>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 5600-

3-6 :

199

9

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表

K 5600-3-6 : 1999

塗料  一般試験方法−第 3 部:塗膜の形成機能−

第 6 節:不粘着乾燥性

ISO 3678 : 1976

  塗料−不粘着性

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格の相違

(V)  JIS

と国際規格との一致が困難な

理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

ISO 3678

(2)

試 験 ( 分 析 ) の 種
類・項目

○  A 法:23±2℃,(50±5)%

で試験

B

法:35±1℃,(90±3)%

で試験

ISO 3678

○ A 法だけ ADP 現行 JIS の B 法を残

した。

A

法:塗膜の乾燥性を評価する試

験方法

B

法:乾燥した塗膜の軟化を評価

する試験方法

両者は塗面上におもりを載せ,

その間にガーゼを挟んで,規定時
間後その跡を評価する方法だが,
目的は別の特性をみる評価法であ

る。両者とも製品規格の改正時に
は必要となるので,追加した B 法
は ISO へ提案する。

(3)

共通的条件(試 験
状態,試験条件)

○ 23℃,50%と 35℃,90%で

規定

ISO 3678

○ 23±2℃,50±5%で試験 ADP B 法の温度・湿度の

規定を追加

A

と B は別の試験法のため

(4)

装置・器具

ISO 3678

上 の 試験 条 件 以外
は 基 本的 に 大 差な
い原理である。

(5)

材料・試料

ISO 3678

(6)

手順・方法

ISO 3678

○  ADP B 法を追加

A

と B は別の試験法のため

(7)

記録方法・様式

ISO 3678

(8)

その他

ISO 3678

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

:JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

:JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”(ADOPTION の略):JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用しているただし,採用した部分において,JIS として必要

な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。