>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2270-1

:2009

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

2

4

  試験の原理 

2

5

  試験器及び器具 

2

6

  試料採取方法及び調製方法 

6

7

  試験器の準備 

6

8

  試験の手順 

6

9

  計算方法

8

10

  結果の表し方 

8

11

  精度 

8

12

  試験結果の報告

9

附属書 A(規定)10  %残油の調製方法

10

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

13


K 2270-1

:2009

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,石油連盟(PAJ)から,工業標準原案を具して

日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した

日本工業規格である。これによって,JIS K 2270:2000 は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格

に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS K 2270

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

K

2270-1

  第 1 部:コンラドソン法

JIS

K

2270-2

  第 2 部:ミクロ法


日本工業規格

JIS

 K

2270-1

:2009

原油及び石油製品−残留炭素分の求め方−

第 1 部:コンラドソン法

Crude petroleum and petroleum products-Determination of carbon

residue-Part 1: Conradson method

序文 

この規格は,1993 年に第 2 版として発行された ISO 6615 を基に作成した日本工業規格であるが,国内

の実情に合わせるため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表をその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

警告  この規格は,危険な試薬,操作及び試験器を用いることがあるが,安全な使用法をすべてに規

定しているわけではないので,この試験方法の使用者は,試験に先立って,適切な安全上及び

健康上の禁止事項を決めておかなければならない。

適用範囲 

この規格は,原油及び石油製品の質量分率 0.01∼30.0  %の残留炭素分をコンラドソン法によって求める

方法について規定する。また,この規格は,軽油,A 重油及びこれに類似する石油製品の 10  %残油にも

適用できる。

注記 1  残留炭素分は,ディーゼルエンジンの燃焼室内での炭化物生成量の目安となる。硝酸アルキ

ル(セタン価向上剤)が添加されている場合は,燃焼室内での炭化物生成量には,影響しな

いが,残留炭素分が高くなる。このため,硝酸アルキル添加品の燃焼室内での炭化物生成量

と残留炭素分との関係は,硝酸アルキルによる残留炭素分の増加分を除いた値を用いる必要

がある。硝酸アルキルを定量する試験方法には,ISO 13759 がある。

注記 2  残留炭素分には,灰分を生成する成分及び不揮発性の添加剤を含む。

注記 3  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6615:1993

,Petroleum products−Determination of carbon residue−Conradson method (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを

示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 2251

  原油及び石油製品−試料採取方法

注記  対応国際規格:ISO 3170,Petroleum liquids−Manual sampling (MOD)


2

K 2270-1

:2009

JIS K 2254

  石油製品−蒸留試験方法

注記  対応国際規格:ISO 3405,Petroleum products−Determination of distillation characteristics at

atmospheric pressure (MOD)

