>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS K 4830 : 1999 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 K

4830

:2007

硝安油剤爆薬のフレキシブル

中型容器性能試験方法

追補 1)

Performance testing methods for flexible intermediate bulk containers of

ammonium nitrate fuel oil explosives

(Amendment 1)

JIS K 4830 : 1999

を,次のように改正する。

序文の 1997 年を,2005 年に置き換え,第 10 改訂版を,第 14 改訂版に置き換える。

2.

(用語の定義)の )  の“

最大許容質量 (Maximum permissible mass)  フレキシブル中型容器で運搬するこ

と が で き る 最 大 の 質 量 で , フ レ キ シ ブ ル 中 型 容 器 に 表 示 さ れ て い る 質 量 。” を ,“

最 大許容総質 量

(Maximum permissible gross mass)  本体の質量,附属設備などの質量及び最大許容充てん質量の合計質量。

に置き換える。また,本体の 5.3(性能試験方法)の

表 2(頂部つり上げ試験方法),表 3(裂け伝ぱ試験方

法)

表 4(積重ね試験方法),表 5(落下試験方法),表 6(引落し試験方法)及び表 7(引起し試験方法)

の“

最大許容質量”を,“最大許容総質量”に置き換える。

5.3

(性能試験方法)の

表 4(積重ね試験方法)の項目 2.の

2. 

試料の準備 

試料に,容量の 95 %以上の体積で,最大許容質量に相当する荷重を均一にかかるように

5.1 b)

に示す収納する物質を充てんする。

を,

2. 

試料の準備 

試料に,最大許容総質量まで 5.1 b)  に示す収納する物質を充てんする。ただし,試験に

用いられる製品の比重によってそれができない場合は,その最大許容総質量を均一にか
けて試験できるように試料に荷重を追加しなければならない。

に置き換える。

5.3

(性能試験方法)の

表 4(積重ね試験方法)の項目 3. (1)  のなお書き

3.

試験手順 

なお,合計最大許容質量には,容器の質量を加える。

を,削除する。


2

K 4830

:2007

5.3

(性能試験方法)の

表 5(落下試験方法)の項目 2.の

2. 

試料の準備 

試料に,容量の 95 %以上の体積で,最大許容質量に相当する荷重を均一にかかるように

5.1 b)

に示す収納する物質を充てんする。

を,

2. 

試料の準備 

最大許容総質量に相当する荷重を均一にかかるように 5.1 b)  に示す収納する物質を充

てんする。

に置き換える。

5.4

(性能試験の判定基準)の

表 8(性能試験の判定基準)の項目 a)  の

a)

頂部つり上げ試験 

試料の本体又はそのつり具に,安全な運搬などの取扱いを阻害するおそれのある損傷が
ないこと。

を,

a)

頂部つり上げ試験 

試料の本体又はそのつり具に,安全な運搬などの取扱いを阻害するおそれのある損傷が

なく,かつ,内容物が漏れてはならない。

に置き換える。


3

K 4830

:2007

白      紙