>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

K 1102 : 2000  解説

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 1102 : 2000

  工業用液化塩素−塩素含有量の求め方

ISO 2120 : 1972

  工業用液化塩素−容量法による気化ガス中

の塩素含有量の測定

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  液 化 塩 素 の 気

化 ガ ス 中 の 塩
素 含 有 量 を 容

量 法 に よ り 測
定する。

ISO 2120

(2)

引用規格

○  JIS K 8150

JIS K 8913

JIS K 8951

ISO 2120

− ISO には引用

規 格 の 項 が
ない

(3)

試験方法

○  よ う 化 カ リ ウ

ム吸収法

ISO 2120

○ 亜 鉛 ア マ ル

ガム吸収法

ISO の亜鉛アマルガム吸

収 法 は 有 毒 な 水 銀 を 用

いるので推奨できない。
従来 JIS で規定してい
た,より安全なよう化カ

リ ウ ム 吸 収 法 を 採 用 す
る (TBT 協 定 の 例 外 事
項)。

(4)

測 定 結 果
の報告

ISO 2120

附属書(参考)

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を

示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。