>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

K 6300-4:2019  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS K 6300-4の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大

臣がJIS K 6300-4:2018を改正した内容だけを示すものである。 

JIS K 6300-4:2018は,この追補1の内容の改正がされ,JIS K 6300-4:2019となる。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

K 6300-4:2019 

 

未加硫ゴム−物理特性− 

第4部:ブローポイントの求め方 

(追補1) 

Rubber, unvulcanized-Physical property- 

Part 4: Determination of blow point 

(Amendment 1) 

 

JIS K 6300-4:2018を,次のように改正する。 

 

まえがきの第3段落を,次に置き換える。 

この規格に従うことは,次の者の有する特許権等の使用に該当するおそれがあるので,留意する。 

− 発明の名称:ゴムサンプルの発泡限界加硫度試験装置およびその加硫限界特定方法 

− 設定登録日:2012年12月14日 

− 特許番号 :第5154185号 

− 特許権者 :株式会社上島製作所 

 

      東京都国立市谷保6-5-22 

− 発明の名称:発泡限界加硫度特定用の加硫金型およびこれを備える試験装置 

− 設定登録日:2018年6月22日 

− 特許番号 :第6357455号 

− 特許権者 :株式会社上島製作所 

 

      東京都国立市谷保6-5-22 

上記の,特許権等の権利者は,非差別的かつ合理的な条件でいかなる者に対しても当該特許権等の実施

の許諾等をする意思のあることを表明している。ただし,この規格に関連する他の特許権等の権利者に対

しては,同様の条件でその実施が許諾されることを条件としている。 

この規格に従うことが,必ずしも,特許権の無償公開を意味するものではないことに注意する必要があ

る。 

この規格の一部が,上記に示す以外の特許権等に抵触する可能性がある。経済産業大臣及び日本工業標

準調査会は,このような特許権等に関わる確認について,責任はもたない。 

なお,ここで“特許権等”とは,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権をいう。