>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 5981

:2006

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本パウダーコー

ティング協同組合(JAPCA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正

すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS K 5981:1992 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。


K 5981

:2006

(2) 

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  種類

2

3.1

  素地による種類

2

3.2

  塗装前処理による種類 

2

3.3

  粉体塗料による種類

2

4.

  品質

3

5.

  試験方法

4

5.1

  試験の一般条件

4

5.2

  外観

4

5.3

  塗膜の厚さ 

4

5.4

  耐食性

5

5.5

  促進耐候性試験

5

5.6

  耐湿性

6

5.7

  引っかき硬度 

6

5.8

  付着性

6

5.9

  耐アルカリ性 

6

5.10

  耐酸性

7

5.11

  耐おもり落下性 

7

6.

  表示

7

 


日本工業規格

JIS

 K

5981

:2006

合成樹脂粉体塗膜

Thermoplastic and thermosetting powder coated films

1. 

適用範囲  この規格は,鉄鋼,亜鉛めっき,アルミニウムなどの金属素地(以下,素地という。)に,

脱脂,研磨,ブラスト,化成皮膜処理,有機皮膜処理などの塗装前処理(以下,塗装前処理という。

)を施

し,熱硬化性及び熱可塑性合成樹脂粉体塗料(以下,粉体塗料という。

)を塗装し,加熱形成させた粉体塗

装製品(以下,製品という。

)の塗膜(以下,塗膜という。

)の種類,品質,試験方法などについて規定す

る。

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7753

  サンシャインカーボンアーク灯式耐光性及び耐候性試験機

JIS C 2338

  電気絶縁用ポリエステル粘着テープ

JIS K 5600-1-1

  塗料一般試験方法―第 1 部:通則―第 1 節:試験一般(条件及び方法)

JIS K 5600-1-4

  塗料一般試験方法―第 1 部:通則―第 4 節:試験用標準試験板

JIS K 5600-1-6

  塗料一般試験方法―第 1 部:通則―第 6 節:養生並びに試験の温度及び湿度

JIS K 5600-1-7

  塗料一般試験方法―第 1 部:通則―第 7 節:膜厚

JIS K 5600-4-3

  塗料一般試験方法―第 4 部:塗膜の視覚特性―第 3 節:色の目視比較

JIS K 5600-4-6

  塗料一般試験方法―第 4 部:塗膜の視覚特性―第 6 節:測色(色差の計算)

JIS K 5600-4-7

  塗料一般試験方法―第 4 部:塗膜の視覚特性―第 7 節:鏡面光沢度

JIS K 5600-5-3

  塗料一般試験方法―第 5 部:塗膜の機械的性質―第 3 節:耐おもり落下性

JIS K 5600-5-4

  塗料一般試験方法―第 5 部:塗膜の機械的性質―第 4 節:引っかき硬度(鉛筆法)

JIS K 5600-5-6

  塗料一般試験方法―第 5 部:塗膜の機械的性質―第 6 節:付着性(クロスカット法)

JIS K 5600-6-1

  塗料一般試験方法―第 6 部:塗膜の化学的性質―第 1 節:耐液体性(一般的方法)

JIS K 5600-7-1

  塗料一般試験方法―第 7 部:塗膜の長期耐久性―第 1 節:耐中性塩水噴霧性

JIS K 5600-7-2

  塗料一般試験方法―第 7 部:塗膜の長期耐久性―第 2 節:耐湿性(連続結露法)

JIS K 5600-7-7

  塗料一般試験方法―第 7 部:塗膜の長期耐久性―第 7 節:促進耐候性(キセノンラン

プ法)

JIS K 5600-7-9

  塗料一般試験方法―第 7 部:塗膜の長期耐久性―第 9 節:サイクル腐食試験法ー塩水

噴霧/乾燥/湿潤

JIS K 5600-8-2

  塗料一般試験方法―第 8 部:塗膜劣化の評価―第 2 節:膨れの等級

JIS K 5601-1-1

  塗料成分試験方法―第 1 部:通則―第 1 節:試験一般(条件及び方法)


2

K 5981

:2006

JIS K 8576

  水酸化ナトリウム(試薬)

JIS K 8951

  硫酸(試薬)

JIS Z 1522

  セロハン粘着テープ

JIS Z 8722

  色の測定方法―反射及び透過物体色

3. 

