>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2390

:2016

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲 

1

2

  引用規格 

1

3

  要求事項 

2

3.1

  一般  

2

3.2

  種類及び品質  

3

4

  試料採取方法  

3

5

  試験方法 

3

5.1

  エステル分  

3

5.2

  密度  

4

5.3

  動粘度  

4

5.4

  引火点  

4

5.5

  硫黄分  

4

5.6

  10 %残油の残留炭素分  

4

5.7

  セタン価  

4

5.8

  硫酸灰分  

4

5.9

  水分  

4

5.10

  固形不純物  

4

5.11

  銅板腐食  

4

5.12

  酸化安定性  

4

5.13

  酸価  

4

5.14

  よう素価  

4

5.15

  リノレン酸メチル  

4

5.16

  メタノール  

4

5.17

  モノグリセライド  

4

5.18

  ジグリセライド  

4

5.19

  トリグリセライド  

4

5.20

  遊離グリセリン  

5

5.21

  全グリセリン  

5

5.22

  金属分  

5

5.23

  りん  

5

5.24

  曇り点  

5

5.25

  目詰まり点  

5

6

  表示  

5


K 2390

:2016

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,公益社団法人自動

車技術会(JSAE)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS K 2390:2008 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 K

2390

:2016

自動車燃料−混合用脂肪酸メチルエステル(FAME)

Automotive fuels-Fatty acid methyl ester (FAME) as blend stock

序文 

この規格は,自動車業界,使用者団体,油脂業界及び石油業界の合意の下に,国内で用いられている自

動車又はこれに類似の内燃機関に供給される軽油(B0)に対して,質量分率で 5 %を超えない範囲で混合

して用いる脂肪酸メチルエステル(以下,FAME という。

)の要求品質を規定するために作成した日本工業

規格である。

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

警告  この規格に規定している FAME の取扱い及び使用においては,適切な予防措置を講じない場合

には危険を伴うおそれがある。この規格では,FAME の使用に伴う安全性の全てについて説明

することは意図していない。使用前に,関連法規に適合した運用について規定し,安全及び健

康についての適切な予防措置を講じることは,使用者の責任である。

注記  この規格の中で,FAME を混合していない軽油と FAME を 5 %混合した軽油とを区別するため

に,それぞれを“軽油(B0)

”及び“軽油(B5)

