>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2400

:2010

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  区分 

2

5

  浸液の特性及び測定方法  

2

5.1

  光学特性  

2

5.2

  透過率  

2

5.3

  自家蛍光  

2

5.4

  動粘度  

3

5.5

  密度  

3

6

  要求性能  

3

7

  化学物質等安全データシート(MSDS  

3

8

  浸液の名称表示  

3

9

  表示 

3

10

  技術データシート  

4

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

6


K 2400

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本顕微鏡工業会

(JMMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきと

の申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS K 2400:1988 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


日本工業規格

JIS

 K

2400

:2010

顕微鏡用浸液

Microscopes-Immersion liquids for light microscopy

序文 

この規格は,2006 年に第 1 版として発行された ISO 8036 を基に,技術的内容を一部変更して作成した

日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,光学顕微鏡に使用する浸液について規定する。浸液はその利用分野によって区分し,それ

ぞれのタイプに応じた要求事項及び測定方法について規定する。

この規格は,浸液の名称,容器に表示する製品情報及び技術データシートで提供する情報についても規

定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 8036:2006

,Optics and photonics−Microscopes−Immersion liquids for light microscopy (MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 2265-4

  引火点の求め方−第 4 部:クリーブランド開放法

注記  対応国際規格:ISO 2592, Determination of flash and fire points−Cleveland open cup method

(MOD)

JIS R 3702

  顕微鏡用カバーガラス

注記  対応国際規格:ISO 8255-1, Optics and optical instruments−Microscopes−Cover glasses−Part 1:

Dimensional tolerances, thickness and optical properties

及び ISO/DIS 8255-2, Optics and optical

instruments Microscopes Cover glasses Part 2: Material requirements and test methods

(全体評価:

MOD

JIS Z 7250

  化学物質等安全データシート(MSDS)−第 1 部:内容及び項目の順序

JIS Z 8120

  光学用語


2

K 2400

:2010

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 8120 によるほか,次による。

3.1 

浸液(immersion liquid 

顕微鏡の液浸において試料と対物レンズ及び/又は集光器との間に入れる液体。

3.2 

自家蛍光(autofluorescence 

物体自身又は添加物の固有の特性によって発生する蛍光。

注記  自家蛍光は,自己蛍光又は一次蛍光ともいう。

区分 

浸液は,利用分野によって次のタイプに区分する。

a) 

タイプ N  光学顕微鏡に一般に使用する液浸油

b) 

タイプ F  蛍光顕微鏡に使用する条件を満たす液浸油

c) 

タイプ G  光学顕微鏡に使用するグリセリン

浸液の特性及び測定方法 

5.1 

光学特性 

浸液の光学特性は,規定温度(23  ℃)及び一定気圧(1 013.25 hPa)において,水銀ランプの e 線(波

長 λ=546.07 nm)に対する屈折率 n

e

及びアッベ数 ν

e

によって規定する。

アッベ数 ν

e

は,次の式で計算する。

'

'

n

n

n

ν

C

F

e

e

1

=

ここに,

n

F'

カドミウムの F'  線(λ=479.99 nm)に対する屈折率

n

C'

カドミウムの C'  線(λ=643.85 nm)に対する屈折率

屈折率は,通常アッベ屈折計で,光源には,水銀ランプ及びカドミウムランプを使用して一定温度下で

測定する。

5.2 

透過率 

最近の光学顕微鏡による検出法では,スペクトル帯域の広い浸液が必要である。透過率は,適切な分光

光度計によって,浸液の光路長 d=10 mm の石英セルを用い,純水を入れた対照セルに対して測定する。

5.3 

自家蛍光 

浸液の自家蛍光は,分光蛍光光度計によって測定する。蛍光標準液として,0.05 mol/L の硫酸中の硫酸

キニーネを使用する。蛍光測定では,次の励起波長及び発光波長を用いる。

−  F(365 nm/450 nm)=365 nm で励起し,450 nm の発光蛍光で測定する。

−  F(405 nm/485 nm)=405 nm で励起し,485 nm の発光蛍光で測定する。

発光蛍光は,測定中に減少するので,浸液の自家蛍光は,測定時間 60 秒の平均値とする。

浸液試料と標準液試料とは,浸液の光路長 d=10 mm の石英又は特別な光学ガラス製の蛍光セル内で測

定する。使用する試薬は,分光蛍光光度計の品質基準に合ったものでなければならない。

0.05 mol/L

硫酸溶液に溶かした 500 mg/L  の硫酸キニーネ溶液(以下,保存液という。

)を準備する。標


3

K 2400

:2010

準液として,測定を行う直前に,保存液を 0.05 mol/L 硫酸溶液で 1:5 000 及び 1:200 に希釈して 0.1 mg/L

及び 2.5 mg/L の 2 種類の硫酸キニーネ溶液を作製し,新鮮な状態で使用する。保存液は,密閉された褐色

のガラス瓶に入れて 6  ℃∼12  ℃で保存し,2 か月以内に使用する。

硫酸キニーネ溶液の代わりに,蛍光セルと同じ形の固体の蛍光標準を使ってもよい。この場合は,少な

くとも年に一度は硫酸キニーネ標準液に対して補正を行わなければならない。

浸液の自家蛍光の測定結果は,標準液の自家蛍光の測定結果との比較から,硫酸キニーネ等価量(mg/L)

の形で求める。

注記  硫酸キニーネは,UV 励起による発光が浸液と同様に青色領域にあるので,緑色領域に発光す

るローダミン B に比べると蛍光標準としてより適している。

5.4 

動粘度 

浸液の動粘度は,温度 23  ℃においてキャノンフェンスケ粘度計などによって測定する。

5.5 

密度

浸液の密度は,温度 23  ℃において浮きばかり又は比重瓶によって測定する。

要求性能 

要求性能は,

表 による。

化学物質等安全データシート(MSDS 

製造業者は,国内関係法令に従い,必要な場合には,JIS Z 7250 に従って化学物質等安全データシート

(MSDS)