種類

3.1 

素地による種類  素地による種類は,表 による。

  1  素地による種類

種類の区分

鉄鋼

鋳鉄

亜鉛めっき

アルミニウム

アルミダイカスト

ステンレス鋼

その他

3.2 

塗装前処理による種類  塗装前処理による種類は,表 による。

  2  塗装前処理による種類

種類の区分

脱脂

研磨

ブラスト

りん酸亜鉛化成皮膜

りん酸鉄化成皮膜

クロメート化成皮膜

その他の化成皮膜

有機被膜

その他

3.3 

粉体塗料による種類  粉体塗料による種類は,熱硬化性粉体塗料及び熱可塑性粉体塗料に区分し,

更にそれぞれ含有する主な合成樹脂の種類によって,

表 による。

  3  粉体塗料による種類

種類の区分

小区分

エポキシ樹脂系

エポキシポリエステル樹脂系

ポリエステル樹脂系

アクリル樹脂系

熱硬化性粉体塗料

その他

ポリオレフィン樹脂系 
ポリ塩化ビニル樹脂系

ポリアミド樹脂系

ポリエステル樹脂系

熱可塑性粉体塗料

その他


3

K 5981

:2006

4. 

品質  品質は,5.によって試験したとき,次に適合しなければならない。ただし,品質項目は,受渡

当事者間の協定によって選択することができる。

a)

外観  塗膜の外観は,はがれ,膨れ,割れなどの異常があってはならない。

b)

塗膜の厚さ  塗膜の厚さは,受渡当事者間で協定した値とする。

c)

耐食性  耐食性は,表 による。

  4  耐食性

水準

S1 S2 S3 S4 S5

試験時間  h  48  120 240 500 1

000

はがれ幅 mm 3 以下

d)

促進耐候性  促進耐候性は,表 による。

  5  促進耐候性

水準

W1 W2 W3 W4 W5

試験時間  h

120

240

500

1 000

2 000

光沢保持率  % 70 以上

色差

E(

1

) 4

以下

外観

はがれ,膨れ,割れなどの異常があってはならない。

(

1

)

特殊な色調のものについては,受渡当事者間の協定による。詳細は,5.5 b) 3)  色差を参照。

e)

耐湿性  耐湿性は,表 による。

  6  耐湿性

水準

R1 R2 R3 R4 R5

試験時間 h  48  72  150 240 500

碁盤目試験評価点

分類 2 より,はく離が多くてはならない。

膨れ評価点

大きさ 2 より小さく,かつ,密度 2 よりまばらでなければならない。

外観

しわ,さび,はがれ,白化などの異常があってはならない。

f)

引っかき硬度  引っかき硬度は,表 による。

  7  引っかき硬度

水準

H1 H2 H3 H4 H5 H6

鉛筆引っかき値(

2

) 6B

以下

5B-4B 3B-2B  B-HB  F-2H 3H

以上

(

2

)

引っかき硬度は,手かき法で実施してもよい。 

g)

付着性  付着性は,表 による。

  8  付着性

水準

A1 A2 A3 A4 A5 A6

碁盤目試験評価点

5 4 3 2 1 0

h)

耐アルカリ性  耐アルカリ性は,表 による。

  9  耐アルカリ性

水準 N1

N2

N3

N4

試験時間  h 48

120

240 500

膨れ評価点

大きさ 2 より小さく,かつ,密度 2 よりまばらでなければならない。

外観

割れ,はがれ,軟化などの異常があってはならない。


4

K 5981

:2006

i)