”と記載する。

適用範囲 

この規格は,自動車又はこれに類似の内燃機関に用いる軽油(B0)に,質量分率で 5 %を超えない範囲

で混合して用いる FAME について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 0070

  化学製品の酸価,けん化価,エステル価,よう素価,水酸基価及び不けん化物の試験方

JIS K 2204

  軽油

JIS K 2249-1

  原油及び石油製品−密度の求め方−第 1 部:振動法

JIS K 2249-2

  原油及び石油製品−密度の求め方−第 2 部:浮ひょう法

JIS K 2249-3

  原油及び石油製品−密度の求め方−第 3 部:ピクノメータ法

JIS K 2251

  原油及び石油製品−試料採取方法

JIS K 2265-2

  引火点の求め方−第 2 部:迅速平衡密閉法

JIS K 2265-3

  引火点の求め方−第 3 部:ペンスキーマルテンス密閉法

JIS K 2269

  原油及び石油製品の流動点並びに石油製品曇り点試験方法

JIS K 2270-1

  原油及び石油製品−残留炭素分の求め方−第 1 部:コンラドソン法


2

K 2390

:2016

JIS K 2270-2

  原油及び石油製品−残留炭素分の求め方−第 2 部:ミクロ法

JIS K 2272

  原油及び石油製品−灰分及び硫酸灰分試験方法

JIS K 2275-1

  原油及び石油製品−水分の求め方−第 1 部:蒸留法

JIS K 2275-2

  原油及び石油製品−水分の求め方−第 2 部:カールフィッシャー式容量滴定法

JIS K 2275-3

  原油及び石油製品−水分の求め方−第 3 部:カールフィッシャー式電量滴定法

JIS K 2275-4

  原油及び石油製品−水分の求め方−第 4 部:水素化物反応法

JIS K 2280-4

  石油製品−オクタン価,セタン価及びセタン指数の求め方−第 4 部:セタン価

JIS K 2283

  原油及び石油製品−動粘度試験方法及び粘度指数算出方法

JIS K 2288

  石油製品−軽油−目詰まり点試験方法

JIS K 2501

  石油製品及び潤滑油−中和価試験方法

JIS K 2513

  石油製品−銅板腐食試験方法

JIS K 2541-1

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法  第 1 部:酸水素炎燃焼式ジメチルスルホナゾ III

滴定法

JIS K 2541-2

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法  第 2 部:微量電量滴定式酸化法

JIS K 2541-6

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法−第 6 部:紫外蛍光法

JIS K 2541-7

  原油及び石油製品−硫黄分試験方法  第 7 部:波長分散蛍光 X 線法(検量線法)

EN 12662

,Liquid petroleum products−Determination of total contamination in middle distillates, diesel fuels

and fatty acid methyl esters

EN 14103

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Esters (FAME)−Determination of ester and linolenic

acid methyl ester contents

EN 14105

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Esters (FAME)−Determination of free and total

glycerol and mono-, di-, triglyceride contents

EN 14106

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Esters (FAME)−Determination of free glycerol content

EN 14107

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Esters (FAME)−Determination of phosphorous content

by inductively coupled plasma (ICP) emission spectrometry

EN 14108

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Esters (FAME)−Determination of sodium content by

atomic absorption spectrometry

EN 14109

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Esters (FAME)−Determination of potassium content by

atomic absorption spectrometry

EN 14110

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Esters (FAME)−Determination of methanol content

EN 14112

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Esters (FAME)−Determination of oxidation stability

(accelerated oxidation test)

EN 14538

,Fat and oil derivatives−Fatty Acid Methyl Ester (FAME)−Determination of Ca, K, Mg and Na

content by optical emission spectral analysis with inductively coupled plasma (ICP OES)

EN 15751

,Automotive fuels−Fatty Acid Methyl Esters (FAME) fuel and blends with diesel fuel−

Determination of oxidation stability by accelerated oxidation method

要求事項 

3.1 

一般 

FAME

は,主として適切な品質の植物油及び動物油から,メタノールとのエステル交換反応によって得


3

K 2390

:2016

られる脂肪酸メチルエステルを主成分とする。また,FAME は,不飽和結合を四つ以上含む多不飽和脂肪

酸メチルエステルを含有してはならない。

3.2 

種類及び品質 

FAME

は,モノグリセライドの成分によって 1 号及び 2 号に区分する。

さらに,箇条 によって試験を行ったとき,

表 に規定する品質を満足しなければならない。

表 1FAME の品質 

項目

単位

品質

試験方法

1

2

エステル分

質量分率 %

96.5

以上

EN 14103 

密度(15  ℃)

g/cm

3

0.860

以上  0.900 以下

JIS K 2249-1

-2 又は-3

動粘度(40  ℃)

mm

2

/s

2.00

以上  5.00 以下

JIS K 2283 

引火点

100

以上

JIS K 2265-2

又は-3

硫黄分

質量分率 %

0.001 0

以下

JIS K 2541-1

-2-6 又は-7

10 %

残油の残留炭素分

質量分率 %

0.3

以下

JIS K 2270-1

又は-2

セタン価

51.0

以上

JIS K 2280-4 

硫酸灰分

質量分率 %

0.02

以下

JIS K 2272 

水分

mg/kg

500

以下

JIS K 2275-1

-2-3 又は-4 

固形不純物

mg/kg

24

以下

EN 12662 

銅板腐食(50  ℃,3 h)

1

以下

JIS K 2513 

酸化安定性

h

10

以上

a)

