>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2247-1

:2009

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

2

4

  製品の呼び方 

2

5

  品質要件及び試験方法 

2

6

  表示

2

附属書 A(参考)化学的及び物理的特性 

4

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

5


K 2247-1

:2009

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人自動車技

術会(JSAE)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会

の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS K 2247-1:2005 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS K 2247

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS K 2247-1

第 1 部:品質要件

JIS K 2247-2

第 2 部:試験方法


日本工業規格

JIS

 K

2247-1

:2009

ディーゼル機関−NOx 還元剤 AUS 32−

第 1 部:品質要件

Diesel engines-NOx reduction agent AUS 32-Part 1: Quality requirements

序文 

この規格は,2006 年に第 1 版として発行された ISO 22241-1 を基に作成した日本工業規格であるが,我

が国の実情に合わせるために技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,ディーゼル機関搭載車両に装着する選択還元式触媒コンバータシステム(以下,SCR コン

バータという。

)の作動に必要な NOx 還元剤 AUS 32(AUS は,aqueous urea solution の略語で,尿素水溶

液を表す。

)の品質要件について規定する。

注記 1 SCR コンバータは,ディーゼル機関から排出される窒素酸化物(NOx)を選択的に低減するの

に特に適している。

注記 2  JIS K 2247(規格群)では,“NOx 還元剤 AUS 32”を“AUS 32”と略称する。

注記 3  この規格は,AUS 32 の特性について規定するものであるが,その特性にかかわる規定は,製

品の品質確保のために示すものであり,この規格によって適合性評価を行うことは,意図し

ていない。

注記 4  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 22241-1:2006

,Diesel engines−NOx reduction agent AUS 32−Part 1: Quality requirements

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 2247-2

  ディーゼル機関−NOx 還元剤 AUS 32−第 2 部:試験方法

注記  対応国際規格:ISO 22241-2,Diesel engines−NOx reduction agent AUS 32−Part 2: Test methods

(MOD)

ISO 3675

,Crude petroleum and liquid petroleum products−Laboratory determination of density−Hydrometer

method


2

K 2247-1

:2009

ISO 12185

,Crude petroleum and petroleum products−Determination of density−Oscillating U-tube method

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

NOx

還元剤 AUS 32

技術的に製造可能な純粋尿素と純水とで製造され,32.5  %の尿素濃度及び箇条 に規定する品質要件を

もつ尿素水溶液。

注記  表 の品質要件を満足するトレーサの含有は,例外とする。

3.2

製造可能な純粋尿素

微量のビウレット,アンモニア及び水を含む工業的に製造可能な高純度の尿素。アルデヒドなどの固化

防止剤,また硫黄及び硫黄化合物,塩化物,硝酸塩その他の化合物などの不純物を,工業的に製造可能な

範囲で含まない。

注記  表 で規定してある以外の不純物は,製造過程で生じる可能性がないので,品質要件として規

定していない。

3.3 

純水 

例えば,単一蒸留,脱イオン,限外ろ過又は逆浸透によって製造される水の等級。

注記  これは,ISO 3696 に規定される水の等級 3 の定義に基づいている。

製品の呼び方 

この規格の品質要件を満足する AUS 32 は,

“AUS 32”及びこの規格の番号で次のように表示する。

            AUS 32 JIS K 2247

品質要件及び試験方法 

AUS 32

の品質要件を,

表 に示す。製造業者は,有効な試験計画に従って,この品質要件への適合性を

継続的に確認しなければならない。

表 に規定する品質要件への適合性は,表 に示す試験方法によって確認しなければならない。

注記  尿素の化学的特性及び AUS 32 の物理的特性を,附属書 に示す。

表示 

この規格の要件に適合する AUS 32 を車両に補給するための給水機(ポンプ)及び容器には,箇条 

基づく表示を行わなければならない。


3

K 2247-1

:2009

表 1−品質要件

許容値

特性

単位

最小

最大

試験方法

尿素濃度

a)

質量分率%

31.8 33.2

JIS K 2247-2 

附属書 

d)

JIS K 2247-2 

附属書 

d)

密度  (20  ℃)

b)

 g/cm

3

1.087 0

1.093 0

ISO 3675

又は ISO 12185 

屈折率 (20 ℃)

c)