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

JIS Z 8401

  数値の丸め方

JIS Z 8402-6

  測定方法及び測定結果の精確さ(真度及び精度)−第 6 部:精確さに関する値の実用的

な使い方

ISO 3171

,Petroleum liquids−Automatic pipeline sampling

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1 

残留炭素 

試料を蒸発及び熱分解させたときに生成するコークス状炭化残留物。

3.2 

10 

%残油の残留炭素 

試料を蒸留し,試料の体積分率 90  %までの留出油を除いた残油(以下,

“10  %残油”という。

)の残留

炭素。

試験の原理 

試料 3∼10 g をるつぼにはかりとり,約 10 分間で煙が出始めるように予熱した後,発生した油蒸気を約

13

分間燃焼させる。さらに,残留物を 7 分間強熱し,るつぼをデシケータ中で放冷後,質量をはかり,残

留炭素分を算出して求める。

なお,10  %残油の残留炭素分を求める場合は,

附属書 によって 10  %残油を調製した後,残留炭素分

を測定する。

注記  軽油,A 重油及びこれに類似する石油製品は,10  %残油の残留炭素分の測定を行う場合がある。

なお,これらの試料の 90  %留出温度は,JIS K 2254 の常圧法に規定する 4 類の試験条件で

測定したとき,370  ℃以下である。

試験器及び器具 

試験器及び器具は,次による。

5.1 

コンラドソン残留炭素分試験器  コンラドソン残留炭素分試験器は,次を用いる。図 にその例を

示す。 

なお,電気加熱式試験器又は自動残留炭素分試験器を用いてもよい。ただし,電気加熱式試験器又は自

動残留炭素分試験器によって得られた結果に疑義が生じた場合には,この試験方法によって得られた結果

による。


3

K 2270-1

:2009

①磁器るつぼ

②小形鋼製るつぼ 
③大形鋼製るつぼ 
④三角架

⑤煙筒 
⑥ブリッジ 
⑦保温体

⑧ガスバーナ 
⑨三脚台 
⑩乾燥砂

⑪小形鋼製るつぼふたの排気口

図 1−コンラドソン残留炭素分試験器の例 

a) 

磁器るつぼ  図 に示す形状及び寸法の広口のうわ薬付きの磁器るつぼ。磁器るつぼの代わりに,石

英るつぼを用いてもよい。

b) 

小形鋼製るつぼ  図 に示す形状及び寸法のフランジ付き鋼製るつぼと鋳鉄製ふたとからなるもの。

単位  mm

単位  mm

図 2−磁器るつぼ

図 3−小形鋼製るつぼ


4

K 2270-1

:2009

c) 

大形鋼製るつぼ  図 に示す形状及び寸法のふた付き鋼製るつぼ。

単位  mm

図 4−大形鋼製るつぼ

d) 

保温体  図 に示す形状及び寸法の鋼板製の中空箱又は耐火物製ブロック。

単位  mm

図 5−保温体の例

e) 

三角架  図 に示す形状及び寸法のステンレス鋼製又はほかの耐熱金属製のもので,大形鋼製るつぼ

の底と保温体の底とを同一水平面に支えられるような構造のもの。

f) 

煙筒  図 に示す形状及び寸法の鋼板製のもので,その上部に取り付けるブリッジは,鉄線又はほか

の耐熱金属線製のもの。


5

K 2270-1

:2009

単位  mm

単位  mm

図 6−三角架の例

図 7−煙筒

g) 

ガスバーナ  図 に示すメッケルバーナ(強熱用)で,用いるガスに適合したもの。

h) 

三脚台  図 に示す鉄製の三脚台とし,三角架,保温体などを支持するもの。

単位  mm

単位  mm

図 8−ガスバーナ

図 9−三脚台


6

K 2270-1

:2009

5.2 

器具  器具は,次を用いる。 

a)

デシケータ  乾燥剤を入れないもの。

試料採取方法及び調製方法 

6.1 

試料の採取方法 

試料は,JIS K 2251 に規定する一次試料の採取方法及び二次試料の調製方法,又はそれに準じた方法に

よって採取及び調製する。自動サンプリングの場合には,ISO 3171 によってもよい。

6.2 

水又は懸濁物を含むおそれがある試料 

試料をその引火点より 15  ℃以下の温度で加熱し,乾燥したろ紙などでろ過する。

6.3 10 

%残油の調製 

附属書 によって行う。

試験器の準備

試験器は,次によって

図 のように組み立てる。

a) 

三脚台上に三角架を置き,その上に保温体を載せる。

b) 

保温体中央の三角架上に大形鋼製るつぼを置く。

c) 

小形鋼製るつぼのふたの高さが大形鋼製るつぼの上縁面とほぼ等しくなるように約 25 mL の乾燥砂を

大形鋼製るつぼの底に平らに入れた後,その上に小形鋼製るつぼを置く。

試験の手順 

試験の手順は,次による。

a) 

あらかじめ赤熱して恒量にした磁器るつぼに直径約 2.5 mm のガラス球 2 個を入れ,質量をはかり,

0.1 mg

のけたまで読み取る。

b) 

表 に示す量の試料又は 10  %残油(以下,“試料”という。)を 5 mg のけたまではかりとる。

なお,10  %残油をはかりとる場合は,6.3 で調製した 10  %残油を温かいうちに磁器るつぼに移し,

放冷してから質量をはかる。

表 1−試料のはかりとり量

予期残留炭素分  質量分率(%)

