>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2435-3

:2006

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本芳香族工業会(JAIA)/財団法人

日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって JIS K 2435:1992 は廃止され,JIS K 2435-1JIS K 2435-2 及び JIS K 2435-3 に置き換えら

れる。

今回の制定に当たっては日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及

び日本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするため,ISO 5280:1979,

(Xylene for industrial

use-Specification

)を基礎として用いた。また,日本工業規格と国際規格との対比を容易にするため,JIS K 

2435

を 3 部に分割した。また,前回の改正から今回の改正にかけて,ISO 5280:1979 の品質項目に規定さ

れている項目を測定するために引用されている規格の多くは廃止されているが,この規格では品質項目に

規定している項目の測定方法は品質を確保するためすべて残すこととした。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。

JIS K 2435-3

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 2435

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS K 2435-1

  第 1 部:ベンゼン

JIS K 2435-2

  第 2 部:トルエン

JIS K 2435-3

  第 3 部:キシレン


K 2435-3

:2006

(2)

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

4.

  品質

1

5.

  試験方法

2

5.1

  一般事項 

2

5.2

  試料の採取及び調製

2

5.3

  外観

2

5.4

  色 

2

5.5

  密度又は比重 

2

5.6

  全硫黄分 

3

5.7

  銅板腐食試験 

3

5.8

  中性度試験 

3

5.9

  ガスクロマトグラフィーによる成分試験 

3

5.10

  蒸留試験 

9

5.11

  硫酸着色試験 

10

5.12

  蒸発残分 

10

5.13

  臭素価試験 

10

5.14

  臭素指数試験 

10

6.

  表示

10

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

11


日本工業規格

JIS

 K

2435-3

:2006

ベンゼン・トルエン・キシレン−第 3 部:キシレン

Benzene

・Toluene・Xylene

Part3:Xylene

序文  この規格は,1979 年に第 1 版として発行された ISO 5280,Xylene for industrial use-Specification を翻

訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

警告  キシレンは,引火性の強い危険物であり,火災・爆発などの危険があるので,特に火気,静電気

などに注意するとともに,取り扱いには万全の注意が必要である。さらに,健康有害性の強い物

質であるため,取扱い上,蒸気の吸入,皮膚接触などを避けるように十分な注意が必要である。

また,大気,水質の汚染を防止するため,試料採取時の洗浄廃液,試験終了後の試料の処分など

についてもできる限り回収する必要がある。この規格は,その使用に関連して起こりうるすべて

の安全上の問題を取り扱おうとするものではない。この規格の利用者は,各自の責任において安

全及び健康に対する適切な措置を取らなければならない。

1.

適用範囲  この規格は,工業用(溶剤用を含む。)キシレンについて規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を示す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 5280:1979

,Xylene for industrial use-Specification(MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

      JIS K 2410    芳香族製品及びタール製品用語

      JIS K 2435-1  ベンゼン・トルエン・キシレン−第 1 部:ベンゼン

      JIS K 8680    トルエン(試薬)

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS K 2410 による。

4.

品質  キシレンは,品質によって2種類に区分し,その品質は,5.によって試験したとき,表 による。


2

K 2435-3

:2006

1  品質

種類

キシレン 1 号

キシレン 2 号

外観(

1

)

透明で,かつ,不溶解水分,沈殿物及び浮遊物を含まないこと。

ハーゼン(白金・コバルト)標準比色液 20 番より暗くないこと。

密度(20  ℃)  g/cm

3

 0.855

∼0.870

密度又は 
比重(

2

)

比重(15/4  ℃)

0.859

∼0.874

全硫黄分                                mg/kg 10

以下

銅板腐食試験

わずかに変色

中性度試験

中性

非芳香族炭化水素              %  (質量分率) 1.0 以下 2.0 以下

トルエン                              %  (質量分率) 1.0 以下 1.5 以下

C

8

芳香族炭化水素              %  (質量分率) 98 以上(

3

) 97

以上(

3

)

C

9

芳香族炭化水素              %  (質量分率) 1.0 以下 1.5 以下

蒸留試験          (脱水試料につき)

受渡当事者間の協定による。

硫酸着色試験  (脱水試料につき)

標準比色液 6 番より暗くないこと。

蒸発残分                 mg/100 mL

5

以下

臭素価                                            g/100 g

受渡当事者間の協定による。

臭素指数                   mg/100 g

受渡当事者間の協定による。

(

1

目視による。

(

2

密度又は比重のいずれかを適用する。

(

3

)  o-

キシレン,m-キシレン,p-キシレン及びエチルベンゼンの合計量。 

5.

