>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 5600-1-5 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

なお,この規格の制定後 3 か年を経た 2002 年 4 月をもって,この規格に対応する JIS K 5400(塗料一般

試験方法)は,廃止されこの規格に置き換わる予定であるので,なるべくこの規格によるとよい。

JIS K 5600

は,次に示す部編成になっている。

JIS

K

5600-1-1

∼1-8

通則

JIS

K

5600-2-1

∼2-7

塗料の性状・安定性

JIS

K

5600-3-1

∼3-6

塗膜の形成機能

JIS

K

5600-4-1

∼4-7

塗膜の視覚特性

JIS

K

5600-5-1

∼5-11

塗膜の機械的性質

JIS

K

5600-6-1

∼6-3

塗膜の化学的性質

JIS

K

5600-7-1

∼7-8

塗膜の長期耐久性

JIS

K

5600-8-1

∼8-6

塗膜劣化の評価

JIS K 5600-1

は,塗料一般試験方法−通則に関する試験方法として,次の各節によって構成する。

JIS K 5600-1-1

  第 1 部−第 1 節:試験一般(条件及び方法)

JIS K 5600-1-2

  第 1 部−第 2 節:試料採取方法

JIS

K

5600-1-3

第 1 部−第 3 節:試験用試料の検分及び調整

JIS

K

5600-1-4

第 1 部−第 4 節:試験用標準試験板

JIS

K

5600-1-5

第 1 部−第 5 節:試験板の塗装(はけ塗り)

JIS

K

5600-1-6

第 1 部−第 6 節:養生並びに試験の温度及び湿度

JIS

K

5600-1-7

第 1 部−第 7 節:膜厚

JIS

K

5600-1-8

第 1 部−第 8 節:見本品

JIS K 5600-1-2

1-41-51-7 には,それぞれ次に示す附属書がある。

JIS

K

5600-1-2

附属書 A(参考)

参考文献

JIS

K

5600-1-4

附属書 A(参考)

試験板用軟鋼板

附属書 B(参考)

ブラスト洗浄による鋼板の調整に関する一般的指針

JIS

K

5600-1-5

附属書 A(規定)

試験板の塗装(はけ塗り)

JIS

K

5600-1-7

附属書 A(規定)

測定法 No.2  単位面積当たりの塗膜質量から算出する乾燥膜
厚の測定


日本工業規格

JIS

 K

5600-1-5

: 1999

塗料一般試験方法−

第 1 部:通則−

第 5 節:試験板の塗装(はけ塗り)

Tests methods for paint

−Part 1 : General rule−

Section 5 : Coating of test panel (brush application)

序文  この規格は,1984 年に第 1 版として発行された ISO 7877, Paints and varnishes−Coating of test panels at

a specified spreading rate

−Brush application を元に,対応する部分については対応国際規格を翻訳し,技術

的内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,

附属書 には,従来,日本工業規格で規定し

ていた試験板,器具(はけの種類)

,塗り方,及び塗装時の条件を規定した。

この日本工業規格に記載されている試験方法は,どのような特殊な適用に対しても,次の補足情報によっ

て,完全なものとすることが要求される。この情報は,試験対象製品に関する日本工業規格の一部又はす

べてから,又はその他の文献から引用するか,若しくは,もしそれが適切であれば,受渡当事者間で協定

するのがよい。

a)

  素材の材質,厚さ及び表面処理

b)

  塗装されるウエットフィルムの規定塗布量(もし適切であれば,各種制限を含め,ウエットフィルム

質量当たりの面積か,ウエットフィルム容量当たりの面積かのいずれかによる。

c)

  もし他に規定(6.1 を参照)されたものがあれば,その塗装条件

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲

1.1

この規格は,使用される塗料の質量,又は容量のいずれかをベースにした規定塗り面積の塗料を,

はけ塗りすることによって,試験板の調整を行う場合の手順について規定する。

1.2

この規格は,蒸発性の高い溶剤を含む製品には適していない。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 7877, Paints and varnishes

−Coating of test panels at a specified spreading rate−Brush application

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発行年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 5600-1-2

  塗料一般試験方法−第 1 部:通則−第 2 節:試料採取方法


2

K 5600-1-5 : 1999

備考  ISO 1512 : 1991  Paints and varnishes−Sampling of products in liquid or paste form  が,この規格

と一致している。

JIS K 5600-1-3

  塗料一般試験方法−第 1 部:通則−第 3 節:試験用試料の検分及び調整

備考  ISO 1513 : 1992  Paints and varnishes−Examination and preparation of samples for testing  が,こ

の規格と一致している。

JIS K 5600-1-4

  塗料一般試験方法−第 1 部:通則−第 4 節:試験用標準試験板

備考  ISO 1514 : 1993  Paints and varnishes−Standard panels for testing が,この規格と一致している。

JIS K 5600-1-6

  塗料一般試験方法−第 1 部:通則−第 6 節:養生並びに試験の温度及び湿度

備考  ISO 3270 : 1974  Testing methods for paints and varnishes−Temperature and humidities for

conditioning and testing

が,この規格と一致している。

JIS K 5600-2-4

  塗料一般試験方法−第 2 部:塗料の性状・安定性−第 4 節:密度

備考  ISO 2811 : 1974 Paints and varnishes−Determination of density が,この規格と一致している。

3.