試料のはかりとり量  g

0.10

以下 10±0.5

 0.11

以上

5.00

以下 10±0.5

 5.01

以上 15.0

以下

  5

±0.5

15.1

以上 30.0

以下

  3

±0.1

c) 

試料の入った磁器るつぼを小形鋼製るつぼの中央に置き,内面及び排気口を清浄にした小形鋼製るつ

ぼのふたをする。次に,試験中に発生した油蒸気が逃げられるように大形鋼製るつぼのふたを少しず

らし,煙筒をかぶせる。

d) 

次に予熱を始め,10 分±1.5 分間で煙が出始めるように加熱を調節する。煙筒の上部から煙が出始め

た後,直ちにガスバーナを傾けて,その炎を大形鋼製るつぼの周囲に動かし,油蒸気に着火する。着

火したら一時的にガスバーナを取り除く。次に,ガスバーナの火力を弱めて再び加熱を続け,油蒸気

を一様に燃焼させる。炎が煙筒の上部に現れ,しかもブリッジを越えないように加熱を調節し 13 分±


7

K 2270-1

:2009

1

分間で燃焼する。

なお,炎の長さ及び燃焼時間の規定を同時に守ることができないときは,燃焼時間の規定を守る。

試料のはかりとり量が 5 g 及び 3 g の場合,試料の種類によっては,予熱及び燃焼時間を規定時間内に

調節できないことがある。このような場合でも試験を継続する。

注記  予熱が強すぎると蒸気が早く発生し,試料が泡立ったり,燃焼の炎が長くなり過ぎたりする

ことがある。

e) 

油蒸気の燃焼が終わり,青い煙が出なくなったらガスバーナの火力を調節して強熱する。大形鋼製る

つぼの底部及び下部の色が赤くなったら,この状態を 7 分間継続する。このとき,予熱,燃焼及び強

熱時間の合計が 30 分±2 分間を外れた場合は,試験をやり直す。

電気加熱式試験器を用いる場合は,強熱時の加熱温度は,

図 10 のように熱電対を挿入して,磁器る

つぼの外面温度が 500  ℃程度になるように調節する。

①熱電対(感温部)

図 10−磁器るつぼの外面温度の測定位置

f) 

ガスバーナを取り除き,煙が出なくなるまで約 15 分間放冷し,大形鋼製るつぼ及び小形鋼製るつぼの

ふたを開ける。あらかじめ温めておいたるつぼばさみで磁器るつぼを取り出し,デシケータ中で室温

まで放冷する。

g) 

磁器るつぼを点検し,次の 1)3)の場合は,試験をやり直す。

1)

残留炭素がかさかさしており,指などで押さえれば磁器るつぼの内壁から容易にはがれ落ちるよう

な場合(強熱のし過ぎ)

2)

残留炭素がねばねばしており,指などで押さえれば残留炭素が変形するような場合(強熱の不足)。

3)

残留炭素が,磁器るつぼの外壁に付着している場合(試料の吹きこぼれ)

。この場合は,予期残留炭

素分に関係なく試料のはかりとり量を最初は,5 g に減らし,それでも吹きこぼれる場合は,3 g に

減らす。

h) 

放冷した磁器るつぼの質量を,0.1 mg のけたまではかる。


8

K 2270-1

:2009

計算方法 

試料又は 10  %残油の残留炭素分は,次の式によって算出する。

100

1

2

1

3

×

=

m

m

m

m

CR

ここに,

CR

残留炭素分[質量分率(%)

m

1

空の磁器るつぼの質量(g)

m

2

試料又は 10  %残油のはかりとり後の磁器るつぼの質量(g)

m

3

試験後の磁器るつぼの質量(g)

