>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

K 1570:2013  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS K 1570の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS K 1570:2010を改正した内容だけを示すものである。 

JIS K 1570:2010は,この追補1の内容の改正がされ,JIS K 1570:2013となる。 

 

 


 

 

  

日本工業規格          JIS 

 

K 1570:2013 

 

木材保存剤 

(追補1) 

Wood Preservatives 

(Amendment 1) 

 

JIS K 1570:2010を,次のように改正する。 

 

 

箇条6(品質)の表12(クレオソート油木材保存剤の品質)を,次の表に置き換える。 

 

表12−クレオソート油木材保存剤の品質 

項目 

品質 

試験項目番号 

密度(g/cm3,40 ℃) 

1.01以上 

8.4.15.1.1又は8.4.15.1.2 

水分(体積分率 %) 

3以下 

8.4.15.2 

エングラー度a)(40/20 ℃) 

2.0以下 

8.4.15.3 

蒸留試験 
(脱水試料) 
(体積分率 %) 

235 ℃までの留出量 

10以下 

8.4.15.4 

235〜255 ℃の間の留出量 

60以上 

8.4.15.4 

255〜270 ℃の間の留出量 

26以下 

8.4.15.4 

270〜315 ℃の間の留出量 

5以上 

8.4.15.4 

315 ℃までの留出量 

85以上 

8.4.15.4 

235〜315 ℃の留分の密度(g/cm3,40 ℃) 

1.02以上 

8.4.15.5.1又は8.4.15.5.2 

トルエン不溶分(脱水試料)(質量分率 %) 

0.5以下 

8.4.15.6 

流動性試験 

顕著な固形物が
生成しない。 

8.4.15.7 

ジベンゾ(a,h)アントラセンの含有量(mg/kg) 

10以下 

8.4.15.8 

ベンゾ(a)アントラセンの含有量(mg/kg) 

10以下 

8.4.15.9 

ベンゾ(a)ピレンの含有量(mg/kg) 

10以下 

8.4.15.10 

有効成分の合計含有量(質量分率 %) 

規定せず。 

− 

注a) エングラー度とは,水との相対粘度をいう。