器具類

3.1

はけ  高品質の豚の剛毛,又はナイロンの単繊維からなり,はけの幅が約 50mm のもの。

試験片の調整には,前もって使われ,調子を整えたはけを用い,新しいものは使うべきではない。

3.2

はかり  10mg のけたまではかれるもの。

4.

試料の採取方法  JIS K 5600-1-2 に従い試験対象製品の代表試料を採取する(又は多層塗膜系の場合

には各製品ごとに採取する。

JIS K 5600-1-3 によって,試験用試料を検分,調整する。

5.

試験板  他に規定がなければ,JIS K 5600-1-4 によって調整する。

備考  実際面では,塗装された製品の質量を正確に求めることは困難なため,試験板の面積は 0.1m

2

以上とする。

6.

手順

6.1

塗装時の条件  審判の目的及びもしほかに合意したものがなければ,塗装は 23±2℃,相対湿度 (50

±5) %で行う。JIS K 5600-1-6 も参照する。

6.2

表面積  試験板の長さは 1%の正確さではかり,塗装される面の面積を算出する。

6.3

ぬれ膜厚の質量によって算出された塗り面積

6.3.1

試験板(5)の表面を塗装するのに要する製品の質量は,次の式によって算出する。

m

S

A

m

×

000

1

 (1)

ここに,

m

:塗装される製品の質量 (g)

A

:試験板の面積 (m

2

)

S

m

:規定塗り面積 (m

2

/kg)

備考  もし規定塗り面積が,幅で与えられている場合は,その幅の両端に対応する質量を算出する必

要がある。


3

K 5600-1-5 : 1999

6.3.2

はけに塗料をよくなじませるために,試験対象塗料の一部を用いて清浄な表面に塗り付け,はけの

調子を整える。直ちに,調子を整えたはけと,式(1)で算出した試験板を塗装するのに十分な製品の入った

容器を 10mg 単位ではかる。

6.3.3

規定塗り面積として求めた量で,製品をできるだけ早く試験板に塗り付ける。

6.3.4

はけ及び容器の質量を再びはかる。

6.3.5

製品の実際の塗り面積(ぬれ膜厚の質量)は,次の式(2)によって算出する。

2

1

)

(

000

1

m

m

A

S

m

A

×

 (2)

ここに,

A

試験板の面積 (m

2

)

m

1

塗装前の容器,はけ及び製品の質量 (g)

m

2

塗装後の容器,はけ及び製品の質量 (g)

S

A (m) 

: 実際の塗り面積 (m

2

/kg)

6.4

ぬれ膜厚の容量から算出された塗り面積

6.4.1

JIS K 5600-2-4

の方法によって,製品の密度を測定する。

6.4.2

規定塗り面積で試験板(5)の表面を塗装するのに要する製品の質量は,次の式によって算出する。

v

S

d

A

m

×

×

000

1

 (3)

ここに,

d

製品の密度 (g/ml)

S

v

規定塗り面積 (m

2

/l)

備考  もし規定塗り面積が幅で与えられている場合は,その幅の両端に対応する質量を算出する必要

がある。

6.4.3

容器の中に,試験板を塗装するのに式(3)で算出されたとおりの十分な製品が入っていることを確

認し,6.3.2 及び 6.3.3 に規定する手順を行う。

6.4.4

はけ及び容器の質量を再びはかる。

6.4.5

製品の実際の塗り面積(ぬれ膜厚の容量)は,次の式(4)によって算出する。

2

1

)

(

000

1

m

m

d

A

S

v

A

×

×

 (4)

ここに,

A

試験板の面積 (m

2

)

d

製品の密度 (g/ml)

m

1

塗装前の容器とはけ及び製品の質量 (g)

m

2

塗装後の容器とはけ及び製品の質量 (g)

S

A (V) 

: 実際の塗り面積 (m

2

/l)

6.4.6

もし,容量による手順の方が好ましければ,必要な容量を次の式(5)によって,0.1ml 単位で計算す

る。

v

S

A

V

×

000

1

 (5)

ここに,

V

塗装される製品の容量 (ml)

6.3.2

によってはけを整え,はけの質量を計量する。ただし,式(1)の代わりに式(5)を用いる。必要な容

量の製品を正確な注射器にはかり取り,試験板の上に押し出して広げる。はけで均一に塗る。必要な量の

製品が塗られたかどうかの確認のために,はけの質量を再びはかる。


4

K 5600-1-5 : 1999

7.