10 

結果の表し方 

JIS Z 8401

の規定によって,残留炭素分が質量分率 10  %以上の場合は,丸めの幅 0.1 に,質量分率 10  %

未満の場合は,丸めの幅 0.01 に丸める。

11 

精度 

この試験方法によって得られた試験結果の許容差(確率 0.95)は,次による。ただし,精度は,JIS K 2254

の常圧法に規定する 4 類の試験条件で測定した 90  %留出温度が 370  ℃を超える軽油,A 重油及びこれに

類似する石油製品の 10  %残油の残留炭素分には,適用しない。

試験結果が許容差を外れた場合には,JIS Z 8402-6 の規定によって処理する。

11.1 

室内併行精度 

同一試験室において,同一人が同一試験器で引き続き短時間に同一試料を 2 回試験したとき,試験結果

の差の許容差は,

表 及び図 11 による。

11.2 

室間再現精度 

異なる試験室において,別人が別の試験器で同一試料をそれぞれ 1 回ずつ試験して求めた 2 個の試験結

果の差の許容差は,

表 及び図 11 による。

表 2−精度

単位  質量分率(%)

室内併行許容差  r

室間再現許容差  R

log r

=−0.916 66+0.825 04 log X

+0.082 39 (log X)

2

log R

=−0.626 68+0.724 03 log X

+0.107 30 (log X)

2

注記  は,試験結果の平均値である。


9

K 2270-1

:2009

図 11−精度

12 

試験結果の報告 

試験結果には,次の事項を記述する。 

a) 

試料名,採取場所及び採取年月日

b) 

この規格の番号(JIS K 2270-1

c) 

箇条 10 によって得られた結果

なお,10  %残油の残留炭素分の場合は,その旨を付記する。

d) 

特記事項

e) 

試験年月日


10

K 2270-1

:2009

附属書 A

規定)

10

%残油の調製方法

序文 

この附属書は,10  %残油の調製方法について規定する。

A.1 10 

%残油用蒸留試験器 

10

%残油用蒸留試験器は,次を用いる。

A.1.1 

蒸留試験器  蒸留フラスコ及び受器を除き JIS K 2254 に規定するもの。自動試験器を用いてもよ

い。ただし,自動試験器によって得た 10  %残油を用い残留炭素分を測定した結果に疑義を生じた場合は,

この方法によって 10  %残油を再度調製する。

A.1.2 

蒸留フラスコ  JIS R 3503 に規定するほうけい酸ガラス−1 製で試料 200 mL を蒸留できるもの。

図 A.1 に示す。

単位  mm

図 A.1−蒸留フラスコ

A.1.3 

受器  JIS R 3503 に規定するほうけい酸ガラス−2 製で試料 200 mL を計量できるもの。図 A.2 

示す。


11

K 2270-1

:2009

単位  mm

目盛

単位  mL

範囲

0

∼200

回線 20 ごと

長線 10 ごと

目量 2

数字 20 ごと

底部から 2 本の目盛はなくて

もよい。

図 A.2−受器

A.1.4 

フラスコ支え板  JIS K 2254 に規定する 3 類用又は 4 類用のもの。 

A.2 

試験器の準備 

JIS K 2254

に規定する常圧法蒸留試験方法によって蒸留試験器を組み立てる。ただし,蒸留フラスコ,

受器及びフラスコ支え板は,A.1.2A.1.4 による。規定の留出速度が得られない場合は,フラスコ支え板

の孔の直径が 70 mm のものを用いる。

注記  温度計は,必要としないが,用いる場合には,JIS B 7410 に規定する温度計番号 8(DIST)が

ある。

A.3 

調製の手順 

調製の手順は,次による。

a) 13

∼18  ℃の試料 200 mL±1 mL を蒸留フラスコにはかりとる。凝縮浴の温度を 0∼60  ℃に保つ。た

だし,凝縮管中でワックスが凝固するような試料では,凝縮浴の温度を 38∼60  ℃に保つ。試料をは

かりとるのに用いた受器は,洗浄しないで,試料温度±3  ℃に保った水浴に入れて凝縮管出口の下に

置き,凝縮管の下端が受器の内面に触れないようにする。

b)

初留が 10∼15 分の間に出るように蒸留フラスコの加熱を調節する。留出が始まったら,凝縮管の下端

が受器の内壁に触れるように受器を動かし,毎分 8∼10 mL 留出するように加熱を調節する。留出量

が 178 mL±1 mL に達したら加熱を止め,留出量が 180 mL になるまで放置する。

c)

