>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 K

3610

-1992

生体工学用語(生体化学部門)

Technical terms for biological engineering (biochemistry)

1.

適用範囲  この規格は,生体工学分野で用いる用語のうち,生体化学部門で用いる主な用語について

規定する。

2.

分類  用語は,次のとおり分類する。

(1)

細胞工学

(1.1)

基礎・共通事項

(1.2)

遺伝情報

(1.3)

動物細胞

(1.4)

植物細胞

(1.5)

微生物

(1.6)

操作,手法及び技術

(2)

たん白質工学

(2.1)

基礎事項

(2.2)

たん白質の合成,修飾及び分解

(2.3)

たん白質の構造,状態及び物性

(2.4)

たん白質及びその集合体の機能

(2.5)

実験技術及び実験装置など(たん白質工学)

(3)

生体反応工学

(3.1)

基礎・共通事項

(3.2)

微生物工学

(3.3)

酵素工学

(3.4)

培養工学

(3.5)

バイオリアクター

(3.6)

環境保全

(3.7)

操作,手法及び技術


2

K 3610-1992

3.

用語及び定義  用語及び定義は,次のとおりとする。

なお,参考のために対応英語を示す。

(1)

細胞工学

(1.1)

基礎・共通事項

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1101 

アイソシゾマー

異なる菌株から単離され,認識塩基配列が互いに同じ制限酵素。

備考  イン制限酵素ともいう。

isoschizomer

1102 

悪性転換

細胞が本来の組織内の制御を離れて無限増殖をし,動物にしゅよ

う(腫瘍)形成性を示すようになる遺伝子と細胞質の変化。

malignant transformation

1103 

アロ抗原, 

同種(異系)抗原

同種間の個体の間で遺伝的に異なる多型性抗原。 alloantigen

1104 

異質 倍体(倍体)

異種ゲノムが組み合わさって生じた倍数体。 allotriploid

(allotetraploid)

1105 

遺伝形質

遺伝子によって規定されている生物各個体に固有の性質。 genetic

character

1106 

遺伝子 DNA(一部のウィルスでは RNA)分子内の塩基配列で規定され,

生物の形質を決定している遺伝の基本単位。

gene

1107 

遺伝子地図

染色体にある遺伝子の種類,配列順序及び相対的位置関係を示し

た地図。

genetic map

1108 

遺伝子治療

人体に遺伝子を導入して行う治療法。 gene

therapy

1109 

遺伝的不活化(精子の) 精子の染色体だけを破壊し,遺伝情報の伝達を不能にさせる操

作。

genetical inactivation of

sperm

1110 

遺伝子病 DNA の塩基配列の変化による遺伝子の欠陥又は異常に起因する

遺伝性疾患。

genetic disease,

genopathy

1111 

温度感受性突然変異

ある温度範囲でだけ野生型と異なる表現型を示す突然変異。 temperature

sensitive

mutation

1112 

温度感受性突然変異体

一定温度(許容温度)以下ではほぼ正常な形質を示すが,それ以

上では変異形質を発現する突然変異体。

temperature sensitive mutant

1113 

核小体

真核細胞の核内にあり,リボソーム RNA の合成とリボソームの

組立てを行う小器官。

nucleolus

1114 

完全ホモ 倍体

すべての遺伝子が同型接合体となった生物個体。 complete

homozygous

diploid

1115 

キメラ

二対以上の異なった両親に由来する,2 種類以上の異なった遺伝

子型の細胞から構成される個体。

chimera

1116 

共生

異なる種類の生物個体が位置的・生理的に密接な関係を保って生

活している現象。

symbiosis

1117 

極体

卵母細胞の成熟過程での不等分裂で生じる少量の細胞質を含む

娘細胞。

polar body

1118 

形態形成

生物の発生の過程で新しい形態的特徴が形成される現象。 morphogenesis

1119 

系統樹

生物の進化による種の相互の系統関係図。 genealogical tree,

evolutionary tree

1120 

ゴースト, 

細胞形がい(骸)

ファージ,細菌又は細胞に処理を施し,内容物を除去した外被膜

又は細胞膜。

ghost

1121 

サイトプラスト, 

細胞質体

生細胞から核を除去した細胞膜で包まれた細胞質体。 cytoplast

1122 

サイブリッド, 

細胞質雑種

無核の細胞質体(サイトプラスト)と性質の異なる細胞との融合

による細胞質雑種。

cybrid

1123 

細胞周期

細胞の分裂と成長の周期。 cell cycle

1124 

細胞内輸送

広義には細胞器官を含めて,細胞内で起こるあらゆる輸送現象。

狭義には(粗面)小胞体で合成された分泌たん白質が,ゴルジ体

を経由して細胞膜に輸送される過程。

intracellular transport


3

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1125 

雑種細胞

異なった種又は由来の細胞が融合し,核も融合して形成され,部

分的にでも両者の遺伝子が機能している細胞。

hybrid cell

1126 

サルベージ合成経路

生体物質を完全に分解しないで分解途中の物質を回収して再利

用する反応経路。

salvage synthetic pathway

1127 

真核細胞

核膜に包まれた核をもった細胞。 eukaryot

cell

1128 

浸透圧調節剤

細胞内浸透圧又は体液浸透圧を調節する薬剤。 osmoregulating

chemical

1129 

スフェロプラスト

細菌又は植物細胞の細胞壁を酵素処理によって部分的に取り除

いた球形の原形質体。

spheroplast

1130 

制限, 

宿主支配性

外来性の DNA が,宿主の酵素によって分解される現象。 restriction,

host controlled

1131 

性転換

個体の性が発生の途中で,遺伝的に決められた性とは逆の性に転

換する現象。

sex reversal

1132 

性判別

動物個体の発生初期段階,特に着床前期卵の,組織学的・分子生

物学的手法による雌雄の判別。

sexing

1133 

生物応答調節剤

免疫系などの生物機能を増強・調節する機能をもつ物質。 BRM(biological

response

modifiers)

1134 

世代時間

細胞レベルでは,細胞が分裂してから次に分裂するまでの時間。

個体レベルでは,個体の誕生から次の世代を生むまでの時間。

generation time

1135 

前核

受精直後の卵にみられる卵細胞の核(雌性前核)と,卵子に侵入

した精子が形成する核(雄性前核)

pronucleus

1136 

染色体異常

染色体の数,組合せ又は構造についての異常。 chromosomal

aberration

(abnormality)

1137 

選択マーカー

保有細胞を適切な条件下で特異的に選択できるような遺伝子。 selectable

markers

1138 

セントロメア

染色体の動原体系の結合部で,対をなす娘染色体が互いに付着し

ている部位。

centromere

1139 

全能性

一つの細胞が種々の組織器官に分化して,完全な個体を再生させ

ることができる潜在的な能力。

totipotency

1140 

走化性

細胞又は個体が化学物質のある方へ移動したり,化学物質から遠

ざかる性質。

chemotaxis

1141 

組織特異的発現

生物個体の特定の組織に限定された遺伝子発現。

tissue specific expression

1142 

体細胞変異

体細胞に生じた突然変異。 somatic

mutation

1143 TCA

回路

クエン酸を介して有機物の完全酸化を行う代謝回路。 TCA

cycle

1144 

脱分化

(1)

器官,組織などの機能分化・形態分化している細胞が分裂を

開始して,カルス化する現象及び分化組織の反復培養によっ

て分化のレベルが低下する現象。

(植物細胞のとき)

(2)

一度分化した細胞が特徴を失って未分化な状態に戻る過程。

(動物細胞のとき)

dedifferentiation

1145 

多分化能

適切な環境に応じて,あらゆる種類の細胞に分化する未分化細胞

のもつ潜在能力。

pluripotency

1146 

単為発生

卵が精子なしに物理的刺激などで新個体を発生する生殖法。 parthenogenesis

1147 

致死突然変異

生物個体が成長の途中で死ぬような突然変異。 lethal

mutation

1148 DNA

再構成

リンパ球の分化のために,複数のエキソンが組換えを起こし発現

型遺伝子をつくる再配列過程。

DNA rearrangement

1149 

テロメア

真核細胞での,染色体の複製や安定化に必要な特殊な構造をもつ

染色体の末端部分。

telomere

1150 

転写

遺伝情報の発現される過程で,ゲノム上の塩基配列が RNA の塩

基配列に写しとられる核酸合成反応。

transcription

1151 

転写調節

遺伝情報の発現過程において,転写段階に働く調節。 transcriptional

control

1152 

パイロジェン

体内に投与すると微量で発熱を引き起こす物質。 pyrogen

1153 

発現 DNA の塩基配列情報に基づく遺伝子の転写による機能発現。 expression


4

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1154 

発生時期特異的発現

生物個体の特定の発生時期に限定された遺伝子発現。

stage speciffc expression

1155 

微小核

ゲノムの一部だけを含む核。 micronucleus

1156 

ヒストン

核内 DNA と複合体を形成している塩基性たん白質。 histone

1157 

封入体

細胞内で増殖したウイルス粒子などの集合体,又はウイルスなど

の感染,先天性代謝異常若しくは外部からの人為的な遺伝子の導

入の結果によって細胞内に蓄積した反応生成物。

inclusion body

1158 

不和合性

2

種類のプラスミドが同一細胞に導入されたとき,細胞増殖の過

程で同一細胞内に安定に共存できない現象。

incompatibility

1159 

分化

受精卵が分裂を重ねてはい(胚)を形成し,発生が進行する過程

で等価の細胞から形態学的・機能的に特殊化した細胞になり,組

織・器官を形成する現象。

differentiation

1160 

ヘテロクロマチン

細胞分裂間期から次の分裂前期に持続する転写不活性な染色体

又は染色体部分。異質染色質。

heterochromatin

1161 

変異原物質

化学的メカニズムによって,生物に自然に起こる変異よりも高い

割合で変異を誘発する物質。突然変異誘発物質。

mutagen

1162 

ホメオスタシス, 

恒常性

生体内の組成・物理的状態を一定に維持する機能。 homeostasis

1163 

ポリソーム mRNA 上にリボソームが一定の間隔をもって結合した mRNA−

リボソーム複合体。

polysome

1164 

マイトジェン

細胞の分裂を誘起させる物質。 mitogen

1165 

ワクチン

感染症予防の目的で,ヒトや動物を能動免疫するための抗原。 vaccine

(1.2)

遺伝情報

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1201

Alu

(ありゅ)配列

ヒトゲノム中に散在し制限酵素 Alu I で切断される部位 (AGCT)

をもつ約 300bp の高頻度反復塩基配列。

Alu sequence

1202

アンチセンス DNA

mRNA

と相補的で遺伝子発現の抑制機能をもつ DNA。 antisense

DNA

1203

遺伝子座活性化部位

染色体上の特定遺伝子座を活性化するシス作用性の DNA の構

造。

locus activating region

dominant control region

1204

遺伝的相補(細胞レベ

ルでの)

異なった機能に遺伝的欠陥のある細胞間で細胞融合させると,雑

種細胞では機能が相補ってその欠陥が消失する現象。

genetic complementation at

cellular level

1205

SOS

遺伝子群

大腸菌の DNA 損傷の際に生存のために LexA たん白質によって

発現が制御されている 15 種類の遺伝子。

1206

エピソーム

宿主染色体と独立に増殖する状態及び宿主染色体に組み込まれ,

宿主染色体とともに複製が行われる状態をとり得る遺伝物質。プ

ラスミドと同概念。

episome

1207

オープンリーディング

フレーム

mRNA

上の開始コドンで始まり終結コドンで終わる部分で,たん

白質のアミノ酸配列を決定する情報をもっている領域,又はたん

白質合成の情報をもっている DNA 上の領域。

open reading frame

1208

オペレーター

DNA

上にコードされた遺伝情報の発現を調節する遺伝子の一つ

で,負の制御因子であるレプレッサーの結合部位。

operator

1209

CAAT

(かーと)ボッ

クス

真核細胞での,転写を調節しているであろうと推定されている,

転写開始点から上流約 80∼100 塩基離れた領域に存在する CAAT

という共通の塩基配列。

CAAT box

1210

がん(癌)遺伝子

細胞のがん(癌)化に不可欠の遺伝子又は細胞のがん化を誘導す

る活性をもつ遺伝子。

oncogene

1211

偽遺伝子

塩基配列において,機能する遺伝子と極めて相同であるが,点変

異や小さな欠失,挿入などの変異を受けているために発現の認め

られない不活性の遺伝子。

pseudogene

1212

逆位

染色体の DNA の配列が部分的に逆になっている構造変異現象。

inversion


5

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1213

逆位反復配列

逆向きで相補的な反復塩基配列で,遺伝子内を動くことのできる

遺伝因子がもつ一般的特徴。

inverted repeat sequence

1214

キャップ形成

細胞表層のたん白質と脂質が抗体などで架橋して会合し,パッチ

を形成し,この会合体が細胞表面に移動して一極に集中する再分

布現象。

cap formation

1215

キャップ構造

ほとんどの真核細胞及びそのウイルス mRNA においてみられる

5'

末端構造。5'末端への 7-メチルグアノシンの付加及び 5'末端の

最大 2 塩基までのリボースの 2'OH のメチル化によって生じる構

造。

cap structure

1216

組換え修復

複製後に起きる DNA 間の組換えによる DNA 損傷回復機構。 recombination

repair

1217

欠失

突然変異の一つで染色体又は DNA の一部が欠け失なわれる現

象。

deletion

1218

校正機構

DNA

の複製時に誤って取り込まれた塩基を,DNA ポリメラーゼ

の 5'→3'エキソヌクレアーゼ活性によって取り除いたり,リボゾ

ーム上で翻訳時に結合するアミノ酸の誤りを修正したりする機

能。

proof reading function

1219

サイトエフェクト, 

位置効果

染色体上の位置によって遺伝子の発現が阻害されたり,その発現

特異性が変化する現象。

site effect,

position effect

1220

再配列

リンパ細胞の分化に伴う抗体の多様性発現の機構で,免疫グロブ

リン遺伝子の組換えが起こる現象。

rearrangement

1221

サテライト DNA

真核細胞の DNA を塩化セシウム中で平衡密度こう(勾)配遠心

を行うと,主要な核 DNA バンドと分かれて小さなバンドを形成

する DNA。

satellite DNA

1222

サテライト RNA

RNA

ウイルス粒子中に存在する RNA 断片。 satellite

RNA

1223

サプレッサー

抑制,抑圧などの負の調節を受け持つ生理活性物質。 suppressor

1224

サプレッサー遺伝子

他の遺伝子に起きた突然変異を抑制(サプレス)する遺伝子。 suppressor

gene

1225

シス作用性 DNA 因子

ある遺伝子と同一 DNA 分子上に位置して作用する遺伝子発現制

御因子。

cis acting DNA element

1226

修復過程

高電圧パルスの印加によって一時的膜破壊を起こした細胞膜が

最配列し,修復する過程。

resealing process

1227

人工染色体

複製開始領域 (ARS),セントロメア及びテロメアを配して構築さ

れた酵母染色体。

artificial chromosme

1228

相同組換え

同じような塩基配列をもった二組の DNA 間の交さ(叉)や遺伝

子組換え。

homologous recombination

1229

挿入

DNA

の塩基配列上の一点を切断し,他の DNA 断片を割り込ませ

た後に再び結合して新たな配列の DNA を生成させる遺伝子操

作。

insertion

1230

挿入配列

染色体,プラスミド又はファージ DNA 上を移動する最も小さく

簡単な構造をもつ塩基配列。

(移動性 DNA)

insertion sequence,

insertion element

1231

相補性

二つの突然変異が同じ細胞内にあるとき,各突然変異の作用以上

に機能の促進又は形質の発現がみられる現象。

complementation

1232

ターゲティング 

染色体上の遺伝子と外来 DNA との間で相同的遺伝子組換えによ

って目的の遺伝子だけを任意に改変する方法。

targeting

1233

タンデム

同一 DNA 分子中に含まれる縦列反復配列。 tandem

1234

電気ブロッティング

電気泳動によって分画した DNA,たん白質などをゲルから膜構

造に電気的に転移する方法。

electro-blotting

1235

同時形質転換

二つ以上の遺伝子(形質)による同時的形質転換。 co-transformation

1236

同時トランスフェクシ

ョン

二つ以上の遺伝子(形質)による同時的形質導入。 co-transfection

1237

導入遺伝子

染色体の一部に組み込まれた外来遺伝子。 transgene


6

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1238

トランスポゾン変異

トランスポゾンを導入して誘発した遺伝子変異。 transposon

mutagenesis

1239

ナンセンス変異

塩基が置換して,あるアミノ酸の遺伝子暗号(コドン)が終止コ

ドンに変化した突然変異。

nonsense mutation

1240

ハウスキーピング遺伝

エネルギー代謝,複製など細胞の生存に必要な基本的なたん白質

をコードしている遺伝子。

housekeeping gene

1241

パリンドローム

2

重鎖構造の核酸において,相補鎖をそれぞれ同じ方向 (5'→3')