試験方法

5.1

一般事項  試験の一般事項は,JIS K 2435-1 の 5.1 による。

5.2

試料の採取及び調製  試料の採取及び調製は,JIS K 2435-1 の 5.2 による。

5.3

外観  外観試験は,JIS K 2435-1 の 5.3 による。

5.4

色  色の測定は,JIS K 2435-1 の 5.4 による。

5.5

密度又は比重  密度又は比重の測定は,次に規定する計算のほかは,JIS K 2435-1 の 5.5 又は JIS K 

2435-1

附属書による。

5.5.1

  計算  密度(15  ℃及び 20  ℃)は,密度(15  ℃)を目盛った 15  ℃基準の浮ひょうを用いるとき,次に

よって算出し,小数点以下 4 けたに丸める。器差の補正は,浮ひょうの示度から器差を減じて行う。ただ

し,小数点以下 3 けたまでの精度で測定値を求めるときは,これを省略してもよい。

1)  D

20

=   D

t

 [1-0.000 023(t-15)]+ 0.000 85 (t-20)

2)  D

15

=   D

t

 [1-0.000 023(t-15)]+ 0.000 85 (t-15)

ただし,必要な精度が,小数点以下 3 けた以下のときは,次の式を用いることができる。

3) 

D

20

D

t

+0.000 85 (t-20)

ここに,

D

15

: 密度(15  ℃)(g/cm

3

)

D

20

: 密度(20  ℃)(g/cm

3

)

D

t

: t  ℃における密度の測定値(g/cm

3

)

t

: 測定温度(℃)

0.000 023

: 測定器の熱膨張率(℃

-1

)

0.000 85

: 比重−温度補正係数(℃

-1

)


3

K 2435-3

:2006

5.6

全硫黄分  全硫黄分の測定は,JIS K 2435-1 の 5.6 による。

5.7

銅板腐食試験  銅板腐食試験は,JIS K 2435-1 の 5.7 による。

5.8

中性度試験  中性度試験は,JIS K 2435-1 の 5.8 による。

5.9

ガスクロマトグラフィーによる成分試験  ガスクロマトグラフィーを用いて,キシレン中に 0.01  %

(質量分率)以上含まれる非芳香族炭化水素,トルエン,C

9

芳香族炭化水素及びキシレン中に含まれる各

8

芳香族炭化水素の成分試験(異性体試験)を行う。

  異性体試験は,5.9.1 のキャピラリーカラム法又は 5.9.2 の充てんカラム法のいずれかによって行う。

5.9.1

キャピラリーカラム法

5.9.1.1

要旨  キャピラリーカラムを用いるガスクロマトグラフィーによって試料を分離し,クロマトグ

ラムのピーク面積から補正面積百分率法によって各成分の量を求める。

非芳香族炭化水素は,デカンとして測定する。

5.9.1.2

装置及び器具  装置及び器具は,JIS K 2435-1 の 5.9.1.2 による。

5.9.1.3

試薬及びキャリヤーガス  試薬及びキャリヤーガスは,次による。

a)

試薬  試薬は,次のとおりとする。

1)

トルエン  JIS K 8680 に規定するもの。

2)

エチルベンゼン  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

3)

  p-

キシレン  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

4)

  m-

キシレン  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

5)

  o-

キシレン  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

6)

  (1-

メチルエチル)ベンゼン(クメン)  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

7)

プロピルベンゼン  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

8)

  1-

メチル-3-エチルベンゼン  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

9)

  1-

メチル-4-エチルベンゼン  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

10)

デカン  純度 99  %(質量分率)以上のもの。

b)

