>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 5600-8-6

:2014

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  原理 

2

5

  材料 

2

6

  手順 

2

7

  等級の判定  

3

8

  試験報告  

3

附属書 A(参考)白亜化の程度の透過度による評価  

5

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

6


K 5600-8-6

:2014

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

塗料工業会(JPMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を

改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格で

ある。

これによって,JIS K 5600-8-6:1999 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS K 5600

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

K

5600-1

  第 1 部:通則

JIS

K

5600-2

  第 2 部:塗料の性状・安定性

JIS

K

5600-3

  第 3 部:塗膜の形成機能

JIS

K

5600-4

  第 4 部:塗膜の視覚特性

JIS

K

5600-5

  第 5 部:塗膜の機械的性質

JIS

K

5600-6

  第 6 部:塗膜の化学的性質

JIS

K

5600-7

  第 7 部:塗膜の長期耐久性

JIS

K

5600-8

  第 8 部:塗膜劣化の評価−欠陥の量,大きさ及び外観の変化に関する表示

JIS

K

5600-9

  第 9 部:紛体塗料

JIS K 5600-8

は,塗料一般試験方法−第 8 部:塗膜劣化の評価−欠陥の量,大きさ及び外観の変化に関

する表示に関する試験方法として,次の各節によって構成する。

JIS

K

5600-8-1

  第 1 節:一般原則及び等級

JIS

K

5600-8-2

  第 2 節:膨れの等級

JIS

K

5600-8-3

  第 3 節:さびの等級

JIS

K

5600-8-4

  第 4 節:割れの等級

JIS

K

5600-8-5

  第 5 節:はがれの等級

JIS

K

5600-8-6

  第 6 節:白亜化の等級(テープ法)


日本工業規格

JIS

 K

5600-8-6

:2014

塗料一般試験方法−第 8 部:塗膜劣化の評価−

欠陥の量,大きさ及び外観の変化に関する表示−

第 6 節:白亜化の等級(テープ法)

Testing methods for paints-Part 8: Evaluation of degradation of

coatings-Designation of quantity and size of defects, and of intensity of

uniform changes in appearance-Section 6: Assessment of degree of

chalking by tape method

序文 

この規格は,2011 年に第 3 版として発行された ISO 4628-6 を基に,技術的内容を変更して作成した日

本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,塗膜の欠陥の量,大きさ及び均一な外観変化の程度を等級で表示するシステムにおいて,

テープ法によって塗膜の白亜化の程度を標準の写真(図版)と対比して判定(等級付け)する方法につい

て規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 4628-6:2011

,Paints and varnishes−Evaluation of degradation of coatings−Designation of

quantity and size of defects, and of intensity of uniform changes in appearance

−Part 6: Assessment

of degree of chalking by tape method

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 5500

  塗料用語

JIS K 5600-8-1

  塗料一般試験方法−第 8 部:塗膜劣化の評価−欠陥の量,大きさ及び外観の変化に関

する表示−第 1 節:一般原則及び等級


2

K 5600-8-6

:2014

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS K 5500 による。

原理 

試験を行う白亜化した塗膜表面に貼り付けた粘着テープ(以下,テープという。

)を剝がし,テープに付

着した微粉を,微粉が目立つ背景色(白又は黒)の上で目視観察し,標準図版と比較して等級を判定する。

材料 

材料は,次による。

5.1

  テープ  幅 15 mm 以上の無色透明な片面に粘着性をもつ市販のテープを用いる。テープの種類は,

白亜化の等級付けに影響を与えるため,用いるテープは,受渡当事者間の協定による。また,用いたテー

プの種類は,試験報告書に記載する[箇条 8 c)  参照]

5.2

  背景面用材料  白亜化の等級を判定するためにテープの下に敷くもので,色相が,黒又は白のつやが

ないものを用いる。例えば,カード紙,又は短い毛羽がついたベルベットのようなものを用いる。

手順 

手順は,次による。

a)

試験を行う前に,塗膜表面に水分の付着がない状態に室温乾燥する。

b)

粘着テープ(5.1)の一片を塗膜の上に貼り,強く押しつけ,指でこする。テープの長さは 40 mm 以

上であることが望ましい。

テープを塗膜表面と垂直に剝がし,テープに付着している付着物のコントラストを更にはっきりさ

せるため,背景面(5.2)の上にテープが接するように置く。淡彩色の塗膜については,黒の背景面,

また暗色の塗膜については,白の背景面で評価する。一定の照度下で,テープの上に付着した白亜化

物の量を

図 の標準図版と比較して,白亜化の程度を遅滞なく評価する[e)  参照]。

注記  背景面がよく見えるほど,白亜化程度は低い。試験報告書には照明の照度についても報告す

る。

c)

