>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 2213

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS K 2213:1983 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 K

2213

:2006

タービン油 
(追補1)

Turbine oils

(Amendment 1)

JIS K 2213:1983

を,次のように改正する。

引用規格の JIS K 2001  工業用潤滑油粘度分類を,JIS K 2001  工業潤滑油−ISO 粘度分類に置き換える。

引用規格の JIS K 2251  原油及び石油製品試料採取方法を,JIS K 2251  原油及び石油製品−試料採取方法

に置き換える。

引用規格の JIS K 2265  原油及び石油製品引火点試験方法を,JIS K 2265  原油及び石油製品−引火点試験

方法に置き換える。

引用規格の JIS K 2283 原油及び石油製品の動粘度試験方法並びに石油製品粘度指数算出方法を,JIS K 

2283 

原油及び石油製品−動粘度試験方法及び粘度指数算出方法に置き換える。

引用規格の JIS K 2501  石油製品中和価試験方法を,JIS K 2501  石油製品及び潤滑油−中和価試験方法に

置き換える。

引用規格の JIS K 2510  潤滑油さび止め性能試験方法を,JIS K 2510  潤滑油−さび止め性能試験方法に置

き換える。

引用規格の JIS K 2513  石油製品銅板腐食試験方法を,JIS K 2513  石油製品−銅板腐食試験方法に置き換

える。

引用規格の JIS K 2514  潤滑油酸化安定度試験方法を,JIS K 2514  潤滑油−酸化安定度試験方法に置き換

える。

引用規格の JIS K 2520  潤滑油抗乳化性試験方法を,JIS K 2520  石油製品−潤滑油−水分離性試験方法に

置き換える。


2

K 2213

:2006

   

引用規格の JIS K 2540  潤滑油熱安定度試験方法を,JIS K 2540  石油製品−潤滑油−熱安定度試験方法に

置き換える。

細分箇条 4.5(全酸価)を,次のように置き換える。

4.5

全酸価  JIS K 2501(石油製品及び潤滑油−中和価試験方法)によって得られる酸価による。