キャリヤーガス  JIS K 2435-1 の 5.9.1.3 b)による。

5.9.1.4

装置の準備  装置の準備は,次による。

a)

分離カラムの前処理  JIS K 2435-1 の 5.9.1.4 a)による。

b)

  装置の調整  全装置を作動状態に調整し,それぞれ 0.01  %(質量分率)のデカン及び(1-メチルエチ

ル)ベンゼンを含む試料 0.1∼2 µL を注入したときのクロマトグラムにおいて,各ピークの高さは,ノイ

ズレベルの 2 倍以上であることを確認する。

5.9.1.5

検量  検量は,次による。

a)

検量用標準試料の調製  5.9.1.3 a)の試薬を化学はかりを用いてはかりとり,被検成分に近い段階的な 3

種類の濃度の検量用標準試料を調製する。

  非芳香族炭化水素成分は,デカンを混合する。

b)

相対感度の求め方  JIS K 2435-1 の 5.9.1.5 b)による。

c)

保持時間の測定    JIS K 2435-1 の 5.9.1.5 c)による。

5.9.1.6

操作  全測定操作は,検量時と厳密に同一条件の下で行う。

操作条件は,使用機種及びカラムの長さによって異なるので,各機種について最適条件を求める。キャ

ピラリーカラム法による操作条件及び相対保持時間の例を

表 に,クロマトグラムの例を図 に示す。


4

K 2435-3

:2006

  2  キャピラリーカラム法による操作条件及び相対保持時間の例

操作条件

固定相液体

ポリエチレングリコール−20 M

固定相膜厚  µm 0.25

カラム用管内径及び長さ  mm×m 0.25×60

カラム槽温度  ℃ 80

試料導入部温度  ℃ 200

キャリヤーガス

ヘリウム

キャリヤーガス流量  mL/min 2

検出器

水素炎イオン化検出器

水素流量  mL/min 45

空気流量  mL/min 550

試料導入量  µL 1

スプリット比 100:1

最小面積  µVs 10

全面積  µVs 1

0

000

記録紙送り速度  mm/min 5

相対保持時間

デカン 0.67

トルエン 0.76

エチルベンゼン 1.00

p-

キシレン 1.02

m-

キシレン 1.05

o-

キシレン 1.20

(1-メチルエチル)ベンゼン 1.15

プロピルベンゼン 1.29

1-

メチル-4-エチルベンゼン 1.34

1-

メチル-3-エチルベンゼン 

1.35


5

K 2435-3

:2006

  1  キャピラリーカラム法によるクロマトグラムの例

5.9.1.7

計算  JIS K 2435-1の5.9.1.7による。

5.9.1.8

精度  試験結果が正しいか否かは,次の基準によって判定する。

a)

室内併行精度  同一試験室において,同一人が同一試験器で引き続き短時間内に同一試料を2回試験し

たとき,試験結果の差が

3に示す許容差を超えない場合は,その試験結果はいずれも正しいものと認め

る。

b)

室間再現精度  異なる試験室において,別人が別の試験器で同一試料をそれぞれ1回ずつ試験したと

き,2個の試験結果の差が

3に示す許容差を超えない場合は,その試験結果はいずれも正しいものと認め

る。

  3  精度の許容差

濃度範囲

許容差(相対%)

許容差(%)

対象

成分

(質量%)

室内併行精度

室間再現精度

室内併行精度

室間再現精度

非芳香族炭化水素 0.01∼2.5 20

40

トルエン 0.01∼2.0 15

30

エチルベンゼン

1

∼90

0.8 1.5

p-

キシレン

1

∼90

0.5 1.0

m-

キシレン

1

∼90

0.8 1.5

o-

キシレン

1

∼90

0.5 1.0

キシレン

9

芳香族炭化水素 0.01∼2.0

25 50

備考  許容差の相対%は,平均値に対する差の割合,%。


6

K 2435-3

:2006

5.9.2

充てんカラム法

5.9.2.1

要旨  充てんカラムを用いたガスクロマトグラフによって成分を分離し,クロマトグラムのピー

ク面積から補正面積百分率によって各成分の含量を求める。

非芳香族炭化水素は,デカンとして測定する。

また,この方法では,二硫化炭素は,非芳香族炭化水素として測定される。

5.9.2.2

装置及び器具  装置及び器具は,JIS K 2435-1 の 5.9.2.2 による。

5.9.2.3

担体,試薬及びキャリヤーガス  担体,試薬及びキャリヤーガスは,次による。

a)

