>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

K 1200-9-1 : 2000

  解説

解説表

2

 

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS K 1200-9-1

 : 2000

  工業用水酸化ナトリウム−第

9

部:マグネシウム含有量の求め

方−第

1

節:原子吸光分析方法

ISO 3697

 : 1976

  工業用水酸化ナトリウム−カルシウム及びマグネシ

ウム含有量の定量−フレーム原子吸光分析方法

対比項目

規定項目

(I)

JIS

の規定内容

 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の 規
定内容

(IV)

JIS

と国際規格

との相違点

(V)

JIS

と国際規格と

の整合が困難な理

由及び今後の対策

(1)

適用範囲

工業薬品としての

水酸化ナトリウム
のマグネシウム含
有量の定量方法

カルシウム含有量
の定量方法は

JIS 

K 1200-8-1

で規定

(

原 子 吸光分 析方

)

ISO 3697

 : 1976

○ 工業用水酸化

ナトリウムの
カルシウム及
びマグネシウ

ム含有量の定

(

フレーム原

子吸光分析方

)

= カルシウム試

験法について
は,別の規格
に て 規 定 す

る。

(

JIS K 

1200-8-1

)

(2)

引用規格

JIS K 0121

JIS K 8001

JIS K 8180

JIS K 8576

ISO 3195

ISO 3697

 : 1976

ISO 3195

 :

1976

= 試験に使用す

る試薬,装置,
器 具 に つ い

て,水酸化ナ
トリウム以外

JIS

試験法

と共通するも
のについては

ISO

と同等の

JIS

規 格 を 引

用する

(3)

原理

ISO 3697

 : 1976

(4)

試薬

ISO 3697

 : 1976

JIS

原 案 本 体

に同じ

ISO

と同等の

JIS

を引用

(5)

装置

・原子吸光分析装

・マグネシウム中

空陰極ランプ

ISO 3697

 : 1976

○ ・原子吸光分

析装置

・マグネシウ

ム 中 空 陰 極
ランプ

= 同等の

JIS

引用

(6)

操作

ISO 3697

 : 1976

JIS

原 案 本 体

に同じ

= 操作の一部に

同等の

JIS

引用

(7)

計算

検量線法

(

照 合 試験と して

標準添加法

)

標準添加法の計算
式を参考として記

ISO 3697

 : 1976

○ 検量線法

(

照合試験とし

て標準添加法

)

JIS

原 案 に は

標準添加法の
計算式を参考

として記載

検量線法による定量
値の確認

(

照合

)

のため

ISO

法で標準添加

法を規定している。た
だし,

ISO

では標準添

加法による計算式を

規定していなかった
ため,

JIS

原案に参考

として記載した。


2

K 1200-9-1 : 2000

  解説

備考

1.

対比項目

(I)

及び

(III)

の小欄で, ○

は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目

(IV)

の小欄の記号の意味は,次による。

≡ :

JIS

と国際規格との技術的内容は同等である。

= :

JIS

と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。