>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 3302

:2007

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS K 3302:1985 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 K

3302

:2007

固形洗濯石けん

追補 1)

Laundry Bar Soaps

(Amendment 1)

JIS K 3302:1985

を,次のように改正する。

4.

(試験試料調製方法)の JIS K 3304(せっけん試験方法)を,JIS K 3304(石けん試験方法)に置き換え

る。 

5.2

(水分)の JIS K 3304 の 5.1.2 を,JIS K 3304 の 7.1(水分)に置き換える。 

5.3

(純石けん分)の JIS K 3304 の 5.4 を,JIS K 3304 の 7.4(純石けん分)に置き換える。

5.4

(遊離アルカリ)の JIS K 3304 の 5.5 を,JIS K 3304 の 7.5(遊離アルカリ)に置き換える。 

5.5

(石油エーテル可溶分)の JIS K 3304 の 5.2 を,JIS K 3304 の 7.2(石油エーテル可溶分)に置き換え

る。 

5.6

(エタノール不溶分)の JIS K 3304 の 5.7 を,JIS K 3304 の 7.7(エタノール不溶分)に置き換える。 

引用規格欄の JIS K 3304 せっけん試験方法を,JIS K 3304 石けん試験方法に置き換える。 

対応国際規格欄の“ISO 673-1974”を,“ISO 673-1981”に置き換える。