担体  JIS K 2435-1 の 5.9.2.3 a)による。

b)

試薬  5.9.1.3 a)による。

c)

充てん剤用試薬

1) 

非芳香族炭化水素及びトルエンの分離測定を主な目的とする場合  ジエチレングリコールサクシ

ネートポリエステル(DEGS)。

参考  その他の固定相液体には,ポリエチレングリコール-6 000,ポリエチレングリコール-20 M,

[1,2,3-

トリス(2-シアノエトキシ)プロパン]などがある。

2) 

キシレンの各異性体及び C

9

の芳香族炭化水素を分離測定する必要のある場合  ジエチレングリコ

ールサクシネートポリエステル及びジメチルジオクタデシルアンモニウムベントナイト(ベントン

34)

を 8:5 の質量比でよく練り合わせて均一な混合物にしたもの。

    参考  その他の固定相液体には,シリコーン DC 200:10  %(質量分率)及びベントン 34:5  %(質

量分率)との混合物などがある。

5.9.2.4

装置の準備  装置の準備は,次による。

a)

分離カラムの前処理  使用温度で数時間キャリヤーガスを通じ,十分に揮発性物質を除去する。この

場合,溶出ガスは,検出器を汚染するおそれがあるので,検出器を通さない。

b)

装置の調整  全装置を作動状態として調整し,それぞれ 0.01  %(質量分率)のデカン及び(1-メチル

エチル)ベンゼンを含む試料 0.1∼2 µL を注入したときのクロマトグラムにおいて,各ピークの高さ

は,ノイズレベルの 2 倍以上であることを確認する。

5.9.2.5

検量  検量は,次による。

a)

検量用標準試料の調製  5.9.1.3 a)の試薬を化学はかりを用いてはかりとり,被検成分に近い段階的な 3

種類の濃度の検量用標準試料を調製する。

    ただし,非芳香族炭化水素分としては,デカンを混合する。

b)

相対感度の求め方  JIS K 2435-1 の 5.9.2.5 b)による。

c)  

保持時間の測定  JIS K 2435-1 の 5.9.2.5 c)による。

5.9.2.6

操作  全測定操作は,検量時と厳密に同一条件の下で行う。

操作条件は,使用機器及びカラムの長さによって異なるので,各機器について最適条件を求める。充て

んカラム法による操作条件及び相対保持時間の例を

表 及び表 に,クロマトグラムの例を図 及び図 3

に示す。


7

K 2435-3

:2006

  4  充てんカラム法による操作条件及び相対保持時間の例

操作条件

固定相液体

ジエチレングリコールサクシネートポリエステル

固定相液保持量  %(質量分率) 25

担体  µm

けい藻土  177∼250

カラム用管内径及び長さ  mm×m 3×3

カラム槽温度  ℃ 100

気化室温度  ℃ 200

検出器槽温度  ℃ 150

キャリヤーガス

窒素

キャリヤーガス流量  mL/min 30

検出器

水素炎イオン化検出器

水素流量  mL/min 20

空気流量  mL/min 600

試料導入量  µL 0.5

記録紙送り速度  mm/min 10

相対保持時間

デカン 0.18

トルエン 0.70

エチルベンゼン 1.00

p-

キシレン及び m-キシレン 1.08

o-

キシレン 1.39

  1

  2

  3

  4

  5

  6

  7

  8

  9  充てんカラム法によるクロマトグラムの例

  2  充てんカラム法によるクロマトグラムの例


8

K 2435-3

:2006

  5  充てんカラム法による操作条件及び相対保持時間の例

操作条件

固定相液体〔固定相液体保持量(%)

ジエチレングリコールサクシネートポリエステル(8)

(

質量分率))

ジメチルジオクタデシルアンモニウムベントナイト(5)