から見ると同一の塩基配列をもつ部位。

(自己相補的配列)

palindrome

1242

P

因子

ショウジョウバエのバクテリア型トランスポゾンで任意の遺伝

子を個体に導入できる転移因子。

P element

1243

複製開始点

染色体やプラスミドのようなレプリコン上にあって複製開始反

応が起こる特定の DNA 領域。

replication origin

1244

不死化遺伝子

動物細胞に,個体外で無限に増殖し続ける能力を付与する遺伝

子。

immortalizing gene

1245

プリブノーボックス

原核生物のプロモーター部位の上流 10 塩基対程に存在し,RNA

ポリメラーゼの結合する共通の塩基配列。

Pribnow box

1246

ホメオティック遺伝子

体節の特性化を規定する遺伝子。 homeotic

gene

1247

ホメオボックス

各種の生物の形態形成をつかさどる遺伝子に共通な塩基配列。

(ホメオティック遺伝子)

homeobox

1248

マーカー遺伝子

遺伝学的解析に役立つ表現型のはっきりした遺伝子。 marker

gene

1249

ミューテーター

他の遺伝子の自然突然変異率を増加させる作用をする遺伝子。突

然変異誘発遺伝子。

mutator

1250

メチル化(DNA の)

DNA

の塩基の特定部位がメチル化される酵素反応。

(DNA 塩基

の修飾)

methylation

1251

メッセンジャーRNA

たん白質に翻訳されるべき情報を担う RNA。 messenger

RNA

1252

免疫応答遺伝子

免疫応答において,遺伝的拘束性を発揮する遺伝子。

immune response gene

1253

薬剤耐性遺伝子

野生株の細胞が生育できない薬剤濃度において抵抗性を示す株

の耐性に関する遺伝情報をもつ遺伝子。

drug resistance gene

1254

レプレッサー

オペレーター遺伝子と特異的に結合して,それに続く遺伝子の発

現を抑制するたん白質。

repressor

1255

レプリコン

物理的に独立して増殖することができ,複製起点と複製開始たん

白質遺伝子をもつ最小の複製単位。

replicon

(1.3)

動物細胞

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1301

アクセサリー細胞, 

補助細胞

T

細胞が抗原刺激されるとき T 細胞機能に補助的に作用する単核

系,マクロファージ由来の細胞。

accessory cell

1302

RB

遺伝子

遺伝性のしゅよう(腫瘍)である網膜芽細胞しゅ(腫)の発症を

抑制する遺伝子。

RB gene,

retinoblastoma gene

1303

栄養外はい(胚)葉

ほ(哺)乳類はい(胚)盤胞期卵の単層細胞からなる壁。着床時

に子宮壁に侵入し,胎盤の一部に分化する細胞群。

trophectoderm

1304

L

細胞(株細胞)

マウス繊維芽細胞のメチルコラントレンによる発がん(癌)で生

じた,密度依存増殖抑制を欠く培養細胞株。

L cells,

strain L

1305

エールリッヒ腹水がん

(癌)

マウスの移植性乳がん(癌)細胞に由来し,腹水中で遊離細胞を

形成する細胞株。

Ehrlich’s ascites carcinoma

1306

エンドクリン, 

内分泌

内分泌せん(腺)から分泌された物質が血液を介して遠隔にある

標的細胞の受容体と結合し,その細胞固有の生理作用を促進又は

抑制する分泌形態。

endocrine

1307

自己分泌, 

オートクリン

産生細胞自身に作用する分泌機構。 autocrine


7

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1308

割球

受精卵の細胞分裂によって生じた発生初期にみられる形態的に

未分化な細胞。

blastomere

1309

過排卵

ほ(哺)乳類の雌に投与した薬剤又はホルモンの作用によって,

正常より多くの卵の成熟又は排卵を誘発する現象。

superovulation

1310

がん(癌)抑制遺伝子

がん(癌)細胞のがん形質[造しゅよう(腫瘍)性,軟寒天内増

殖能など]の発現を抑制する遺伝子。

tumor suppressor gene

1311

ガングリオシド

シアル酸を含むスフィンゴ糖脂質。 ganglioside

1312

完全ホモ動物, 

完全(遺伝的)同型動

すべての遺伝子についてホモ(同型)の個体。 uniparental

homozygote

1313

がん(癌)特異抗原,

しゅよう(腫瘍)特異

性抗原

細胞の悪性化に伴って発現する抗原。

tumor specific antigen

1314

偽足

異物などの摂取又は移動を目的として形成する原形質突起。 pseudopodia

1315

偽妊娠

妊娠が成立しない場合でも,排卵後形成された黄体が機能するこ

とによって又は黄体ホルモンによって妊娠と同様に維持されて

いる状態。

pseudopregnancy

1316

キメラはい(胚)

2

個以上の受精卵に基づく卵割球からなるはい(胚)

。 chimeric

embryo

1317

クローン動物

同一個体の核をもつ動物集団で全く同一の遺伝子組織をもつ動

物。

clone animal

1318

桑実はい(胚)

多細胞動物の卵割期に,全割した割球が集塊状になっている時期

のはい(胚)

morula

1319

形質細胞

最も分化の進んだ抗体産生性の B リンパ球。 plasma

cell

1320

好塩基球

トルイジンブルーなどの塩基性色素によって,異染性(メタクロ

メジア)に染色される特殊か(顆)粒[好塩基性か(顆)粒]を

もつ骨髄由来のか(顆)粒白血球。

basophil,

basophilic leucocyte

1321

抗原提示細胞

自己の MHC 抗原とともに,抗原を認識する機能をもった細胞。 antigen

presenting

cells

1322

好酸球

エオジン酸性色素で染色され,かつ,好酸性か(顆)粒[塩基性

たん白質を主成分とする特殊か(顆)粒]をもつ骨髄由来のか(顆)

粒白血球。

eosinophil,

acidophilic leucocyte

1323

抗体依存性細胞傷害

抗体受容基をもった細胞が,その受容基に結合した特異抗体を介

して標的細胞を傷害する反応。

antibody dependent cell

cytotoxicity

1324

好中球

ギムザ染色で淡紅又は淡青色に染まる好中性か(顆)粒をもち,

多形核の特徴的な核形態を示す骨髄由来のか(顆)粒白血球。

neutrophil,

neutrophil leucocyte

1325

コンカテマー

ファージなどのような単位 DNA が複数個,端と端で連結して 1

列に並んだ連鎖状集合体。

concatemer

1326

サイトカイン

細胞によって産生され,細胞の機能発現や細胞間相互作用に関与

するたん白性可溶性因子。

cytokine

1327

サプレッサー細胞

免疫反応に対し抑制的に作用する T 細胞亜群(サブセット)

。 suppressor

T

cells

1328

受精能獲得(精子の)

卵透明帯の通過能及び配偶子融合能の獲得に必す(須)なステッ

プである,精子の先体領域の膜の変化。

sperm capacitation

1329

上皮細胞

器官の表面をおおう組織を形成する細胞。せん(腺)上皮細胞,

外はい(胚)葉性上皮細胞,繊毛上皮細胞。

epithelial cells

1330

神経芽細胞

神経細胞に分化することが予定された未分化細胞。

(芽細胞) neuroblast

1331

精子

核をもつ頭部と運動をつかさどる尾部とに特殊分化した雄の生

殖細胞。

spermatozoon

=sperm

1332

成虫原基

昆虫の幼虫の体内に存在し,将来成虫に発育したときに複眼,触

角,はね(翅)

,あし(肢)

,生殖器,下唇,平衡かん(桿)など

に分化する未分化の細胞集団。

imaginal disc (disk)

1333

全雌魚種苗

種苗すべてを雌化した魚。

all female fish seed


8

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1334

全雌不妊 倍体

3

倍の染色体数をもつ不妊性の雌として発生した生物。

all female sterile-triploid

1335

CHO

細胞(チャイニー

ズハムスター卵巣細

胞)

チャイニーズハムスター卵巣細胞由来する 2 倍性染色体,プロリ

ン要求性の培養細胞株。

CHO cell line,

Chinese hamster ovary cells

1336

T

細胞

抗体産生の調節と,標的細胞の破壊を行う胸せん(腺)由来のリ

ンパ球。

T cell

1337

透明帯

ほ(哺)乳類受精卵の着床前期に最外層を形成する透明な卵膜。 zona

pellucida

1338

内部細胞塊

はい(胚)盤胞の 1 層の細胞からなる壁の 1 か所から内空に向か

って突出した未分化細胞の塊。

inner cell mass

1339

ナチュラルキラー細胞

未感作の状態で種々の標的細胞に対して細胞障害性をもつエフ

ェクター細胞。

natural killer cell (NK cell),

spontaneous killer cell

1340

ヌードマウス

遺伝的に胸せん(腺)と T リンパ球機能を欠失した無毛のマウス。

 nude

mouse

1341

はい(胚)幹細胞株

未分化細胞株である内部細胞塊を分離して,未分化状態を保った

まま,培養液中で増殖し続けるように樹立された細胞株。

ES cell line,

embryonic stem cell line

1342

はい(胚)盤胞

ほ(哺)乳類の初期発生で卵割が終わり,1 層の細胞からなる栄

養外はい(胚)葉と内部細胞塊とからなる胞状のはい(胚)

blastocyst

1343

パラクリン, 

パラ分泌

産生された局所で隣接する細胞に直接作用するホルモンの分泌

形態。

paracrine

1344

半数体症候群

染色体が半数しかないため起こる特殊な症候群。 haploid

syndrome

1345

B

細胞

抗原と特異的に結合する抗体を産生する骨髄由来のリンパ球。 B

cell

1346

肥満細胞

染色上異染性(メタクロメジア)を示す好塩基性か(顆)粒をも

つ結合組織内の単核細胞。

mast cell

1347

HeLa

(ひーら)細胞

Gey

らによって樹立されたヒト子宮けい(頸)部がん(癌)由来

培養細胞株。

HeLa cell

1348

ファゴサイトーシス

細胞がエンドサイトーシスによって 1

µm 以上の粒子を細胞内に

取り入れる活動。

(食作用)

phagocytosis

1349

ヘルパー細胞

B

細胞に補助的に作用して免疫反応を誘導又は促進する T 細胞亜

群(サブセット)の機能上での名称。

helper T cell

1350

胞はい(胚)腔

多細胞動物の発生初期に生じる胞はい(胚)の細胞に囲まれた空

所。

blastocoel (cavity)

1351

マクロファージ, 

大食細胞

単核食細胞系細胞の総称で,狭義には血液中の単球が組織に出て

分化・成熟した細胞。

macrophage

1352

免疫細胞

種々の免疫反応に直接又は間接に関与する間葉系細胞群。 immunocyte

1353

モーリス肝がん(癌)

Morris

らによって,ラットに実験的に形成された移植継代可能で

形態・代謝が肝実質細胞に類似した肝がん(癌)

Morris hepatoma

1354

雌性発生 倍体

卵子由来の染色体だけから作出された 2 倍体の個体。 gynogenetic

diploid

1355

雄性発生 倍体

精子由来の染色体だけから作出された 2 倍体の個体。 androgenetic

diploid

1356

誘発泌乳

ホルモン投与などによって,未成熟雌又は成熟雌の人工的な乳分

泌の誘発。

induced lactation

1357

卵丘細胞

排卵後の未受精卵を包む,か(顆)粒膜細胞の増殖肥厚した細胞。

 cumulus

cell

1358

卵巣

卵子の産生と内分泌をつかさどる雌の性せん(腺)

。 ovary

1359

卵子

雄雌配偶子間に明りょう(瞭)な形態的分化がみられる生物の雌

性配偶子。

ovum

1360

卵母細胞

多細胞生物の卵形成過程に生じる,減数分裂前の成長期にある雌

性生殖細胞。

oocyte

1361

リンパ球

主としてリンパ節,ひ(脾)臓,胃腸のリンパろ(濾)胞,へん

(扁)桃,その他のリンパ組織で作られ,免疫機能をつかさどる

白血球の 1 種。

lymphocyte

1362

リンパ球混合反応(培

養)

遺伝的に異なる個体のリンパ球を混合培養するとリンパ球が幼

若化し DNA 合成が促進される反応。

mixed lymphocyte reaction

(culture)


9

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1363

リンパ芽球

リンパ球系幼若細胞で,未熟なリンパ球。 lymphoblast

1364

リンパしゅ(腫)

リンパ球又はマクロファージ由来のリンパ組織の悪性しゅよう

(腫瘍)

lymphoma

1365

ロイコトリエン

エイコサポリエン酸のうち C-5 に酸素をもち,3 個の共役 2 重結

合をもつという構造的特徴をもった 1 群の生理活性物質。

leukotoriene

(1.4)

植物細胞

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1401

一者培養, 

アゼニック培養

目的とする 1 生物種だけの純粋培養。 axenic

culture

1402

アブシジン酸

植物の生長抑制作用,休眠促進作用などを示す植物ホルモン。

(分子式 C

15

H

28

O

4

の化合物)

abscisic acid

1403

アラビドプシス

アブラナ科に属するゲノムサイズの小さい越年性植物。シロイヌ

ナズナ。

Arabidopsis

1404

誘導因子, 

エリシター

病原菌に感染した植物組織が特異的に合成する抗菌性化合物で

あるファイトアレキシンの合成を誘導する物質。

elicitor

1405

カリオプラスト

生細胞から分離された薄い細胞質層と細胞膜とで包まれた核。核

体。

karyoplast

1406

カリクローン

植物組織から誘導させたカルスによって再生させた植物体。 calliclone

1407

クローン植物

植物体の組織又は体細胞を培養し,増殖させて再生した植物。 clone

plant

1408

茎葉再分化

植物の培養細胞を適切な条件下で培養することによって茎葉器

官の再分化を行うこと。

bud redifferentiation

1409

根粒, 

[根がん(癌)]

マメ科植物と根粒菌との共生によって根に形成されるコブ状の

組織。

root nodule

1410

ジベレリン

ent-

ジベレランを基本骨格としてもち,植物の茎や葉しょう(鞘)

の伸長促進作用などを示す植物ホルモン。

gibberellin

1411

植物ウイルス病

植物を宿主とするウイルスの感染によって引き起こされる植物

の病気。

plant viral disease

1412

柱頭・花柱培養

発達途中の花らい(蕾)の中から幼い雌しべの全部又は一部を切

り出して,試験管内  (in vitro)  で培養し,柱頭様・花柱様器官を

発生・増殖させる方法,及びそれら新生器官を成・成熟させる方

法。

stigma and style culture

1413

ノパリン

非たん白態アミノ酸で,アグロバクテリウム属菌が植物に感染す

ることによって誘起されるしゅよう(腫瘍)細胞で特異的に合成

されるオパイン。

nopaline

1414

鉢上げ

人工条件下で培養した幼植物体を,土壌又はこれに替わる培養土

に移植し,活着させること。

naturalization

1415

不定はい(胚)

受精卵以外の細胞を起源とし,受精卵からのはい(胚)発生と極

めて類似した形態発生をたどる構造。

somatic embryo

1416

マンノピン

非たん白態アミノ酸で,アグロバクテリウム属菌が植物に感染す

ることによって誘起されるしゅよう(腫瘍)細胞で特異的に合成

されるオパイン。

mannopine

1417

雄性不ねん(稔)

雄性配偶子(花粉)の形成が不完全なため種子形成の不能による

ねん(稔)性の喪失。

male sterility

(1.5)

