>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2438

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS K 2438:1990 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 K

2438

:2006

ピリジン類(ピリジン・ピコリン・キノリン)

(追補1)

Pyridine Bases(Pyridine

・Picoline・Quinoline)

(Amendment 1)

JIS K 2438:1990

を,次のように改正する。

4.3.2

の JIS K 2249(原油及び石油製品の密度試験方法並びに密度・質量・容量換算表)の 4.3

振動密度計

算法を,JIS K 2249(原油及び石油製品−密度試験方法及び密度・質量・容量換算表)の 5.10 計算方法及

び精度に置き換える。

4.5.1(3.1)

備考の JIS K 0068 の 2.12)(d)を,JIS K 0068 の 6.3.3 k1)に置き換える。

4.5.1(3.3)

の JIS K 8891[メタノール(メチルアルコール)(試薬)]を,JIS K 8891[メタノール(試薬)]に置

き換える。

4.5.2(3.1)(b)

参考 1.の JIS C 2101(電気絶縁油試験方法)の 19.3.31)を,JIS C 2101(電気絶縁油試験

方法)の 20.4.3 a)に置き換える。

4.5.2(3.1)(b)

参考 1.の JIS K 0113(電位差・電流・電量滴定法通則)の 6.4.26)を,JIS K 0113(電位差・

電流・電量・カールフィッシャー滴定方法通則)の 8.1.2 k)に置き換える。

4.5.2(3.2)

の JIS K 8895[2-メトキシエタノール(エチレングリコールモノメチルエーテル)(試薬)]を,JIS 

K 8895

[2-メトキシエタノール(試薬)]に置き換える。

4.6

の JIS K 0114(ガスクロマトグラフ分析のための通則)を,JIS K 0114(ガスクロマトグラフ分析通則)

に置き換える。

4.6.1(6)

の JIS K 0114 の 8.32)を,JIS K 0114 の 11.3 b)に置き換える。

4.6.1(6)

(

8

)

の JIS K 0114 の 8.6 を,JIS K 0114 の 11.6 に置き換える。


2

K 2438

:2006

   

4.6.2(2)

の JIS K 0114 の 8.32)の接線法を,JIS K 0114 の 11.3 b3)の接線法に置き換える。

4.6.3(2)

の JIS K 0114 の 8.32)の垂線法を,JIS K 0114 の 11.3 b1)の垂直法に置き換える。

4.9.1(2)(a)

の JIS K 8163  ヘキサクロロ白金(IV)酸カリウム(塩化白金酸カリウム)(試薬)を,JIS K 8163  ヘキ

サクロロ白金(IV)酸カリウム(試薬)に置き換える。

引用規格の JIS B 7525  比重浮ひょうを,JIS B 7525  密度浮ひょうに置き換える。

引用規格の JIS K 0113  電位差・電流・電量滴定方法通則を,JIS K 0113  電位差・電流・電量・カールフ

ィッシャー滴定方法通則に置き換える。

引用規格の JIS K 0114  ガスクロマトグラフ分析のための通則を,JIS K 0114  ガスクロマトグラフ分析通

則に置き換える。

引用規格の JIS K 2249 原油及び石油製品の密度試験方法並びに密度・質量・容量換算表を,JIS K 2249

原油及び石油製品―密度試験方法及び密度・質量・容量換算表に置き換える。

引用規格の JIS K 8163  ヘキサクロロ白金(IV)酸カリウム(塩化白金酸カリウム)(試薬)を,JIS K 8163  ヘキ

サクロロ白金(IV)酸カリウム(試薬)に置き換える。

引用規格の JIS K 8891  メタノール(メチルアルコール)(試薬)を,JIS K 8891  メタノール(試薬)に置き換え

る。

引用規格の JIS K 8895 2-メトキシエタノール(エチレングリコールモノメチルエーテル)(試薬)を,JIS K 

8895 2-

メトキシエタノール(試薬)に置き換える。