耐酸性  耐酸性は,表 10 による。

 10  耐酸性

水準 M1

M2

M3

M4

試験時間  h 48

120

240 500

膨れ評価点

大きさ 2 より小さく,かつ,密度 2 よりまばらでなければならない。

外観

割れ,はがれ,軟化などの異常があってはならない。

j)

耐おもり落下性  耐おもり落下性は,表 11 による。

 11  耐おもり落下性

水準 G1 G2 G3

落下高さ cm 30

50

50

おもりの質量 g

500

500

1 000

熱硬化性粉体塗料

デュポン式

外観

素地に達する割れ,はがれがあってはならない。

水準 F1 F2 F3

落下高さ cm 40

80

120

熱可塑性粉体塗料

落球式

外観

素地に達する割れ,はがれがあってはならない。

5. 

試験方法

5.1 

試験の一般条件  試験の一般条件は,JIS K 5600-1-1JIS K 5600-1-6 及び JIS K 5601-1-1 による。

a)

試験片の作製  試験片は,JIS K 5600-1-4 によるほか,次による。

1)

製品から試料を取ることができる場合,試料は,通常,製品の平面部位から取り,150×70 mm の

試験片を作る。

2)

製品から直接試料を取ることができない場合,その製品と同一の材質及び厚さの金属板を基板とし

て,同一条件で塗装前処理を行い,同一条件で塗装及び加熱乾燥して試験片(150×70 mm)とする。

ただし,同一の材質及び厚さ,同一条件での塗装前処理,同一条件での塗装及び加熱乾燥が困難

と受渡当事者間で定めた場合は,受渡当事者間の協定によって試験片の作製条件を決めることがで

きる。

b)

試験場所の条件  試験を行う場所は,特に規定する以外は,JIS K 5600-1-6 の 4.1(標準条件)で,直

射日光を受けず,試験にガス,蒸気,ほこりなどによる影響がなく,通風の少ない室内とする。試験

片は,試験場所に 1 時間以上置いてから試験を行う。

5.2 

外観  塗膜の外観の試験は,JIS K 5600-1-1 の 4.4 によるほか,次による。

a)

操作  外観の試験は,塗膜を拡散昼光(

3

)

の下で目視によって観察する。

(

3

)

拡散昼光は,JIS-K 5600-4-3 の 5.2(自然昼光照明)による。ただし,拡散昼光を用いることが

できない場合は,5.3(色観察ブースの人工照明)に規定するブースを用いてもよい。

b)

外観の決定  ピンホール,膨れ,割れ,はがれ,しわ,色むら,つやむら,はじき,つぶなどがなく,

見本品と比べて,色・つやの差異が少ないときは,

“塗膜の外観が正常である。

”とする。

5.3 

塗膜の厚さ  塗膜の厚さの測定は,JIS K 5600-1-7 による。

a)

操作  操作は,次による。

1)

測定器は,JIS B 7502 に規定する外側マイクロメータとする。

備考  素材の種類・形状から最適のものを受渡当事者間の合意で決めることができる。

素材の種類によって,次のような測定器がある。


5

K 5981

:2006

鉄鋼・鋳鉄・亜鉛めっき:外側マイクロメータ,電磁微厚計,

アルミニウム・アルミダイカスト:外側マイクロメータ,渦電流式微厚計,

ステンレス鋼:外側マイクロメータ,渦電流式微厚計,電磁微厚計

2)

測定は,その測定器に決められた方法による。測定器の調整には,同一素材で測定する膜厚に近似

の基準板を選定する。

3)

測定する箇所は,最低 2 か所とする。ただし,その測定位置は,受渡当事者間で決めることができ

る。

b)

塗膜厚さの決定  それぞれの試験片の測定値の平均値を,塗膜の厚さとする。

5.4 

耐食性  耐食性試験は,JIS K 5600-7-1 によるほか,次による。

a)

操作  操作は,次による。

1)

耐中性塩水噴霧性試験片は 2 枚とし,周辺及び裏面は,ポリエステル粘着テープ(

4

)