微生物

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1501

アオコ

富栄養化した湖沼に発生する浮遊性の微小な藻類。 microcystis

1502

アグロバクテリウムツ

メファシエンス

グラム陰性細菌アグロバクテリウムの 1 種類で,Ti プラスミドを

保持し,植物にがん(癌)状のしゅよう(腫瘍)

,冠えい(クラ

ウンゴール)を引き起こす植物病原細菌。

Agrobacterium tumefaciens


10

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1503

アグロバクテリウムリ

ゾゲネス

グラム陰性細菌アグロバクテリウムの 1 種類で,Ri プラスミドを

保持し,植物の毛根病を引き起こす病原細菌。

Agrobacterium rhizogenes

1504

アデノウイルス

ほ乳類を宿主とするマストアデノウイルス属,鳥類を宿主とする

アビアデノウイルス属の 2 属になる動物 DNA ウイルスの 1 科。

adenovirus

1505

インフルエンザウイル

イ ン フ ル エ ン ザ の 病 原 体 で あ る , オ ル ソ ミ ク ソ ウ イ ル ス 科

(orthomyxo viridae)

に属する RNA ウイルス。

influenza virus

1506

ウシ乳頭しゅ(腫)ウ

イルス

ウシの皮膚又は粘液に乳頭しゅ(腫)を作る,パポバウイルス科

の小形の 2 本鎖 DNA ウイルス。

bovine papilloma virus

(BPV)

1507

オートグラファカリフ

ォルニアニュークレア

昆虫の細胞核内に多角体を形成し,膜たん白質の発現に使うバキ

ュロウイルスの 1 種類。

autographa California

nuclear

1508

核多角体病ウイルス

(カイコの)

カイコに感染し,核内で増殖して多角体(多数のウイルス粒子か

らなるたん白様結晶構造)を形成する,バキュロウイルス属の 2

本鎖 DNA ウイルス。

nuclear polyhedrosis virus

silkworm (BmNPV)

1509

枯草菌

グラム陽性,胞子形成性,かつ形質転換可能のバチルス属細菌。

Bacillus subtilis

1510

カリフラワーモザイク

ウイルス

カリフラワーなどアブラナ科を主な宿主とする植物病原性ウイ

ルスで,遺伝子情報物質として 1 部 1 本鎖のギャップ構造をもつ

環状 2 本鎖 DNA ウイルス。

califlower mosaic virus

1511

がん(癌)ウイルス

動物細胞に感染ししゅよう(腫瘍)を発生させるウイルス。 tumor

virus

1512

きょう(莢)膜

多くの細菌類がもつ細胞膜の外側の粘性をもつ膜。 capsules

1513

原核細胞

クロモゾーム DNA が核膜によって包まれていない細胞。 prokaryotic

cell

1514

光合成細菌

光をエネルギー源として利用する細菌。狭義にはらん(藍)色細

菌やハロバクテリアを除く真正細菌,古細菌など。

photosynthetic bacteria

1515

紅色細菌

光合成細菌のうち,紫色や紅色の種を多く含む系統的に 1 群をな

す細菌。広義には,それらと系統的に 1 群をなす非光合成細菌を

含む細菌。

purple bacteria

1516

古細菌

生物界をリボソーム塩基配列の相同性で系統的に 3 群に大別した

ときに真核生物,真正細菌以外の 1 群をなす細菌。

archaebacteria

1517

コリシン E1

大腸菌由来のある種のプラスミドが生産する熱ショックたん白

質性の抗菌性物質。

colicin E1

1518

潜伏感染

ウイルスなどの病原菌の侵入,すなわち感染があっても,それが

細胞内組織などに潜伏して病原作用を示さないままで長く生存

している状態。

latent infection

1519

センダイウイルス

パラミクソウイルス科のパラインフルエンザウイルスの 1 種類で

1

本鎖 RNA を遺伝子にもつ直径 100∼200nm のウイルス。

(血球

凝集性ウイルス)

Sendai virus

1520

単純ヘルペスウイルス

ヘルペスウイルス科の代表的な 1 群の正 20 面体キャプシドをも

つ DNA ウイルス。1 型と 2 型の 2 亜群に分類される。

herpes simplex virus

1521

DNA

しゅよう(腫瘍)

ウイルス

動物に接種するとしゅよう(腫瘍)を誘発したり,培養細胞を形

質転換させる能力をもつ DNA ウイルス,しゅよう(腫瘍)ウイ

ルス。

DNA tumor virus

1522

ビィフィズスファクタ

ヒト腸管内に生息する通称,ビィフィズス菌の生育促進因子。 bifidus

factor

1523

ビリオン

細胞外にあるウイルス粒子。 virion

1524

プリオン

中枢神経系に感染を起こす疎水性のたん白質様物質で,非定型ウ

イルス群としてまとめられていた因子のうちでたん白質性の粒

子。

prion

1525

分解系プラスミド

物質分解(代謝)遺伝子(群)を保有するプラスミド。 degradative

plasmid

1526

放線菌, 

アクチノミセテス

菌糸状の形態をとり得る細菌。

Actinomycetes


11

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1527

ポリオーマウイルス

動物 DNA ウイルスのうちパポーバウイルス科に属する 1 群のウ

イルス。

Polyoma virus

1528

マイコプラズマ, 

(PPLO)

125

∼250nm の大きさで,細胞壁がなく,3 層からなる細胞膜で覆

われている完全合成培地で増殖できる最小の微生物。

mycoplasma

1529

λ

ファージ, 

ラムダファージ

大腸菌 K12 株から分離されたオタマジャクシ状の,DNA 分子量

3

千万の溶原性ファージ。

λ

 phage

1530

らん(藍)色細菌

酸素発生型光合成を行う細菌。狭義には,そのうちフィコビリン

系の光捕集色素をもつ細菌。

(真正細菌)

cyanobacteria

1531

緑色細菌

光合成細菌のうち,光捕集小器官としてクロロソームを含む細

菌。

(光合成細菌,真正細菌)

green bacteria

1532

レトロウイルス

RNA

ウイルスのうち,プラス(センス)1 本鎖 RNA をもち逆転

写酵素活性を示し,成熟ウイルス放出が細胞膜から出芽性に行わ

れる 1 群のウイルス。

retrovirus

1533

ワクシニアウイルス

とう(痘)そうに対する生ワクチンとして用いられるポックスウ

イルス科のウイルス。

vaccinia virus

(1.6)

操作,手法及び技術

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1601 

遺伝子直接導入

遺伝子をベクターなどによらず直接細胞内へ導入する技術。

direct gene transfer

1602 

遺伝子導入

細胞にその細胞以外の遺伝子 (DNA) を導入する技術。 gene

introduction,

gene transfer

1603 

遺伝手術

細胞毒を組織特異的に発現させて,細胞毒発現細胞だけを動物個

体から除去する方法。

genetic ablation,

toxigenics

1604 

イムノブロッティング

膜に試料を移し取り,抗原抗体反応によって目的物質の検出を行

う方法。

immunoblotting

1605 

エイムス試験

ヒスチジンの生合成系に欠損のあるサルモネラ菌変異株が,ヒス

チジン非要求性となる復帰突然変異を利用した高感度変異原性

試験法。

備考  がん(癌)原性物質の短期検索法。

Ames test

1606 S1

マッピング法 S1 ヌクレアーゼを用いて,遺伝子の特定機能部位の位置又は長さ

を決定する方法。

S1 mapping method

1607 

エチレン

分子式 C2H4 の揮発性の炭水化物で,植物の果実の熟成促進作用

などを示す植物ホルモン。

ethylene

1608 M

(えむ)13 改変ベク

ター

組換え DNA を 1 本鎖として回収するために M13 ファージを基に

して作製された運搬体 DNA(ベクター)

M13-based vector

1609 

エリトリエーターシス

テム

遠心機の連続ローターを改造し,溶媒の流れを遠心力との組合せ

によって細胞を大きさ・密度の違いで分離する方法。

elutoriator system

1610 

塩基アナログイムノス

テイン法

核酸塩基アナログに対する抗体を用いた免疫染色法。 base

analogue

immunostaining

1611 

核移植

ある細胞の核を他の細胞に移植する操作。

備考  特に発生・分化での核と細胞質の機能を調べる上で有

効な手段。

nuclear transfer,

nuclear transplantation

1612 

ギムザ染色

培養細胞,血液塗抹標本などに広く用いられている核を青紫に,

酸性物質を赤く染める染色方法。

Giemsa stain

1613 

ギムザバンディング

ギムザ染色の変法で 1 染色体上のしま(縞)を分染し識別するた

めに開発された染色法。

Giemsa banding

1614 CAT

(きやっと)アッ

セイ法

大腸菌のクロラムフェニコールアセチル基転移酵素 (CAT) の遺

伝子の上流に測定しようとする DNA 断片を接続したプラスミド

を作り,これを用いて挿入 DNA 断片のエンハサー活性を測定す

る方法。

CAT-assay


12

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1615 

クローニング[ほ(哺)

乳類動物はい(胚)の]

親と同じ遺伝形質をもつ子孫を,同一細胞から有性生殖によらず

増やす技術。

cloning (of mammalian

embryos)

1616 

ゲルシフト法 DNA にたん白質が結合すると電気泳動による移動速度が遅くな

ることを利用して,特異的なたん白質と DNA との結合を検出す

る方法。

gel-shift assay,

gel retardation assay

1617 

酵母ベクター

酵母に目的の遺伝子を導入し,増殖させるための運搬体 DNA。 yeast

vector

1618 

コス細胞 CV-1 細胞を複製起点欠損の SV40DNA でトランスフォームした

細胞株。

備考  温度感受性 T 抗原をもつ SV40 をベクターとした系に

用いられる。

COS cell

1619 

ゴースト注入法

赤血球ゴーストを用いて細胞に DNA や生理活性物質を微量注入

する方法。

ghost medicated

microinjection

1620 

骨髄移植

提供者 (Donor) の骨髄細胞を宿主 (Host) へ移植する技術。

bone marrow transplantation

1621 

コロニーハイブリダイ

ゼーション

固体平板培地にまいた単一細胞由来のコロニーから,目的の遺伝

子を増殖しているコロニーを検出する方法。

colony hybridization

1622 

細胞解離法

組織を構成する細胞間結合をほぐして,単一細胞に分離する処理

技術。

cell dissociation method

1623 

サザン解析

電気泳動とハイブリダイゼーションによる特定の塩基配列をも

つ DNA の検出法。

Southern analysis

1624 

シャロンファージ

λ

ファージ由来で,遺伝子中央に外来 DNA を組み込めるクローニ

ングベクターとして開発された一連のファージ。

Charon phage

1625 

除核

人工的に核を細胞から除去する操作。又は核の機能を選択的に不

活化する技術。

enucleation

1626 

ジーンターゲッティン

高等生物の細胞で,染色体上の遺伝子と外来性の相同遺伝子間の

遺伝的組換えによって,特定の位置に遺伝子を挿入する技術。

gene targeting

1627 

刷り込み

動物発生の早期に植え付けられる経験の習得。 imprinting

1628 

セルフクローニング DNA 供与体と分類学上同一の種に属する宿主,及び同一の種に

属する生物由来のベクターを用いて DNA 断片をクローニングす

る技術。

self cloning

1629 

線状ファージベクター

線状ファージの性質を利用したベクター。

filamentous phage vector

1630 

染色

生物の組織全体や特定部位を色素で着色する技術。 staining

1631 

染色体導入法

分裂中期の染色体を分離し他の細胞に導入する方法。 chromosome

transfer

1632 

染色体歩行

既に得られている,目的部位近傍の DNA 断片を出発材料として,

相補鎖間の結合を利用して順次隣接する DNA を長い距離にわた

ってクローニングを進める技術。

chromosome walking

1633 

第 卵割阻止

受精後の第 1 回目の卵割阻止。

first supression of cleavage

1634 

第 極体放出阻止

減数分列の最終段階の第 2 極体放出の阻止。

retention of 2nd polar body

1635 

チミジンキナーゼ手術

ヘルペス単純ウイルスのチミジンキナーゼを発現している増殖

中の細胞だけを,抗ウイルス性ヌクレオシド類似体投与期間中に

限って,動物個体から除去する方法。

thymidine kinase obliteration

1636 

着床

ふ(孵)化したはい(胚)盤胞が子宮壁に定着する過程。 implantation

1637 Ti

(ていーあい)プラ

スミド

土 壌 細 菌 で あ る 根 頭 が ん し ゅ ( 癌 腫 ) 病 菌   (Agrobacterium 

tumefaciens)

のもつ大形のプラスミドで,根頭がんしゅ(癌腫)

病菌が主として双子葉植物に感染したときに生じる植物しゅよ

う(腫瘍)

(クラウンゴール)の原因となるプラスミド。

Ti plasmid

1638 DNA

パッケージング

ウイルスやファージなどの DNA 分子を試験管内  (in vitro)  でた

ん白質の殻に詰め込んで粒子を形成させる操作。

DNA packaging

1639 

低コピー数プラスミド

増殖複製の型によって決まっている細胞染色体当たりのコピー

数が少ないプラスミド。

low copy number plasmid


13

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1640 

電気せんこう(穿孔)

細胞に数千 V/cm の高電圧をマイクロ秒オーダーのパルスで与え

ることによって DNA を導入する方法。

(遺伝子導入法)

electroporation

1641 

電気的細胞融合

細胞懸濁液に高周波及びパルス状高圧電界を印加することによ

って,細胞を融合させる技術。

electrical cell fusion

1642 

トランスフェクション

DNA

を直接細胞に取り込ませる技術。

(遺伝子導入法) transfection

1643 

トリペアレンタルメイ

ティング

伝達性がないプラスミドを伝達機能をもつヘルパープラスミド

を用いて受容菌に接合伝達する方法。

tri-parental mating

1644 

ニックトランスレーシ

ョン法

DNA

鎖に DNAse で切れ目(ニック)を作り,標識ヌクレオチド

でポリメラーゼによる修復を行って,試験管内  (in vitro)  で標識

する方法。

nick translation

1645 

はい(胚)移植(受精

卵移植)

初期発生はい(胚)を母体から取り出し,再び他の個体の子宮や

卵管に移植すること,又は体外で受精させたはい(胚)を子宮や

卵管に戻す操作。

embryo transfer

(transplantation)

1646 

はい(胚)移植

供与体雌の体外に取り出されたほ(哺)乳類の受精卵又は初期は

い(胚)を,受容体雌の生殖器内に移植する技術。

embryo transfer

1647 

ハイコピープラスミド

コピー数の多いプラスミド。 high-copy-number plasmid

1648 

ハイブリッド形成

(1)  2

種類の細胞を融合化させ,雑種クローンを得る技術。

(2)

分子内の塩基間の相補性に基づいて,DNA/DNA,DNA/RNA,

RNA/RNA

の 2 本鎖を再生する現象。

hybridization

1649 

ハイブリッド形成法 DNA-DNA 又は DNA-RNA ハイブリダイゼーションを行い,細胞

中又は組織中で,特定遺伝子又はその転写産物をオートラジオグ

ラフィー又は類似の方法によって検出する方法。

in situ hybridization

1650 

バキュロウイルスベク

ター

バキュロウイルスを基に無せきつい(脊椎)動物,特に昆虫の系

に用いることができるようにしたベクター。

baculovirus vector

1651 

バクテロイデスプラス

ミドベクター

バクテロイデス (Bacteroides) 属の嫌気性菌がもっているプラス

ミドから作ったシャトルベクター。

bacteroides plasmid vector

1652 

ハートウイッヒ効果

一方の配偶子に照射する線量を変化させたときにみられる生存

率の特殊な変化。

Hertwig effect

1653 

パールチェーン

細胞が接着し複数個つながった状態。 pearl chain

1654 

パンニング法

不溶性物質に抗体を結合し,これに対する結合性の違いによって

細胞を選別する方法。

panning method

1655 

ビオチン標識プローブ

組換え DNA 実験で,目的遺伝子をアビジン−ビオチンの結合力

で検出するために用いるビオチンで標識した DNA 断片。

biotin-labelled probe

1656 pBR322

2

種類の薬剤耐性遺伝子をもち,クロラムフェニコールによって

増幅可能となる非伝達性プラスミドベクター。

pBR322

1657 pUC

プラスミド

薬剤耐性遺伝子のほかにマルチクローニング部位と lacZ

α

遺伝子

(ラックジーン)をもつ一連のプラスミドベクター。

pUC plasmid

1658 

標識化技術

分子を構成する原子(群)を,特定の目印となる原子(群)で置

き換え又は付加することによって物理化学的にこの分子を検出

できるようにする技術。

labeling

1659 

微量注入法

(1)