受器を三角フラスコに置き換えて,

更に滴下する油をこれに取り,

次に蒸留フラスコが温かいうちに,

残油を三角フラスコ内に移してよく振り混ぜる。


12

K 2270-1

:2009

A.4 10 

%残油 

A.3 c)

で得た三角フラスコ内容物を 10  %残油とする。残留炭素分の測定用磁器るつぼへの採取は,10  %

残油が温かいうちに行う。

参考文献  [1]JIS B 7410  石油類試験用ガラス製温度計 

[2]ISO 13759,Petroleum products−Determination of alkyl nitrate in diesel fuels−Spectrometric

method


附属書 JA

参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS K 2270-1:2009

  原油及び石油製品−残留炭素分の求め方−第 1 部:コンラドソ

ン法

ISO 6615:1993

,Petroleum products−Determination of carbon residue−Conradson

method

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ)

国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

1

適 用 範

原油及び石油製品

1

石油製品

追加

ISO

規格では,原油について記

載無し

JIS

は,原油評価に残留炭素分が必

要なため追加した。

2

引 用 規

3

用 語 及

び定義

3.1

  残留炭素

3.2

  10  %残油の残

留炭素

追加

JIS

では,追加

JIS

は,残留炭素分及び 10  %残油

の残留炭素分の内容を明確にする

ため,定義した。

5

試 験 器

及び器具

4

追加

JIS

では,電気加熱式又は自動

試験器を追加

JIS

は,ガスバーナよりも操作が容

易な電気加熱式又は自動試験器を

追加した。

6

試 料 採

取 方 法 及
び 調 製 方

試料採取方法,及び

水 又 は 懸 濁 物 を 含
む試料の調製方法

 5

試料採取方法を規定

追加

JIS

では,水又は懸濁物を含む

試料をろ過する方法を追加

JIS

は,特殊な試料の調製方法を追

加した。

7

試 験 器

の準備

4

JIS

に同じ

一致

ISO

規格では,箇条 4 で規定

JIS

は,分かりやすくするため,試

験とは別の箇条とした。

8

試 験 の

手順

6

追加

JIS

では,試料が吹きこぼれた

場合の対応を追加

JIS

は,吹きこぼれた場合の対応を

明確にするため,追加した。

10

結果の

表し方

8

追加

JIS

では,数値は,JIS Z 8401

によって丸めることを追加

JIS

は,数値の丸め方を明確に規定

した。

13

K 227

0-

1


2

009


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

11

精度

9

変更

追加

追加

ISO

規格では,精度式と精度図

とがかい(乖)離

JIS

で は , 90  % 留 出 温 度 が

370

℃を超える試料の 10  %

残油の残留炭素分を適用外と

した。

JIS

では,JIS Z 8402-6 の引用

を追加

JIS

は,2007 年に ISO が提案した

(N 2307) 精 度 式 修 正 案 を 採 用 し
た。

JIS

は,規定を明確にするため,追

加した。

JIS

の規格体系に合わせるために

追加した。

A.1

  10  % 残 油 用

蒸留試験器

A.1

追加

追加

JIS

では,自動試験器を追加

JIS

では,蒸留フラスコ,受器

及びフラスコ支え板の規格 JIS 

R 3503

及び JIS K 2254 を追加

JIS

は,操作が容易な自動試験器を

追加した。

JIS

は,分かりやすくするため,対

応する JIS を追加した。 

A.2

  試験器の準備

A.1

追加

JIS

では,フラスコ支え板及び

フラスコ支え板の孔の直径を
追加

JIS

は,分かりやすくするため,追

加した。 

附 属 書 A
(規定)

10

%残油

の 調 製 方

A.4

  10  %残油

A.2

JIS

に同じ

一致

JIS

では,別の箇条で規定

JIS

は,

分かりやすくするため,

ISO

規格とは,別の箇条とした。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 6615:1993,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD………………国際規格を修正している。

14

K 227

0-

1


2

009