>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 6227

: 19

98(ISO

 14
08 :

 199

5)

 解

解説付表1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6227 : 1998

  ゴム−カーボンブラックの定量−熱分解法及び化学分解法

ISO 1408 : 1995

  ゴム−カーボンブラック含有量の測定−熱分解法及び化学分解法

規定項目

規定内容

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由,及び

今後の対策

1.

適用範囲

ISO 1408 

1.1

○  この規格は,ゴム中のカーボ

ンブラック含有量の測定に
用いる熱分解法(A 法)及び二

つの化学分解法(B 法及び C
法)について規定する。

懸案事項 
:ふっ素ゴム,水素化ニト

リルゴム,ウレタンゴ

ム及び多硫化ゴムは,
旧 JIS 及び ISO に規定
されていないので新規

格に含まれていない。 
どの方法が適用できる
か今後の課題である。

1.2

A

:本法が望ましい方法であ

り,次に示す重合体に用い
るのがよい。 
ただし,鉛塩及びコバルト

塩,黒鉛カーボンブラッ
ク,フェノール樹脂及びそ
の他の樹脂,ビチューメ

ン,セルロースなどは,熱
分解中に炭素質残さを生
成するため,これらの配合

材料が存在する場合は適
用しない。

−ポリイソプレン(天然又

は合成)

−ポリブタジエン


 

2

K 6227

: 19

98(ISO

 14
08 :

 199

5)

 解


解説付表1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS K 6227 : 1998

  ゴム−カーボンブラックの定量−熱分解法及び化学分解法

ISO 1408 : 1995

  ゴム−カーボンブラック含有量の測定−熱分解法及び化学分解法

規定項目

規定内容

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由,及び

今後の対策

1.

適用範囲

ISO 1408

1.2

−スチレンブタジエン共
重合体

−ブチルゴム

−アクリルゴム

−エチレンプロピレン共
重合体

−エチレンプロピレンタ
ーポリマー

−ポリエーテル

−ポリエチレン誘導重合

−シリコーンゴム

−フルオロシリコーンゴ

−クロロスルホン化ポリ

エチレン

[

塩素含有量が 30%(m/m)未

満]

熱分解温度で,アルミナや
炭酸カルシウムのように
分解又は脱水する無機充

てん剤が存在する場合,若
しくは,この温度でハロゲ
ン化重合体と揮発性ハロ

ゲン化物を生成する無機
充てん剤が存在する場合

確認事項

JIS K 6350 : 1976 には,

シリコーンゴム及びフ
ルオロシリコーンゴム

は規定なし。 
シリコーンゴム及びフ
ルオロシリコーンゴム

は窒素中での熱分解に
おいて炭素質残さを生
成しない。


 

3

K 6227

: 19

98(ISO

 14
08 :

 199

5)

 解

解説付表1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS K 6227 : 1998

  ゴム−カーボンブラックの定量−熱分解法及び化学分解法

ISO 1408 : 1995

  ゴム−カーボンブラック含有量の測定−熱分解法及び化学分解法

規定項目

規定内容

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由,及び

今後の対策

1.

適用範囲

ISO 1408 

1.2

は,この試験方法の精度が
影響を受けることがある。
クロロプレンゴム及びア

ク リ ロ ニ ト リ ル を

30%(m/m)

を超えて含有す

るアクリロニトリルブタ

ジエンゴムには適用でき
ない。

参考

ポリエチレン誘導重合体の
中で,塩素化ポリエチレン
は,窒素中での熱分解時に炭

素質残さを生成するので A
法を適用しないことが望ま
しい。また,エチレン酢酸ビ

ニル共重合体の未加硫ゴム
は,アセトン抽出時に,又は

ETA

液抽出時にポリマーが

溶解しカーボンブラックが
損失するので,A 法及び B 法
を適用しないことが望まし

い。

塩素化ポリエチレンは炭
素質残さを生成し,定量誤
差が大きいので追加した。

また,E/VAC はアセトン抽
出又は ETA 液抽出により
カーボン損失を発生する

ので追加した。


 

4

K 6227

: 19

98(ISO

 14
08 :

 199

5)

 解


解説付表1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS K 6227 : 1998

  ゴム−カーボンブラックの定量−熱分解法及び化学分解法

ISO 1408 : 1995

  ゴム−カーボンブラック含有量の測定−熱分解法及び化学分解法

規定項目

規定内容

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由,及び

今後の対策

1.3

○  B 法

:主として熱分解法(A 法)で

測定できない試料に適用

する。

なお,この方法はイソブチ
レンイソプレン共重合体

を除くすべての不飽和ゴ
ムに適用できる。

参考

イソブチレンイソプレン共

重合体は,ブチルゴムと同じ
である。

B

法において,イソブチレン

イソプレン共重合体の場合,
硝酸分解が完全でなくても,
後操作の熱分解でポリマー

による炭素質残さを生成し
ない場合は,B 法を適用でき
る可能性がある。

国際規格には,二つの表現

があるので説明した。 
実験結果によれば,イソブ
チレンイソプレン共重合

体は,硝酸分解後のろ過で
グーチるつぼにポリマー
が残るが,後操作の熱分解

で炭素質残さを生成しな
いので B 法の適用が可能
である。

1.4

○  C 法

:かなり危険な方法である。

A

法及び B 法で測定できな

い場合,イソブチレンイソ
プレン共重合体,並びにに,
エチレンプロピレン共重

合体及び関連ターポリマ
ーの試料に限って適用す
るのがよい。


 

5

K 6227

: 19

98(ISO

 14
08 :

 199

5)

 解

解説付表1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS K 6227 : 1998

  ゴム−カーボンブラックの定量−熱分解法及び化学分解法

ISO 1408 : 1995

  ゴム−カーボンブラック含有量の測定−熱分解法及び化学分解法

規定項目

規定内容

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由,及び

今後の対策

4. A

ISO 1408 

4.2.1

○  燃焼ポート

:石英製。

取 っ 手 付 き で , 長 さ が

50mm

∼60mm のもの。

参考

磁器製も使用可。 
腐食性ガスが出る場合は,白

金製を用いる。

試験方法に,はん(汎)用性
をもたせるため追加した。

5. B

ISO 1408 

5.1.3

○  クロロホルム

参考

クロロホルムは,健康及び環
境上の問題物質である。

現在,クロロホルムの代替溶
剤として使用可能な塩素系
溶剤としては,ジクロロメタ

ンが挙げられる。

使用に際し,注意を要する
ので説明した。

6. C

ISO 1408

備考1.  対比項目(I)び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2. 

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次のとおり。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。