微小ガラス管を用いて細胞に DNA や生理活性物質を微量注

入する方法。

(2)

細胞に微量注入を行う方法全般。

microinjection

1660 

ファスミドベクター

ファージ DNA とプラスミドとのハイブリッドでどちらの複製様

式でも増殖可能な運搬体 DNA(ベクター)

phasmid vector

1661 

フィンガープリント法

ろ(濾)紙電気泳動とろ(濾)紙クロマトグラフを組み合わせた

2

次元の分析法。

fingerprinting method

1662 

付着末端

ある種のファージの 2 本鎖 DNA の末端にある相補的な関係の 1

本鎖部分及びそれに類似した DNA の末端構造。

cohesive end,

sticky end,

staggered end


14

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1663 

プラスミドレスキュー

細胞 DNA に組み込まれた状態の大腸菌プラスミドを導入した細

胞から分離回収する技術。

plasmid rescue

1664 

プリッキング

微細ガラス針を用いた細胞(又は核)への微量注入法。 pricking

1665 

フルオログラフィー

蛍光体を共存させて,低温下で X 線フィルムを露出することによ

って,放射能標識物質の検出感度を上げる技術。

fluorograpby

1666 

ブルースクリプトベク

ター

プラスミドと 1 本鎖 DNA ファージの性質を併せもち,ガラクト

シダーゼ遺伝子の中に外来 DNA を組み込める多機能ベクター。

bluescript vector

1667 

プロトクローン

プロトプラストに由来する単細胞クローン。 protoclone

1668 

プロトプラスト融合法

プラスミドを含む大腸菌のプロトプラストを,細胞と融合させる

ことによって,プラスミドを細胞に融合する方法,又はプロトプ

ラスト化した二つ以上の細胞を融合化させる方法。

protoplast fusion

1669 

分染法

染色体の塩基対若しくは構造の違い又は染色分体の違いを識別

するための染色法。

differential staining

 technique

1670 

ポリエチレングリコー

細胞融合を促進する作用をもつエチレングリコールの重合体。

備考  化学構造 H(OCH

2

・CH

2

)

n

OH(n

≧4)  重合度によって分

子量 200∼9 000 の多種が調製されている。低分子の

ものは常温で粘性のある液体,高分子のものは白い固

体。水や有機溶媒に溶けて粘度の高い無色の溶液とな

る。

polyethylene glycol

1671 

マイクロプロパゲーシ

ョン

植物を栄養繁殖する組織培養法。 micropropagation

1672 

マキシセル

紫外線照射によって染色体 DNA だけが崩壊し,プラスミド DNA

だけが完全な形で残った大腸菌細胞。

maxi cell

1673 

マクサム−ギルバート

塩基特異的化学修飾によって核酸の塩基配列を決定する方法。 Maxam-Gilbert

method

1674 

膜の一時破壊

細胞膜の内側と外側の間に 0.3∼3V の電力が印加されると膜が一

時的に乱される,この膜の乱れた状態。

temporary menbrene

breakdown

1675 

マッピング

特定遺伝子の遺伝子地図上の位置を決定する手法。 mapping

1676 

ミニセル

細胞分裂変異によって染色体 DNA をもたなくなった小細胞。 mini

cell

1677 

免疫手術

抗体を用い,この抗体と反応する抗原を表層にもつ細胞だけを動

物固体から除去する方法。

immunosurgery

1678 

戻し交雑

交雑によって生じた雑種 (F

1

)

とその両親,又は両親と同じ遺伝

子型をもつ個体との交配。

backcross

1679 

ラジオイムノアッセイ

放射性同位元素で標識された抗原又は抗体を用いて生体の微量

成分を測定する方法。

radioimmunoassay

1680 

ラナウェイ  プラスミ

コピー数制御が温度感受性であるため,非許容温度域でのコピー

数が増大するようなプラスミド。

runaway plasmid

1681 

ラムダ gt11, 

λ

gt11

(らむだじーてぃ

−いれぶん)

λ

ファージ由来で大腸菌のガラクトシダーゼ遺伝子中に外来遺伝

子を組み込み,それを発現させることのできる

λ

gt

ファージ類の

クローニング用発現ベクター。

λ

gt11

1682 

ラムダ gt10, 

λ

gt10

(らむだじーてぃ

ーてん)

λ

ファージの C1 レプレッサー中に外来 DNA を組み込むことがで

きるクローニングベクターで,434 ファージ部分をもつ

λ

gt

ファー

ジ。

λ

gt10

1683 

ラムダ ZAP, 

λ

ZAP

(らむだずぃーえ

ーぴー)

λ

ファージ由来で,f1 ファージの複製開始及び停止領域を含み,

プラスミドベクターのサブクローニングが容易に行えるクロー

ニングベクター。

λ

ZAP

1684 

リーフディスク法

アグロバクテリウム  (Agrobacterium)  を用いて植物形質転換体を

得る場合の植物体へのアグロバクテリウム (Agrobacterium) の接

種法。

leaf desk method


15

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1685 

りん酸カルシウム法 DNA とりん酸カルシウムの共沈澱を用いて DNA を細胞に取り込

ませる方法(遺伝子導入法)

transfection using DNA- Ca

phosphate coprecipitation

1686 

レックアッセイ DNA 組換え修復欠損株 (rec-) と野生株の成育の差から,DNA に

損傷を誘発する化学物質を検出する方法。

rec-assey

(2)

たん白質工学

(2.1)

基礎事項

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2101 

アミノ酸組成

たん白質やペプチドに含まれるアミノ酸残基の組成比。

amino acid composition

2102 

アミノ酸置換

複数の相同たん白質の対応する部位でのアミノ酸残基が変異を

示す現象,又は異変をさせる技術。

amino acid substitution

2103 

アンチコドン tRNA 中に存在し,mRNA のコドンと相補的な 3 個の塩基の組。 anticodon

2104 

イソ酵素, 

アイソザイム

同一個体中にあり,特定の同一反応を触媒するが,化学的な構造

を異にする酵素群。

isozyme

2105 

イソタイプ, 

アイソタイプ

免疫グロブリンの各クラス又はサブクラスに固有の抗原構造。 isotype

2106 1

文字表記(アミノ酸

の)

天然の

α

−L−アミノ酸(残基)をアルファベットの 1 文字で表す

表記法。

single character code (of

amino acid)

2107 

イノシトールりん脂質

イノシトールりん酸とジグリセリドからなるりん脂質。 phosphatidyl

inositol

2108 

細胞器官, 

オルガネラ

真核細胞の内部にあって特定の機能をもつ小器官。 organelle

2109 

開始コドン

たん白質合成の開始を指定する mRNA 上のコドン。 initiation

codon

2110 

界面活性剤

界面に集合してその性質を変化させ消泡,可溶化,洗浄などを可

能にする物質。

detergent,

surfactant

2111 

架橋結合

鎖状分子の特定の原子間に形成される化学結合。 cross-linking

2112 

核膜

真核細胞の核と細胞質を隔てる 2 重構造膜。 nuclear

membrane,

nuclear envelope

2113 

活性酸素

通常の酸素分子よりも著しく反応性に富む酸素原子を含む化学

種。

active oxygen

2114 

きっ(拮)抗阻害剤

酵素の活性部位に基質と競合して結合し,酵素本来の触媒反応速

度を低下させる物質。

competitive inhibitor

2115 

起プロトン力

プロトン輸送を駆動する電気化学ポテンシャル。

proton motive force

2116 

凝集(たん白質の)

多数のたん白質分子が変性した状態で会合する現象。 aggregation

2117 

形質転換

(1)

菌体から単離した DNA が他の細胞に取り込まれ,細胞染色

体と組換えを起こす現象。

(2)

動物細胞へのがん遺伝子などの導入によって誘起される表

現形質の変化。

transformation

2118 

抗体工学

免疫原をデザインして抗体を作製する,又は抗体分子を改変して

より有用な機能を付与する工学。

antibody engineering

2119 

好熱性生物 55℃以上の高温環境下で成育する生物。 thermophile

2120 

コドン

たん白質のアミノ酸残基又は翻訳終了に対応する遺伝暗号とな

る 3 塩基連鎖。

codon

2121 

ゴースト

(1) DNA

又は RNA を除いた,たん白質部分からなる,バクテリ

オファージ又はウィルス。

(2)

溶血後の赤血球。

ghost

2122 

細胞外酵素

細胞外に分泌される酵素。 extracellular enzyme

2123 

細胞膜

細胞質と直接接触し,外界と細胞の内部とを隔てる生体膜。 cell

membrane

2124 

サルコメア, 

筋節

横紋筋の筋原繊維を形成する単位構造。 sarcomere

2125 

酸化還元酵素

生体物質の酸化還元反応を触媒する酵素。 oxidoreductase


16

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2126 3

文字表記(アミノ酸

の)

天然の

α

−L−アミノ酸(残基)をアルファベットの 3 文字で表す

表記法。

three letter code (of amino

acid)

2127 

終止コドン

たん白質合成の終結を指定する mRNA のコドン。 termination

codon

2128 

触媒反応

反応終了後に反応前と同じ状態で存在し得る物質(触媒)を,化

学量論量以下の極微量添加して反応速度を高度に加速して行う

化学反応。

catalysis

2129 

自己集合

構成要素が自律的に集合して,機能をもつ高次の構造体を形成す

る現象。

self assembly

2130 

自己組織化

無秩序な状態にある系が,外的条件の変化に応じて自発的に起こ

す秩序形成過程。

self organization

2131 

受容体, 

レセプター

刺激物質又は物理的な刺激を識別して,細胞の応答を誘起するた

ん白質。

receptor

2132 

生体工学

生体機能を解明し,それに基づいて生体機能を利用したり,生体

機能を超える機能をもつ模倣・代替系を構成する工学。

bioengineering

2133 

生物活性

化学物質が作用する生物体に誘起する物質又は量的変化。 biological

activity

2134 

生分解性高分子

自然環境の下で微生物や酵素の働きによって分解される。 biodegradable

polymer

2135 

セントラルドグマ DNA,

RNA,

たん白質の順に遺伝情報が伝えられるという基本概

念。

central dogma

2136 

耐熱酵素

熱に対して抵抗性をもつ酵素。狭義には好熱菌の酵素。 heat-stable

enzyme,

thermostable enzyme

2137 

中性プロテアーゼ

中性付近に最適 pH をもつプロテアーゼ。 neutral

protease

2138 

転移 RNA, 

tRNA

エステル結合によってアミノ酸をリボソームに輸送する RNA。 transfer

RNA

2139 

糖鎖

脂質やたん白質と結合し,種々の生理機能に関与する鎖状の糖。 sugar

chain

2140 

糖脂質

糖鎖を結合している脂質。 glycolipid

2141 

突然変異

分離 (segregation) や組換えによらない遺伝形質の変化。 mutation

2142 

トランスロケーション

細胞運動を担う運動性たん白質による物質の移動。 translocation

2143 

ヌクレオソーム

真核細胞の染色質(クロマチン)を構成する核たん白質構造体。 nucleosome

2144 

比活性

単位質量当たりの酵素活性。 specific activity

2145 

光呼吸

植物細胞が光照射時に行う呼吸作用。 photorespiration

2146 

バイオミメティックス

生体の機能を模倣・代替する系を作る工学。 biomimetics

2147 

不きっ(拮)抗阻害剤

酵素−基質複合体に結合して酵素−基質−阻害剤複合体を形成

し,本来の触媒反応速度を低下させる物質。

uncompetitive inhibitor

2148 

分子進化

多種多様な生物を構成する生体(高)分子の存在形態や様式の長

期間にわたる時間的変遷。

molecular evolution

2149 

プロテインキナーゼ,

たん白質りん酸化酵素

ATP

γ

−りん酸を,たん白質の水酸基に転移し,りん酸化たん

白質を生成する酵素。

protein kinase

2150 

補因子

酵素活性を増強する補助的な(天然の)因子。 cofactor

2151 

膨潤

高分子固体が液体を吸収して体積を増加する現象。 swelling

2152 

膜間電圧

電界によって細胞膜の内側と外側の間に誘起される電位差。 transmembrane

potential

2153 

膜輸送

生体膜を通して,本来脂質 2 重層を透過しにくい物質が運ばれる

現象。

membrane transport

2154 

膜流動性

生体膜の極性脂質が示す動的構造。 membrane

fluidity

2155 

野性型

野性(自然)集団中で最も高頻度で存在する特定の生物の型,系

統又は遺伝子。

wild type

2156 

誘導酵素

細胞に特定の誘導物質を加えるとその合成速度が増加する酵素。 inducible

enzyme

2157 

リガンド

(1)

金属錯体中の中心にある金属原子又はイオンに配位する原

子,分子若しくはイオン。

(2)

たん白質と特異的に結合する物質。

ligand


17

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2158 

リボソーム

極性脂質が 2 分子膜構造を形成している人工膜小胞。 liposome

2159 

ワクチン工学, 

エピトープ工学

抗原分子の構造を解析し,遺伝子工学的手法などを用いてワクチ

ンをデザインし生産する工学。

epitope engineering

(2.2)

たん白質の合成,修飾及び分解

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2201

RNA

ポリメラーゼ

DNA

を鋳型として RNA を合成する酵素。 RNA

polymerase

2202

アテニュエーター

オペロン内部の転写終結部位。 attenuator

2203

アニーリング

2

本鎖の DNA を解離させた後,再び元のように相補鎖を会合さ

せる徐冷再構成操作。

annealing

2204

アミノアシル tRNA 

成酵素

ATP

とアミノ酸からアミノアシルアデニル酸を生成し,更にこれ

を tRNA に転移結合する酵素。

aminoacyl tRNA synthetase

2205

亜りん酸アミダイト法

一方のヌクレオチドの亜りん酸アミダイト基にエステル型の保

護基を 1 個導入し,これを他方のヌクレオチドの糖水酸基と結合

する合成方法。

phosphoamidite method

2206

亜りん酸トリエステル

ヌクレオチド間結合を生成する方法の 1 種類で,一方のヌクレオ

チドの亜りん酸基にエステル型の保護基を 1 個導入し,これを他

方のヌクレオチドの糖水酸基と結合する方法。

phosphite triester method

2207

α

ファクター前駆体

酵母の性フェロモンペプチドの前駆体。

α

-factor precursor

2208

アンチセンス RNA

メッセンジャーRNA と相補的な塩基配列をもつ RNA。 antisense

RNA

2209

アンバーサプレッサー

変異

遺伝的変異によって生じた終始コドンの一つ,UAG をあるアミ

ノ酸として読み取り,たん白質の合成を回復する変異。

amber suppressor mutation

2210

遺伝子銀行

有用生物,その組換え体などの遺伝子を収集,保存又は品質管理

し,必要に応じて研究者へ配布する機関。

gene bank

2211

遺伝子重複

染色体上に遺伝子群又はある遺伝子が複数存在する現象。 gene

duplication

2212

遺伝子増幅

生物の生活環境又は細胞の環境変化などによって,ある特定の遺

伝子が増幅する現象。

gene amplification

2213

遺伝子導入ベクター

細胞内へ遺伝子を導入するベクター(プラスミドベクター,ウィ

ルスベクター)

gene-transferring vector,

vector forgene transfer

2214

HU

たん白質

微生物の核様体を構成する主要なたん白質。 HU

protein

2215

AP

エンドヌクレアー

DNA

の塩基が欠落したとき,その部位を識別して近傍の 1 本鎖

を切断する酵素。

AP-endonuclease

2216

エキソンシャフリング

遺伝子においてエキソン単位で組換えが起きる現象。 exon

shaffling

2217

SD

配列

Shine-Dalgarno 

列)

