>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 5600-3-2 : 1999 (ISO 1517 : 1973)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

なお,この規格の制定後 3 か年を経た 2002 年 4 月をもって,この規格に対応する JIS K 5400(塗料一般

試験方法)は,廃止されこの規格に置き換わる予定であるので,なるべくこの規格によるとよい。

JIS K 5600

は,次に示す部編成になっている。

JIS

K

5600-1-1

∼1-8  通則

JIS

K

5600-2-1

∼2-7  塗料の性状・安定性

JIS

K

5600-3-1

∼3-6  塗膜の形成機能

JIS

K

5600-4-1

∼4-7  塗膜の視覚特性

JIS

K

5600-5-1

∼5-11  塗膜の機械的性質

JIS

K

5600-6-1

∼6-3  塗膜の化学的性質

JIS

K

5600-7-1

∼7-8  塗膜の長期耐久性

JIS

K

5600-8-1

∼8-6  塗膜劣化の評価

JIS K 5600-3

は塗料一般試験方法−塗膜の形成機能に関する試験方法として,次の各節によって構成す

る。

JIS

K

5600-3-1

  第 3 部−第 1 節:塗り面積(はけ塗り)

JIS

K

5600-3-2

  第 3 部−第 2 節:表面乾燥性(バロチニ法)

JIS

K

5600-3-3

  第 3 部−第 3 節:硬化乾燥性

JIS

K

5600-3-4

  第 3 部−第 4 節:製品と被塗装面との適合性

JIS

K

5600-3-5

  第 3 部−第 5 節:耐圧着性

JIS

K

5600-3-6

  第 3 部−第 6 節:不粘着乾燥性

JIS K 5600-3-3

3-5 には,それぞれ次に示す附属書がある。

JIS

K

5600-3-3

附属書 A(規定)  必要な補足情報

JIS

K

5600-3-5

附属書 A(規定)  必要な補足情報


日本工業規格

JIS

 K

5600-3-2

 : 1999

 (ISO

1517

 : 1973

)

塗料一般試験方法−

第 3 部:塗膜の形成機能−

第 2 節:表面乾燥性(バロチニ法)

Testing methods for paints

−Part 3 : Film formability−

Section 2 : Surface-drying test (Ballotini method)

序文  この規格は,1973 年に第 1 版として発行された ISO 1517, Paints and varnishes−Surface-drying test−

Ballotini method

を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

この規格は,特殊な適用に対しても,次の補足情報によって完全なものとすることが要求される。この情

報は,試験対象製品に関する国際規格又はその他の文書から引用するか,又は,それが適切な場合には,

試験を行う受渡当事者間での合意を条件にすべきである。

a)

素地の特性と表面処理

b)

素地への試験塗料の塗装方法

c)

測定方法を含む,ミクロン単位での乾燥塗膜の膜厚及びその塗膜が単一塗膜系又は多層塗膜系のいず

れか

d)

試験前の下塗及び/又は中塗塗料の乾繰時間と条件

e)

もし適用されるならば,試験前の乾繰時間

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にない事項である。

1.

適用範囲

1.1

この規格は,空気の作用によるか,又はその組成の化学反応によって乾燥する塗料の,塗膜のバロ

チニ法による表面乾燥性の測定方法について規定する。

なお,この方法は,焼付け塗料には適用しない。

1.2

記載されている方法は,次のいずれかによって実施できる。

合否判定試験のように,特に決められた要求に合うかどうかを評価するため,規定の時間経過後に表面

乾燥状態を調べるか,

又は表面乾燥時間に達するまでの間,

適切な間隔ごとに表面乾燥状態を調べる方法。


2

K 5600-3-2 : 1999 (ISO 1517 : 1973)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発効年を付記してあるものは,記載の年の版だけが,この規格の規定を

構成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,そ

の最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 5600-1-2 :

塗料一般試験方法−第 1 部:通則−第 2 節:試料採取方法

備考  ISO 1512 : 1991, Paints and varnishes−Sampling of products in liquid or paste form が,この規格

と一致している。

JIS K 5600-1-3 :

塗料一般試験方法−第 1 部:通則−第 2 節:試験用試料の検分及び調整

備考  ISO 1513 : 1992, Paints and varnishes−Examination and preparation of samples for testining が,こ

の規格と一致している。

JIS K 5600-1-4 :

塗料一般試験方法−第 1 部:通則−第 4 節:試験用標準試験板

備考  ISO 1514 : 1993, Paints and varnishes−Standard panels for testing が,この規格と一致している。

JIS K 5600-1-7 :

塗料一般試験方法−第 1 部:通則−第 7 節:膜厚

備考  ISO 2808 : 1997, Paints and varnishes−Determination of film thickness が,この規格と同等であ

る。

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

3.1

表面乾燥状態 (surface-drying state)   塗膜の表面状態について述べる一般的用語,すなわち,“表面

乾燥”か又はそうでないかをいう。

3.2

表面乾燥 (surface-dry)   バロチニを軽くはけではいて,塗膜の表面にきずを付けずに,バロチニが

除去できる塗膜の表面乾燥状態。

3.3

表面乾燥時間 (surface-drying time)   調整された試験板に,塗料の塗膜が塗装された時点から,7.

に規定されている試験操作によって,塗膜が表面乾燥であると判定されるまでの時間。

4.

