>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

K1475:2006  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS K 1475:1996は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

  

日本工業規格          JIS 

 

K 1475:2006 

 

水道用ポリ塩化アルミニウム 

(水道用塩基性塩化アルミニウム) 

(追補1) 

Poly aluminium chloride for water works 

(Amendment 1) 

 

JIS K 1475:1996を,次のように改正する。 

 

 
付表1(引用規格)のJIS B 7525 比重浮ひょうを,JIS B 7525 密度浮ひょうに置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS K 0024 クロム標準液を,JIS K 0024 標準物質−標準液−クロムに置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS K 0026 ひ素標準液を,JIS K 0026 標準物質−標準液−ひ素に置き換える。 

 

付表1(引用規格)のJIS K 0027 マンガン標準液を,JIS K 0027 標準物質−標準液−マンガンに置き換え
る。 

 

付表1(引用規格)のJIS K 0557 化学分析用の水を,JIS K 0557 用水・排水の試験に用いる水に置き換え
る。 

 

付表1(引用規格)のJIS Z 8801 試験用ふるいを,JIS Z 8801-1 試験用ふるい−第1部:金属製網ふるい
に置き換える。 

 

細分箇条4.8.2(2)(e)(砂状亜鉛)のJIS Z 8801の標準網ふるい目1 410μmを通過し,1 000μmにとどまっ
たものを,JIS Z 8801-1の付表1の目開き1.4mmを通過し,1mmにとどまったものに置き換える。