原核生物の mRNA の開始コドンの上流に共通して存在するプリ

ンに富む領域。

Shine-Dalgarno sequence

2218

Sp1

転写因子

GC

に富む塩基配列に結合して転写開始を促進するたん白質因

子。

Sp1 transcription factor

2219

M

(えむ)13 ファージ

ベクター

1

本鎖 DNA ファージの 1 種類,M13 ファージの DNA を用いるベ

クター。

M13 phage vector

2220

塩基置換

遺伝子を構成する核酸塩基の置換え。 base

substitution

2221

オーバーラップ遺伝

子, 

重複遺伝子

部分的に複数の読取枠をもつ遺伝子。 overlapping gene

2222

カセット変異導入法

変異 DNA を 2 本鎖とも合成して一組のベクターを作製し,遺伝

子 DNA の特定部位にこれらを組み込み,意図する複数の変異を

導入する方法。

cassette mutation

2223

可動因子

染色体上で他の部位へ移動できる DNA 単位(トランスポゾン)

。 movable

element

2224

逆転写酵素

RNA

を鋳型として DNA に転写する酵素。 reverse

transcriptase

2225

組込み型ベクター

宿主細胞の染色体に組み込まれた状態で保持されるベクター。 integration

vector


18

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2226

クレノウ酵素, 

Klenow

フラグメント

DNA

ポリメラーゼ 1 の限定分解で生じる DNA ポリメラーゼとエ

キソヌクレアーゼ活性をもつ断片。

Klenow fragment

2227

コスミドベクター

λ

−ファージの cos 領域近傍の DNA 配列をプラスミドに組み込

み,ファージとプラスミドの両者の性質をもたせたベクター。

cosmid vector

2228

コドン使用頻度

構造遺伝子における各コドンの出現頻度。 codon

usage

2229

コドンバイアス

構造遺伝子における各コドン出現比と各種転移 RNA の存在比と

の相違。

codon bias

2230

コンセンサス配列, 

共通配列

プロモーター領域に共通してみられる特徴的な塩基配列。 consensus

sequence

2231

シグナル塩基配列

分泌たん白質のシグナルペプチドに対応する塩基配列。 signal

sequence

2232

シグナルペプチド

分泌たん白質の細胞膜透過に必要な,アミノ酸残基 15-30 からな

り,N 端末に結合しているペプチド。

signal peptide

2233

シャトルベクター

2

種類以上の宿主内で増殖可能なベクター。 shuttle

vector

2234

ショットガンクローニ

ング

染色体 DNA をランダムに切断して得た多数の DNA 断片をベクタ

ーに連結し,宿主に導入して適合する DNA 断片をクローン化す

る技術。

shot gun cloning

2235

ジデオキシ法

DNA

ポリメラーゼ活性をもつ酵素とジデオキシヌクレオチドを

用いて塩基配列を解析する技術。

dideoxy chain termination

method

2236

セレノシステイン

硫黄原子がセレンに置換したシステイン。 selenocysteine

2237

センチモルガン

染色体地図における距離の単位。モルガンの

100

1

。 centi-morgan

2238

相補性

(1)  2

本鎖を構成する DNA において互いに塩基対を形成し得る

相互関係。

(2)

接触する複数の分子表面の部分的な形状が互いに凸凹状態

で適合する性質。

(3)

接触する複数の分子の表面電荷が,形状の相補性と同時に,

正負互いに対を成して分布する性質。

complementarity

2239

多コピー型ベクター

宿主細胞中で複製し,多数個存在できる型のベクター。 multicopy

vector

2240

DNA

結合たん白質

DNA

に親和性をもち特異的又は非特異的に結合するたん白質。 DNA

binding

protein

2241

DNA

多型

同一種内の正常な個体間に存在する DNA の塩基配列の多様性。

DNA polymorphism

2242

DNA

プローブ

DNA

又は RNA の特定の配列に相補的に結合する,ラジオアイソ

トープ又は蛍光物質によって標識した,DNA。

DNA probe

2243

DNA

ヘリカーゼ

DNA2

重らせん構造を巻き戻す酵素。 DNA

helicase

2244

DNA

ポリメラーゼ

鋳型 DNA の塩基配列に相補的な DNA 鎖の重合を触媒する酵素。 DNA

polymerase

2245

ディノーボ  (denovo

合成(たん白質の)

既存のたん白質の改変ではなく,全く新しく設計し,合成して意

図する機能を発揮させるたん白質工学の技術。

de novo synthesis (of

protein)

2246

トポイソメラーゼ

2

本鎖 DNA のらせんの巻数を変える酵素。 topoisomerase

2247

トリプティックペプチ

たん白質又はペプチドがトリプシンによって消化されて生じる

ペプチド。

tryptic peptide

2248

2

本鎖 RNA

2

重らせん構造をもった RNA 分子。 double-stranded

RNA,

double helical RNA

2249

熱変性(核酸の)

DNA

又は RNA の加熱による 2 本鎖の解離など物理化学的諸性質

の変化。

thermal denaturation of DNA

(of nucleic acid)

2250

発現ベクター

遺伝子組換え技術において,クローン化された遺伝子の形質発現

を行わせる目的で用いられるベクター。

expression vector

2251

反復配列

半数染色体の一組(ゲノム)中に,数十回から数百万回,繰返し

現れる塩基配列。

repeated sequence

2252

ファージベクター

ファージに由来し,ファージの性質をもつクローニングベクタ

ー。

phage vector

2253

封入体

菌体内で外来たん白質を大量に発現させた場合に時々生じる,た

ん白質の不溶性の塊。

inclusion body


19

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2254

フットプリント法

DNA

結合たん白質が特異的に結合する部位の塩基配列を DNA ア

ーゼで決定する方法。

footprinting method

2255

フレームシフト変異

塩基の付加又は除去によって,DNA 配列のトリプレットコドン

の読取枠が変化して生じる変異。

frame shift mutation

2256

ペリプラズム

グラム陰性菌の細胞内膜とその外側にあるペプチドグリカン層

との中間部。

periplasm

2257

翻訳, 

トランスレーション

mRNA

の情報を基にりボソーム上でたん白質の生合成が行われ

る過程。

translation

2258

翻訳効率

mRNA

が翻訳され,たん白質分子鎖が合成される効率。 translation

rate

2259

翻訳後修飾

生合成された後,たん白質が最終的に機能を発現する前に受ける

種々の化学的構造の変更。

post-translational

modification

2260

ポリメラーゼ連鎖反

応, 

PCR

酵素による試験管内 DNA 合成と 2 本鎖 DNA の加熱による解離の

繰返しによって,プライマーDNA によって DNA 上に指定した塩

基配列を増幅する技術。

polymerase chain reaction,

PCR

2261

マルチプライム法

1

本鎖 DNA 断片にオリゴヌクレオチドをハイブリッド形成させ,

これをプライマーとして標識ヌクレオチドを取り込ませ標識

DNA

鎖を作る方法。

multi prime method

2262

モルガン

減数分裂 1 回当たり平均 1 回の交さ(叉)を起こす染色体上の距

離の単位。

morgan

2263

葉緑体 DNA

葉緑体に存在する 2 重鎖の環状 DNA。 chloroplast

DNA

2264

λ

レプレッサー

λ

−ファージが溶原状態で生産する負の調節たん白質。

λ

-repressor

2265

リバースジェネティク

たん白質を高度に精製してアミノ酸配列を決定し,その塩基配列

を化学合成してたん白質をコードする遺伝子をクローン化する

手法。

reverse genetics

2266

リボヌクレアーゼ, 

RN

アーゼ

RNA

に作用してヌクレオチドを切断する酵素。 ribonuclease,

RNase

2267

リンカー

二つの DNA 断片を試験管内で結合するときに,その結合部位に

制限酵素切断部位を形成する目的でつなぎ目に挿入できる制限

酵素認識塩基配列をもつオリゴヌクレオチド。

linker

2268

りん酸ジエステル法

一方のヌクレオチドの保護されていないりん酸基と他方のヌク

レオチドの糖水酸基を結合する合成方法。

phosphodiester method

2269

りん酸トリエステル法

一方のヌクレオチドのりん酸基にエステル型の保護基を 1 個導入

し,これを他方のヌクレオチドの糖水酸基と結合する合成方法。

phosphotriester method

2270

レックたん白質

細菌やバクテリオファージで,DNA の相同的組換えに関与する

たん白質。

rec protein


20

K 3610-1992

(2.3)

たん白質の構造,状態及び物性

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2301

R

因子

(1)

抗菌性物質に対する耐性を発現する遺伝子を担っているプ

ラスミド。

(2)

  X

線結晶構造解析における,回折強度の観測値と構造模型由

来の計算値の相対誤差。

R factor

2302

アラインメント, 

整列, 

並置

複数のたん白質のアミノ酸配列又は対応する核酸配列を,配列成

分の類似度を基に並べて比較する方法。

alignment

2303

α

/

β

たん白質

分子中に

α

ヘリックスと

β

シートが交互に連結した構造をもつた

ん白質。

α

/

β

 protein

2304

EF

ハンド構造

カルシウム結合たん白質に存在し,カルシウムイオン結合部位を

形成する構造モチーフ。

EF hand motif

2305

位相決定

結晶に X 線を照射するとき,その回折によって失われる位相情報

を回復する操作。

phase determination

2306

エピトープ

抗原分子上に存在して,抗体が識別する最少単位の構造。 epitope

2307

オリゴマー

二つ以上数十個の構成成分からなる重合体又は会合体。 oligomer

2308

折りたたみ

細胞内又は水溶液中で,たん白質が自律的に立体構造を形成する

過程。

folding

2309

温度因子

結晶中の原子の熱振動に由来する電子密度の広がりを表す指標。 temperature

factor

2310

界面動電現象

液体を含む不均一系において 2 相の相対運動と界面の電気 2 重層

との関係によって起こる現象。

electrokinetic phenomenon

2311

核オーバーハウザー効

 (NOE)

核磁気共鳴 (NMR) において,ある核を照射すると,近接する他

の核からのシグナルが核間距離に応じて変化する効果。

nuclear Overhauser effect

2312

機能モチーフ

たん白質の特定の機能に必す(須)のアミノ酸残基が示す規則的

な配列様式。

functional motif

2313

結晶構造(たん白質の) 結晶試料の X 線又は電子線回折像を解析して得られるたん白質

の立体構造。

crystal structure (of protein)

2314

構造モチーフ

複数の 2 次構造部分が折れ曲がり部分によって次々に結ばれて形

成される構造様式。

structural motif

2315

構造予測

たん白質のアミノ酸配列から,その構造又は機能に関係する情報

を解読する技術。

prediction of structure of

protein

2316

コンホメーション

分子の 3 次元立体構造。 conformation

2317

極低温電子線回折

たん白質の 2 次元結晶試料を液体ヘリウム温度以下に冷却し,照

射によって試料の損傷を低減しながら,結晶の電子線回折像を得

て行う構造解析方法。

cryo-electron diffraction

2318

最近接(媒体分子)包

絡面積

特定の形態をもつ多原子分子の表面を,媒体分子を球状プローブ

として,包絡する面積。

accessible surface area

2319

主鎖構造, 

骨格構造(たん白質の)

アミノ酸残基の

α

位の炭素 C

α

(及びペプチド基の炭素 C'と窒素

N

)の原子座標に基づいて表されるペプチド鎖の立体構造。

main chain structure,

backbone structure

2320

初期構造

原子間の距離情報に基づき立体構造を推定するとき,又はシミュ

レーションにおいて,最初に設定する構造。

initial structure

2321

触媒活性部位

酵素において基質と特異的に結合し触媒作用を発現する部位。 active

site

2322

ジスルフィド結合

二つのチオール (SH) 基が,酸化されて形成する化学結合。 disulfide

bond

2323

ジスルフィド結合安定

ジスルフィド結合に基づくたん白質構造の安定性。 disulfide

bond

stability

2324

重原子同型置換法

結晶中の分子に,その結晶構造を変化させずに,重原子を結合さ

せ,その位置を手掛かりに回折点の位相を決める結晶構造解析方

法。

heavy atom isomorphic

replacement

2325

柔構造

たん白質や核酸分子が動的に変化し得る立体構造。 dynamic

structure


21

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2326

受容体結合部位

情報伝達物質とその特異的レセプターとが選択的に結合する分

子表面領域。

receptor binding site

2327

水素結合

水素原子より電気陰性度が高い 2 種類の原子 X と Y が,中間に

水素原子を介して形成する結合。

bydrogen bonding

2328

スーパーファミリー

構造類似性をもつ多数のたん白質の 1 群。 superfamily

2329

スピノーダル分解

熱力学的不安定状態で起こる相分離現象。 spinodal

decomposition

2330

Zn

フィンガー構造

DNA

結合たん白質に存在して,二つのシステインと二つのヒス

チジン又は四つのシステインが亜鉛原子に配位する構造モチー

フ。

Zn finger motif

2331

静電的相互作用

電荷間に両者の距離に反比例し,同符号電荷間では斥力,異符号

電荷間では引力として働く作用。

electrostatic interaction

2332

セグメント

高分子鎖に沿ってある長さをもち,ミクロブラウン運動の運動単

位となる部分。

segment

2333

相同性 

ホモロジー,

比較する複数の生物,細胞,生体高分子(DNA,RNA たん白質)

などが,共通する祖先に由来してもつと推定される特徴。

homology

2334

相同たん白質

1

次構造に相同性が認められる,たん白質群。 homologous

protein

2335

相補性決定領域, 

CDR

リガンドと形状及び電荷分布に相補性をもつたん白質分子の表

面領域。

complementarity determining

region,

CDR

2336

疎水結合

疎水性分子又は疎水性基の間で,立体的に可能な範囲で水との接

触が少なくなる配置をとる結合。

hydrophobic bonding

2337

疎水性

水分子と親和性が少ない非極性基が,水溶液中で集合する性質。 hydrophobicity

2338

疎水性ポケット

たん白質表面にある非極性アミノ酸残基によって形成され,基質

などが結合するくぼみ。

hydrophobic pocket

2339

体系的帰属法

NMR

シグナルが帰属する残基の種類を同定し,1 次構造と比較し

ながら連続する核間距離の情報を系統的に抽出する方法。

systematic asignment

2340

耐熱性決定部位

たん白質の耐熱性発現に必す(須)の領域。 thermophillic

determinant

2341

耐熱性付与

たん白質の耐熱性決定部位を改変して熱安定性を向上する技術。 thermal

stabilization

2342

超可変領域

免疫グロブリンの可変領域のうちでアミノ酸置換が特に多い領

域。

hypervariable region

2343

超 次構造(たん白質

の)

たん白質における 2 次構造の会合体。

super secondary structure (of

protein)

2344

Chou-fasman

P. Y. Chou

と G. D. Fasman による,たん白質の 1 次構造から 2 次構

造を予測する経験的な方法。

Chou-Fasman method

2345

低温変性

常温で安定なたん白質が,0℃付近の温度範囲で変性する特性。

cold denaturation,

cold sensitive

2346

ディスタンスジオメト

リー法

各構成単位(原子,粒子)の相対距離が構成単位の構造座標を起

こす数学的手法。

distance geometry

2347

特性値(アミノ酸残基

の)

たん白質を構成する個々のアミノ酸残基の性質を表す値。

attributes (of amino acid

residues)

2348

動的不安定性

繊維状たん白質分子集合体の末端での分子の付加(伸長)と解離

(短縮)とがある確率で繰り返される現象。

dynamic instability

2349

ドメイン

たん白質での構造上,又は機能上の小区域又は単位。 domain

2350

ドラッグデザイン

有効な薬剤を合理的な過程に従って設計し,作り出す方法。 drug

design

2351

2

次元 NMR, 

2

次元核磁気共鳴

2

次元の周波数域上に展開される NMR 分光法。 two-dimensional

NMR

2352

2

次元結晶(たん白質

の)