1.381 4

1.384 3

JIS K 2247-2 

附属書 

アルカリ度 (NH

3

換算)

質量分率%

− 0.2

JIS K 2247-2 

附属書 

ビウレット

質量分率%

− 0.3

JIS K 2247-2 

附属書 

アルデヒド mg/kg

− 5

JIS K 2247-2 

附属書 

不溶解分 mg/kg

− 20

JIS K 2247-2 

附属書 

りん酸 (PO

4

) mg/kg

− 0.5

JIS K 2247-2 

附属書 

カルシウム mg/kg

− 0.5

鉄 mg/kg

− 0.5

銅 mg/kg

− 0.2

亜鉛 mg/kg

− 0.2

クロム mg/kg

− 0.2

ニッケル mg/kg

− 0.2

アルミニウム mg/kg

− 0.5

マグネシウム mg/kg

− 0.5

JIS K 2247-2 

附属書 I,又は

JIS K 2247-2 

附属書 JA 

ナトリウム mg/kg

− 0.5

カリウム mg/kg

− 0.5

JIS K 2247-2 

附属書 I

JIS K 2247-2 

附属書 JA 又は

JIS K 2247-2 

附属書 JB 

赤外線吸収スペクトル

基準スペクトルと同等

JIS K 2247-2 

附属書 

AUS 32

にトレーサを加える場合には,この表で規定する AUS 32 の品質要件を満足するものでなければなら

ず,また,SCR コンバータに害を与えてはならない。 
注記 1  この表の許容値を設定するに当たっては,ISO 4259 の条件を適用して最大値及び最小値を定めた。

このとき,最小差  4×Rは,試験法の室間再現精度を表す。JIS K 2247-2 参照。

)を考慮したが,

尿素濃度については,その高品質を確保するために,4×の適用を除外した。

注記 2  尿素濃度,密度及び屈折率に関する値は,真の値(真の値の定義は,ISO 4259 による。)である。 
注記 3 AUS

32

の製造業者は,

a)

b)

及び

c)

で定義した値を目標値とすることが望ましい。

注記 4  ある尿素水溶液が,この規格の要件に適合しているかどうかを明確化する必要がある場合には,ISO 

4259

を参照することが望ましい。

a)

目標値  質量分率 32.5  %

b)

目標値  1.090 0 g/cm

3

c)

目標値  1.382 9

d)

アンモニアの窒素は,減じて計算する。


4

K 2247-1

:2009

附属書 A

(参考)

化学的及び物理的特性

序文 

この附属書は,尿素の化学的特性及び AUS 32 の物理的特性について記載するものであり,規定の一部

ではない。

A.1 

尿素の化学的特性 

化学式

:  (NH

2

)

2

CO

分子量

:  60.06

CAS

番号

:  57-13-6 (CAS: Chemical Abstracts Service)

A.2 AUS 

32

の物理的特性 

外観

:  無色透明な液体

凝固点

:  −11.5  ℃

粘度 (25 ℃)

:  約 1.4×10

3

 Pa

・s

熱伝導度 (25 ℃)

:  約 0.570 W/m・K

比熱 (25 ℃)

:  約 3.40 kJ/kg・K

表面張力 (20 ℃)

:  最小 6.5×10

2

 N/m

注記  労働安全衛生法 57 条の 2 に基づいて,製造業者が発行する製品安全データシート(MSDS)には,

より多くの製品性状情報が記載されていて,危険度ランキング及び遵守すべき法規に関する指

摘並びに製品取扱時の作業員及び環境保護のための方策が記載されている。

参考文献 

ISO 3696

,Water for analytical laboratory use−Specification and test methods

ISO 4259

,Petroleum products−Determination and application of precision data in relation to methods of test


