>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

K 1603-2:2018  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS K 1603-2の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大

臣がJIS K 1603-2:2007を改正した内容だけを示すものである。 

JIS K 1603-2:2007は,この追補1の内容の改正がされ,JIS K 1603-2:2018となる。 

 

 


 

  

日本工業規格          JIS 

 

K 1603-2:2018 

 

プラスチック− 

ポリウレタン原料芳香族イソシアネート試験方法− 

第2部:酸度の求め方 

(追補1) 

Plastics-Aromatic isocyanates for use in the production of 

polyurethanes-Part 2: Determination of acidity 

(Amendment 1) 

 

JIS K 1603-2:2007を,次のように改正する。 

 

11.2(計算式)の酸度を求める式に用いている“F”の規定を 

“F:36 461[36.461(塩化水素の化学式量)×1 000(mg/gをμg/gへ換算するファクター)]”から 

“F:36 500[36.500(塩化水素の化学式量)×1 000(mg/gをμg/gへ換算するファクター)]”に置き換

える。また,酸度を塩化水素の質量分率 %として求める式を 

m

c

V

A

1

2

1

646

.3

 から 

m

c

V

A

1

2

0

650

.3

 に置き換える。 

 

12.2(計算式)の酸度を求める式に用いている“F”の規定を 

“F:36 461[36.461(塩化水素の化学式量)×1 000(mg/gをμg/gへ換算するファクター)]”から 

“F:36 500[36.500(塩化水素の化学式量)×1 000(mg/gをμg/gへ換算するファクター)]”に置き換

える。また,酸度を塩化水素の質量分率 %として求める式を 

m

c

V

V

A

2

B

S

2

1

646

.3

 から 

m

c

V

V

A

2

B

S

2

0

650

.3

 に置き換える。