基板上に,同一のたん白質分子が一定方向に配位し,規則正しく

配列している単分子膜。

two-dimensional crystal

2353

2

次構造(たん白質の) 3∼20 個のアミノ酸残基からなる部分鎖が,主鎖のペプチド基間

の水素結合によって形成する規則的な立体構造。

secondary structure


22

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2354

熱安定性(たん白質の) 環境の温度変化に対して,たん白質分子が示す抵抗性。 thermal

stability

2355

パラクリスタル

繊維状分子又は繊維状超分子の短距離秩序だけをもつ会合体。秩

序をもつ会合分子集合体。

paracrystal

2356

ヒンジ領域

免疫グロブリン重鎖 CH

1

と CH

2

とを結ぶ柔軟性に富む領域。 hinge

region

2357

不変残基

相同たん白質のアミノ酸配列で,同じ位置に共通して存在する残

基。

invariant residue

2358

フレームワーク

たん白質の機能発現に必す(須)の構造領域を結び合わせて支え

る枠組構造。

framework

2359

不連続型抗原決定基

アミノ酸配列の上では離れている複数の残基部分からなる抗原

決定基。

antigenic area determinant

2360

分子構造精密化

電子密度分布又は散乱振幅を参照して,結晶分子中の原子座標を

精密に決定する方法。

refinement

2361

分子表面積

特定の形態をなしている分子の表面積。

molecular surface area

2362

分子力学

多原子分子の,内部回転などによる,種々の立体配座(構造)に

対応するエネルギーを,経験的なポテンシャル関数に基づいて計

算し,各構造の安定性を比較検討する方法。

molecular mechanics

2363

プロテインデータバン

たん白質データのうち 3 次元構造の座標データを集めたデータバ

ンク。

protein data bank,

PDB

2364

プロトン間距離

化合物における水素原子核間の距離。 interproton

distance

2365

ヘリカルネット

ヘリックスを構成するアミノ酸残基の同心円筒面における位置

を平面に展開して残基相互の配置を示す図。

helical net

2366

ヘリカルホイール

ヘリックスを構成するアミノ酸残基の位置を,軸に直交する平面

上に投映し,同心円筒面における残基配置の部分的な特徴を強調

して示す図。

helical wheel

2367

変異データマトリック

同族たん白質のアミノ酸配列を比較して得た,アミノ酸残基間

の,相対置換頻度を要素とするマトリックス。

mutation data matrix

2368

β

ターン

たん白質やポリペプチドが分子内水素結合によって形成するペ

プチド鎖の折れ曲がり部分の 2 次構造。

β

 turn

2369

β

バレル構造

β

シートが円柱状又はたる(樽)状をなしている構造。

β

 barrel

2370

免疫グロブリン超分子

免疫グロブリンと相同性のあるドメイン構造をもつ分子群。 immunoglobulin

superfamily

2371

免疫グロブリンフォー

ルド

免疫グロブリンのドメインに存在するポリペプチド鎖の折りた

たみ構造。

immunoglobulin fold

2372

溶液構造(たん白質の) NMR などによって決定される溶液中の立体構造。 solution

structure

2373

立体構造(たん白質の) たん白質分子中の原子の空間的配置。 protein

structure

2374

立体障害(たん白質の) 内部回転の安定な位置を占める分子構造が,他の分子又は原子団

との衝突によって,その空間的な配置に変化を生じる現象。

steric (volume) exclusion

2375

両親媒性

分子又は 2 次構造が,親水性の部分と疎水性の部分を併せもって

いる性質。

amphiphilicity

2376

類似度(アミノ酸残基

又は配列の)

アミノ酸残基又は配列相互の類似性を表す指標。

similarity (of amino acids)

2377

連続型抗原決定基

アミノ酸配列が連続する複数の残基部分からなる抗原決定基。 sequential

antigenic

determinant

(2.4)

