>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS K 1106:1990 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 K

1106

:2008

液化二酸化炭素(液化炭酸ガス)

追補 1)

Liquid carbon dioxide

(Amendment 1)

JIS K 1106:1990 を,次のように改正する。

引用規格欄の JIS K 0005  酸素標準ガスを,削除する。

引用規格欄の JIS K 0114  ガスクロマトグラフ分析のための通則を,JIS K 0114  ガスクロマトグラフ分析

通則に置き換える。

引用規格欄の JIS K 0226  希釈ガス及びゼロガス中の微量水分測定方法を,JIS K 0225  希釈ガス及びゼロ

ガス中の微量成分測定方法に置き換える。

引用規格欄の JIS K 1107  高純度窒素を,JIS K 1107  窒素に置き換える。

4.3.1(ガスクロマトグラフ法)の(5) (c)の 1 行目の“JIS K 0005(酸素標準ガス)の表 に規定する酸素及

び”を,

表 に規定する酸素及び”に置き換え,次の表を挿入する。

表 2  酸素

純度

許容微量成分含有量

99.9  体積分率  %以上

水分:露点  −70  ℃以下

4.3.1(ガスクロマトグラフ法)の(5) (c)の 2 行目の“JIS K 1107(高純度窒素)の表に規定する”を,“JIS 
K 1107
(窒素)の表 に規定する”に置き換える。 

4.3.1(ガスクロマトグラフ法)の(6)の 1 行目の“JIS K 0114 の 8.4 による。”を,

JIS K 0114 の 9.3(操作)

による。

”に置き換える。

4.3.2(アルカリ吸収法)の(3) (b)の 2 行目の“JIS K 8001(試薬試験方法通則)の 4.3 に規定する”を,

JIS 

K 8001(試薬試験方法通則)の 4.4(指示薬)に規定する”に置き換える。



K 1106:2008

4.4.2 の 1 行目の“JIS K 0226(希釈ガス及びゼロガス中の微量水分測定方法)による”を,“JIS K 0225(希

釈ガス及びゼロガス中の微量成分測定方法)による”に置き換える。

4.4.3(露点法)の(3)の 1 行目の“表 によって”を,“表 によって”に改める。 

6.(容器)の 1 行目の“高圧ガス取締法(昭和 26 年 6 月 7 日法律第 204 号,以下法律という。)の定める”

を,

“高圧ガス保安法(平成 8 年 3 月 31 日法律第 14 号,以下法律という。

)の定める”に置き換える。

表 2(露点と水分量)を,表 3(露点と水分量)に置き換える。