(以下,安全データシートという。

)を作成し,ユーザの要求に応じてこれを提供しなければな

らない。

浸液の名称表示 

この規格に規定する浸液には,次の事項を表示しなければならない。

−  JIS 名称及び/又は ISO 規格名称

−  JIS 番号及び/又は ISO 規格番号

−  区分(タイプ)

例  顕微鏡用浸液 JIS K 2400 タイプ F・Immersion liquid ISO 8036 Type F

表示 

浸液を入れる容器のラベル,パッケージ又は取扱説明書には,次の情報を表示しなければならない。

−  製品名

−  浸液の名称表示

−  危険輸送の法規に基づくラベル

− 23 ℃における屈折率  n

e

−  アッベ数  ν

e

−  ロット番号

−  製造業者の指示に基づく未開封で保管された状態の有効期限

−  安全データシート及び技術データシートの入手方法

−  製造業者及び供給業者の名前,住所及び製造業者住所と異なる場合はその原産国


4

K 2400

:2010

10 

技術データシート 

浸液の製造業者又は供給業者は,使用者の要求に応じて提供できる技術データシートを作成しなければ

ならない。このデータシートには,次の情報を含めなければならない。

−  製品名

−  製造業者

−  浸液の名称表示

−  利用分野

−  成分

−  屈折率測定の温度

−  スペクトル帯域

−  屈折率  n

e

n

F

及び n

C'

−  アッベ数  ν

e

− 15 ℃∼40  ℃における屈折率の温度係数

−  スペクトル帯域における光路長 d=10 mm  の透過率

−  自家蛍光

−  染色標本に対する影響

− 23 ℃における密度

− 23 ℃における動粘度

−  JIS K 2265-4(クリーブランド開放法)によって求める引火点

−  保管条件

−  推奨するクリーニング剤

−  廃棄に関する情報


5

K 2400

:2010

表 1−浸液の要求性能

a)

項目

区分

タイプ N

(一般用)

タイプ F

(蛍光用)

タイプ G

(グリセリン)

b)

規定温度

℃ 23±0.1 23±0.1 23±0.1

スペクトル帯域 nm

400

∼900 320∼1 100

230

∼1 100

屈折率,n

e

 1.518

0

±0.000 5

1.518 0

±0.000 5

1.450

±0.005

アッベ数,ν

e

 43

±4 43±4 58±4

動粘度 mm

2

/s 50

∼1 500

50

∼1 500

b) 

透過率  d=10 mm

スペクトル

1 100 nm

80 %

70 %

1 000 nm

80 %

70 %

900 nm

90 %

90 %

90 %

800 nm

95 %

95 %

98 %

760 nm

95 %

95 %

98 %

600 nm

95 %

95 %

98 %

500 nm

95 %

95 %

98 %

450 nm

85 %

95 %

98 %

420 nm

75 %

95 %

98 %

400 nm

60 %

95 %

98 %

380 nm

90 %

95 %

365 nm

80 %

95 %

350 nm

70 %

90 %

330 nm

40 %

80 %

320 nm

20 %

70 %

310 nm

− 50

%

230 nm

∼300 nm

− 30

%

自家蛍光(mg/L  硫酸キニーネ)

F (365 nm/450 nm)

c) 

0.06 0.02

F (405 nm/485 nm)

c) 

1.20 0.50

F (313 nm/450 nm)

− 0.05

a)

グリセリンを除く浸液は,揮発性又は吸湿性成分は含まない。

これらの液体の仕様は,JIS R 3702 で規定されたカバーガラスを用いることを想定している。

b)

グリセリンは吸湿性があり,その物理的特性は含まれる水分に依存する。

c)

タイプ N の浸液の自家蛍光は,特に値を定めないが高い値が予想される。


6

K 2400

:2010

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS K 2400:2010

  顕微鏡用浸液

ISO 8036:2006

,Optics and photonics−Microscopes−Immersion liquids for light

microscopy

(I)JIS の規定

(II) 
国 際 規 格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの評
価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後の

対策

箇条番号及び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

2

引用規格

 2

JIS

にほぼ同じ

追加

JIS Z 7250

JIS Z 8120 を追加。

技術的差異はない。

3

用語及び定義 3.1

浸液

3.2

自家蛍光

追加

JIS

では,

“浸液”及び“自家蛍光”の定

義を追加した。

技術的差異はない。

5

浸 液 の 特 性 及 び 測

定方法

5.3

自家蛍光

4.3

JIS

にほぼ同じ

変更

固体の蛍光標準は入手が困難なため,注
記 1 を削除し,注記 2 を注記とした。

技術的差異はない。

5.4

動粘度

4.4

JIS

にほぼ同じ

追加

“毛細管粘度計,例えば,ウベローデ粘

度計,

”を,

“キャノンフェンスケ粘度計

など”に置き換えた。

技術的差異はない。

7

化 学 物 質 等 安 全 デ

ータシート

6

JIS

にほぼ同じ

変更 EU 指令を国内関係法令に変更した。

技術的差異はない。

8

浸液の名称表示

7

JIS

にほぼ同じ

変更

表示すべき事項を明確にし,例では JIS

及び/又は ISO 番号・区分表記とした。

技術的差異はない。

9

表示

8

JIS

にほぼ同じ

変更

表示をパッケージ,取扱説明書にもでき

るようにした。

技術的差異はない。

10

技術データシート

9

JIS

にほぼ同じ

変更

屈折率のうち n

D

及び ng は,削除した。

技術的差異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 8036:2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

6

K 24

00

201

0