EN 14112

又は EN 15751

酸価

mgKOH/g

0.50

以下

JIS K 2501

又は JIS K 0070

よう素価

報告

JIS K 0070 

リノレン酸メチル

質量分率 %

12.0

以下

EN 14103 

メタノール

質量分率 %

0.20

以下

EN 14110 

モノグリセライド

質量分率 %

0.7

以下

b)

0.6

以下

b)

EN 14105 

ジグリセライド

質量分率 %

0.20

以下

EN 14105 

トリグリセライド

質量分率 %

0.20

以下

EN 14105 

遊離グリセリン

質量分率 %

0.02

以下

EN 14105

又は EN 14106

全グリセリン

質量分率 %

0.25

以下

EN 14105 

金属分(Na+K)

mg/kg

5.0

以下

Na

EN 14108 又は EN 14538

K

EN 14109 又は EN 14538

金属分(Mg+Ca)

mg/kg

5.0

以下

EN 14538 

りん

mg/kg

4.0

以下

EN 14107 

曇り点

受渡当事者間の合意による

JIS K 2269 

目詰まり点

受渡当事者間の合意による

c)

JIS K 2288 

a)

これを混合した軽油(B5)が“揮発油等の品質の確保等に関する法律”の省令で定めた,酸化安定性の

規定を満足するならば,受渡当事者間の合意があれば,この限りではない。

b)

地域別月別最低気温が 0  ℃以上の場合は 1 号を,0  ℃未満の場合は 2 号を適用する。

c)