担体  µm

けい藻土  149∼177

カラム用管内径及び長さ  mm×m 3×6

カラム槽温度  ℃ 100

気化室温度  ℃ 200

検出器槽温度  ℃ 150

キャリヤーガス

窒素

キャリヤーガス流量  mL/min 30

検出器

水素炎イオン化検出器

水素流量  mL/min 20

空気流量  mL/min 600

試料導入量  µL 0.5

記録紙送り速度  mm/min 10

相対保持時間

デカン 0.44

トルエン 0.68

エチルベンゼン 1.00

p-

キシレン 1.06

m-

キシレン 1.14

o-

キシレン 1.35

(1-メチルエチル)ベンゼン 1.24

プロピルベンゼン 1.54

1-

メチル-4-エチルベンゼン 1.60

1-

メチル-3-エチルベンゼン 

1.68

  3  充てんカラム法によるクロマトグラムの例


9

K 2435-3

:2006

5.9.2.7

計算  JIS K 2435-1 の 5.9.2.7 による。

5.9.2.8

  精度  試験結果が正しいか否かは,次の基準によって判定する。

a) 

室内併行精度  同一試験室において,同一人が同一試験器で引き続き短時間内に同一試料を 2 回試験

したとき,試験結果の差が

表 に示す許容差を超えない場合は,その試験結果はいずれも正しいもの

と認める。

b) 

室間再現精度  異なる試験室において,別人が別の試験器で同一試料をそれぞれ 1 回ずつ試験したと

き,2 個の試験結果の差が

表 に示す許容差を超えない場合は,その試験結果はいずれも正しいもの

と認める。

  6  精度の許容差

濃度範囲

許容差(相対%)

許容差(%)

対象

成分

%(質量分率) 室内併行精度

室間再現精度

室内併行精度

室間再現精度

非芳香族炭化水素 0.01∼2.5 20

40

トルエン 0.01∼2.0 15

30

エチルベンゼン

 10

∼ 45

0.8 1.8

p-

キシレン

 10

∼ 25

0.9 1.7

m-

キシレン

 25

∼ 50

1.2 2.6

o-

キシレン

 10

∼ 25

0.9 1.5

キシレン

9

芳香族炭化水素 0.01∼2.0 30

60

備考  許容差の相対%は,平均値に対する差の割合,%。

5.10 

蒸留試験  次に規定する温度計のほかは,JIS K 2435-1 の 5.10 による。

5.10.1

温度計  表 に示す浸没線付ガラス製水銀棒状温度計。

  7  水銀棒状温度計

液体

水銀

液上に満たす気体

窒素

温度範囲  ℃

   128

∼ 151

最小目盛  ℃

     0.1

全長  mm

   258

± 10

幹の直径  mm

          6

∼ 7

大水銀球の直径    mm

          5

∼ 6

大水銀球の長さ  mm

    10

∼ 15

大水銀球の下端から最低刻度線までの距離  mm

   115

∼ 120

温度計の上端から最高刻度線までの距離  mm

    20

∼ 45

大水銀球の下端から浸線までの距離  mm

   110

大水銀球の上端から小水銀球の上端までの距離  mm

約 20

許容差  ℃

     0.1

参考  最小目盛 1℃でよいときは,表 に示す水銀棒状温度計を

                        用いてもよい。


10

K 2435-3

:2006

  8  水銀棒状温度計

温度範囲  ℃ 0

∼ 250

最小目盛  ℃

              1

全長  mm

     320

± 10

幹の直径  mm

              6

± 1

水銀球の下端から 0℃目盛までの距離  mm

            50

± 5

水銀球の長さ  mm

            13

± 2

水銀球の直径  mm

              5.0

± 0.5

5.11

  硫酸着色試験  硫酸着色試験は,JIS K 2435-1 の 5.11 による。

5.12

  蒸発残分  蒸発残分の測定は,JIS K 2435-1 の 5.12 による。

5.13

  臭素価試験  臭素価試験は,JIS K 2435-1 の 5.13 による。

5.14

  臭素指数試験  臭素指数試験は,JIS K 2435-1 の 5.14 による。

6.

