>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

K 6225 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6225 : 1998

  加硫ゴム−試験及びテス

トピースの調整方法−化学
試験

ISO 4661-2 : 1987

  加硫ゴム−試料と試験片の調整−第二部:化学試験

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

ISO 4661-2 

(2)

試 料 の 採 り

同上

(3)

試 料 の 作 り

(3-1)

別に規定がな

い場合

同上

○ 軟 質 加 硫 ゴ

ムの場合

ISO

では軟質

加硫ゴムの場
合について規

軟質の定義 がない 。従来

JIS

の表現と同じく,軟質

加硫ゴムも 含めて 別に規

定がない場合,本手法を適
用するものとする。

(3-2)

エ ボ ナ

イト

同上

○  (規定文)

同上

(3-3)

ゴ ム 引

き 複 合 材
の場合

○  上記手法によ

って分離が困
難であったり

その後の分析
に支障をきた
す 場 合 , そ の

分離方法につ
いては受渡当
事者間の協議

によって定め
る。

― ISO には記載

さ れ て い な
い。

ISO

記載の分離方法は共通

的な手法ではなく,個々の
事例に対応 できる よう受

渡当事者間 の協議 にゆだ
ねることとする。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,"○"は該当する項目を規定している場合,“一”は規定していない場合を示

す。

2. 

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は一致している。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

ISO には規定されていないので,相違点を判断できない。

文責  東海ゴム工業株式会社  横江  克彦

古河電気工業株式会社  栗田  光造