,又はこれに代

わるもの(

5

)

で包む。

(

4

)

ポリエステル粘着テープとしては,JIS C 2338 の種類 A1 種が相当する。

(

5

)

注(

4

)

のポリエステル粘着テープと同等以上のシーリング性能をもつシール材。

2)

試験が終わったとき,試験片を取り出して水洗し,室内に 2 時間放置する。

3) JIS 

1522

に規定するセロハン粘着テープ(テープ幅 18 mm)をカット線の上に長辺に沿ってはり

付ける。指先でこすって圧着し,テープの端を持って手元に向かって急速に引っ張りテープをはが

す。

b)

耐食性の決定  評価は,試験片 2 枚のカット線の周りの片側はがれ幅について行い,それぞれの最大

値をはがれ幅とする。試験片 2 枚共に 4. c)の規定を満足している場合,その水準に該当する(

6

)

(

6

)

塗膜が堅い,厚いなどの理由によって,さび又は膨れによる塗膜の浮きが目視で明らかに認め

られる場合で,テープによるはがしを行ってもはがれないときには,カット線の片側のさび又

は膨れの発生の最大幅として評価する。

備考  耐食性試験は,JIS K 5600-7-9 によってもよい。

5.5 

促進耐候性試験  促進耐候性試験は,JIS B 7753 に規定するサンシャインカーボンアーク灯式耐候

性試験機を用いて,次によって行う。

a)

操作  操作は,次による。

1)

耐候性試験片は 2 枚,原状試験片は 1 枚とし,周辺及び裏面は,ポリエステル粘着テープ(

4

)

,又は

これに代わるもの(

5

)

で包む。

2)

ブラックパネル温度計の示度は,63±3  ℃とする。

3)

噴霧の時間は,120 分間照射中に 18 分間とする。

4)

照射中の乾燥期間中の相対湿度は,(50±5)  %RH とする。

b)

促進耐候性の決定  評価は,次による。

1)  2

枚の試験片の光沢保持率,色差及び外観について試験を行い,試験片 2 枚共に 4. d)の規定を満足

している場合,その水準に該当する。

2)

光沢保持率は,JIS K 5600-4-7 によって照射前及び照射後の光沢を測定し,次の式によって求める。

100

1

2

×

=

G

G

G

ここに,

G

:  光沢保持率

G

1

:  試験前の 60°鏡面光沢度


6

K 5981

:2006

G

2

:  試験後の 60°鏡面光沢度

また,素材の影響による方向性があるときは,同じ場所について互いに直角の方向から測定し,

それぞれの値を平均して,その場所の鏡面光沢度とする。

3)

色差は,測色色差計を用いて測定し,次のハンターの色差式による色差を求める。

[

]

2

/

1

2

2

2

)

(

)

(

)

(

b

a

L

E

H

+

+

=

ここに,

H

E

ハンターの色差式による色差

L

a

b

:  ハンターの色差式における明度指数及び色座標の差

L

a

及び

b

の値は,標準の光 C を用い,JIS Z 8722 に規定する三刺激値

Z

Y

X

,

,

から次の式に

よって計算する。

2

/

1

10Y

L

=

2

/

1

/

)

2

.

10

(

5

.

17

Y

Y

X

a

=

2

/

1

/

)

847

.

0

(

0

.

7

Y

Z

Y

b

=

ここに,

L

ハンターの明度指数

a

b

L a b

表色系の色座標

X

YZ: 三刺激値

なお,色差の測定は,受渡当事者間の合意で,JIS K 5600-4-6 によってもよい。

4)

外観は,塗膜を拡散昼光(

3

)

の下で,目視によって観察する。

なお,促進耐候性試験は,受渡当事者間の合意で,JIS K 5600-7-7 によってもよい。

5.6 

耐湿性  耐湿性の試験は,JIS K 5600-7-2 の 5.によるほか,次による。

a)

