>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 2601

: 19

98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 2601 : 1998

原油試験方法

ISO 3680 : 1983

ぺンキ,ニス,石油製品及び関連製品−引火/未引火試験方法−迅速平衡法

ISO 9030 : 1990

原油−水でい分試験方法−遠心分離法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際

規格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との

一致が困難な理由及
び今後の対策

(1)

適用範囲

○  原油

ISO 3680

○ ペンキ,ニス,石油製品

及び関連製品

= JIS は原油だけを対象とし

ている。

ISO 9030

○ JIS と同等。

= JIS は原油だけを対象とし

ている。

(2)

試験方法の種類

ISO

に規定されていない。

(3)

引火点試験方法

①  試験の原理

○  操作概要を記載。

ISO 3680

○ JIS と同等。

②  迅速平衡式引火点試験器  ○  試験器具及び試験器の性能,寸法など

を規定。

同上

○ 同上

③  試料の採取及び調製

○  試料採取方法及び試料の保存法を規

定。

同上

○ 同上

④  試験器の準備

○  試験器の置き場所を規定。

同上

○ 同上

⑤  温度の設定

○  温度の気圧補正法を計算式を用いて

規定。

同上

○ 温 度 の 気 圧 補 正 法 を

4kPa

当たり 1℃と規定。

= 気圧補正,JIS は計算式

ISO

は 4kPa 当たり 1℃。

試験精度の確保。

⑥  試験の手順

○  設定温度が室温を超える場合と室温

以下の場合を規定。

同上

○ JIS と同等。

⑦  計算結果及び精度

○  設定温度で引火又は未引火を表す。

同上

○ 同上

⑧  試験結果の報告

○  報告事項を規定。

同上

○ 同上

(4)

水でい分試験方法

①  試験の原理

○  操作概要を記載。

ISO 9030

○ JIS と同等。

②  水でい分試験器

○  装置及び試験器具を規定。目盛試験管

の目盛精度及び精度確認の規定。

同上

○ 同上

③  試薬

○  水飽和トルエンを附属書で規定。解乳

化剤を規定。

同上

○ 同上

④  試料採取及び調製

○  試料採取法及び試料の均一化法を附

属書で規定。

同上

○ 同上


 

2

K 2601

: 19

98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との

一致が困難な理由及
び今後の対策

⑤  試験の手順

○  試験温度:49℃,60℃。

参考で 60℃を超えて測定可能。

同上

○ 試験温度:49℃,60℃。 =

⑥  計算結果及び精度

○  図,表を用いて規定。試験温度の明記

を規定。

同上

○ 図,表を用いて規定。

= JIS は試験温度の明記を規

定。

使 用 者 の 利 便 性 を 考
慮。

⑦  試験結果の報告

○  報告事項を規定。

同上

○ JIS と同等。

(5)

塩分試験方法(滴定法)

ISO

に規定されていない。

(6)

塩分試験方法(導電率法)

ISO

に規定されていない。

(7)

原油常圧法蒸留試験方法

ISO

に規定されていない。

(8)

ワックス分試験方法

ISO

に規定されていない。

(9)

硫化水素分試験方法

ISO

に規定されていない。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す(軽微な技術上の差異及び編集上の差異がある。)。