  表示  キシレンの容器には,次の事項を表示しなければならない。ただし,大形容器(タンクローリ

ー,貨車など)の場合には,送り状に表示してもよい。

a)

  種類

例  キシレン1号

b)

  正味質量又は正味容量

c)

  製造業者名又はその略号

d)

  製造年月又はその略号

e)

  製造番号又はロット番号

関連規格  ISO 1523:2002    Determination of flash point−Closed cup equilibrium method

ISO 2160:1998

  Petroleum products−Corrosiveness to copper−Copper strip test

ISO 2211:1973

  Liquid chemical products−Measurement of colour in Hazen units (platinum-cobalt

scale)

ISO 3679:1983

  Paints, varnishes, petroleum and related products−Determination of flashpoint−

Rapid equilibrium method

ISO 4626:1980

  Volatile organic liquids−Determination of boiling range of organic solvents used as

raw materials

ISO 5275:2003

  Petroleum products and hydrocarbon solvents−Detection of thiols and other sulfur

species

−Doctor test

ISO 6271:1981

  Clear liquids−Estimation of colour by the platinum-cobalt scale


11

K24

35-

3


200

6

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 2435-3

:2005  ベンゼン・トルエン・キシレン  第 3 部:キシレン

ISO 5280

:1979  工業用キシレン−仕様

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の項目ごと

の評価及びその内容

  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(

Ⅱ)

国際

規格
番号

項目
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

1.

適用範囲

工業用及び溶剤用キシ
レンについて規定。

ISO

5280

1

工業用キシレン

MOD/

変更

キシレンの用途に関する規定
内容が異なる。

ISO

規格は制定後 20 年以上経過し,実態

に合わない部分があるので,JIS は ISO
規格を修正の上採用した。

修正部分については,ISO 規格の見直し
時に提案を検討する。

2.

引用規格 JIS 

2410

JIS K 2435-1 

2

ISO 1573, ISO 2160,

ISO 2211, ISO 3679,

ISO 4626 

MOD/

削除

MOD/

追加

ISO

規 格 の 引 用 規 格 を 削 除

し,新たな引用規格を追加。

定義の項目を追加及び試験方法の見直し

による。

3.

定義 JI K 

2410

による。

− MOD/追加

JIS

を簡潔に作成するため,用語の定義を

追加。

名称:キシレン 1 号

3

キシレン

MOD/

変更

名称が異なる。

実質的には同じである。

ISO

規格見直し時,提案を検討する。

外観:透明で,かつ,不

溶解水分,沈殿物及び浮
遊物を含まない。

3

透明で,かつ,遊離

の 不 純 物 を 含 ま な
い。

MOD/

追加

不溶解水分:項目なし。

3

存在しないこと。

MOD/

削除

ISO

規格は,外観と不溶解水

分を別々に規定。JIS は,不溶
解水分を外観の項目で規定。

実質的な差異はない。次回の JIS 改正時

に,ISO 規格に合わせることを検討する。

3

JIS

と同じ。

IDT

密度又は比重

3

密度

MOD/

選択

JIS

は,比重の規定を追加。

揮発油税法の規定が比重で記載されてい
るため。

4.

品質

(キシレン 1
号) 

全硫黄分

3

JIS

と同じ。

IDT


12

K24

35-

3


200

6

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅱ )

国 際
規 格

番号

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の項目ごと

の評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線

項目番号

内容

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

銅版腐食試験:規定なし

3

さびの程度を規定。

MOD/

削除

実質的問題はない。次回の JIS 改正時に,

ISO

規格に合わせることを検討する。

中性度試験

3

JIS

と同じ。

IDT

非芳香族炭化水素

MOD/

追加

トルエン

MOD/

追加

C

8

芳香族炭化水素

 

MOD/

追加

C

9

芳香族炭化水素

 

MOD/

追加

初留点:規定なし。

3

初留点を規定。 MOD/削除

乾点:規定なし。

3

乾点を規定。 MOD/削除

ISO

規格は,初留点及び乾点

で性状を規定。一方 JIS は,
成分で性状を規定。

キシレンの性状をより正確に規定するた
め,JIS は,その成分で性状を規定。

ISO

規格の見直し時に提案を検討する。

蒸留試験

 

MOD/

追加

JIS

は,受渡当事者間によるとしている。

両規格共に具体的規定はない。次回の

JIS

改正時に,ISO 規格に合わせること

を検討する。

硫酸着色試験

3

JIS

とほぼ同じ。

MOD/

変更

標準比色液が異なる。

実質的差異はない。次回の JIS 改正時に,

ISO

規格に合わせることを検討する。

蒸発残分

3

JIS

と同じ。

IDT

臭素価,臭素指数

 

MOD/

追加

我が国では,商取引上規定が必要。ISO

規格の見直し時に提案を検討する。

4.