試験報告  試験報告には,少なくとも次の事項を含んでいなければならない。

a)

試験対象製品の種類及び識別

b)

この規格の適用

c)

この規格の補足に参照されている補足情報項目

d)

  c)

に関連する情報を提供している(国際)国家規格,製品規格,又はその他文書の参照項目

e)

規定塗り面積

f)

実際の塗り面積

g)

合意,又はその他によって,規定された手順を変更した場合は,その内容

h)

試験年月日


5

K 5600-1-5 : 1999

附属書 A(規定)  試験板の塗装(はけ塗り)

1.

適用範囲  この附属書 は,JIS K 5400 の 3.3(7.1)1990 :  に規定されていて,JIS K 5600-1-5 に含まれ

ない条件について規定する。この

附属書 は見直しの際に廃止を検討するものとする。

2.

器具及び試験板の面積  はけは,しなやかな毛で作った平ばけ又はすじかいばけで,使い慣らして毛

が抜けなくなったものを十分に清浄(

1

)

にし,その試料に適したものを用いる。はけの穂の材質,長さ,幅

厚さ,及び試験板の面積,試料との関係を

附属書 表 に示す。

附属書 表 1  はけの穂の材質及び寸法及び試験板の面積,試料との関係

単位 mm

穂の寸法

試験板の面積

試料

穂の材質

長さ

厚さ

水系塗料

やぎ(山羊)の毛 約 40 約 45 約 15

0.1m

2

以上の試験板

水系以外の塗料 馬の毛

約 45 約 45 約 20

0.1m

2

未満の試験板 全種類

馬の毛

約 20 約 40 約 5

(

1

)

  はけは,使用後シンナーで洗っておく。

3.

塗り方  塗り方は,次のとおり行う。

a)

試験板の面積が 0.1m

2

以上の場合には,試験板の長辺を水平に,短辺が水平面に対して約 85 度の角度

を保つようにして立てかけておき,その表面に試料を

附属書 表 に定めるはけの穂に含ませ,始め

に長辺に平行に動かしてほぼ均等に塗り付け,次に短辺に平行に動かして均等に慣らし,最後に長辺

に平行に動かして慣らし JIS K 5400-1-5 に定める塗布量になるように均等に塗る。

このとき,はけは同じ速さで動かし,辺の一方から他の辺まで通して運び,行と行の重なりは約

10mm

にする。塗り終わった後,試験板は長辺を水平にして立てかけておく。

b)

試験板の面積が 0.1m

2

未満の場合は,試験板が水平になるように手で支えながら a)と同様に塗膜が均

等になるように塗る。塗り終わった後,塗面を上向きにして板を水平におく。ただし,液に浸して試

験をするための試験板は,浸すときの上端を下にして立てておく。

4.

塗るときの環境条件  温度 20±1℃,相対湿度 (65±5) %。


6

K 5600-1-5 : 1999

塗料分野の国際整合化調査研究委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

増  子      昇

千葉工業大学

(委員)

西  出  徹  雄

通商産業省基礎産業局

大  嶋  清  治

工業技術院標準部

鴨志田  直  史

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

本  橋  健  司

建設省建築研究所

坪  田      実

職業能力開発大学校

武  井      昇

職業能力開発大学校

鈴  木  雅  洋

東京都立産業技術研究所

吉  田  豊  彦

社団法人色材協会

高  橋  孝  治

社団法人日本塗装工業会

青  木      茂

サンコウ電子研究所

福  島      稔

社団法人日本鋼橋塗装専門会

近  藤  照  夫

清水建設株式会社

(主査)

岩  井      弘

財団法人日本検査協会

堀  江  建  治

関西ペイント株式会社

山  田  俊  幸

神東塗料株式会社

中  東  昭  憲

神東塗料株式会社

住  田  光  正

大日本塗料株式会社

上  寺  孝  明

中国塗料株式会社

松  井  繁  武

株式会社トウペ

更  谷      浩

日本特殊塗料株式会社

曽  我  元  昭

日本ペイント株式会社

大  澤      晃

日本油脂株式会社

高  橋      真

ロックペイント株式会社

長  尾      進

専門技術者

鈴  木  幹  夫

専門技術者

松  平  忠  志

松平技術士事務所

伊  藤  義  人

専門技術者

小  島      務

財団法人日本検査協会

常  田  和  義

大日本塗料株式会社

筒  井  晃  一

日本ペイント株式会社

(事務局)

内  田  幹  雄

社団法人日本塗料工業会

山  崎  不二雄

社団法人日本塗料工業会

文責  松尾  克彦