 FAME

としての規定は設けないが,軽油(B5)が JIS K 2204 の該当する種類に適合しなければならない。

試料採取方法 

この規格に基づいて FAME の分析を行う場合の試料採取は,JIS K 2251 による。

試験方法 

5.1 

エステル分 


4

K 2390

:2016

エステル分は,EN 14103 に規定するエステル分試験方法に従って,ガスクロマトグラフィーによって分

析する。

5.2 

密度 

密度は,JIS K 2249-1JIS K 2249-2 又は JIS K 2249-3 による。

5.3 

動粘度 

動粘度は,JIS K 2283 に規定する動粘度試験方法による。ただし,試験温度は,40  ℃とする。

5.4 

引火点 

引火点は,JIS K 2265-2 又は JIS K 2265-3 による。

5.5 

硫黄分 

硫黄分は,JIS K 2541-1JIS K 2541-2JIS K 2541-6 又は JIS K 2541-7 による。

5.6 10 

%

残油の残留炭素分 

10 %

残油の残留炭素分は,JIS K 2270-1 又は JIS K 2270-2 による。

5.7 

セタン価 

セタン価は,JIS K 2280-4 による。

5.8 

硫酸灰分 

硫酸灰分は,JIS K 2272 に規定する硫酸灰分試験方法による。

5.9 

水分 

水分は,JIS K 2275-1JIS K 2275-2JIS K 2275-3 又は JIS K 2275-4 に規定するカールフィッシャー式

容量滴定法又はカールフィッシャー式電量滴定法による。

5.10 

固形不純物 

固形不純物は,EN 12662 に従って,フィルターでろ過後,乾燥した質量を測定し,求める。

5.11 

銅板腐食 

銅板腐食は,JIS K 2513 による。ただし,試験温度は,50  ℃±1  ℃,試験時間は,3 時間とする。

5.12 

酸化安定性 

酸化安定性は,EN 14112 又は EN 15751 に従って,ランシマット試験機で酸化誘導時間を測定し,求め

る。

5.13 

酸価 

酸価は,JIS K 2501 又は JIS K 0070 による。

5.14 

よう素価 

よう素価は,JIS K 0070 による。

5.15 

リノレン酸メチル 

リノレン酸メチルは,EN 14103 に従って,ガスクロマトグラフィーによって分析する。

5.16 

メタノール 

メタノールは,EN 14110 に従って,ガスクロマトグラフィーによって分析する。

5.17 

モノグリセライド 

モノグリセライドは,EN 14105 に従って,ガスクロマトグラフィーによって分析する。

5.18 

ジグリセライド 

ジグリセライドは,EN 14105 に従って,ガスクロマトグラフィーによって分析する。

5.19 

トリグリセライド 

トリグリセライドは,EN 14105 に従って,ガスクロマトグラフィーによって分析する。


5

K 2390

:2016

5.20 

遊離グリセリン 

遊離グリセリンは,EN 14105 又は EN 14106 に従って,ガスクロマトグラフィーによって分析する。

5.21 

全グリセリン 

全グリセリンは,EN 14105 に従って,ガスクロマトグラフィーによって分析する。

5.22 

金属分 

金属分の分析は,次による。

a) 

金属分(NaK  ナトリウムは,EN 14108 又は EN 14538 によって分析し,カリウムは,EN 14109

又は EN 14538 によって分析し,その合計を金属分(Na+K)とする。

注記  ナトリウム及びカリウムに関する EN 規格は,それぞれ原子吸光分析法又は誘導結合プラズ

マ(ICP)発光分光分析法によっている。

b) 

金属分(MgCa  マグネシウム及びカルシウムは,EN 14538 に従って,誘導結合プラズマ(ICP)

発光分光分析法によって分析し,その合計を金属分(Mg+Ca)とする。

5.23 

りん 

りんは,EN 14107 に従って,誘導結合プラズマ(ICP)発光分光分析法によって分析する。

5.24 

曇り点 

曇り点は,JIS K 2269 による。

5.25 

目詰まり点 

目詰まり点は,JIS K 2288 による。

表示 

この規格の全ての要求事項に適合した FAME には,容器の見やすいところに,容易に消えない方法で,

次の事項を表示しなければならない。ただし,タンク車,タンク船,タンクローリなどによる出荷,及び

その他容器への表示が困難な場合には,送り状に表示してもよい。

a)

名称(

“混合用脂肪酸メチルエステル”又は略称“FAME”

)及び規格番号

b)

正味体積

c)

製造業者名又はその略号

d)

製造年月日又はその略号


6

K 2390

:2016

参考文献 

経済産業省・総合資源エネルギー調査会・石油部会・第 21 回燃料政策小委員会,配布資料

http://www.meti.go.jp/committee/materials/g60612bj.html

日本油化学協会編  基準油脂分析試験方法  2.4.2.2  脂肪酸組成(FID 昇温ガスクロマトグラフ法)

Kinast, J.A.: ‘Production of biodiesels from multiple feed stocks and properties of biodiesels and biodiesel/diesel

blends’, National Renewable Energy Laboratory (NREL, USA), Colorado, 2003, pp.1-47

EAS-ERIA Biodiesel Fuel Trade Handbook 2010

http://www.eria.org/EAS-ERIA_Biodiesel%20Fuel%20Trade_Handbook_2010.pdf

ERIA Discussion Paper 2011-03 ‘Harmonizing Biodiesel Fuel Standards in East Asia: Current Status, Challenges

and Way Forward’

http://www.eria.org/publications/discussion_papers/harmonizing-biodiesel-fuel-standards-in-east-asia-current

-status-challenges-and-way-forward.html

一般財団法人石油エネルギー技術センター,JATOP 第 2 回成果発表会,ディーゼル車バイオ燃料 WG 報

http://www.pecj.or.jp/japanese/jcap/jatop/index_jatop02.html

ISO 3819

  Laboratory glassware−Beakers

EN 14214

  Liquid petroleum products−Fatty Acid Methyl Esters (FAME) for diesel engines and heating

applications

−Requirements and test methods

ASTM D 6751

  Standard Specification for Biodiesel Fuel Blend Stock (B100) for Middle Distillate Fuels

参考  海外規格は一般財団法人日本規格協会のウェブサイトから入手可能だが,これに限るものでは

ない。

http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/Foreign/html/jp/AboutPurchaseForeign.htm