>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2503

:2010

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS K 2503:1996 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 K

2503

:2010

航空潤滑油試験方法

(追補 1)

Testing method of lubricating oil for aircraft

(Amendment 1)

JIS K 2503:1996

を,次のように改正する。

1.

(適用範囲)の

備考 4.を,削除する。

2.

(用語の定義)の

1)(沈殿価)の“沈殿用ナフサ”を“ヘキサン”に置き換える。

4.1

(試験の原理)の“沈殿用ナフサ”を“ヘキサン”に置き換える。

4.2

(試薬)の“

表 の規定に適合する沈殿用ナフサ”を,“JIS K 8848 に規定するへキサン”に置き換え

る。

4.2

(試薬)の

表 2(沈殿用ナフサの性状)を,削除する。

4.5

(試験の手順)の

2)の“沈殿用ナフサ”を,“ヘキサン”に置き換える。

4.7

(精度)の

備考の“試験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402 の規定によって処理する。”を,“試

験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402-6 の規定によって処理する。

”に置き換える。

5.2

(試薬)の

10

(ナフサ)の

ナフサをヘキサンに,また,

表 に規定する沈殿用ナフサ又は JIS K 8848

に規定するへキサン”を,

JIS K 8848 に規定するへキサン”に置き換える。

5.2

(試薬)の

表 5(沈殿用ナフサの性状)を,削除する。

5.5

(試験の手順)の

3)の“ナフサ”を,“ヘキサン”に置き換える。

5.6.2

(精度)の

備考 2.の“試験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402 の規定によって処理する。”を,

“試験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402-6 の規定によって処理する。

”に置き換える。


2

K 2503

:2010

   

6.3

(ふるい)の“JIS Z 8801 に規定する目開き 75 μm の金属製網で,適切な形状・寸法のもの。

”を,

JIS 

Z 8801-1

に規定する目開き 75 μm の金属製網で,適切な形状・寸法のもの。

”に置き換える。

7.2

(試薬)の

1)(キシレン)の“JIS K 2435 に規定する 3 度キシレン又は 5 度キシレン。又は,”を,

削除する。

7.7

(精度)の

備考の“試験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402 の規定によって処理する。”を,“試

験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402-6 の規定によって処理する。

”に置き換える。

8.5

(試験の手順)の

9)の“未酸化油と酸化油との残留炭素分を JIS K 2270 の規定によって測定する。”

を,

“未酸化油と酸化油との残留炭素分を JIS K 2270-1 又は JIS K 2270-2 の規定によって測定する。

”に置

き換える。

8.6.2

(精度)の

備考の“試験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402 の規定によって処理する。”を,

“試験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402-6 の規定によって処理する。

”に置き換える。

9.4.1

(試験片)の

4

(カドミウムめっき鋼)の

備考の“鋼素地に JIS H 8611 に規定する MFCdIII を施し

たものがこれに相当する。

”を,

“鋼素地に JIS H 8611 に規定する 3 級(8 μm めっき)を施したものがこれ

に相当する。

”に置き換える。

9.4.1

(試験片)の

5

(マグネシウム合金)の

表 10(マグネシウム合金の化学組成)の備考を,削除する。

9.4.2

(研磨材)の

1

(研磨紙)の“炭化けい素研磨材で,粒度が P240“又は#240”の研磨布又は研磨紙。

を,

“炭化けい素質研磨材で,粒度が P240 の研磨布又は研磨紙。

”に置き換える。また,

参考を,削除す

る。

付表 1(引用規格)の JIS H 3100  銅及び銅合金の板及び条を,JIS H 3100  銅及び銅合金の板並びに条に

置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS H 4201  マグネシウム合金板を,JIS H 4201  マグネシウム合金板及び条に置き

換える。

付表 1(引用規格)の JIS K 0557  化学分析用の水を,JIS K 0557  用水・排水の試験に用いる水に置き換

える。

付表 1(引用規格)の JIS K 2256  石油製品アニリン点及び混合アニリン点試験方法を,JIS K 2256  石油

製品−アニリン点及び混合アニリン点試験方法に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS K 2270  原油及び石油製品−残留炭素分試験方法を,JIS K 2270-1  原油及び石

油製品−残留炭素分の求め方−第 1 部:コンラドソン法及び JIS K 2270-2  原油及び石油製品−残留炭素


3

K 2503

:2010

分の求め方−第 2 部:ミクロ法に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS K 2435  ベンゼン・トルエン・キシレンを,削除する。

付表 1(引用規格)の JIS Z 8402  分析・試験の許容差通則を,JIS Z 8402-6  測定方法及び測定結果の精

確さ(真度及び精度)−第 6 部:精確さに関する値の実用的な使い方に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS Z 8801  試験用ふるいを,JIS Z 8801-1  試験用ふるい−第 1 部:金属製網ふる

いに置き換える。