>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

JIS K 63

30-1

0

 : 1
998

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS

番号−年号,名称

JIS K 6330-10 : 1998

  ゴム及び樹脂ホース試験方

法−第 10 部:液体透過性試験

国際規格番号−年号,名称(和訳)

ISO 8308 : 1993

  ゴム,プラスチックホース及びゴム管−ホース及びゴム管の内壁を通過する液体透過測定方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  ゴム及び樹脂ホース類の液

体透過性試験 2 種類の方法に
ついて規定。

A

法:すべての寸法・構造の

ホースに適用。

B

法:内径 16mm 以下のホー

スに適用。

ISO 8308 : 1993 

(2)

引用規格

○  JIS K 6250:加硫ゴム及び熱

可塑性ゴムの物理試験方法
通則

JIS K 6330-1

:ゴム及び樹脂

ホース試験方法−第 1 部:寸
法測定

JIS R 3505

:ガラス製体積計

同上

○ ISO 471 

ISO 4671

ISO 4788

(3)

原理

同上

(4)

試験液

同上

(5) A

同上

(6) B

○  ①  試験液のリザーバタンク

への充てん量は 300ml を
原則とするが,試料の内
面には試験中常に試験液

が充満するように,試験
液の充てんを調整するこ
とが望ましく,場合によ

っては試験期間中に試験
液の補給も必要であるこ
とを“備考”として追記

した。

同上

○ ①  試験液のリザーバタンクへ

の充てん量は 300ml とする。

= “備考”欄を追記。

①  試料,試験条件によって

は,試料からの透過量が
大きく,ホース内面全体
が試験液に充満してい

ることができなくなる
場 合 が あ る た め ,“ 備
考”として追記した。


 

2

JIS K 63

30-1

0 : 1

998

 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

②  試験期間は 8 日間を原則

とするが,質量減量が安
定 す る ( 平 衡 状 態 に 至

る)まで試験期間を延長
することを“備考”とし
て追記した。

②  試験期間は 8 日間とする。

“備考”欄を追記。

②  試料,試験条件によって

は,8 日間で質量減量が
平衡状態に到達しない

場 合 が あ る た め ,“ 備
考”として追記した。

③  質 量 減 量 に 液 体 透 過 以

外 の 要 素 が 含 ま れ る と

予測される場合には,空
試験(ブランクテスト)
を行い,空試験の質減量

を 差 し 引 い た 値 で 計 算
し た 質 量 減 量 を 測 定 値
としてもよいことを“備

考”として追記した。

③  (特に記載なし。

“備考”欄を追記。

③  試料ホース,リザーブタ

ンクに対する空気中の

水分の吸収又は乾燥等
によって,液体透過以外
の重量変化が起こる場

合には,ホースからの透
過量を正確に測定する
こ と が で き な い た め ,

“備考”として追記し
た。

④  透 過 速 度 は 試 験 期 間 中

の最大値に加え,平衡状
態 に お け る 透 過 速 度 も
算 出 ・ 記 録 す る こ と を

“ 備 考 ” と し て 追 記 し
た。

④  透過速度は試験期間中の最

大値を算出・記録する。

“備考”欄を追記。

④  試料,試験条件によって

は,質量変化が極大値を
示 す 場 合 が あ る た め ,
“備考”として追記し

た。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“≡”及び“=”は,それぞれ JIS と国際規格との技術的内容が“一致”及び“同等”であることを示す。