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS K 2247-1:2009

  ディーゼル機関−NOx 還元剤 AUS 32−第 1 部:品質要件

ISO 22241-1:2006

  Diesel engines−NOx reduction agent AUS 32−Part 1: Quality

requirements

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ)
国際

規格
番号

箇条 
番号

内容

箇条ごと 
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

1

適 用 範

選択還元式触媒コンバー
タシステム

 1

選択還元式触媒コンバータ

追加

触媒単体だけでなく,AUS

32

を供給する配管などを含ん

でいる ことを 明確 にする た め

に“システム”を追加した。

機会をみて ISO 22241-1 の改正を
提案する。

2

引 用 規

3

用 語 及

び定義

注記  表 1 で規定してあ
る以外の不純物は製造過

程で生じる可能性がない
ので品質要件として規定
していない。

 3

製造可能な純粋尿素の定義
注記  このような不純化学

物質を含む可能性がある等
級の尿素(通常,農業用と
して用いられる)を除外し

ている。

変更

尿素の製造段階では,農業用と
工業用とで分けていないので,

注記の表現を変更した。

機会をみて ISO 22241-1 の改正を
提案する。

4

製 品 の

呼び方

AUS 32 JIS K 2247 

 4 AUS 32 ISO 22241 

変更

国内向けに JIS 番号とした。

JIS

としての規定であり,対策は必

要ない。

5

品 質 要

件 及 び 試

験方法

表 1 の微量成分の試験方
法に ICP-MS 法(JIS K 

2247-2

の附属書 JA)ま

た,ナトリウム及びカリ
ウムの試験方法には,炎

光光度法(JIS K 2247-2
の附属書 JB)も併記。

 5 ICP-OES

法だけを規定

追加 ICP-MS 法及び炎光光度法は,

ICP-OES

法よりも精度が高く,

国内で は一般 的に 用いら れ て
いる試験方法である。

機会をみて ISO 22241-1 及び ISO 

22241-2

の改正を提案していく。

ISO 22241-2

の原案作成段階で,

ICP-MS

法及び炎光光度法を併記

するよう提案したが,受け入れら

れなかった経緯がある。

5

K 224

7-

1


2

009


(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ)
国際
規格

番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

5

品 質 要

件 及 び 試
験方法 
(続き)

表 1 の注記 1 に に関す

る補足説明として“JIS K 

2247-2

参照。

”を追加。

 5

追加

対応国際規格の Annex B で各種

成分の 分析に おけ る試験 精 度
が示されているが,これは ISO 

22241-2  (JIS K 2247-2)

Annex K

と同じ内容なので,こ

の規格で JIS K 2247-2 を参照し
ても同じことである。

技術的な差異はないので,このま

まとする。

6

表示

  7

一致

附属書 A

(参考)

尿素の化学的特性,AUS

32

の物理的特性のほか

に,注記で取扱い上の注
意事項を追加した。

 Annex

A

尿素の化学的特性,AUS 32

の物理的特性だけを記載。

追加

ISO 22241-1

の 箇 条 及 び

Annex C

は,ISO 22241-3 が発行

された 時点で 削除 される こ と
になっているので,ISO 22241-1

の Annex C に記載されている

AUS 32

の取扱いに関する注意

事項だけを,若干の修正を加え

たうえで,附属書 A に移動し
た。

ISO 22241-3

を JIS 化する予定は当

面ないので,ユーザ保護の観点か
ら最低限必要な箇所だけを附属書

A

に追加したもので,技術的差異

はない。

Annex

B

測定対象成分の分析方法に

おける測定精度を一覧表に
して示している。

削除 Annex

B

は,ISO 22241-2 (JIS K 

2247-2)

の Annex K と全く同じ

内容で 記載さ れて いるの で ,

Annex B

を削除した。

ISO 22241

原案作成段階で,我が国

は , 測 定 精 度 は 試 験 方 法 を 扱 う

ISO 22241-2

に記載するだけで十

分という理由で,Annex B の削除

を要請したが,受け入れられなか
った経緯がある。当面静観する。

6

Annex

C

こん包,輸送及び貯蔵に関
する内容が参考として記載
されている。

削除

ISO/TC22/SC5/WG14

の論議の

中 で , Handling, transportation

and storage

に関する内容を ISO 

22241-1

か ら 分 離 し , ISO 

22241-3

として規格化すること

が承認されている。

対応不要。

6

K 224

7-

1


2

009


JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 22241-1:2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  一致 技術的差異がない。

−  削除 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−  追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  変更 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。 

7

K 224

7-

1


2

009