器具類

4.1

バロチニ(小さな透明ガラス球)  材料は,適当な市販のバロチニはふるい分けして得たものでな

ければならない。そしてそれは呼び(寸法)目開き 125

µm のふるいを通過せず,250µm のふるいを全通す

るように級分けしなければならない。

4.2

はけ  柔らかな毛のもの。

4.3

ストップウォッチ又はストップクロック

5.

試料採取  JIS K 5600-1-2 の規定に従って,試験対象製品の代表試料を採取する。誘料は JIS K 

5600-1-3

の規定に従って,検分及び調整する。

6.

試験板

6.1

材質及び表面処理  もし他に規定又は協定がなければ,試験板は JIS K 5600-1-4 の規定に合致した

ガラス板,磨き鋼板,すずめっき板又はアルミニウム板とし,表面は塗装するために規定どおり調整する。

6.2

試験板の塗装

6.2.1

もし要求があれば,試験対象製品を塗装する前に,試験板を適切な下塗塗料及び又は中塗塗料で塗

装し,協定された期間静置乾燥する。


3

K 5600-3-2 : 1999 (ISO 1517 : 1973)

6.2.2

試験板は,規定された又は協定された方法で,試験対象製品を塗装する。

7.

手順

7.1

試験板の乾燥  塗装された試験板は,もし他に規定がなければ,環境条件温度 23±2℃,相対湿度 (50

±5) %の場所で,気流から遮へいし,直射日光を避けて,自然な気流中に,垂直に立てて乾燥する。

7.2

規定時間後の表面乾燥状態の評価

7.2.1

規定時間経過後,試験板を水平な位置に置く。

7.2.2

試験板の上に約 0.5g のバロチニを 50∼150mm の間の高さから注ぎ落とす。

備考  バロチニの過度の広がりを防ぎ,もし必要であれば同じ試験片の他の部分で,その他の試

験を行うことを可能にするために,内径が約 25mm の適切な長さのガラス管を用いてバロ

チニを注ぎ落とすと便利である。

7.2.3 10

秒後,試験板を水平に対し 20°の角度で保持し,塗膜を軽くはけではく。

7.2.4

塗膜の表面を正常に修正された視力で検査する。表面に損傷を与えずに,すべてのバロチニをはけ

で除去できたら,塗膜は表面乾燥とする。

7.3

表面乾燥時間の測定  6.の規定によって,同様に塗装された数枚の試験板を調製し,7.1 の規定によ

って静置乾燥する。塗膜が“表面乾燥”になると予想される少し前に,試験をスタートし,適切な間隔で

異なる試験板(又は 7.2.2 

備考に記載するガラス管が使われた場合は,同じ試験板の未使用部分)を使用

し,塗膜が表面乾燥の状態になるまで,7.2 に規定するとおりに各試験を行う。塗膜が塗装してから,ちょ

うど表面乾燥になるまでの所要時間を記録する。

7.4

膜厚の測定  JIS K 5600-1-7 に規定されている操作の中の一つによって,乾燥膜厚をマイクロメート

ル単位で測定する。

8.

試験報告  試験報告には,少なくとも次の事項を含んでいなければならない。

a)

この規格の適用

b)

試験した製品の種別,及びその明細

c)

この規格の序文で参照した補足的情報の項目

d)  c)

で参照した情報の基となった国家規格又はその他の文書

e)

協定又はその他によって,規定された試験手順を変更した場合,その内容

f)

試験結果を要求に従って報告する。

塗膜が,規定された時間経過後に表面乾燥しているかどうか,又は表面乾燥時間のいずれか。

g)

試験年月日


4

K 5600-3-2 : 1999 (ISO 1517 : 1973)

塗料分野の国際整合化調査研究委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

増  子      昇

千葉工業大学

(委員)

西  出  徹  雄

通商産業省基礎産業局

大  嶋  清  治

工業技術院標準部

鴨志田  直  史

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

本  橋  健  司

建設省建築研究所

坪  田      実

職業能力開発大学校

武  井      昇

職業能力開発大学校

鈴  木  雅  洋

東京都立産業技術研究所

吉  田  豊  彦

社団法人色材協会

高  橋  孝  治

社団法人日本塗装工業会

青  木      茂

サンコウ電子研究所

福  島      稔

社団法人日本鋼橋塗装専門会

近  藤  照  夫

清水建設株式会社

(主査)

岩  井      弘

財団法人日本検査協会

堀  江  建  治

関西ペイント株式会社

山  田  俊  幸

神東塗料株式会社

中  東  昭  憲

神東塗料株式会社

住  田  光  正

大日本塗料株式会社

上  寺  孝  明

中国塗料株式会社

松  井  繁  武

株式会社トウペ

更  谷      浩

日本特殊塗料株式会社

曽  我  元  昭

日本ペイント株式会社

大  澤      晃

日本油脂株式会社

高  橋      真

ロックペイント株式会社

長  尾      進

専門技術者

鈴  木  幹  夫

専門技術者

松  平  忠  志

松平技術士事務所

伊  藤  義  人

専門技術者

小  島      務

財団法人日本検査協会

常  田  和  義

大日本塗料株式会社

筒  井  晃  一

日本ペイント株式会社

(事務局)

内  田  幹  雄

社団法人日本塗料工業会

山  崎  不二雄

社団法人日本塗料工業会

文責  上寺  孝明