2
による。

(5)

内 面 ゴ ム 層
及 び 外 面 ゴ

ム 層 の 物 理
的性質

○  ①  引張強さ

及び切断

時伸び

②  老化試験 
③  耐油試験

ISO 2398 

○ JIS と同じ

(6)

要求性能

○  ①  耐圧性試

②  接着試験 
③  静的オゾ

ン劣化試

④  低温試験 
⑤  曲げ試験

ISO 2398 

○ JIS と同じ

(7)

表示

○ a)  製造業者

名又は識

b)

製造業者
による製
品 識 別

(任意)

c)

ホースの
タイプと

クラス

d)

呼び径

e) c)

に 含 ま

れない場
合は,メ
ガパスカ

ルで表し
た最高使
用圧力

ISO 2398 

= JIS は指定商

品 な の で 規
格 番 号 を 削

除。

規格番 号は 別途表 示の告
示で対応する。

f)

四 半 期

( 1Q ,

2Q

, 3Q

又 は 4Q

を使用)
及び製造
年 度 ( 4

けたのア
ラビア数
字使用)


3

JIS K 6332 : 1999

  解説

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある,“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“≡”は,JIS と国際規格との技術的内容が一致していることを示す。

3.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。