たん白質及びその集合体の機能

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2401

亜鉛たん白質

亜鉛を含むたん白質。 zi

protein

2402

アクチン

筋肉の I フィラメントを構成する主要なたん白質。 actin

2403

アクチン調節たん白質

アクチンに結合してその動態を調節する運動性たん白質。 actin

modulating

protein


23

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2404

アゴニスト

細胞表面に存在するレセプターと特異的に結合し,細胞に特定の

生理活性作用を発現させる物質。レセプター結合物質。

agonist

2405

アジュバンド

抗原とともに投与することによって,抗原に対する免疫反応を非

特異的に増強する物質。

adjuvant

2406

アスパラギン酸プロテ

アーゼ

アスパラギン酸残基の

β

−カルボキシル基を活性中心とするプロ

テアーゼ。

aspartic protease

2407

アデノシン三りん酸

アデノシンのリボースの 5'位の水酸基にトリポリりん酸が結合し

た構造をもち,生体エネルギーの源となるヌクレオチド。

adenosine 5'-triphosphate

2408

アデノシン三りん酸加

水分解酵素

ATP

γ

位のりん酸を Mg

2

又は Ca

2

存在下で ADP と無機りん酸に

加水分解する酵素。

adenosine triphosphatase

2409

アフラトキシン

糸状菌(A. spergillus flavus や A. parasiticus など)の真菌類が産生

するかび毒素(マイコトキシン)であって強力な発がん(癌)物

質。

aflatoxin

2410

アブザイム

触媒抗体, 

酵素様抗体

抗原物質の化学反応を触媒する活性をもつ抗体。 abzyme,

catalytic-antibody

2411

アルファ−フェトプロ

テイン

血清アルブミンと構造的・機能的に類似した胎児性たん白質。

α

-fetoprotein

2412

アロステリック酵素

エフェクターの濃度に依存してその反応速度が協同現象的に変

化する酵素。

allosteric enzyme

2413

アンタゴニスト

レセプターに結合するが生体に対する作用を現すことがないた

め,アゴニストに対してきっ(拮)抗的に働く物質。

antagonist

2414

安定化

不可逆反応によって(たん白質の)活性低下,消失を防止する方

法。

stabilization

2415

アンチナクロロフィル

光量子を捕そく(捉)して,光化学反応中心に伝達するクロロフ

ィル類。

antenna chlorophyll

2416

アンテナ色素

光量子を捕そく(捉)して,光化学反応中心に伝達する色素類。 antenna

pigment

2417

イオノフォア

生体膜,人工脂質膜又は液膜でのイオン透過性を特異的に高める

働きのある物質。

ionophore

2418

イオンチャンネル

細胞膜上に存在し,たん白質集合体によって構成される各種イオ

ンの流路。

ion channel

2419

鋳型効果

鎖状分子の環化反応の収率に対する共存添加物の効果。反応制

御。

template effect

2420

1

次メッセンジャー

細胞膜の表面に存在する種々のレセプターに結合し,各種情報を

伝達する細胞外の情報伝達物質。

first messenger

2421

イディオタイプ

免疫グロブリンの可変領域固有の抗原構造。 idiotype

2422

インスリン様増殖因子

抗インスリン抗体で抑制されないインスリン類似の増殖因子。

insulin-like growth factor

2423

インターフェロン

ウイルスの増殖を抑制するリンフォカイン。 interferon

2424

インターロイキン

免疫反応に関連する細胞間相互作用を媒介するポリペプチド性

物質。

interleukin

2425

インテグリン

細胞外マトリックス分子に接着する細胞表面レセプター。 integrin

2426

SH

酵素

活性を発揮するのにチオール基(SH 基)が不可欠である酵素。

SH enzyme

2427

NAD

ニコチンアミドモノヌクレオチドとアデニル酸とがホスホジエ

ステル結合した酸化還元補酵素。

nicotinamide adenine

dinucleotide

2428

NADP

リボースにりん酸が結合したアデニル酸とニコチンアミドモノ

ヌクレオチドとがホスホジエステル結合してできた化合物。

nicotinamide adenine

 dinucleotide pbosphate

2429

エフオーエフワンエー

ティーピーアーゼ

プロトンの電気化学ポテンシャル差を利用して,ADP と Pi から

ATP

を合成する酵素。ATP 加水分解酵素。

F

O

F

1

-ATPase

2430

Fc

レセプター

免疫グロブリンの Fc 部分と選択的に結合する細胞表面上の糖た

ん白質。

Fc receptor


24

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2431

エリスロポエチン

増血能を促進する,主として腎臓で産生される糖たん白質。 erythropoietin

2432

エンドトキシン, 

内毒素

グラム陰性細菌のリポ多糖類毒素。 endotoxic,

lipopolisaccharide

2433

オーキシン

植物の若い茎に低濃度で与えたとき,縦方向に不可逆的な生長促

進作用を示す植物ホルモン。

auxin

2434

オクトピン

たこ(蛸)に存在するアルギニンプロピオン酸。 octopine

2435

オパイン

Ti

プ ラ ス ミ ド の T-DNA 領 域 に オ パ イ ン 合 成 遺 伝 子 を も つ

agrobacterium

属菌が感染して誘起される非たん白質性アミノ酸。

opine

2436

オピエイト

モルヒネなどの麻薬や鎮痛ペプチドを成分とする鎮痛剤。 opiate

2437

オプソニン

細菌や異物粒子に付着して,補体存在下でどん(貪)食作用を受

けやすくなる血清因子。

opsonin

2438

改変たん白質

天然に存在するたん白質を,たん白質工学などの手法によって改

変した人工たん白質。

engineered protein,

taylored protein

2439

化学浸透圧説

生体膜におけるエネルギー変換の機構において,膜を隔てたプロ

トンの電気化学的ポテンシャル差を中心に考える説。

chemiosmotic theory

2440

化学受容

化学物質を受容してインパルスに転換する現象。 chemoreception

2441

花成ホルモン

花成を誘導すると想定されるホルモン。 florigen,

flowering hormone

2442

カドヘリン

動物細胞におけるカルシウム依存性又は非依存性の細胞接着性

たん白質分子。

cadherin

2443

カルシウムチャンネル

細胞膜に存在し,生体によって高度に制御されたカルシウムイオ

ンの通路。

calcium channel

2444

カルモジュリン

カルシウムイオン依存的に,ホスホジエステラーゼ活性など多く

の酵素活性を制御する機能をもつたん白質。

calmodulin

2445

がん(癌)胎児性抗原

しゅよう(腫瘍)細胞及び胎児細胞に発現している抗原,しゅよ

う関連抗原。

oncofetal antigen

2446

基質認識機構

酵素が特異的な基質だけを認識する機構。

substrate binding mechanism

2447

基質類似体

酵素と安定な複合体を形成する阻害剤。 substrate

analog

2448

キネシン

微小管に沿ってその+エンドに向かって ATP 依存性に移動する

ことのできる分子モーター。

kinesin

2449

キメラ抗体

げっ(齧)歯類の抗体由来の可変部とヒトの抗体由来の定常部か

らなる抗体分子。

chimeric antibody

2450

胸せん(腺)ホルモン

T

細胞の成熟分化に関与する胸せん(腺)由来の因子。 thymic

hormone

2451

協同現象

物質の構成粒子間の相互作用の総合的な結果として現れる巨視

的現像。

cooperative phenomenon

2452

金属たん白質

金属イオン又は金属イオンを含む原子団をもつたん白質。 metalloprotein

2453

クラスター化合物

複数の金属イオンがそれぞれ共有結合したり,官能基で架橋され

て原子団を形成した化合物。

cluster compound

2454

クロスブリッジ

筋肉細胞のミオシンフィラメントから突出し,アクチンフィラメ

ントと結合するミオシン分子の架橋構造。

cross-bridge

2455

クロマトフォア, 

色素胞

光合成細菌の細胞の破砕物中から得られる光合成エネルギー変

換機能を保持した生体膜小胞。

chromatophore

2456

クロロソーム

緑色光合成細菌に存在するバクテリオクロロフィル c,d,又は e

を主成分とする小胞状の集光性構造体。

chlorosome

2457

クロロフィルたん白質

クロロフィル類を結合しているたん白質。 chlorophyll

protein

2458

ケージ化化合物

目的の化合物を未反応状態に保持しておき,必要時に光照射によ

って開裂し,目的の化合物を遊離する化合物。

caged compound

2459

化学的メディエーター

生体の中で各種の情報伝達を受けもつ化学物質。 chemical

mediator

2460

抗イディオタイプワク

チン

病原体に対する抗体のイディオタイプを認識する抗体を用いた

ワクチン。

anti-idiotype vaccine


25

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2461

抗ウイルス剤

ウイルスの感染,又は増殖を抑制する薬剤。 antiviral

drug

2462

光化学系 1, 

光化学系 I

光化学反応中心色素,P700 の光酸化に伴い,究極的にフェレドキ

シンを介して NADP を光還元する光化学反応系。

photosystem 1,

photosystem I,

photochemical system I

2463

光化学系 2, 

光化学系 II

水の光酸化とプラストキノンの光還元を起こす光化学反応の場。

緑色植物,藻類,ランソウ(酸素発生型生物)の 2 種類の光化学

系の一つ。

photosystem 2,

photosystem II,

photochemical system II

2464

抗がん(癌)剤

がん(癌)治療のために用いられる薬剤。 antitumor

agent,

anticancer drug

2465

抗原認識

抗体が抗原を識別する機構。 antigen

recognition

2466

光合成反応中心

分子群又はそれらの分子群を含んだたん白質複合体を形成し,光

吸収による励起エネルギーを化学的な酸化還元のエネルギーに

変換する反応場。

photosynthetic reaction

center

2467

酵素耐熱化

酵素に耐熱性を付与する操作。 enzyme

thermophilization

2468

酵素標識抗体

酵素を化学的に抗体と結合し標識した抗体。 enzyme-labeled

antibody,

enzyme-linked antibody

2469

構造活性相関

生物活性をもつ物質の構造とその活性との関係。 structure-activity

relation

2470

コロニー刺激因子

軟寒天中のか(顆)粒球・マクロファージ幹細胞を刺激して,成

熟したか(顆)粒球やマクロファージからなるコロニーを形成さ

せる因子。

colony stimulating factor

2471

サイトカイニン

6-

アミノプリンを基本骨格としてもち,細胞分裂を促進する植物

ホルモン。

cytokinin

2472

細胞間接着装置

細胞膜に存在して,細胞間の認識と結合を仲介する分子集合体。 intercellular

junction

2473

細胞外マトリックス

動物組織中の細胞間にある繊維状たん白質を主成分とする複雑

な会合体。

extracellular matrix

2474

細胞骨格

細胞内部にあって,その構造,運動及び情報伝達機能を支える繊

維状構造体。

cytoskeleton

2475

細胞接着活性

動物組織内にある細胞間の結合強度を表す指標。 cell

adhesion

activity

2476

散逸構造

熱平衡のない物質系に現れる巨視的な構造。 dissipative

structure

2477

シクロデキストリン合

成酵素

でん(澱)粉系基質に作用して,グルコースが

α

-1

,4 結合で環状

につながるシクロデキストリンを生成する酵素。

cyclodextrin synthetase

2478

シデロフォー

微生物がその生育に必要な鉄の吸収を促すために産出する鉄輸

送化合物。

siderophore

2479

集光性クロロフィルた

ん白質

光量子を捕そく(捉)して,光化学反応中心に伝達するクロロフ

ィル類を結合したたん白質。

light harvesting chlorophyll

protein

2480

集光性色素たん白質複

合体

光量子を吸収捕そく(捉)してそのエネルギーを光化学反応中色

素に伝達する色素とたん白質の複合体。

light harvesting pigment

protein complex

2481

しゅよう(腫瘍)壊死

因子

しゅよう(腫瘍)細胞に直接傷害を及ぼしてその壊死を引き起こ

すたん白質性の物質。

tumor necrosis factor

2482

主要組織適合抗原

同種移植のとき最も強い拒絶反応を引き起こす抗体。 major

histocompatibility

antigen

2483

しゅよう(腫瘍)増殖

因子

非形質転換細胞を可逆的に形質転換細胞様に変換させる因子。

transforming growth factor

2484

初期電子受容体

光化学反応中色素が光酸化を受けるとき,放出される電子によっ

て最初に光還元を受ける物質。

primary electron acceptor

2485

初期光化学反応

光合成光化学反応において最も初期に起こる素反応。 primary

reaction,

early reaction

2486

触媒回路

出発原料である基質が,一連の反応を経た後に再生される代謝反

応の経路。

catalytic cycle


26

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2487

植物ホルモン

微量で植物の代謝制御をする物質。 plant

hormone,

phytohormone

2488

初発電荷分離

光のエネルギーを利用して起こる最初の電荷分離反応。

primary charge separation

2489

GTP

結合たん白質

グアノシン三りん酸との結合能をもつたん白質。 GTP

binding

protein

2490

循環的電子伝達

複数の成分から構成される経路が閉じた環を形成する電子伝達。  cyclic electron transfer

2491

人工酵素

人工的な操作で作成した酵素と類似の触媒能をもつ高分子。 artificial

enzyme

2492

人工制限酵素

人工的に合成した制御酵素。

artificial restriction enzyme

2493

スーパーオキシドジス

ムターゼ

酵素ラジカル(活性酵素)を分解し,不活性化する酵素。 superoxide

dismutase

2494

接着受容体

細胞間又は細胞と細胞外マトリックスとの結合に関与するレセ

プター。

adhesion receptor

2495

セリンプロテアーゼ

セリン残基の水酸基を活性中心とするプロテアーゼ。 serine

protease

2496

繊毛

運動性細胞の外側自由表面に多数はえている小器官。 cilium

2497

担体, 

人工抗原

ハプテンに結合し,免疫原性を増強する構造体。 carrier

2498

たん白質性酵素阻害剤

酵素活性の調節因子として働くたん白質系の阻害剤。

proteineous enzyme inhibitor

2499

ダイニン

真核細胞の繊毛・べん(鞭)毛において周辺微小管から出ている

腕構造を構成し,ATPase 活性をもつたん白質。

dynein

2500

中間径繊維

細胞骨格を形成する主要な,直系 10nm の枝分かれのない構造の

繊維。

intermediate filament

2501

チューブリン

微小管構成たん白質。 tubulin

2502

超酵素

天然酵素よりも,ある面で優れた機能を付与した酵素。 superenzyme

2503

超たん白質

設計された構造をもち,要求どおりの機能を発揮する人口たん白

質。

superprotein

2504

超分子

たん白質や核酸などで構成される分子集合体。 super

molecule

2505

超分子複合体

たん白質が複合体をつくり,高次構造をとることによって形成さ

れる,高次機能をもつ複合体。分子集合系。

supramolecular complex,

macromolecular assemblage

2506

チラコイド膜

葉緑体内膜の単位構造(チラコイド)を構成するへん(扁)平な

袋状の膜。

thylakoid membrane

2507

T

細胞レセプター

標的になる細胞膜上の抗原を特異的に認識し,結合する T 細胞の

細胞膜たん白質。

T cell receptor

2508

ティッシュー・プラス

ミノーゲン・アクチベ

ーター (TPA)

血管内皮細胞で産生され,血栓に特異的に吸着し,血栓を溶かす

たん白質分解酵素。

tissue plasminogen activator

2509

鉄−硫黄たん白質

非ヘム鉄たん白質のうち,鉄イオン又は不安定硫黄と鉄イオンの

つくるクラスターにシステインが配位した活性中心をもつたん

白質。

iron-sulfur protein

2510

デヒドロアラニン

セリンが脱水して生成する非たん白質性アミノ酸。 dehydroalanine

2511

電位形成反応

生体膜中の化学反応又は分子の移動・変形反応のうち,膜電位の

変化を伴う反応,又はそのうちで膜電位の絶対値を大きくする反

応。

electrogenic reaction

2512

電子伝達系

一連の酸化還元物質(電子伝達体)によって構成される多段階の

電子授受反応系。

electron transfer system

2513

電子伝達たん白質

生体中の電子伝達反応において電子の授受を受けもつたん白質。 electron

transferring

protein

2514

トポロジー効果

分子の認識において特定の分子を構造,形,大きさ,光学異性な

どで見分けるときの相互作用の要因となる構造的効果。

topology

2515

トリガー(全体工学の) 生体内においてある反応を開始したり,構造変換を引き起こす引

金の役割を果たす物質又は信号若しくは現象。

trigger

2516

トレッドミリング

F-

アクチンなどの方向性をもつたん白質。 treadmilling


27

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2517

動原体, 

キネトコア

染色体の一部で,微小管の結合する部位。 kinetochore

2518

銅たん白質

銅イオンを含むたん白質。 copper protein

2519

2

次メッセンジャー

細胞膜上に存在するレセプターから発せられる情報を細胞内部

へ伝達する役を担う化学物質。

second messenger

2520

ニトロゲナーゼ

ATP

の加水分解を伴い分子状窒素を還元してアンモニアを生成

する酸化還元酵素。

nitrogenase

2521

バクテリオクロロフィ

ル 量体

光合成細菌の光化学反応中心において,光エネルギーによって電

荷の分離にたずさわるクロロフィルの 2 量体。

bacteriochlorophyll dimer

2522

光プロトンポンプ

光をエネルギー源として,プロトンの能動輸送を行う膜たん白

質。

light-driven proton pump

2523

非共有結合錯体

共有結合によらず分子間相互作用によって形成される複合体又

は錯体。

non-covalently bonded

complex

2524

ヒドロゲナーゼ

分子状水素による電子受容体の還元と,その逆反応による水素発

生を触媒する酵素。

hydrogenase

2525

非ヒストンたん白質

ヒストン,プロタミン以外の細胞核に含まれるたん白質。 non-histone

protein

2526

非ヘム鉄たん白質

鉄イオンがヘムに配位せずに結合しているたん白質。

non-heme iron protein

2527

氷核たん白質

氷晶形成の核となる表面構造をもつたん白質。 ice

nucleating

protein

2528

ビオチン化化合物

共有結合でビオチンを結合した化合物。 biotinylated

compound

2529

微小管

真核細胞内部に存在する外径 25nm の管状構造体。 microtubule

2530

ビトロネクチン

血清中に含まれる細胞接着性の糖たん白質。 vitronectin

2531

フィトアレキシン

植物が微生物感染時に産生する抗微生物作用物質。 phytoalexin

2532

フィトクローム

光によって可逆的な吸収スペクトル変化をし,環境の光条件を感

受して生体の諸機能を調節する植物に存在する色素たん白質。

phytochrome

2533

フェリチン

生体中で鉄の貯蔵と過剰な鉄からの生体の保護を担う水溶性非

ヘム鉄たん白質トランスフェリン。

ferritin

2534

フェレドキシン

鉄−硫黄クラスターを分子内にもつ電子伝達たん白質。 ferredoxin

2535

不凍化たん白質, 

抗凍結たん白質

生物体液の凝固温度を低下させる効果をもつたん白質。 anti-freeze

protein

2536

分子機械

特異的な立体構造と機能をもつたん白質又は核酸,及びそれらの

集合体。

molecular machine

2537

分子識別

抗体,受容体又は酵素が特定の化学物質と結合して,特異的に反

応すること。

molecular recognition

2538

分子モーター

イオン流を用い,べん(鞭)毛回転運動のエネルギー変換をつか

さどる酵素たん白質。

molecular motor

2539

プラストキノン

光合成電子伝達系の酸化還元成分の一つで,緑色植物や藻類に存

在する p-ベンゾキノン誘導体。

plastoquinone

2540

プロトタイプ

あるものの基礎又は手本となっている原型,又はある生物集団の

基礎と考えられる原始形態。

prototype

2541

β

ラクタマーゼ

ペニシリンなどの

β

−ラクタム環を開裂する加水分解酵素。

β

 lactamase

2542

べん(鞭)毛

細菌,原生動物,精子などの線維状の運動器官。 flagellum

2543

べん(鞭)毛モーター

細菌べん(鞭)毛の基部にあって膜中に固定され,べん毛を回転

させるたん白質分子の集合体。

flagellar motor

2544

ホスホジエステラーゼ

3'

:5'-環状ヌクレオチドを加水分解して,5'-ヌクレオチドを生成

する酵素。

phosphodiesterase

2545

ホスホリパーゼ

りん脂質加水分解酵素。 phospholipase

2546

ホスホロチオエート型

ヌクレオチド類似物

ヌクレオチドのりん酸部分の酵素原子を硫黄原子で置き換えた

化合物。

phosphorothioate nucleotide

analog


28

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2547

ミオシン

筋肉の太いフィラメントを形成し,ATPase 活性をもち,筋収縮に

あずかる酵素たん白質。

myosin

2548

メタロチオネイン

各種金属によって合成が誘導され,金属と特異的に結合する分子

量 6 000 のたん白質。

metallothionein

2549

免疫クロブリン

抗原となる高分子を特異的に結合する血清たん白質。 immunoglobulin

2550

免疫毒素複合体

抗体と毒素又はそのフラグメントとを架橋することによって形

成される複合体。

immunotoxin

2551

免疫複合物(体)

抗原と抗体から構成される複合物。 immune

complex

2552

モノカイン

単球から放出される生理活性たん白質。 monokine

2553

輸送担体

生体膜,人工脂質膜又は液膜にあって物質の輸送を仲介する物

質。

carrier

2554

ラリアート効果

非共有結合錯体の安定性に寄与する側鎖の効果。 lariat

effect

2555

リボザイム

RNA

のホスホジエステル結合を自ら切断する機能をもつ RNA 分

子。

ribozyme

2556

リボソーム

たん白質の生合成を担う,複数のリボソーム RNA と数十個のた

ん白質分子からなる集合体。

ribosome

2557

リンパ球表面抗原

リンパ球の表面に現れている血清学的に識別できる抗原群。

lymphocyte surface antigen

2558

リンホカイン

正常リンパ球のマイトジェン刺激,感作リンパ球の対応抗原刺激

などによって,リンパ球が産生する免疫グロブリン以外の可溶性

生理活性たん白質。

lymphokine

2559

ルシフェラーゼ

生物発光を触媒するオキシゲナーゼ。 luciferase

2560

レクチン

糖鎖と選択的に結合する免疫学的産物以外のたん白質又は糖た

ん白質。

lectin

2561

レニン

アンジオテンシンノーゲンを特異的に加水分解してアンジオテ

ンシン I を遊離させる分子量約 4 万の酸性プロテアーゼ。

renin

(2.5)

実験技術及び実験装置など(たん白質工学)

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2601

X

線吸収端微細構造

X

線吸収端近傍にみられる微細構造のうち,約 50eV 以内の微細

スペクトル。

X-ray absorption near edge

structure,

XANES

2602

広帯域 線吸収微細構

X

線の吸収端後にみられる微細構造のうち,約 50eV より高エネ

ルギー側の微細スペクトル。

extended X-ray absorption

fine structure,

EXAFS

2603

示差走査熱量計, 

DSC

試料と基準物質の温度差が等しくなるように加えるエネルギー

を直接記録する型の熱量計。

differential scanning

calorimeter,

DSC

2604

旋光分散

旋光度が波長に依存して変化する現象。

optical rotatory dispersion

2605

超遠心法

高い遠心力による巨大分子混合物の分離方法,又は巨大分子の分

子量や分子量分布を決定する分析方法。

ultracentrifugation

(3)

生体反応工学

(3.1)

基礎・共通事項

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3101

エネルギー変換(バイ

オ)

植物,微生物などによる光エネルギーから化学エネルギー又は電

気的エネルギーへ,化学エネルギーから電気的エネルギー又は光

エネルギーへなどの変換。

energy conversion

(biotechnology)

3102

固相法

固相担体を反応開始部位として利用する合成法。

solid phase synthesis

3103

固定化担体

酵素,微生物などの生体触媒又はリガンドを固定化するための不

溶性固体。

immobilization support


29

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3104

従属栄養生物

生育に必要な炭素源を有機化合物に依存している生物。 heterotroph

3105

微水系

従来の一般的な酵素反応・微生物反応に比較して有機溶媒中で使

用される水の量が著しく少ない反応系。

microaqueous system

3106

不斉反応

分子内の対称性をもつ均斉な部分に不斉な環境のもとで不斉中

心を導入する反応で,不斉中心の D 体と L 体の生成比が 1 : 1 と

ならない反応。

asymmetric reaction

3107

無菌室

組織培養や生体の生育・培養を無菌的に行うため無菌環境とした

部屋。

bioclean room

3108

リポソーム

りん脂質など極性脂質の 2 分子層膜で包まれた人工的につくられ

た小胞。

liposome

(3.2)

微生物工学

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3201

SCP, 

微生物たん白質

石油,天然ガス,アルコール,廃糖密,農産物などを発酵原料と

して大量生産される微生物菌体又は菌体からのたん白抽出物。

single cell protein

3202

休止菌体

増殖能力を保持するが,増殖していない状態の微生物菌体。 resting

microorganism

3203

グラム陰性菌

グラム染色法 (Gram stain) で染色されず,対比染色によって赤色

に染まる細菌。

Gram-negative bacteria

3204

グラム陽性菌

グラム染色法 (Gram stain) で紫色に染色される細菌。 Gram-positive

bacteria

3205

嫌気的発酵, 

嫌気性発酵

嫌気性菌を用いて分子状酸素のない状態で行われる発酵。 anaerobic

fermentation

3206

好塩菌, 

好塩性細菌

1.2%

以上の食塩濃度の培地が発育に好適な細菌。 halophile,

halophilic bacteria

3207

好気発酵

酸素呼吸を伴う微生物の作用で有機物を分解し,新たな物質を生

産する方法。

aerobic fermentation

3208

光合成細菌

光のエネルギーを利用して二酸化炭素の光合成的同化,有機化合

物の光合成などを行う細菌。

photosynthetic bacteria

3209

高度好熱菌

通常 75℃以上でも生育できる細菌。 extreme

thermophile

3210

呼吸率, 

呼吸商

生体の排出する炭酸ガス量と呼吸する酸素量の比。 respiratory

quotient,

RQ

3211

固定化クロロプラスト

不溶性担体に吸着させたり,高分子の網目構造の内部に包括する

などして固定化したクロロプラスト(葉緑体)

immobilized chloroplast

3212

固定化細胞, 

固定化酵母

不溶性担体に結合させるか,又はゲルマトリックスで吸収,若し

くは包括して固定化した細胞。

immobilized cell,

immobilized yeast

3213

固定化微生物

不溶性担体に担持されるか,又は内部空間に閉じ込められた微生

物。

immobilized microbial cells

3214

斜面培養, 

傾斜培養

試験管内に固形培地を斜面に調製し,その斜面上で,微生物を培

養する方法。

slant culture

3215

初代培養

生体から分離した器官,組織又は細胞を体外培養に移してから植

え継ぎを行うまでの培養。

primary culture

3216

せん(穿)刺培養

垂直に保った試験管中で寒天培地を固化させた固形培地の中へ,

白金線によって微生物を深く突き刺して接種する培養法。

stab culture

3217

体細胞雑種, 

雑種細胞

生殖細胞でない体細胞間で,細胞融合によって作られた雑種細

胞。

somatic hybrid

3218

代謝産物抑制

酵素の生合成が,それらが関連する代謝経路の産物によって抑制

される現象。

catabolite repression

3219

脱窒, 

脱窒素作用

硝酸又は亜硝酸が微生物によって還元されて窒素ガスなどのガ

ス状窒素となって放出される作用。

denitrification

3220

単細胞たん白質

酵母,細菌,糸状菌,藻類などのたん白質に富んだ単細胞生物を

殺菌し,乾燥した物。

single cell protein


30

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3221

窒素固定細菌

分子状窒素を還元してアンモニアにする活性をもつ細菌。 nitrogen

fixing

bacteria

3222

条件的嫌気性菌

遊離酸素の存在下でも非存在下でも生育のできる微生物。 facultative

anaerobic

bacteria

3223

低温菌, 

好冷性細菌

低温で増殖する細菌及び真菌。 psychrotroph,

psychrotrophic-microorganis

m

3224

独立栄養微生物

微生物の中で,その細胞構成成分の炭素分を CO

2

の還元によって

合成して生育できる微生物。

autotrophic microorganisms,

autotroph

3225

乳酸発酵

糖質が微生物の作用を受けて主として乳酸を生成する現象。

lactic acid fermentation

3226

発芽(胞子の)