品質

(キシレン 1

号)

(続き) 

引火点:規定なし。

3

引火点を規定 MOD/削除

ISO

規格は,受渡当事者間の協定による

としている。両規格共に具体的規定はな
い。次回の JIS 改正時に,ISO 規格に合
わせることを検討する。


13

K24

35-

3


200

6

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅱ )

国 際
規 格

番号

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線

項目番号

内容

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

4.

品質

( キ シ レ ン

2

号) 

キシレン 2 号の品質を規
定。

 

 

MOD/

追加

ISO

規格は,JIS のキシレン

2

号に相当する規格がない。

ISO

規格の見直し時に提案を検討する。

5.1

一般事項

 

 

MOD/

追加

 JIS は,品質及び試験方法を一つの規格に

規定したため,一般事項を追加。

5.2

試料の採取及び調製

4

代 表 試 料 の 採 取 量 を
規定。

MOD/

追加

試料採取量は整合している。

JIS

は,試料の採取及び調製

方法を追加した。

ISO

規格の見直し時に提案を検討する。

5.3 

外観 

4

目視

IDT

 

 

5.4

2

JIS

とほぼ同じ

MOD/

追加

JIS

は適用範囲に加熱して溶

融状態になる試料も含めて

いる。

技術的差異はない。

ISO

規格の見直し時に提案を検討する。

5.5 

密度又は比重

 

MOD/

追加

密度及び比重の試験方法を

追加規定した。

ISO

規格が引用している密度の試験方法

規格は廃止されている。

5.6 

全硫黄分

規定なし。将来規定す
ると記載されている。

MOD/

変更

 ISO 規格の見直し時に提案を検討する。

5.7 

銅板腐食試験

2

ISO 2160

を引用。

MOD/

変更

ISO

規格の適用範囲に芳香

族製品は入っていない。

ISO

規格の試験方法を,キシレンに適し

た方法に変更し,規定した。ISO 規格の

見直し時に提案を検討する。

5.8 

中性度試験

 

MOD/

追加

 ISO 規格が引用している試験方法規格

ISO 5276)は廃止されている。

5.9 

成分試験

 

MOD/

追加

 JIS は,ISO 規格が規定していない成分を

規定しているため。ISO 規格の見直し時
に提案を検討する。

5.

試験方法 

5.10

蒸留試験

2

JIS

とほぼ同じ。

MOD/

変更

蒸留フラスコの寸法及び温

度計が異なる。

蒸留試験を精度よく行うため。ISO 規格

の見直し時に提案を検討する。


14

K24

35-

3


200

6

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅱ )

国 際
規 格

番号

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線

項目番号

内容

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

5.11 

硫酸着色試験

 

 

MOD/

追加

 

5.12 

蒸発残分

 

 

MOD/

追加

 

ISO

規格が引用している試験方法規格

(それぞれ,ISO 5274ISO 5277)は廃

止されている。

5.

試験方法

(続き) 

5.13 

臭素価試験方法

5.14 

臭素指数試験方法

 

 

MOD/

追加

 

品質規定項目の追加による追加。

6.

表示 

表示内容を規定。

 

 

MOD/

追加

 

指定商品として必要。

7.

取 扱 い 上

の注意事項 

キシレンを取り扱う場合
の注意事項を規定。

 

規定に先立ち,警告と
して記載されている。

MOD/

追加

ISO

規格見直し時,提案を検討する。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT………………  技術的差異がない。

    ―  MOD/削除………  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

    ―  MOD/選択………  国際規格の規定内容と別の選択肢がある。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。