>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 1310-

4 : 2

000

 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 13104 : 2000

  工業用塩酸−第 4 部:強熱残分の求め方

ISO 907 : 1976

  工業用塩酸−灰化硫酸根の定量−重量法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格との整合が困難な

理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

○  工業用塩酸中の強熱残分の定

量を規定する。

ISO 907 : 1976

○ 工業用塩酸中の強熱残分

の定量を規定する。

(2)

原理

(3)

試薬

(4)

器具

(5)

操作

(6)

計算

(7)

試験の報告

附属書 1(参考)

強熱残分の求め方

ADP JIS

として追加した

旧 JIS K 1310 に規定していた方法
を附属書(参考)とした。

附属書 2(参考)

試料採取上の注意事項

ADP JIS

として追加した

旧 JIS K 1310 に規定していた方法
を附属書(参考)とした。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“〇”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“ADP”(ADOPTION の略):JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として必

要な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。