操作  耐湿性試験片は 2 枚,原状試験片は 1 枚とし,周辺及び裏面は,ポリエステル粘着テープ(

4

)

はそれに代わるもの(

5

)

で包む。

b)

耐湿性の決定  2 枚の試験片の付着性,膨れ及び外観について評価を行い,試験片 2 枚共に 4. e)の規

定を満している場合,その水準に該当する。

耐湿性試験後の付着性は,4. g)と同様にして碁盤目評価点を求める。

付着性試験は耐湿性試験が終わってから室内に 2 時間放置後行う。膨れの評価は,JIS K 5600-8-2

による。

外観は,塗膜を拡散昼光(

3

)

の下で,目視によって観察をする。

5.7 

引っかき硬度  引っかき硬度の試験は,JIS K 5600-5-4 による。

判定は,JIS K 5600-5-4 の 9.6 による。

5.8 

付着性  付着性の試験は,JIS K 5600-5-6 による。

判定は,JIS K 5600-5-6 の 8.による。

5.9 

耐アルカリ性  耐アルカリ性の試験は,JIS K 5600-6-1 の 7.(方法 1)によるほか,次による。

a)

操作  操作は,次による。

1)

耐アルカリ性試験片は 2 枚,原状試験片は 1 枚とし,その周辺及び裏面は,ポリエステル粘着テー

プ(

4

)

又はこれに代わるもの(

5

)

で,アルカリ溶液に侵されないもので包む。

アルカリ溶液は,JIS K 8576 に規定する水酸化ナトリウムをイオン交換水で 5  質量/容量%に調

製したものを用いる。浸せき温度は,23±2  ℃とする。

2)

試験片を取り出して流水で静かに洗い,水を振り切った後,室内に 2 時間放置する。


7

K 5981

:2006

b)

耐アルカリ性の決定  2 枚の試験片の膨れ及び外観について評価を行い,試験片 2 枚共に 4.h)の規定

を満足している場合,その水準に該当する。

膨れ評価点は,JIS K 5600-8-2 による。

外観は,塗膜を拡散昼光(

3

)

の下で,目視によって観察する。

なお,試験片の周辺 10 mm 以内は,評価の対象としない。

5.10 

耐酸性  耐酸性の試験は,JIS K 5600-6-1 の 7.(方法 1)によるほか,次による。

a)

操作  操作は,次による。

1)

耐酸性試験片は 2 枚,原状試験片は 1 枚とし,その周辺及び裏面は,ポリエステル粘着テープ(

4

)

はこれに代わるもの(

5

)

で,酸溶液に侵されないもので包む。酸溶液は,JIS K 8951 に規定する硫酸

をイオン交換水で 5  質量/容量%に調製したものを用いる。

浸せき温度は,23±2  ℃とする。

2)

試験片を取り出して流水で静かに洗い,水を振り切った後,室内に 2 時間放置する。

b)

耐酸性の決定  2 枚の試験片の膨れ及び外観について評価を行い,試験片 2 枚共に 4. i)の規定を満足

している場合,その水準に該当する。

膨れ評価点は,JIS K 5600-8-2 による。

外観は,塗膜を拡散昼光(

3

)

の下で目視によって観察する。

なお,試験片の周辺 10 mm 以内は,評価の対象としない。

5.11 

耐おもり落下性  耐おもり落下性の試験は,JIS K 5600-5-3 によるほか,次による。

a)

操作  操作は,次による。

1)

熱硬化性粉体塗膜の試験は,JIS K 5600-5-3 の 6.による。

2)

熱可塑性粉体塗膜の試験は,JIS K 5600-5-3 の 5.による。

b)

耐おもり落下性の決定  2 枚の試験片の外観について評価を行い,試験片 2 枚共に 4. j)の規定を満足

している場合,その水準に該当する。外観は,目視による。

6. 

表示  送り状,荷札などに次の事項を表示しなければならない。

a)

粉体塗料の種類(小区分を含む。

b)

塗装前処理の種類