>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2236

:2009

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS K 2236:1997 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 K

2236

:2009

自動車用つや出しワックス

追補 1)

Polish for automobiles

(Amendment 1)

JIS K 2236:1997

を,次のように改正する。

3.

(種類)の

表 1(種類)の注(

3

)

の“フォードカップ”を,

“フローカップ”に置き換える。

5.5.1

(一般製品の場合)の a)(装置及び器具)の“5)

フォードカップ  JIS K 5400 の 4.5.4(フォードカ

ップ No.4 法)

”を,

5)

フローカップ  JIS K 5600-2-2 の 3.(フローカップ法)”に置き換える。

5.5.1

(一般製品の場合)の d)(3 種の試料調製法)の“フォードカップ”を,

“フローカップ”に置き換え

る。

5.6.1

(装置及び器具)の b)(比重カップ)の“JIS K 5400 の 4.6.2(比重カップ法)

”を,

JIS K 5600-2-4

の 4.1 に規定する金属製比重瓶(比重カップ)

”に置き換える。

5.8.2

(試験片の作製)の b)  及び c)  の“JIS K 5400 の 3.3 (5)(試料の薄め方)によって薄め,3.3 (7)(塗

り方)

”を,

JIS K 5600-1-1 の 3.3.4(試料の薄め方)によって薄め,3.3.7 f)  (塗り方)

”に置き換える。

5.8.2

(試験片の作製)の c)  の

(

11

)

の“JIS K 5400 の 7.6(鏡面光沢度)

”を,

JIS K 5600-4-7”に置き換

える。

5.10.1

(装置及び器具)の c)(耐水研磨紙)の“JIS R 6253 に規定する AA 又は CC の 320 番”を,

JIS R 

6253

に規定する A 又は C の P320”に置き換える。

5.11.1

(装置及び器具)の a)(硬さ試験機)の JIS K 6301 を,JIS K 6253 に置き換える。

5.18

(耐候性)の“JIS Z 2381 による屋外暴露試験又は促進耐候試験,JIS B 7753 によるサンシャインカー

ボンアーク灯式試験,JIS B 7754 によるキセノンアークランプ式試験”を,

JIS Z 2381 による大気暴露試

験,JIS B 7753 によるサンシャインカーボンアーク灯式の耐候性試験,JIS B 7754 によるキセノンアーク

ランプ式耐候性試験”に置き換える。


2

K 2236

:2009

5.18.2

(屋外暴露試験)の a)(標準的暴露場)の“

参考  JIS Z 2381 の 4.(暴露場)の参考にある標準的暴

露場として”を,

参考  JIS Z 2381 の 5.4.1(標準的な暴露試験場)にある標準的な暴露試験場として”

に置き換える。更に,

表 の題名で“標準的暴露場”を,“標準的暴露試験場”に置き換える。

5.18.3

(サンシャインカーボンアーク灯式)の“サンシャインカーボンアーク灯式促進耐候性試験”を,

“サ

ンシャインカーボンアーク灯式耐候性試験”に置き換える。

5.18.3

(サンシャインカーボンアーク灯式)の a)  (サンシャインカーボンアーク灯式の照射時間)の

備考

の“促進耐候性試験”を,

“耐候性試験”に置き換える。

5.18.3

(サンシャインカーボンアーク灯式)の b)  (装置及び器具)の“サンシャインカーボンアーク灯式

促進耐候性試験”を,

“サンシャインカーボンアーク灯式耐候性試験”に置き換える。

5.18.3

(サンシャインカーボンアーク灯式)の d) 1)及び 2)  の“サンシャインカーボンアーク灯式促進耐候

性試験”を,

“サンシャインカーボンアーク灯式耐候性試験”に置き換える。

5.18.4

(キセノンアークランプ式)の“キセノンアークランプ式促進耐候性試験”を,

“キセノンアークラ

ンプ式耐候性試験”に置き換える。

5.18.4

(キセノンアークランプ式)の d) 2)  の“キセノンアークランプ式促進耐候性試験”を,

“キセノン

アークランプ式耐候性試験”に置き換える。

5.18.4

(キセノンアークランプ式)の

表 6(キセノンアークランプ式耐候性試験装置及び試験条件)で試験

条件の項目の“アークランプ,試料回転枠と試料スプレーの関係”及び“ノズルの寸法”の欄すべてを,

削除する。

付表 1(引用規格)の JIS B 7753  サンシャインカーボンアーク灯式耐光性及び耐候性試験機を,JIS B 7753

サンシャインカーボンアーク灯式の耐光性試験機及び耐候性試験機に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS H 3100  銅及び銅合金の板及び条を,JIS H 3100  銅及び銅合金の板並びに条に

置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS K 5400  塗料一般試験方法を,JIS K 5600-1-1  塗料一般試験方法−第 1 部:通

則−第 1 節:試験一般(条件及び方法)

JIS K 5600-2-2  塗料一般試験方法−第 2 部:塗料の性状・安定

性−第 2 節:粘度,JIS K 5600-2-4

    塗料一般試験方法−第 2 部:塗料の性状・安定性−第 4 節:密度,

及び JIS K 5600-4-7  塗料一般試験方法−第 4 部:塗膜の視覚特性−第 7 節:鏡面光沢度に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS K 6301  加硫ゴム物理試験方法を,JIS K 6253  加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−硬

さの求め方に置き換える。


3

K 2236

:2009

付表 1(引用規格)の JIS Z 2381  屋外暴露試験方法通則を,JIS Z 2381  大気暴露試験方法通則に置き換

える。

附属書の 3.  フォードカップ試験方法を,3.  フローカップ法に置き換える。

附属書の 3.1(装置及び器具)の“a)  フォードカップ  JIS K 5400 の 4.5.4(フォードカップ No.4 法)に

規定するフォードカップ。

”を,

a)

フローカップ  JIS K 5600-2-2 の 3.に規定するフローカップ。”に置

き換える。

附属書の 3.1(装置及び器具)b)(温度計)の“フォードカップ本体を附属書図 4,フォードカップ組立装

置の一例を

附属書図 に示す”を,“フローカップ本体を附属書図 4,フローカップ組立装置の一例を附属

書図 に示す”に置き換える。

附属書の 3.2(操作)の中の“フォードカップ”を,すべて“フローカップ”に置き換える。

附属書図 の題名の“フォードカップ本体”を,“フローカップ本体”に置き換える。

附属書図 の題名の“フォードカップ組立装置の一例”を,“フローカップ組立装置の一例”に置き換え

る。

附属書図 の“Ⓐ  フォードカップ本体”を,“Ⓐ  フローカップ本体”に置き換える。