真菌類の各種胞子が休眠後又は形成直後に栄養成長を開始する

現象。

germination

3227

発酵収率

発酵生産における消費原料に対する生産物収率。

yield of fermentation

3228

微生物農薬

微生物を原体とした農薬。 microbial

pesticide

3229

微生物変換

微生物を利用して化合物の分子構造を変化させる反応方法。 microbial

transformation

3230

絶対嫌気性菌

酸素存在下では生育できない細菌。 strictly

anaerobic

bacteria

3231

絶対好気性菌

遊離酸素が存在しない環境では生育できない細菌。 strict

aerobic

bacteria

(3.3)

酵素工学

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3301

アロステリック酵素

基質と結合する活性部位のほかに,基質とは立体構造的に異なる

物質と結合する部位(アロステリック部位)をもち,そこに低分

子のリガンドが結合することによって活性と高次構造が変化す

る酵素。

allosteric enzyme

3302

活性保持率(固定化の) 固定化による酵素自身の失活と速度パラメーターの変化などを

考慮して数値化された,真の酵素活性の保持率。

activity retention rate (in

immobilization)

3303

競合阻害

阻害剤分子が,酵素の基質結合部位に対する結合を,基質分子と

競合することによって,酵素活性が低下する現象。

competitive inhibition

3304

共有結合法

生体触媒を水不溶性の担体の共有結合によって固定する方法。

covalent binding method

3305

合成酵素

(1)

加水分解の逆反応を用いて物質合成を行い得る加水分解酵

素。

(2)

 EC4

群に分類されるリアーゼのうち,逆反応,すなわち合成

方向の反応(付加反応)が重要である酵素。

(3)

 EC6

群酵素の総称で,ATP などのりん酸結合の開裂に共役し

て二つの分子が結合する反応を触媒する酵素群。

enzymes for synthesis

3306

酵素安定化剤

酸素の貯蔵中にその失活を防止し,混入微生物の生育を阻止する

ために添加する添加物。

stabilizer of enzyme

3307

酵素活性の単位

最適条件下で,1 秒間に 1 mol の基質を変換する酵素量。単位は

カタール (kat)。1 日単位はマイクロモル/分。

unit of enzyme activity

3308

酵素の安定化

単離精製した酵素の活性を保存中又は使用中に低下させないよ

うにする方法。

stabilization of enzyme

3309

酵素マイクロカプセル

半透性の薄膜からなるマイクロカプセル内に酵素を閉じ込めた

包括型の固定化酵素。

microencapsulated enzyme

3310

固定化収率

生体触媒の固定化の前と後の活性の割合。 immobilization

yield

3311

固定化酵素反応器

固定化酵素を充てん(填)し,物質の分解・合成・化学変換など

を行う反応装置。

immobilized enzyme reactor

3312

混合型阻害

作用形式を異にする阻害(酵素反応の速度を低下させる)が併行

して起こる現象。

mixed inhibition

3313

再活性化

失活酵素の高次構造・活性基を復元して低下した酵素の活性を回

復する技術。

reactivation

3314

残存活性

酵素反応又は失活の過程で示す酵素活性。 remaining

activity


31

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3315

水酸化酵素

分子状酸素を利用し,有機化合物をヒドロキシル化する反応を触

媒する酵素。

hydroxylase

3316

多機能性酵素

同一分子内に二つ以上の触媒機能を発現する基をもっていたり,

また,サブユニット構造の変化に伴う反応特異性の変化によっ

て,多種類の反応を触媒する酵素。

multifunctional enzyme

3317

複合酵素系

細胞内の各種の代謝反応が,一定の秩序だった配列をした一連の

酵素群又は複数のサブユニットで構成される酵素で行われる反

応系。

multi-enzyme system

(3.4)

培養工学

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3401

足場依存性

細胞接着の有無による細胞増殖特性。 anchorage

dependency

3402

エアレーション,通気

生物体及び細胞の培養での酸素を含むガスを供給する技術。 aeration

3403

回分培養

新鮮な培地に少量の種培養液を加え,培養の途中では培養液の出

し入れを行わないで細胞を増殖させる培養法。

batch culture

3404

かん(灌)流培養, 

かん(灌)流システム

細胞培養において,成育阻害物質の除去などのため,旧培地を抜

き取りながら新鮮培地を補充し,連続的に培地交換を行う方法。

perfusion

3405

希釈率

連続培養において培養液量に対する培地供給流量の比。 dilution

rate

3406

ケモスタット

連続培養において,制限基質を含む培地の供給速度を一定に保持

することによって,定常状態を得る連続培養方式,又はそのため

の装置。

chemostat

3407

固体培養

固体(固形)培地を使った微生物又は動植物細胞の培養方法。 solid

culture

3408

混合培養

複数種の異なる微生物を同一環境条件下で同時に生育させる培

養方法。

mixed culture

3409

細胞固定化培養

細胞を支持体に固定化した状態で行う培養技術。

immobilized cell culture

3410

仕切板形培養装置

高分子膜又はセラミックスのような多孔板で流体の流れを二つ

以上仕切った分離形反応器。

partitioned fermentor

3411

種培養

本培養を効率よく行えるように微生物又は細胞の条件を整え,か

つ,それらの数量を確保するための培養。

seed culture

3412

深部培養

液体培地中で微生物又は動植物の細胞を培養する方法。 submerged

culture

3413

生育速度

生物の単位時間当たりの生育の度合い。

growth speed (growth rate)

3414

管形バイオリアクター

流れと直角な方向には一様な速度分布をもち,流れ方向には流体

の混合も拡散もなく,反応器入口から出口に向かってピストンで

押し出されるように反応流体が移動する状態の培養装置。

tubular bioreactor

3415

増殖制限基質

細胞の増殖に対して律速的になっている栄養基質。

growth limiting substrate

3416

増殖非連動型発酵生産

生産物の生成速度が細胞濃度に比例し,細胞の増殖速度には無関

係であるような型式の発酵生産。

non-growth associated

production

3417

多段槽形培養装置

かくはん形培養装置を何段にも連ねた連続培養装置。 multi-stage

stirred

tank

reactor

3418

通気かくはん形培養装

装置下部から無菌空気を吹き込み,かくはん羽根で装置内の液を

均一に混合し,殺菌又は温度調節のためジャケット又は蛇管を付

設した培養装置。

備考  好気性微生物反応器として最も広く使用されている

装置。

jar fermentor

3419

同調培養

微生物などの細胞集団の培養において,培養系内の細胞の生活周

期を人為的にそろえ,同一周期で同時に分裂を繰り返させる培養

方法。

synchronous culture,

synchoronized culture,

phased culture

3420

倍増時間, 

倍加時間

微生物又は動植物の培養細胞で,細胞数が 2 倍になるために要す

る時間。

doubling time,

mass doubling time

3421

半回分培養

培地を添加しながら培養を行う培養方法。 semi-batch

culture


32

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3422

表面培養

培地表面で細胞を増殖させる培養方法。 surface

culture

3423

浮遊担体培養

天然若しくは人工の高分子又は無機材質の担体表面に微生物又

は動・植物組織細胞を付着又は同定化し,細胞を容器に付着させ

ることなく液体培地の中で浮遊させた状態で増殖させる培養。

carrier suspension culture

3424

浮遊培養

培養液中に細胞が浮遊した状態で行う培養技術。 suspension

culture

3425

マイクロキャリア培養

細胞を微小粒子表面に付着させ,浮遊状態で行う培養技術。 microcarrier

culture

3426

モノ−モデル

細胞の比増殖速度と制限基質濃度との関係を示す経験則。 Monod

model

3427

誘導期

新しい培地に移植された細胞が活発に増殖を開始するまでの期

間。

lag phase

3428

流加培養

回分培養において培養の進行とともにある特定の成分を逐次又

は連続的に添加し,終了まで培養液を引き抜かない培養方法。

feeding culture

(3.5)

バイオリアクター

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3501

回転円板形バイオリア

クター

固定化酵素(又は菌体)のゲル円板が回転することによって,液

相中の基質をくみ上げ,ガス状生成物を気相へ移動させる気・

液・固液バイオリアクター。

rotated disk-type bioreactor

3502

固定化菌体バイオリア

クター

固定化菌体を用いて物質の分解・合成・化学変換,環境浄化など

を行う反応装置。

immobilized cell bioreactor

3503

診断用バイオリアクタ

病気の原因や病態を判定するための生化学反応を行う装置,又は

システム。

bioreactor for diagnosis

3504

中空糸膜反応器

内径数百

µm,肉厚数十∼数百µm の細管を束ねた中空糸膜モジュ

ールを用い,中空部分,膜内,膜面,シェル側などに酵素などの

生体触媒を保持した反応器。

hollow fiber membrane

reactor

3505

分離形反応装置,

分離形バイオリアクタ

高分子,セラミックなどを素材にした多孔体を組み込んだ装置を

用いて,生物反応と生産物との分離を同時に行う反応装置。

separation attainable

bioreactor

3506

流動層バイオリアクタ

微生物菌体又は固定化微生物・酵素などの固体粒子を充てん(填)

した反応装置の下部から,液又はガスを通して固体粒子を流動化

し,発酵又は発酵反応を行う装置。

fluidized bed bioreactor

(3.6)

環境保全

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3601

汚泥齢, 

汚泥日齢

活性汚泥のばっ(曝)気槽内での平均滞留時間。 sludg age

3602

活性汚泥, 

活性スラッジ

汚水中の溶解性有機物を吸着,分解,凝集沈殿するなどの機能を

もつ細菌又は原生動物の集団。

activated sludge

3603

余剰汚泥, 

余剰スラッジ

活性スラッジ法で最後沈殿池からばっ(曝)気槽へ活性スラッジ

の一定量を循環使用した後に残る廃棄しなければならないスラ

ッジ。

excess sludge

3604

嫌気性処理

嫌気性菌の代謝活性を利用して,有機性の廃水又は廃棄物を処理

する方法。

anaerobic treatment

3605

酸化池法

浅い池に廃水を滞留させて表面ばっ(曝)気によって酸素を供給

する生物学的廃水処理法。

oxidation pond treatment

3606

散水ろ(濾)床法

表面に微生物を付着させた担体層の上部から廃水を散布する生

物学的廃水処理法。

tricking filter

3607

純酸素ばっ(曝)気法

空気の代わりに純酸素を通気する活性汚泥処理法。

aeration system using oxygen

3608

じゅん(馴)養

微生物又は動植物の細胞を新しい環境に適応させる操作。 acclimatization

3609

深層ばっ(曝)気法

水深の大きいばっ(曝)気槽を用いる活性汚泥処理法。

aeration system using a

 deep vessel


33

K 3610-1992

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3610

制限ばっ(曝)気法

一つの処理槽で嫌気処理,好気処理,沈殿,放流の一連の工程を

繰返し行う回分式の活性汚泥法。

limited aeration method

(system)

3611

生分解

高分子化合物又は有機化合物を生物の作用によって低分子化合

物又は二酸化炭素と水に分解する現象。

biodegradation

3612

発酵乾燥(コンポスト

化)

廃棄物の高分子の有機物(都市ゴミ,下水汚泥,農畜産廃棄物な

どの混合物)が好気性条件で分解又は無機化し最終生成物として

生物学的に分解困難で生物学的に安定な腐植質に変換する方法。

composting

3613

BOD

センサー

固定化微生物を組み込んだ BOD 測定用機器。 BOD

sensor

3614

微生物汚染

(1)

社会的には細菌,有毒物質,放射性物質などによる環境(水

質,大気,土壌)の悪化。

(2)

微生物学では目的とする微生物以外の雑菌などの混入。

microbial contamination

3615

微生物分解

微生物の作用による物質の低分子化。 microbial

degradation

3616

富栄養化

栄養源に富み,生物活動が活発な水域に遷移する現象。 eutrophication

3617

返送比

汚水処理プロセスにおいて流入汚水に対する返送処理水又は返

送活性スラッジの比率。

recirculation ratio

3618

ラグーン法

汚水を池に導き,水面から吸収される酸素又は藻類の炭酸同化作

用によって発生する酸素を利用して好気性微生物が有機物を分

解することを特徴とする生物的廃水処理方法。

lagoon treatment

(3.7)

操作,手法及び技術

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3701

けい(珪)藻土ろ(濾)

過法

けい藻土をあらかじめ支持面に積層(コンブレート)し,その層

でろ(濾)過する方法。

diatomaceous earth filtration

3702

酵素免疫測定法

抗体(又は抗原)の特異性を利用して抗原抗体物質を検出・定量

する方法で,酵素標識した抗体(又は抗原)を利用する方法。

enzyme immunoassay

3703

自己消化法, 

自己溶菌法

細胞又は組織自体がもつ酵素の作用によって細胞組織を破壊す

る方法。

autolysis method

3704

除菌膜

気体中や液体中に混在する微生物を除去するためのろ(濾)過膜。

membrane for separation of

microorganisms

3705

浸透圧処理

細胞内成分を取り出すために,高濃度の塩や糖の水溶液を用いて

浸透圧を変えることによって細胞膜を破壊する方法。

osmotic pressure treatment

3706

凍結融解処理

微生物細胞などの生体材料を凍結し,更に融解する操作を繰り返

して,たん白質などの成分を抽出する方法。

freezing and thawing method

3707

バイオアッセイ, 

生物学的定量法

ある物質を生体に与えて,それに対する生物反応から,その物質

の含有量,構成成分及び効力を推定する方法。

bioassay,

biological assay

3708

融合チャンバー

電気的細胞融合を行わせるため,電界を印加する一対の電極を備

えた容器。

fusion chamber


34

K 3610-1992

JIS K 3610

  原案作成委員会本委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

香  川  靖  雄

自治医科大学医学部

(副委員長)

大  島  泰  郎

東京工業大学生命理工学部

佐  竹  一  夫

東京理科大学理学部

津  田  圭四郎

北海道東海大学工学部

脊  山  洋  右

東京大学医学部

菊  地      眞

防衛医科大学校

奥  山  典  生

東京都立大学理学部

増  田      優

通商産業省基礎産業局

細  川  幹  夫

工業技術院標準部

田  中  英  明

工業技術院化学技術研究所

白  木      勝

工業技術院微生物工業技術研究所

坂  井      士

工業技術院繊維高分子材料研究所

前  田  英  勝

工業技術院微生物工業技術研究所

久  保  安  正

日本化学技術情報センター

(事務局)

柴  田      雄

財団法人日本規格協会

細胞工学分科会  構成表

氏名

所属

(主査)

脊  山  洋  右

東京大学医学部

(副主査)

前  田  英  勝

工業技術院微生物工業技術研究所

吉  倉      廣

東京大学医学部

永  井  和  夫

東京工業大学工学部

山  本  健  一

工業技術院標準部

宮  入  祥  夫

工業技術院化学技術研究所

結  城      惇

雪印乳業株式会社

中  野  衞  一

キッコーマン株式会社

奥  山  大  策

メルシャン株式会社

福  井  史  生

昭和産業株式会社

田  仲  昭  子

森永乳業株式会社

奥  村      康

アサヒビール株式会社

佐久間  定  俊

明治乳業株式会社

(事務局)

柴  田      雄

財団法人日本規格協会

たん白質工学分科会  構成表

氏名

所属

(主査)

坂  井      士

工業技術院繊維高分子材料研究所

今  中  忠  行

大阪大学工学部

中  村  泰  治

昭和大学薬学部

大  倉  一  郎

東京工業大学

地  神  芳  文

工業技術院化学技術研究所

三  宅      淳

工業技術院微生物工業技術研究所

山  本  健  一

工業技術院標準部

玉  沖  英  恒

三共株式会社

増  保  安  彦

帝人株式会社

藤  本  秀  喜

三菱油化株式会社

(事務局)

柴  田      雄

財団法人日本規格協会


35

K 3610-1992

生体反応工学分科会  構成表

氏名

所属

(主査)

前  田  英  勝

工業技術院微生物工業技術研究所

山  本  健  一

工業技術院標準部

一  条  久  夫

工業技術院繊維高分子材料研究所

田  中  重  信

通商産業省北海道工業開発試験所

中  嶋  光  敏

農林水産省食品総合研究所

長谷川  淳  三

鐘渕化学工業株式会社

高  木  基  福

日本鉱業株式会社

山  田  富  明

日揮株式会社

上  島  孝  之

ノボノルディスクバイオインダストリー株式会社

長  棟  輝  行

理化学研究所

(事務局)

柴  田      雄

財団法人日本規格協会