白亜化の程度は,試料表面の場所によってばらつく可能性があるため,模様のない塗膜の均一な場所

を用いなければならない。試料表面が大きい場合は,複数の箇所で測定して,その平均値及び最大値

と最小値との幅を報告することが望ましい。

この方法を用いるとき,劣化による生成物なのか,又は付着したゴミなのか注意して区別しなけれ

ばならない。既に試験した部分を再度試験しないよう気を付ける。

d)

自然暴露を行った塗膜表面の白亜化の等級付けは,大気中の汚染物質の付着によって高い等級に誤っ

て判定することがあるので注意する。

e)

塗膜表面から白亜化を除去した後の粘着テープの評価は,遅滞なく行う。これは白亜化物が付着した

テープの透過率が,時間とともに変化する場合があるからである。

f)

光沢が低い(つや消し仕上げ)塗膜の試験をする場合は,暴露していない試験片についても一定量の

付着物が観察される。したがって,つや消し塗料の塗膜については,暴露していない試験片の付着物

の程度と比較することが望ましい。


3

K 5600-8-6

:2014

等級の判定 

標準図版(

図 1)を参照して,白亜化の程度の等級付けを行う。

等級は,JIS K 5600-8-1 

表 4(等級表示の関係)による。

きめが粗い塗膜表面及び模様のある塗膜表面の等級判定は,テープに白亜化付着物が最も多く観察され

た部分とする。

注記  テープ法による白亜化の程度の評価に使用する標準の写真は,この規格の標準図版又は ISO 

4628

のこの部に含まれる標準図版を使用することが必要である。

試験報告 

試験報告には,次の情報を含んでいなければならない。

a)

試験した塗膜についての必要な全ての明細

b)

この規格の番号(JIS K 5600-8-6

c)

試験方法の詳細

−  耐候性試験の方法(人工的又は自然)

−  用いたテープの詳細(製造業者,商品名など)

−  用いた背景面の詳細(5.2 参照)

−  評価に使用した照明の照度

d)

試験結果

−  白亜化の程度の等級

−  光沢が低い(つや消し仕上げ)塗料の場合は,暴露していない試験片との比較

e)

規定された手順を変更した場合,その内容

f)

その他特記すべき事項

g)

試験年月日


4

K 5600-8-6

:2014

図 1−黒い背景面上での 1の数値による白亜化の判定標準写真 


5

K 5600-8-6

:2014

附属書 A

(参考)

白亜化の程度の透過度による評価

白亜化の程度は,未使用のテープと白亜化物の付着したテープとの透過率を適切な光電装置を用いて比

較することによって,定量的に測定できる。手順としては,白亜化した塗料が付いたテープを,背景面(5.2

の上には置かないで,清浄なガラス板の上に貼るか,又は裏が開放された状態のまま,光電装置([1]又は

[2]

参照)の光線の中に置く。透過度 70 %以下を白亜化とする。

この装置を用いる方法は,テープ表面に白亜化物が均一に付着している場合にだけ使用する。

参考文献  [1]  HELMEN, T Farbe und Lack, 85 (5), 1978, pp. 315-322

[2]  HELMEN, T Farbe und Lack, 87 (3), 1981, pp. 181-189


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS K 5600-8-6:2014

  塗料一般試験方法−第 8 部:塗膜劣化の評価−欠陥の量,大

きさ及び外観の変化に関する表示−第 6 節:白亜化の等級(テープ法)

ISO 4628-6:2011

  Paints and varnishes−Evaluation of degradation of coatings−

Designation of quantity and size of defects, and of intensity of uniform changes in

appearance

−Part 6: Assessment of degree of chalking by tape method

(I)JIS の規定

(II)

国際規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

3

用 語 及

び定義

JIS K 5500

  塗料用

追加

主な用 語及び 定義は ,JIS K 

5500

によることとした。白亜

化も JIS K 5500 に定義されて

いるので削除した。

7

等 級 の

判定

JIS K 5600-8-1

を追

加した。

追加

JIS K 5600-8-1

表 4(等級表示

の関係)を引用した。

製品 JIS には表 4 が引用されてい
るので整合性を保つ必要がある。

技術的差異はない。

附属書 A

5.2

変更

白亜化の透過度測定による評

価を本文から附属書に移した。

技術的差異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 4628-6:2011,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

6

K 56

00
-8

-6


20
14